背負う景色は無限大

「征服するのは山ではない、我々自身だ」
   ----- エドモンド・ヒラリー
       (ニュージーランド人、登山家、1919年7月20日生まれ)

* * * * *

【イベント】

     IMG_0407

夏至は過ぎたとはいえ、まだまだ日の長いこの季節ならでは。
夜の野外での映画上映会に行ってまいりました。

場所は、地元の誇り(と言っておこう)・スタンフォード大学
構内に、お嬢と私のお気に入りの美術館があるのですが、そちらの庭での上映だったのですよ。




IMG_0405

芝生の上に敷物を広げる家族や、椅子を持参する人達。
夜8時半からの上映にも関わらず、7時半にはすでにこれほどの人出。
上映時にはこちら側は満員で、スクリーンの反対側にもかなりのお客さん達が。ありがたいことに、スクリーンの両面で上映してくれていた模様です。


     IMG_0399

なぜこれほど早く、と問えば、場所取りという理由は勿論ですが。
これまた我々のお気に入り、美術館の中にあるCool Cafeにて、8時までディナーボックスを販売してくれているのですね。
こちらのカフェの前に広がる前庭が会場ですから、ボックスを買って、そのままピクニックとしゃれこむことができるのですよ。


IMG_0398

おまけに、映画といったらポップコーン。
7時半からカフェの前で、スナック&ドリンク類の販売も行われる、という至れり尽くせりのサービス付。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

b0059565_11514770.jpg

さて、この日上映されたのは、Disneyの「earth」でございます。
北極熊・象・クジラという、3組の動物の家族を追ったドキュメンタリー。
となっておりますが、それ以外にもペンギン、カリブー、渡り鳥などなど、相当な数の動物の生態が収められているフィルムです。


IMG_0408

映画の感想は、別個に書くほどでもないので(失礼)、ごくごく簡単に。
「すごくわかりやすく、善玉と悪玉に分けてたね
見終わった後のお嬢の第一声ですが、正にその通りでありました。

対象となる動物親子が「善」で、それを襲う狼やライオンは「悪」。そして、凄惨なシーンまで行き着かないうちに画面を変える。
子供向けということ、ディズニーということで、推して知るべし、の内容。

途中で入った、
「これはCircle of Lifeなのです」
という一言が、子供達にどれだけの重みをもって伝わってくれたのか。
美しい映像に賞賛の気持ちを抱きながらも、そんなことを考えずにはいられませんでした。


IMG_0411

余談ですが、クジラの親子のシーンで、楽しそうにゆったり泳ぐクジラ達が映ってまして。
その後でナレーターが、
「彼らはとても楽しく過ごしていました、但し……」
と言った時に、お嬢と私が同時に思ったのが、

 「日本人がやってくるまでは、とか言っちゃったらどうしよう」

であったことをつけ加えておくですよ。
……なんか悲しいね、アタシ達。
*-*-*-*-*-*-*-*-*


     IMG_0415

こちらのイベントは、今月末の30日にも予定されています。
次回の上映は、あの「WALL-E」。私とこっぺさん宅のぼんず君が、大好きな一本です。ええ、精神年齢は一緒です。

食事こそ有料ですが、映画そのものは完全無料。駐車場も夜は無料。
とてもお得な、夏ならではのイベントです。
但し夏といえども、夜の野外はやはり冷え込みますので、上着や毛布その他、防寒対策をお忘れになりませぬよう。

別の場所でも、やはり屋外の映画上映イベントをやってますね。
こちらは1人$5と有料ですが、大人向けのミュージカルがそろっていて、ミュージカル好きな私は当然行く予定。
新作映画にどーも惹かれるものが少ない昨今(なんでだ)(ただの加齢だ)、図書館での無料映画上映やこんなイベントなどで、自宅以外での映画鑑賞を楽しんでいるのです。

     IMG_0417


Cantor Art Center : Films
[PR]
by senrufan | 2010-07-20 11:58 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/13630892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2010-07-22 16:30 x
大学での屋外上映かぁ、いいですねー。お弁当やポップコーンがまた魅力的。ところで蚊には刺されませぬか?蚊取り線香持参…なんてないか。
Commented by すれっぢ at 2010-07-22 22:43 x
夏の子供映画上映会・・・なんか懐かしいような。でもあの頃やってたのは
こんなちゃんとした映画じゃなかったし。映画を見るってことより、暗くなった外で友達と遊べるという感じが楽しかったな~。

そうえいばスタンフォード、前総理の出身校でもありますよね。
う~ん・・・名前落としたな(笑)
Commented by matsathome at 2010-07-23 02:05
素敵なイベントですね〜、行ってみたいです。が、我が地元の誇りは Calなので、Palo Altoに行ったなんて言えないんですよ〜。この辺りの人にとって、赤は不吉な色ですからね (笑)

ディズニーって時々疑問に思うことがあるんですよね。子どもの頃はイソップの方が夢がなくて残酷だと思いましたが、今となっては、そこから学んだことが多いと思っています。

私もクジラの話題になると、いつもドキドキしています。周りに気づかれないように、あえてしらーっとした顔をしているつもりなんですけど...実はバレバレだったりして...(汗)
Commented by Miyuki at 2010-07-23 10:17 x
*マミィさん
カリフォルニアの良いところが、蚊やゴキブリが少ないことなんですよ~。そしてネズミが多い(爆) と言いつつ、ウェストナイルの蚊がちらほら見られているので、やっぱりガードはした方が良いですね。
Commented by Miyuki at 2010-07-23 10:18 x
*すれっぢさん
懐かしいですね~! 思わず頭の中に東映のロゴが浮かんでしまいましたがな(笑) 私も、夏の夜の屋外が好きなのって、あの頃の思い出からきてるのかなあ、と思ったりします。

あ、そでした、ハトさん……奥様のお名前といい……
Commented by Miyuki at 2010-07-23 10:24 x
*Sarahさん
あはは、やはり縄張りがあるのですね! 私は逆にCalツアーに行ってみたいんですよ~。周辺のお店もとても気になってるので、今年中には、なんて願ってるんですが。

おっしゃることに大賛成です。おとぎ話は残酷なようですが、あの年代はあれでいいんだ、生と死がもっと身近でいいんだ、と思うようになりました。イソップもグリムもかちかち山も、原作のままに読んでほしいですよね、子供達。

クジラ問題に加えて、最近はイルカまで、ですからねえ……ますます肩身が狭い日本人。ということで、中国語を覚えて中国人のふりができるように(ヤメロ)
Commented by まきりん♪ at 2010-07-23 14:41 x
屋外での映画鑑賞、北米の夏の風物詩~
こちらには夏は馬車で、冬はソリに乗って観劇する屋外劇場もありますよ。カナダ人はどんな季節でも外に出たがるんですねえ。
Commented by senrufan at 2010-07-24 06:46
*まきりんさん
ええっ、馬車にソリ!? うわあ、行きたい、行きたいですー!
冬はつらそうですが、あったかいココアと一緒に、なんていいなあ♪
Commented by こっぺ at 2010-07-25 02:01 x
あはは、miyukiさんもお好きでしたか。今まさにWall-Eのビデオを鑑賞中です。何度も見ちゃってうちの息子。屋外で映画もいいですね。行ってみようかな。
Commented by Miyuki at 2010-07-25 09:08 x
*こっぺさん
はあい、Wall-Eだぁい好きですっ! あの「イー・ヴァ?」という声、思い出しただけでもたまりません~(身悶え) なかなか良いイベントだったので、よろしかったらお試しくださいませ♪


<< Wake up to Orga... それでも基となる場所がある >>