私の常識、他人の非常識

「思うに、希望とは、もともとあるものだとも言えないし、ないものだとも言えない。それは地上の上の道のようなものである。地上には、もともと道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ」
   ----- 魯迅
        (中国人、小説家・思想家、1881年9月25日生まれ)

* * * * *

【雑事】

     frameIMG_0786

次回からまた3~4回の連続記事を予定しているので、その前にちょっと小ネタなど。
息抜き、じゃないのか、前ガス抜き。

私が大好きなグローサリーストア、Whole Foods Market
北米で、イギリスで、右上がりのカーブで店舗を増やしつつあるこのストア、日本でもオーガニックに関心を持つ人には、少しずつ名前を知られてきているような。

先日ネットで見つけたのは、そのWhole Foodsの店員が貴方を嫌う理由、というものだったので、つい反応してしまったのでございます。
でも訳してみたら、大して面白いものでもありませんでした……




*-*-*-*-*-*-*-*-*

「Whole Foodsのレジ担当に嫌われない為に」

1. 身分証明をネタにしないように

たとえば限定販売の地ビール6本パックや、バイオダイナミック農法のワインをレジ係に渡しながら、提示したIDの正当性について、気の利いたつもりのジョークを言いますね。
レジ担当は、1日のうちに20回以上はその手のジョークを聞かされており、15回目にはホームコメディの定番ジョークと同様の新鮮さになる、ということを肝に銘じておいてください。
彼らは、あなたの顔に浮かんだ作り笑いを見ながら、まるでJoey Lawrenceの「Whoa!」という叫びを聞いたかのように思っています。


2. 経営しているのは店員ではないことを念頭においておくように

驚くかもしれませんが、レジ係は店を運営しているわけではありません。
ハーブの点眼薬の場所が変わって見つけられないとか、量り売りのレンズ豆が切れているからといって、店員に文句を言ったり非難したりしないでください。
彼らのせいではないし、○○(あなたが普段あまり行かないオーガニックストアの名前)とやり方が違ったところで、彼らは気にしないのです。


3. 携帯電話で話さないように

電話をかける必要がある時は、先に済ませておいてください。
客とちょっとした会話をすることは、彼らにとって仕事の一部であり、もしあなたが携帯で話していたら、彼らはその儀式をあきらめなくてはならないのです。
彼らの適切な質問全てに答えられるよう、心の準備をしておいてください。例えば、「この生分解性プラスチックのピクニック用品のお支払はどうしますか?」とか。


4. 彼らがWhole Foodsの主義に同調しているかどうかを確認しないように

Whole Foodsで働いているからといって、あなたと意見を同じくしているとは限りません。
彼らに、水星が逆行していることについて話すとか、最新の国際紛争について講義する、といったことをしないように。
彼らがそこに7時間立ち続けて、1分1秒を楽しんでいるかのごとく見せようとしているのは、職を失いたくないからです。
あなたは食べ物に払いすぎなほどに払っていますが、彼らはそう見せかける努力に対して、十分な給料をもらっているわけではないので。


5. 子供は引き綱につないでおくように

勿論、そんな屈辱的なことを実際にする必要はありません。
が、子育てにおいて、「自由にさせること」と「他の人に気をつかうこと」の境界線をどこに引くか、しっかりと学ぶ必要があるでしょう。
Dakotaのモンテッソーリ学校では、子供の思うままにさせるかもしれませんが、ピーナッツバタープレッツェルを撒き散らすのを止めさせることは、その子の感情的な発達を妨げることにはならないのですから。
[PR]
by senrufan | 2010-09-25 10:56 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/14091655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みちこ at 2010-09-27 23:12 x
お久しぶりの上にも、お久しぶりのみちこですぅ~
忘れられてたら、どうしましょぉ~(TOT)

下の屋台のお店に目が~^^;
次回から連続記事が始まるんですねぇ。ウキウキ!!

今、NHKで「カリフォルニア縦断」という番組をやっていて、とっても面白いですよ♪
まぁーーこれは英語お勉強番組なんですが、英語は置いといて(苦笑)
今回は”カーメルンの町”だったんですが、可愛い町♪お店も可愛い~
チーズが大きい!!チョコもバン!と大きい~(^◇^)
ファッジって、お母さんの味なんですってね?!
「Whole Foodsの店員が貴方を嫌う理由」♪
日本も色んなルールーがありますが、日本とは違うルールーに
楽しみながら(??)読みました♪アメリカに行く機会があったら気をつけま~す♪(-^◇^-)
Commented by Miyuki at 2010-09-28 10:57 x
*みちこさん
忘れるわけがないじゃないですかっっ!!(ひしっ!)

そなんです、次号から。あははー……すっごくつまんないものが。

お、その番組、ぜひ見たいですねえ! 英語の勉強のためにも(殴)
カーメルの町、お薦めですよ♪ ほんとに可愛らしい場所で。
そう、食べ物はデカい! 野菜もデカいんです! 日本の野菜でもこちらで育てると大きくなるので、土壌や空気自体にも大きくなる要素があるのかなあ、なんて。
ファッジはおふくろの味、うん、わかりますねそれ。
逆に日本のルールに疎くなっている私です。目と目を合わせてにっこりしたら、店員さんに目をそらされたことがありますから(涙)
Commented by さまんた at 2010-09-28 22:31 x
あぁ早速拉致されに来てしまいました・・・ところで将軍様はどちらに?
そういえばMiyukiさんは大西洋の向こう側ご在住でしたね!私にとってはまったく未知の世界です・・・これから不審な足あとがボチボチつくことがあるかと思いますが、それはきっと私が彷徨った跡かも・・・その節はどうぞお手柔らかにお願いいたします~。

このストアもJoey Laurenceさんとやらも全然知らない無知な私なのですが、ジョークを言うなと言ったかと思えば店内で携帯で話すなと言ったり、ここの店員は所謂日本語で言う『つんでれ』という類の方々なのでしょうかね・・・そうなると客層(もちろんご常連のMiyukiさんを含めて)は・・・?早くもあらぬ妄想がとまりません。
Commented by lizzyco at 2010-09-29 00:32 x
先日は遊びに来て頂き、ありがとうございました。
もっと早くにこちらにコメントを!と思いながら、日々が流れて行きまして、、、申し訳ありません。が、楽しく拝読させて頂いておりました。いや、本当に楽しい。文章がお上手です。
言葉ノチカラにもお邪魔し、その読んだ本の数々に感銘。
私もこんな生活、したい、、、と生唾飲みました(笑)。
これからも日参させて頂く所存でございます、どうぞ宜しくお願い致します。
Commented by Miyuki at 2010-09-29 05:26 x
*さまんたさん
ああ、いらしていただけたのですね! もう放さないっ!(すでに監禁) あ、将軍様は現在後継者問題で頭を痛めつつも、飽食はやめてないようで、食堂にいらっさるです。
そなんです、そちらの国から大変嫌われる大国におります。さまんたさんの跡には花が咲き乱れてくれますので、どうぞ頻繁にいらっしゃっていただけますように~~。

さすが鋭くていらっしゃる! ツンデレ、それですそれ。適度な距離を保ちつつ、でも私にくださいアテンション。自分の意見は絶対です。って、これってただのアメリカン……
Commented by Miyuki at 2010-09-29 05:34 x
*lizzycoさん
なんと、もうお一方、とても嬉しいお客様が! わざわざありがとうございます~~(うるうる)
ううう、こんな駄文をlizzycoさんに読まれたかと思うと、全て消したい衝動にかられますが、温かいお言葉、とても嬉しいです。実は私が理想とするブログ文というのは、正にlizzycoさんのような、シャープで的確、鋭いユーモア満載の文でして。それがシャープどころか、ダラダラ垂れ流しがいいところのテイタラク……(涙) なので、一層の憧れをもって、lizzycoさんのところにおじゃまして、精進に努めたいと考える次第です。
こちらこそ、これからも足しげくおじゃまさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します!


<< 世界に一つだけの教科書を (1) 好いて、好かれて、追い追われ >>