Wake up to Organics (3)

「自分の心の中を見つめてこそ、はっきりと考えられるようになる。外を見つめる人は、夢を見る。中を見つめる人は、覚醒する」
   ----- カール・ユング
       (スイス人、精神科医、1875年7月26日生まれ)


  IMG_0516  IMG_0514

お嬢の友達で、私も大好きなお嬢さんが、日本から遊びに来て、我が家にも一泊してくれました。

お嬢が夏休みの間、グリーンスムージー(というか青泥汁…)を飲んでいることを知って、
彼女の方から、青汁挑戦します・夕食はそれで結構です、と言われて、さすがに慌てましたとも。

いやいやいやいや、アレ、普通の人の飲むものじゃないから! と止めたんですが、彼女のチャレンジャー魂はゴーゴーと燃え盛り。
せめてもと、口直しの食べ物を用意した後、お嬢がわくわくしながら作ったんですよ。
果物多めで、なるべくクセのない青菜を使え、と私が言ったにも関わらず、苦~いDandelionとか入れてるし……!(わなわな)

彼女は出来上がったグリーンスムージーを左手に持ち、右手は腰に当て、雄々しく仁王立ちした後、ごくりと飲んで、


一口目で死んだおじいちゃんに出会い、

二口目でお花畑を見たそうです。

でも完飲したんだから大したもんだー


次はもう一人のお気に入り、Rogiさんのお嬢さんの番ですな。(満面の笑み)(おいでませ~)

* * * * *

【雑事】

     frameIMG_0434

〔前提〕

「sustainable(持続可能な)」、「natural(自然)」、「organic(有機栽培)」……どれも同じことなので、どれを買っても良い。




〔実態〕

”natural”や”sustainable”といった謳い文句は、”organic”や”cruelty-free(動物実験なしの)”のように、十把一絡げにされがちです。
しかし、”natural”と”sustainable”は、”local”のような言葉と同様、十分な定義を持たず、裏づけとなる規定もほとんどありません。

USDA Organicは、しっかりとした基準を持ち、信頼できます。National Organic Programによって定められたオーガニック基準は、確立されています」
とBatcha氏は言います。
また、カリフォルニアのEarthbound Farmを経営するMyra Goodman氏は、
「”local”という言葉は、”made in the USA”を意味したり、もしくは、通りの向こう側で収穫されたものを指したりする、完全に主観的なものなのです」
と説明しています。

ここ数年、USDA Organic認定を受けた商品がマーケットでの割合を増し、認知度が高まった為(Walmartでさえも、主たる供給元になっています)、
そしてオーガニック事業が成長産業である為(Nutrition Business Journalによれば、昨年のオーガニック飲食物の売り上げは、212億ドルに達しました)、
オーガニック運動の中心にいる人々は、大手業者によって基準が簡単に緩和されてしまうのではないか、もしくは行政側のコントロールは、現在の食業界の問題を処理するところまで届かないのではないか、と感じています

大手業者のオーガニック事業内容は、本当にorganicと見なして良いものか?
牛がちゃんと放牧されてない、もしくは更に悪いことに、労働者に給料がきちんと支払われていないとしたら、それはどうすればいいか?
そして、外国から輸入されたオーガニック作物は、信頼に足るものか?

「Organicとは、一般の人々がこういった疑問や関心を持つ対象であり、我々はそれを鼓舞する動きを歓迎すべきです」
と、Scowcroft氏は言います。
「仮に誰かが不正を働こうとしているなら、それを明るみに出しましょう」

しかし彼は、”organic”は他の語と違い、人々が決めていくべき言葉であることを強調します。
「食べ物がどうやって栽培され、自分が何を食べているのか、誰でも簡単に知ることができるのですから」
[PR]
by senrufan | 2010-07-26 10:12 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/13669670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2010-07-29 14:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by すれっぢ at 2010-07-29 23:20 x
一口目で死んだおじいちゃんに出会い、
二口目でお花畑を見たそうです。

を~実はトリップするための難関だったのですね。
これぞまさに合法XXXXしかも身体にいいっ!
でも試したくないですぅ~~。(汗)
Commented by Sarah at 2010-07-30 07:39 x
そう「ナチュラル」という言葉にだまされるな!これを言って欲しかったんです。私も何度か書きかけたものの、文章力のなさからか、まともな記事になりませんでした(涙)私なんてマーケティングの思うツボっていうぐらい、いつもパッケージの見た目にだまされてしまいます。
高知の遠藤青汁で育った私、Miyukiさんちのスムージーも飲んでみたいです(笑)
Commented by Miyuki at 2010-07-30 09:58 x
*非公開コメちゃん
そう、次はあなた、あなたの番よ~~♪♪
お母様の許可もいただいておりますので、どーんと命をあずけてください!! あ、遺言も。
Commented by Miyuki at 2010-07-30 10:00 x
*すれっぢさん
そです、別名・臨死体験コース。
くぐりぬけたあかつきには、新しい人生が待ってますvv
って、どんな罰ゲームなんだこれーっ!!
Commented by Miyuki at 2010-07-30 10:04 x
*Sarahさん
パッケージにだまされたこと、今までの買い物暦の半分はそうなんじゃないでしょうかアタシ……そなんです、どうしてもナチュラル~とか自然~とかにヨワヨワなんですよ~~(よよよ)
でもって遠藤青汁、ググってしまいました。なんと、こんな商品があったとは! しかもSarahさんが飲まれていたとは! なら、我が家のスムージーはきっと大丈夫なはず。どうぞ飲みにいらっしゃってくださいませ~(笑)
Commented by マミィ at 2010-07-30 17:28 x
おおおっ、私もこのグリーン・スムージーを飲んで亡き父に会いたい!ちびちび飲めばいろんなものが見えるのだろうか。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-07-31 02:04
そうか、、、大好きだった死んだおばあちゃんに会いたければ、お嬢様にすむーじーを作ってもらえばいいのか。おばあちゃん仕様すむーじーにはDandelionの代わりに何が入るでしょう?

「sustainable」という単語は、やはり「持続可能な」と訳す(解釈される)んですね。辞書に「環境に優しい」という意味も出ていたので、そちらのほうが理解しやすく、その意味なのかもと思っていました。「持続可能」ってちょっとわかりにくくて。長く健康を維持できるとか、農作物そのものが長持ちするとか、そういうイメージでしょうか。(ほんとーにMiyukiさんの言葉でまとめてくださっててありがたいです。質問までできちゃうなんて。いや、それは私の暴挙か。)
Commented by Miyuki at 2010-07-31 13:42 x
*マミィさん
ちびちび飲んで、うっすら幻を楽しむか、一気に飲んで、手を触れるところまでいくか、さてどちらが良いかなあ。(マジですかーっ)
Commented by Miyuki at 2010-07-31 13:52 x
*shinaさん
強く会いたいと願う人ほど、強烈な材料を必要とします。なのでこの際、香菜てんこ盛りなどいかがでしょう。(真顔)

私が持ってるイメージが正解かどうかはわかりませんが、農業について言えば、これからもずっと健やかに作物が育つ土壌が存続していくよう育てること、なんですよ。過去・現在・未来は繋がっていることを忘れないように、と考えれば、「環境に優しい」では違う言葉になると思うのです。ただ一般の人には、その言葉の方がとっつきやすいでしょうね~。と、これ以上の質問はボロが出ますので、どうぞご容赦いただきたく…!(逃亡)


<< Wake up to Orga... Wake up to Orga... >>