素材を尊ぶ初春の

「真理の大海は、すべてのものが未発見のまま、私の前に横たわっている」
   ----- アイザック・ニュートン
       (イギリス人、物理学者、1643年1月4日生まれ)

* * * * *

【買い物】

     IMG_0376

お正月といえば、御節です。
ええ、食いしん坊の思考です。

今回、元旦を日本で過ごすことになってから、決めていたのは、
「マクロビオティックの御節を注文する」
ことでございました。ええ、食い気だけで生きてます。

健康食志向が高まっているらしい日本では、ベジ御節やマクロビ御節の提供が増えていて、ありがたい限り。
そんな中、アメリカからでもオンラインで注文できるマクロビオティックマルシェさんの、新春おせちを頼んだよ。

マルシェさんでは他にも、ヴィーガンではないナチュラルおせちも提供されていて。
実家の家族も一緒に、と思えば、そちらの方が良いのかとしばし悩んだのだけど。
なんというか、ヴィーガンおせちの見本を一度味わってみたいという気持ちが捨てられず、結局マクロビおせちを選んだの。




IMG_2328

真空パックで個別包装された御節が、29日にクール便で届いたよ。
実家の重箱は、母の黒豆やお煮しめを入れるので、こちらはお皿の上だろう。
センスマイナス人間の私は、早々にお嬢に丸投げ。大晦日の夜、実家の小皿類を色々選んで、お嬢が盛り付けしてくれたのだ。(感謝)

実家の家族は、御節は元々ほとんど食べない上、それがマクロビとなれば、お嬢と私しか食べないので。(確信)
20品目というメニューのうち、私達が食べられそうな量だけ出して、あとは家に持ち帰って、うちの家族で食べようね。


IMG_2332

手前右側から、時計回りに。
ごぼうの梅干煮は、ごぼうを梅干と昆布だけで17時間炊き上げたもの。別名は養老煮、でいいんだっけ。
お嬢も私もずっと食べてみたかったのだけど、17時間の根性がなくて、作ったことがなかったの。
これがごぼう!? と思うぐらいに、口の中でほろっほろに崩れるよ。

飾り切りの菊花かぶ
甘酢仕立てに、鷹の爪とゆずのアクセント。桜の花の塩漬け付き。

豆腐の麦味噌粕漬けは、お嬢が一番気に入ってた一品。
味噌漬けなら私も良く作るのだけど、それより一段穏やかな味わいで、ねっとりと柔らかく。

かんぴょうの巻きが美しいのは、昆布巻き。 私はいつも失敗するんだ……
北海道産の早煮昆布で巻いたのは、ごぼうと人参。柔らかすぎず、出汁の濃さも程好く。


IMG_2333

テンペの味噌松風は、豆腐に椎茸、ごぼう、にんじん、山芋、ねぎと具沢山。
正直これは、ちょっと期待はずれだったかも。
日本製のテンペなら、こちらのテンペにありがちな、あの後味の苦さがないかと思いきや、やっぱりちょっと感じられ。


IMG_2331

ごぼうとエリンギのゆずこしょう漬け
またごぼうかい、という呟きが何度も出たこの御節、日持ちする旬の野菜となると、根菜が活躍するんだな。

すり胡麻風味が香ばしく、柚胡椒もぴりっと効いていて。
盛り付け担当のお嬢によって、なぜかごぼうとエリンギが分けられてしまったけれど、これはなかなかんまかった。家でも作るべし。


IMG_2329

英語だとスタッフィング・シイタケでも、和名は裏白しいたけなり。
詰められたのは、コーフー、蓮根、人参、山芋、ねぎなど。素揚げしてから油抜き、出汁と調味料で炊いたもの。
これも揚げたとは思えないほど、とても穏やかなお味。


IMG_2330

高野豆腐の印籠詰は、小麦グルテンに干し椎茸、蓮根、人参を詰めたもの。
去年自分で作ってみたものと比べて、形の美しさはさすがだなあ。
そしてやっぱり穏やかな味わいに、うむうむ、これが本場(?)の味の濃さか、と身体に覚えさせ。


IMG_2334

甘栗きんとんは、さつま芋に甜菜糖とみりんという、ごくごく自然なままの材料で。
人工的でない、そのままの味が嬉しいね。
中に入ってるのは、有機栽培のむき栗だって。


IMG_2335

名前が可愛い、七福ピクルス
セロリ、カリフラワー、かぶ、蓮根、きゅうり、しめじ、人参……ほんとに七福だ。
お酢と白ワインに甜菜糖メインのピクルス液は、味がとがってないよ、まろやかだよ。


IMG_2337 IMG_2338

母の黒豆と、母のお友達のお手製渋皮煮は、実家ではマストアイテム。
それに母のお雑煮と煮しめがあれば、お嬢と私は大満足。
以上が、日本で食べた分。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

IMG_2384

我が家に帰ってから、残りの御節を一気に。
母の大納言と比べると、ちょっと小ぶりな黒豆だけど、甜菜糖と米飴で炊いた豆の、優しい甘さも嬉しいよ。

対してこちら、こんにゃくのピリ辛炒めは、こんにゃく自体がとても良く。さすが有機の生芋まるごとこんにゃく。

煮しめの色が薄いのは、薄口醤油で炊いたから?
里芋、人参、絹さやが、昆布出汁であっさりと上品な味わいに。
逆に、蓮根・ごぼう・干し椎茸の煮しめは、しっかり目の味付け。
椎茸を噛むと、じわっとにじみ出る煮汁がとても美味しいの。


IMG_2385

和え物3品は、お気に入りのあつゆきちゃん製の器にて。
大根、人参、蓮根、しめじに干し椎茸などなど、具沢山の炒めなます。りんご酢と梅酢で甘酸っぱく、ゆずの香りが良いの。

御節の定番・紅白なますは、お酢とお砂糖が濃い目だけど、やっぱりこれもとがってなくて、しゃくしゃくという歯応えと一緒に楽しめる。

蓮根と人参の和えものごま風味は、塩と炒り胡麻だけのシンプルさ。
でも、蒸し煮したという蓮根と人参が、ちょうど良い歯応えで仕上がってて、素材の良さからも余計な調味料がいらなくて。

日本の金柑を食べるなんて何年ぶりか、の、きんかんの蜜煮
優しく、柔らかい金柑は、一粒で満足のクオリティ。


IMG_2383

デザートのりんご寒天も、自然なりんごの甘酸っぱさを、甜菜糖と米飴で補う程度の仕上がり。
滑らかな舌触りで、ゆっくりと一さじずつ楽しめた。

遠藤さんの手作り玄米うさぎ餅だけを残して、マクロビ御節のコンプリート。
お餅は今度の週末に、お雑煮にしていただこう。
以上、ナチュラルフード・コーディネーターの滝田美智子さんプロデュース、だそうですよ。


2008年・09年と、日本の実家で取り寄せた御節は、賞味期限が1月1日だった。
結構な味の濃さ、使ってる調味料の多さ(含:怪しげなもの)にも関わらず、なんで日持ちしないの?と不思議でね。
だって、お正月ぐらいは家事を休めるように、というのが御節の目的の一つであるはずでしょ。だから年末は倍働け、というハナシなんだけどね。
まあ、何かあったら嫌だから、という気持ちを込めての賞味期限の設定であるにしても、だったらもっと添加物を減らせよ、と言いたくなるんだな。

それに対して、こちらのマクロビ御節、29日以降に配達で、賞味期限は3日まで。
化学調味料や保存料といった添加物はなく、植物性材料のみで、味つけもとても穏やかで、尚且つそこまでもつという。
きちんと栽培された野菜で、きちんと作られた調味料を使えば、それができるんだ、という見本。や、自信かな。
優しい味をゆったりと楽しめた理由は、そんな点にもあったなあ。


来年のお正月は、恐らくこちらになるので、今度はもう少しマシな御節を作りたい。
といっても、一人で何品も作るのは、決して楽ではないので、ayuminさんみたいに、何人かで集まってシェア、というのもいいなあ。
あ、でも私の作るものは、到底人様には差し上げられないのであった……

ヴィーガン御節を食べたくせしてナンなんだけど、お雑煮は鰹出汁やアゴ出汁が恋しかったりするので、100%植物性でなくても、と思ってて。
ハレの日には、陽性が強いものを食べるのも良いもんだ。
といっても、お肉よりはお魚の方が恋しいけどね。

なんて思ってたら、お料理&おもてなし上手のSarahさんに、激美味御節をご馳走になりました。
その自慢は、次回にて。
[PR]
by senrufan | 2011-01-04 13:15 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/14705212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by matsathome at 2011-01-06 16:09
Miyukiさん、なんて大げさな予告を...。
私の方こそ、マクロビおせち食べてみたいですよ〜。どれも素材の味がして美味しいんだろうなぁ。考えてみたら私自分の作ったお節以外食べたことがありません。来年はぜひポットラックお節、やりましょう、やりましょう〜!!
Commented by マミィ at 2011-01-06 16:21 x
おおおっ、華やかに並びましたねーブラボーお嬢!高野豆腐の横に3本の小さなえのき…さすがです(笑)
マクロビおせち、どれもこれも食べてみたいですが、ごぼう、きんとん、高野豆腐に特にそそられます。
今年もお母様の黒豆が美しく光り輝いていますね!
Commented by ゆりこ at 2011-01-06 23:07 x
「おせち」この言葉を聞くだけで心踊る私ですぅ ^^;
なんと!美しく盛り付けられて♪
”マクロビおせち”身体が浄化されそうですねぇ~?!
1年の食事にぴったり!!
来年は、特に”ごぼうの梅干煮!”に挑戦したいとおもいま~す!!

お母様のお味はいかがでしたかぁ~?!懐かしく優しいお味ですよね☆
明日は、七草粥で朝を迎えて
お正月は終わりですねぇ~・・・寂しいなぁ~食いしん坊なだけなんですが・・・・あははは・・・

あ!2年半就職活動を頑張っても、落ちまくりだった主人がようやく!
就職が決まりました!!本当に、嬉しいです♪
「こりゃ~春から縁起が良いわいなぁ~」ですよぉ(^O^)/
Commented by nikkeilife at 2011-01-07 01:28
わ~、羨ましい~。マクロビの御節で新年を迎えるなんて素敵です。お嬢さんの盛り付けのセンスが光りますね。

ごぼうの梅干煮って17時間もかかるんですか。う~ん、食べてみたいけど私も作るのにはちょっと戸惑いますね。でも今年は黒豆を10時間煮たのでごぼうを17時間煮るのもチャレンジしてみようかな。りんご寒天のなかの桜の塩漬け(ですよね)も素敵~。とても美味しそうです。
Commented by Miyuki at 2011-01-07 13:02 x
*Sarahさん
ふっふっふ、気分は東映かFoxです。
ポトラック御節、のってくださいますか、ぜひぜひ! Sarahさんの黒豆とお煮しめ、また来年も食べたいですう♪ 私はなますやきんとん担当かしら(すでに広がる妄想)
Commented by Miyuki at 2011-01-07 13:05 x
*マミィさん
ええ、私もあのえのきだけは謎でした(笑) それ以外はさすが!と新年早々親バカ炸裂で。
私も勉強になりました。こんなに御節ってバリエーションがあるんですねえ。でも一番は、いつまでも母の黒豆です、えへへ。
Commented by Miyuki at 2011-01-07 13:09 x
*ゆりこさん
ごぼうの梅干煮、ほんとに美味しかったですー!
別な味付けでもイケると思うので、私も来年は挑戦してみようかなあ。

母の御節はやはり別格ですね~。
なんというか、過不足ない味なんですよね、自分にとって。
今日は七草がゆを召し上がりましたか? こちらでは七草そろわないので、とりあえず青菜を無差別に7種類そろえる予定です(笑)

なんとーっ、新年早々すんごく嬉しいニュースですーーっっ!!
おめでとうございます、ご主人様! ゆりこさんも本当にお疲れ様でした~~(感涙)
遣り甲斐のあるお仕事でありますよう、影ながらお祈りさせていただきますっ♪
Commented by Miyuki at 2011-01-07 13:12 x
*アヤコさん
えへへ、念願が一つ果たせました~。なんてささやかな(笑)

おお、きっと素晴らしい出来の黒豆だったことでしょう。このごぼう煮、圧力鍋を使えばもっと短時間で良いみたいですね。あと去年、黒豆はスロークッカーを使えば楽、と教わったので、それも使えそうだし。りんご寒天、甘酸っぱさがとても良かったですvv
Commented by ayumin_moo at 2011-01-07 15:44
はぁ~、華やかな御節料理ですね~。
お料理が美味しそうなのはもちろん、やっぱりお嬢様の盛り付けが美しいです!

なんてうっとり見とれていたら、自分の名前が出てきてびっくり。笑
はい、御節のシェア、最高です♪
田作りを作っただけで5種類の御節を手に入れましたからね!
ラクできるのも嬉しいし、友達の家庭の味を知ることができたのも楽しかったです♪

高野豆腐の印籠詰、Miyukiさんが作られたものを見てからずっと気になっていたんです。
高野豆腐は煮物の中で一番好きなものなので!
面倒くさがりなので高野豆腐だけの煮物しか作らないけど、いつか挑戦しなくては。

あ、七草粥の存在を忘れていました。。。
七草はないけど、明日の朝ご飯はお粥にしようかな。(地味)(手抜き)
Commented by Miyuki at 2011-01-08 03:12 x
*ayuminさん
あの御節シェア、ほんとに素敵なアイディアですよ! 教えてくださってありがとうございますvv
そですよね、他の人の御節の味、知りたいし教わりたいですよね~。

高野豆腐は私も大好きですー♪
今年はもっと乾物の出番を増やしたくて、日本でまたレシピ本を買ってしまいました、えへへ。
ayuminさんお勧めのレシピ、良かったら教えてくださいませ!

うちも七草粥、と思ってたら、今日は外食でした。
ということで、明日にしよう。(意味ねえええ)


<< 慶びを表す彩りは 薔薇の花咲く、JANUARY >>