世界のミルクを日本へ☆USA発☆ 公式ブログのお知らせ

        IMG_2944

世界のミルクを日本へ☆USA発☆

先日、Twitterで、また多くのブロガーさんが呼びかけられた、アメリカの液状ベビーミルクを日本に送る為の署名運動
及ばずながら、こちらでも声を上げさせていただきました。
結果、8,000名を超える署名が集まり、メンバーの方々は嘆願書を元に、メーカーとの交渉を進めていかれる予定だそうです。

現在のところ、FacebookとMixiを中心として活動を展開されていらっしゃいますが、このたび公式ブログを立ち上げられました。
うちは片隅の一ブログに過ぎませんが、活動に賛同の意を表したく、ここにリンクさせていただきます。





米国から日本への物資支援については、当然のことながら、障害は米国内だけにあるのではありません。
無事ミルクを入手して、日本に発送しようにも、送付手段から日本での通関手続き、その後の支援窓口までの搬送、被災地への配布に至る道筋のほぼ全てにおいて、様々な問題点があるのですね。
また、日本にないタイプの商品であるが為に、抵抗感を抱かれる向きも多いことでしょう。
この為、メンバーの方々は現在のところ、手分けをして各方面でのヒアリングや交渉、情報集めに尽力されていらっしゃるのです。

なぜ日本では、海外のような液体タイプのミルクが製造・普及されなかったのか?
それは、できるだけ母乳育児が望ましいという考え方や、粉ミルクを混ぜる為の水が安全・安価であり、特に強い需要がなかったのかもしれません。
更にメンバーの方が日本乳業協会にコンタクトされたところ、
液状ミルク、つまり「乳児用調整液状乳」について、「食品衛生法(の中の「○乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」)に記載がない為、日本では製造できない」、
という回答をいただいたそうです。

この「省令に記載がない」が為に、輸入に関しても問題がありまして。
「乳児用調整乳」として輸入することはできないので、「乳飲料」という名目になりますが、これを「母乳代替食品」とするためには、消費者庁食品表示課の特別用途食品の認可を受ける必要があるそうで。
できるだけ早く届けたい物資であるのにも関わらず、二重・三重の壁が即輸入を阻んでいるのですね。

日本乳業協会の方に聞いてくださった内容は、Mixiのこちらでご覧ください。

各国政府・メーカーへの提言状況


私も一人の子の子育てを通じて、母乳が足りなくて人工乳を頼みとしていたお母さん方、外出時や預ける時のミルクに苦労されていたお母さん方を、何人も見てまいりました。
ましてや、このたびのような大災害の後、ストレスで母乳が出なくなってしまうことは全く不思議ではありませんし、それで赤ちゃんへの申し訳なさから、更にご自分を追い詰めてしまわれる方もいらっしゃるかもしれません。
粉ミルクは足りていると聞いておりますが、そのミルクを溶く為の水への恐れがある現在、更に負担になりかねない場合もあることと思います。

そんな時、こちらの商品のように、乳首をつければそのまま赤ちゃんにあげられるミルクがあれば、どれだけ助かることか、想像するに難くないのです。

現在の活動状況をざっと申し上げますと、目的とする商品の親会社であるAbbott社にお願いしたところ、すでに日本へは300万ドルの義援金を送っていて、これ以上の計画はない、との回答。
なので今は、フィンランドで実行されたように、大量に注文することで安くミルクを購入できないかという交渉と、
日本へ送る為の確実な輸送手段を探すこと、
日本側での受け入れ先を探すこと、
をメインとして動いていらっしゃるところです。

海外製品ということで、ミルクやボトルの品質に懸念を示される方もいらっしゃると思いますが。
欧米だけあって、オーガニック製品やアレルギー対応のミルクもきちんとありますので、製品確保の段階で、分配を考えていくことになると思います。
加えて、私は日本の粉ミルクで育ちました。昔の製品ゆえ、品質も今と比べれば粗悪だったでしょうけれど、おかげさまで皆勤賞の丈夫な子供でした。
そして欧米ではごく普通の製品、ということは、数え切れないほど沢山の赤ちゃんが飲んでいる製品ということです。
どんなものでも「100%安全」を保証できるものはありませんので、あとは提供された皆さんがご自分の判断で決めていただければ、と思います。

Beggars can't be choosers、などという状況に、被災地の皆さんの身を置いてほしくはありません。
私達の目的は、液体ミルクを押し付けるのではなく、日本の皆さんの選択肢を一つでも増やすことにある、ということをご理解いただければ嬉しいです。


ここで、大事なことをもう一つ。
私がこちらの活動に賛同し、何かできればと願うのは、今回の震災の緊急支援に限った活動ではないから、ということをも申し上げさせていただきます。
勿論、今現在苦しんでいらっしゃる被災地の方々に、少しでも早くこのミルクを届けたいという願いが一番ですが、
この活動の最終目的として、「日本での液状ミルクの製造・販売」をあげていらっしゃるところに感銘を受けたから、ということが大きいのです。

海外製品に不安があるなら、品質・製造レベルの高い日本で、日本のニーズに合った製品を作って欲しい。
日本の安全基準に沿った製品が作られるようになれば、子育て支援にもなることでしょう。
その為には、まずは液体ミルクの存在と便利性を知っていただくところから始めなければなりません。

今回のヒアリングでも改めてわかったように、お役所仕事はそう簡単に短縮できるものではないということは、皆様がご存知の通り。
だからこそ、だったら一日でも早く始めなければ、と思います。
メンバーの方々は、日本での液体ミルクのニーズについてのヒアリングも行っていらっしゃいますので、ぜひ皆様のご意見をお聞かせいただければ嬉しいです。
ニーズが強くあるようでしたら、それがまた働きかける為の強力な材料となってくれますので。

公式ブログに加えて、活動場所として以下があります。

■Facebook:
 【Milk for Japan's Babies】

  (現在は運営メンバーのアップデートのみで、書き込みができない状態ですが、
   近日中にまた復活する予定です)

■Mixiコミュニティ
 【世界のミルクを日本へ☆USA☆】


■TwitterID:MilkforJapan
 http://twitter.com/#!/MilkforJapan


■Twitterハッシュタグ:
 #save_milk_from_usa
 #save_milk_from_Austin


ご意見やご提案など、どうか皆さまのお声を、MixiかTwitterにお寄せください。お待ちしております!

そして、この活動に賛同してくださるブロガーさんも募集させていただいております。
ご賛同いただける方は、公式ブログでリンクさせていただきたいので、やはり上記を通じてご連絡を下さいませ。もしくは、当記事にコメントとして記入していただくのも、大歓迎でございます。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
メンバーの方々の頑張りが、ベストな形で叶えられますことを、心から願っております。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

こちらのプロジェクトを通じて教わったのが、タレントの森尾由美さん、元プロ野球選手の清原氏、阪神タイガースの金本氏が立ち上げられたこちら(↓)です。

main_image

Stand Up for Japan 

個人なり企業なりから、日本への支援物資をこちらに送ると、ある程度の量がまとまった段階で日本へ発送し、通関書類などの手続きも行ってくれるそうです。
ミルクの件で、海外からでは、公機関を通してはできないことが多い為、個人輸入の形を考えた方が良い、ということを教わりました。
こちらの組織は、それの解決の一策を提供してくださっているのですね。

本当に多くの方々の努力で、第一段階の義援金はかなりの額になっていることを、心から嬉しく思います。
そして、どうかこれから先も確実に、確実な額が集まることを強く願っておりますし、自分でも定期的に寄付を続けていきます。

そして、そろそろ物資の方で何かできることはないか、と考え始めていた矢先に、こちらのプロジェクトについて教わったのですね。

日本の製品はとても良いものばかりですし、各地から続々と寄せられている話を聞けば、あえてアメリカから送る必要はないのかもしれません。
が、一番確実なお金での寄付を大前提とした上で、何かプラスにできるようなものは?
アメリカだからあるという製品や、アメリカなら入手しやすいなどの製品で、被災地で役に立つものは?

ナチュハイやローフードをかじっている身としては、酵素サプリメントやGreen Powderなどを送りたいところですが、まにあっくとして敬遠される可能性が大だしなあ……(しくしく)

しかし物資でなくとも、こちらの団体に義援金を送れば、必要と思われる物資の購入に当ててくださるそうです。
特に具体的な品目がなければ、それも良いでしょうし、これと思う品があるようでしたら、まとまった量を集める・購入する手だてを考えるのが良いのでしょう。

とりあえず、のーみそミジンコ並みの私を助けると思って、何かアドバイスをいただければ、これ幸いでございます。


何が欲しい・何が送れる、ということに関して、こんな素晴らしいサービスもあるんですね。

がんばれ!! 日本 がんばれ!! 東北

Stand for Mothers

共に、支援者と支援が必要な人々を マッチングしてくれるサービスです。
日本にいられたらなあ!と、改めて地団駄踏みました。
[PR]
by senrufan | 2011-04-05 14:06 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/15193336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ばんず at 2011-04-06 15:56 x
情報のアップデートありがとうございます。
拙ブログでも、署名をお願いさせていただいたので、実は気になっておりました。もう八千を超えているのに、動きがないなあと心配しておりましたら、このようにちゃんと交渉してくださっているすばらしい方がいらっしゃるのですね。日本の法律もあり、なかなか簡単なことではないのですねえ。(フィンランドからはすでに送られたようなのにね・・・)

このミルクを待っておられる方に、すぐに届けてあげられないのが残念です。 うちでも、公式ブログにリンクさせていただきたいと思います。
Commented by Vivian at 2011-04-07 04:30 x
被災地の方々をサポートするためのすばらしい活動だと思いますし、「日本の皆さんの選択肢を一つでも増やす」という大前提には賛成です。が、一個人としては液体育児用ミルクには賛成ではありません。というのも、息子が乳児の時に3ヶ月間米国滞在していた際に”便利だから”という理由で息子に液体ミルクを飲ませていました。そして、息子は、重症ではありませんがアレルギー性皮膚炎、花粉症を患っています。原因がそのミルクだという確たる証拠はありませんが、私は液体ミルクを与えてしまったことを激しく後悔しているのです。特に、食物に関してかなり気を使うようになっていろいろ学習してきたここ数年は、「後悔先に立たず」ではありますが、後悔が強まっているのです。よって、残念ではありますが、署名はできませんでした。(つづく)

Commented by Vivian at 2011-04-07 08:47 x
19年前のお話ですが、友人が以前に日本の某大手粉ミルクメーカーに勤務していたことがあり、何故日本には液体育児用ミルクがないのか尋ねたら、日本のお母さんたちは、赤ちゃんに缶入りの出来合いのミルクを飲ませることに抵抗を示す人が非常に多いので商品にするのは難しい、という答えでした。その当時は私は日本に液体育児用ミルクがないことを残念がっていたのでした。

諸手を挙げて賛成するコメントでなくてごめんなさいね。
Commented by Miyuki at 2011-04-07 11:11 x
*ばんずさん
今日はようやくお会いできて嬉しかったです! お忙しいところ、わざわざいらしていただいてありがとうございましたvv
そですよね、その後を気にしておられた方が沢山いらっしゃいますよね。メンバーの方々も中間報告したい、でもメーカーとの交渉が難航していてまだ報告できない、という状態だったそうで。でも昨日・今日と公式ブログの方に、現状報告がされましたので、よろしければご覧になってくださいね~。

リンク、ありがとうございます!今後ともどうぞよろしくお願い致します~。あ、個人的にも(笑)
Commented by Miyuki at 2011-04-07 11:13 x
*Vivianさん
お久しぶりです~! そして、ご意見ありがとうございますvv
Vivianさんと同様に考えられている方々は、決して少なくないと思います。ただこれは、「選べる立場の人間からの視点」であるので、将来に渡って日本での液体ミルク製造を目指す上での貴重なご意見として、ありがたく頂戴いたします~。
平時であれば誰でもオーガニックの方が望ましいと考えるのに、それが「選べない」立場にいらっしゃる被災地の方々。改めて胸が痛んで仕方がありません。ちなみに現在プロジェクト内では、できるだけオーガニック製品を、という趣旨で動いておりますので、まずはご報告まで。

私自身、できるだけオーガニックなものを選ぶようにしておりますが、前にも書いたように、添加物を頭から否定する気はありません。ここまで広がったことには、それだけの意味もあると考える立場です。
日本の高い技術と、安全に対する高い国民意識でもって、安全な商品を生み出してもらいたい、と切実に願ってしまいますね~。
Commented by Miyuki at 2011-04-07 11:14 x
*再びVivianさん
ところで我が家の娘、100%母乳・食事は手作り・合成石鹸や洗剤も排除で育ててきましたが、しっかりアトピーです(涙) だから少なくとも、Vivianさんが何かを与えたから息子さんがアレルギーになった、とは一概に言えないと思うので、もし後悔で悩んでいらっしゃるようでしたら、そう考えられてみてくださいまし。
本当に、アレルギーの原因って何なんでしょうね。時々思うのですけど、すごくお金がかかって一部の人が受ける臓器移植技術は発展しているのに、国民の大多数が苦しむ花粉症や頭痛が治せないというのが悲しいですねえ……
Commented by ばんず at 2011-04-08 05:42 x
追記されましたね。すばらしい~!記事がパワーアップしている(笑)
遅ればせながら、拙ブログでもその後のご報告ということで、本日アップいたしました。事後報告で申し訳ありませんが、Miyukiさんのブログにもリンクさせていただきました。
Commented by Miyuki at 2011-04-08 09:39 x
*ばんずさん
あ、Stand upさんの部分かな? いえ、実は最初からあったのです、ふっふっふ。……つか、もっと短い記事を書けよ自分。
リンク、とても光栄です、ありがとうございます! 公式ブログにリンクをお願いしようと思いますので、どうぞお許しくださいませ。
Commented by Chiy at 2014-11-28 17:19 x
在日米軍基地内の人と交流して、確保するのが一番はやいと思います。被災地に確実に届けるというところだけで、かんがえたら、すでに日本にあるので。
Commented by Miyuki at 2014-11-29 03:39 x
*Chiyさん
初めまして! こんな昔の記事にコメントいただきまして恐縮です。
現在はこの活動は終了しているので、なんで最近アクセスがあるのかと思ったら、日本で液体ミルク導入の署名活動をされているとか?
Chiyさんのアイディア、なるほど!です。確かに基地内には供給されていそうですね。少子化対策を謳うなら、お母さん達の選択肢を増やすという意味で、検討してほしい商品でありますね~。


<< よりどりみどりの袖引きに(後) それより僕が伝えたいのは >>