時勢が起こす波に乗り

「私たちはレンズを通してものを見るが、そのレンズ自体は見ない」
   ----- ルース・ベネディクト
       (アメリカ人、人類学者、1887年6月6日生まれ)


* * * * *

【時事】

        [frame0088

米原万理さんのご本で教わって以来の年中行事(?)。

アメリカのマサチューセッツ工科大学が、発明家のJerome & Dorothy Lemelson夫妻と共同で行っている、Lemelson-MIT Programというものがありまして。
業界を問わず、人々の生活に役立つ発明を奨励・促進する非営利団体ですが、その一環として毎年、「有意義、あるいは無用の発明品に関する世論調査(Invention Index)」を実施しているのですね。
この調査、毎年テーマを色々変えるのですけど、「そうきたか!」というようなユニークなものも多くて、なかなか楽しいのでございます。





例えば、2003 Invention Index、つまり2002年11月20~30日に実施され、2003年1月に発表された調査。
成人のうち、子供のうち、何%の人がそれを挙げたか、という見方でどぞ。

  「生活上欠かすことのできない必須アイテムの発明品」

b0059565_1272321.jpg

コンピュータや携帯電話は、歯ブラシより重要度が低い、という結果。
PCがあっても、虫歯は予防できません、なんつって。


これが翌年の調査、2004 Invention Indexになりますと。

  「最も憎悪しながらも、それ無しには生きられない発明品」

b0059565_1281972.jpg


なんと成人の3人に1人が、携帯が嫌いなんですって。
普段、運転する時ぐらい携帯切れよ!な光景ばかり見ている私からしたら、うっそー、な結果でありますけども。

と、驚くにはあたりませんな。なんせ、7~8年前の結果でありますからして。
i-Phoneに引き続き、i-Padが徐々に日常の風景に違和感なく溶け込みつつある今年、同じテーマで調査したら、どのような結果になりますか。


   [frame0090

ところで、携帯すらもロクに使わない私=石器時代人が、果たしてi-Padを持ちたいかどうか。
それは、今後の電子書籍の動向如何が、個人的に大きいかな、と思ってます。言うまでもありませんが、日本語版の。

ネット小説も色々読んでますが、長いものはやはり紙媒体がありがたく、お気に入りのものは結局、WORDで加工→印刷して読んだりしておりまして。
そんなテイタラクですから、電子書籍を熱望しているわけではないのですが、海外在住の身としては、あの購入・入手ルートはとっても捨てがたいのですよ。
今後が楽しみな発明品、でございます。


とか何とか言いながら、電子書籍が普及した頃は、私が日本に戻っていて、嬉々としてブック○フ通いにいそしんでいるかもしれず。
果たして、どちらが先になることやら、ですな。
[PR]
by senrufan | 2010-06-06 01:32 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/13424763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-06-09 02:54
iPad、着々と広がっていますね。日本では発売2日前から会社を休んで並ぶ人もいたとか。あのサイズ、周りからやってることが丸見えだしどうなの?と思っていましたが、写真を大きく表示したり電子書籍を読むには丁度よくて、思ったより使えるおもちゃかも、と見直し中。それでも、iPhoneと両方はいらないと思うし、、、(月々の定額料金いくらかかるの。)

ちなみに私は、書籍は紙以外では読めない原始人です。。
Commented by Miyuki at 2010-06-09 10:04 x
*shinaさん
i-Pad、悪く言う人も沢山いるけど、買う人も沢山いるって感じで面白いですよね。そう、i-Phoneとi-PadがあればPCいらない、と豪語する人もいますし。私は個人的にNextOneの方が気になるんですけど、確かに料金はどうなんでしょうねー。

私も極力本がいいのですけど、ここにいると私の需要に供給が追いつかないんですよ。ほら、英語アレルギーだから(恥) ネット小説も素敵なのが色々あって、飢えを満たしてもらってます、えへへ。
Commented by akiumi at 2010-06-09 15:30 x
私もネット小説は読んだ気になれないです・・・読んだ直後に、「ああ、読書がしたいなあ」と思っちゃったりして。

この調査の対象者は、アメリカ住民なんでしょうか。
私は、歯ブラシのつぎにくるのが自動車、大人も子供も、3位以下をズドンと引き離して、という結果にうなりました。まったく、どこまで車社会なんでしょう・・・・
私自身、アメリカのなかじゃ、まだ都市部に住んでるほうなのに、車がないことでどれだけ生活のフレキシブルさが奪われるか、ヒシヒシ感じる毎日です。
なんだかなあ・・・・・どうかと思うんですけど・・・
Commented by Miyuki at 2010-06-10 08:07 x
*akiumiさん
ネット小説って、画面で読んでいる時と、印刷して手に持って読む時と、印象やインパクトが違うんですよね。そんな面白さや、おかげでいろんな人が気軽に自分の小説を公開できるようになったという意義など含めて、ありがたいなあと。でも、はい、本が恋しいです、やはり(笑)

うん、米国民対象ですね。
車社会、そですね、それはもうなんというか、ねえ!(笑)
でもこれは国土の差から端を発する公共交通の歴史などもあるので、アメリカが悪い、といえるものでもないような気がするんですよ。自動車はある意味、米国史を代表するものでもあるので、なかなか崩せないですよねえ……エコ気運が高まっている昨今、何か少しずつ動いてくれたらいいのですけどね。


<< 熟す速度と拡がる距離は 細く長くの形にて >>