Wake up to Organics (5)

「好きなものにさよならしない限り、そしてまったく新しい領域に旅しない限り、人は徐々に磨耗し、やがては消滅するだろう」
   ----- ジャン・デュビュッフェ
       (フランス人、芸術家、1901年7月31日生まれ)


IMG_0535

昨夜から我が家にホームステイ中。
ミニチュア・プードルのロイヤル君です。


もー、めろめろです……っ!(死語)

* * * * *

【雑事】

     frameIMG_0430

記事にあった資料2点。
残留農薬が危惧される野菜と、殺虫剤の危険性について、です。




*-*-*-*-*-*-*-*-*

(資料1)

1年前のオーガニックシリーズでのせたリストと、ほとんど変わってない様子。
全てを一気にオーガニックに切り替えなくても、まずはワースト12の青果からオーガニックを買うようにする、というとっかかりになれば。

〔最も残留農薬が多い農産物:ワースト12〕
1. 桃
2. りんご
3. ベルペッパー
4. セロリ
5. ネクタリン
6. いちご
7. さくらんぼ
8. ケール
9. レタス
10. ぶどう(輸入品)
11. 人参
12. 梨

〔最も残留農薬が少ない農産物:ベスト15〕
1. 玉ねぎ
2. アボカド
3. とうもろこし
4. パイナップル
5. マンゴー
6. さやえんどう
7. アスパラガス
8. キウイ
9. キャベツ
10. 茄子
11. パパイヤ
12. スイカ
13. ブロッコリー
14. トマト
15. さつまいも

*-*-*-*-*-*-*-*-*

(資料2)

<殺虫剤と健康>

Pesticide Action Network North Americaによれば、殺虫剤には健康に深刻な被害をもたらすものが多数あり、例えば神経障害、先天性欠損症、発達・行動障害(自閉症やADHDなど)、更には癌の一種まで引き起こす危険があります。

最近の研究は、二分脊椎、口唇裂、内反尖足、そしてダウン症候群などの先天性の障害は、受精の時期が春から夏にかけて、つまり最も農薬が使われる時期であった子供達に、多く見られることを示しています。
また、これらの殺虫剤は、男性の生殖不能をももたらす恐れがある、とEnvironmental Health Perspectiveで発表された、新しい研究結果で述べられています。

以下は、中でも特に毒性が高い農薬2点です。

1. Atrazine
〔使用されるもの〕
とうもろこし、さとうきび、穀類

〔説明〕
フランス、ドイツ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンでは使用禁止になっているにも関わらず、アメリカでは2番目に多く使われている農薬。
心血管損傷、筋肉のけいれん、副腎損傷、目や肌の炎症を起こす原因となり、内分泌攪乱・発がん性物質である。


2. Dursban
〔使用されるもの〕
りんご、とうもろこし、綿花、アーモンド、アルファルファ、オレンジ、くるみ

〔説明〕
クロルピリホスのメーカー名で、有機リンとして知られる合成物の仲間。
環境ホルモンの疑いがあり、唾液分泌過剰、吐き気、下痢、頭痛、情緒不安定、目眩を引き起こす可能性がある。
クロルピリホスを大量に摂り込むことで、けいれん、呼吸麻痺、昏倒、更には死に至ることもある。
米国環境保護庁(EPA)は、農業と関係のない使用(ノミの首輪やシロアリ駆除など)を禁じている。
[PR]
by senrufan | 2010-07-31 11:49 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/13693066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by akiumi at 2010-08-02 14:34 x
おお~ワースト10のフルーツたち。学校で教えてもらったワーストにはもっと多くの野菜が含まれていて、どっちのリサーチ結果がどうというよりも、やはりすべての農作物を"本当の”オーガニックでいただきたいものだなあ・・・と改めて・・・・。
昨日の「ローカル、イコール、化学合成物を使用していない、ではないのです」とは、いまさらなにを、な当たり前のことながら、軽くかなしい・・・。「我々は、彼らの農場がオーガニックであってほしいのです。どうやってそういう農場を経営していくべきか、我々の意見を提供していきましょう」
それが、究極の理想ですね、私にとって。
オーガニック化していない地元農家を避けて大手スーパー等のオーガニックにこだわるより、いまだ化学薬品を使っているであろう地元農家を受け入れ、購入し、サポートしつつ、オーガニック化を進めてもらう。
はい、それが目指すところと切に思いました。
ローカルを選ぶということが、どうやって育ったか、から目をそらされることになると期待するなんて、消費者を馬鹿にするのもいい加減にしろ!大手企業!という感じですね。
みゆきさん、ありがとうございました!

Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-08-03 03:15
そう、すべてをオーガニックにこだわると家計が、、、と気になってしまうので、このベストとワーストをなんとなく念頭において買い物をしています。キャベツとレタスは似たような葉野菜だと思いきや、レタスはワースト、キャベツはベストに入るんだ、と驚いたことがあります。ワースト12に入っていたジャガイモやほうれん草がなくなり、ケールが入ったのですか。といっても、ワースト13あたりに居座っているので気をつけるべきなのでしょうが(笑)
Commented by Miyuki at 2010-08-03 11:42 x
*akiumiさん
そなんですよ、私なんて特に皮ごと食べるので、極力全種類オーガニックにしたくて。
この後、自分の現在の考えを書いて終わろうと思ってるのですが、すでにakiumiさんがすばらしくまとめてくださいました~! このまま掲載していいですか(ズルはいけません)
ほんとにおっしゃる通り、疑い始めたらキリがないので、自分の責任で、どこまでこだわるかを線引きしなきゃいけない。それはサポートという気持ちが後押ししてくれるからできる、そんな風に思います。
akiumiさんこそ、いつも貴重な意見を書いてくださって、本当に感謝しておりまする。あと一回、申し訳ありませんがお付き合いくださいませ!
Commented by Miyuki at 2010-08-03 11:46 x
*shinaさん
さすがshinaさん、賢い消費者の見本でいらっしゃいますぞvv
うちは肉・魚を買ってないのに、食費は結構な金額になってますから、ベジィでなかったらどうだったかなー、なんて思ったり。皆さん、毎月どれぐらいの食費を使ってらっしゃるんだろう……アンケートをとりたいところですが、さすがにコメント欄には皆さん書きにくいですよねえ。うーむ。
Commented by Chiblits at 2010-08-08 15:33 x
Miyukiさん、お久し振りです!!こんなリストはとても参考になります。
今盛んに食べているとうもろこし、ベスト15の3番目にあったので大喜びをしたら、その下にAtrazineが使われるって! がっかり~。 
最近は運転をしないで歩いていけるスーパー(Safeway)でできるだけ用をたしているのですが、Safewayのお野菜、ファーマーズマーケットのオーガニックのお値段と同じです。 矢張りファーマーズマーケットには頑張って行かなくちゃ~と思いました。 
Commented by Miyuki at 2010-08-09 08:44 x
*chiblitsさん
こんにちはー!
そうなんですよ、とうもろこし。実は油断ならないとうもろこし。そうでなくても遺伝子組み換えが気になる作物なので、やはりここはオーガニックが望ましいのでしょうね。
えええ、Safeway、そうなんですか! なんとなくぐっと安いのかと思ってました。今の時期、特にマーケットは野菜が豊富なので、歩くだけでも楽しいですよね♪


<< 八月・葉月・仲秋 Wake up to Orga... >>