Wake up to Organics (1)

「子供を理解することは、その大人自身がいかに自分を理解するかであり、子供を愛するとは、自分自身をいかに愛せるかということ。人は誰しも大きな子供なのだから」
   ----- ヤヌシュ・コルチャック
       (ユダヤ系ポーランド人、小児科医・児童文学作家、1878年7月22日生まれ)

* * * * *

【雑事】

     IMG_0343

気まぐれに撮ってみました。
とある土曜日、ファーマーズマーケットで買い物した分です。
青菜5種類を1束ずつ、いちじく、桃、オクラ、グリーンピース、とうもろこし……まだあったかな。
これで、〆て$20以下。全て、オーガニックと表示されている屋台にて買いました。

これが土曜日分で、翌日曜には別なマーケットで、また色々と買って。
週末に手に入らなかった分、及び週半ばの買い足し分は、グローサリーストアにて。
基本は、こんな感じで買い物しております。




私が野菜を買う時の優先順位は、
1. オーガニックであること
2. ローカル産であること
なので、ファーマーズマーケットでオーガニック表示のものを買うのが、一番安心で楽なのですね。
値段はグローサリーストアと脳内で比較しつつ、ですが、大抵のものはマーケットの方が安めなので、その点でもありがたく思っております。


さて、以前にオーガニック製品について、とある雑誌の記事を、シリーズとして記録したことがございました。
あれから1年以上経ちましたが、嬉しいことに、世間の関心は更に広がりを見せている、と言ってよいのではないかと思います。

ファーストレディのミッシェル夫人が、ホワイトハウスにオーガニックガーデンを作られたとか、
農務副長官に、オーガニック認定基準の貢献者であるMerrigan女史を起用したとか、
国の上層部は、食と環境を高めることに、着々と動きつつあるように見えますが。

そこは広大なアメリカのこと、そうは言ってもまだまだごく限られた地域にしかすぎず、
ジェイミー・オリバーのTV番組・Food Revolutionで見られる様子が、大多数の現実であるような気がいたします。


実際、オーガニックと表示されていても、どこまで信用していいの?
オーガニック製品は高いから、とても日常的には買えないわ。
オーガニックじゃない野菜の方がどう見ても新鮮だった時は、どうしたらいい?
あれこれ疑問に思うのは、至極当然のことでしょう。

先日、憧れのchiblitsさんのブログで、以下の記事がアップされていましたね。

アメリカのオーガニック食品

日本でも昨年以来、産地偽装事件で散々振り回されてきたことでありますし、今の我々はちょっと突けば、上記の疑問を大声で叫びたくなっちゃう、そんな気持ちでもあったりして。

ここらでもう一回、改めて。Organic、ということについて。
やはり、とある雑誌に載っていた記事を、つらつらと日本語に拙訳しつつ、頭を冷やして考えてみたい、と思うのです。
ということで、次回から3~4回に渡って続ける予定です。
[PR]
by senrufan | 2010-07-22 06:42 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/13638440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by こっぺ‘ at 2010-07-24 08:09 x
わあ!私もオーガニック食品については考えることが多くて。例えば新鮮なコンベンショナルの野菜と、ちょっと日数たってそうな海外産の野菜どっちを選ぶかとか、Organicの生産場では、よからぬことを考えれば法の抜け道はいくらでもあるとどこかで読みましたので、過信するのもいけないのだと思ったり。連載楽しみにしております。
Commented by matsathome at 2010-07-24 13:38
うーん、オーガニック表示をどこまで信用するか、難しい問題ですね。大学でもこういう質問はよく出るのですが、納得できる答えが返ってきたことはありません。(結局のところ、答えがないのだと思います)現実を知れば知るほど、現在のところは、どこかで妥協しなくてはならないといった、あきらめの気持ちが伝わってくる時の方が多いです。
だから安心出来る食べ物を追求する人の行き着く先は農業になってしまうんでしょうね。我が家の裏庭で野菜を育てているのですが、何度やっても、きゅうりやキャベツは虫食いがひどくてまともに育ったことがありません。遺伝子操作なし、無農薬なんて本当にありえるのか、いつも疑問です。長々とすみません。こういう話題はどうしても熱くなってしまいます(笑)次回を楽しみにしています!
Commented by Miyuki at 2010-07-25 09:02 x
*こっぺさん
えへへ、実はこっぺさんからも色々教われるとアテにしてしまっております。そうなんですよ、悪いニュースはいくらでもあるので、そういうことを考えてたら一歩も前に進めなくなっちゃうんですよね~。なので、開き直る為に原点を押さえておこう、という記事を読んだわけなのです。はてさて、どこまで訳せるかなあ……(すでに遠い目)
Commented by Miyuki at 2010-07-25 09:07 x
*Sarahさん
そうそう、その通り! 結局”妥協”していかないといけないんですよね。でもそれを言ったら、この世の中に完璧なものなどないので、そういうリスクも抱え込む覚悟で、それでも選ぶ価値がある、という心境に至るところまで思えればいいなあ、と。
農業に行き着く気持ち、すごくすごくわかりますね~。私こそ「黒い指」の持ち主なので、まともに野菜を育てられる自信は全くありませんが(しくしく)、でもだからこそオーガニック野菜を供給してくれる農家には、とても感謝してしまうんですよ。ああ、Sarahさんといっぱいお話したいですー! こっぺさんもご一緒にー!(祈)
Commented by akiumi at 2010-07-25 12:21 x
シリーズ楽しみにしています~。みゆきさん経由の情報と、みゆきさん見解。
オーガニックVSローカルでは、最近、ローカルに軍配を上げている私です。ビミョ~~~に、ですけど。
ローカルとは言っても、safeway あたりで言うところのlocally grown......from Mexico とかは、”怒!!”ですけど。 近所に農家のスタンドがあるのは嬉しい限りです。種類は少ないですけど・・・作った人が近所の人のために売ってくれる・・・これ、私の理想です。
もちろん、farmers marketも。
はい、私も、自分の人生行き着く先は農業かもって、よく思います。
って、そんな甘いもんじゃないですよね~
Commented by mame-honey at 2010-07-25 12:28 x
私も基本はオーガニックな物を購入してますが、これって一人だからかな、、とも。家族が沢山いたらお財布が痛いは(苦笑)ただ、最近は、自然に美味しいなって思えたものを買えば良いのかな?とも思うようになりました。今日、久しぶりにSFのマーケットに行きましたが楽しかったです。ただ、お野菜とか果物だけなら地元のマーケットも負けてないかも。あ〜、でも来週また行きたいな〜。ご一緒しません?(笑)
Commented by Miyuki at 2010-07-26 04:06 x
*akiumiさん
いえいえ、akiumiさんのようにきちんと勉強してらっしゃる方には、基本の”き”なことだけなので、どうぞ生温かい目でひとつ(汗)
うん、私もローカルとオーガニックの差は、正に紙一重ですね。それこそ、近くの農場に買いに行くのが一番嬉しかったり。顔が見える・取れ立てという2点は、とても価値あるものだなあ、と思うです。だからやっぱり自給自足の生活が理想になってくるんですよね……
しかしそうか、メキシコが近所だとは知りませんでした。東京で竹島産のものを買うような感覚かしら(違)
Commented by Miyuki at 2010-07-26 04:13 x
*mame-honeyさん
それそれ、食費の面からも考えざるをえないんですよねー。食費は? 質は? 量は?……それぞれで選択していけば、行き着くところはどこか。そして選んだ形が、mameさんのように美味しいと思えることが幸せなんだと思うんですよねえ。
SF、い、い、行きたいですー!! しかもmameさんと一緒ー!!
なんですが、娘のサマースクールの送り迎えで土曜の午前中は時間がとれないんですよおおぉぉ……(号泣) 8月後半になったら大丈夫ですので、その頃に行かれるようでしたら、ぜひお声をかけてくださいませ~、お願いします~。


<< Wake up to Orga... 背負う景色は無限大 >>