手法も結果も使い手次第

「我々の持ち物の中で、時間は最も貴重であると同時に、最も消えやすいものである」
   ----- ジョン・ランドルフ
       (アメリカ人、政治家、1773年6月2日生まれ)


        DSCF2888

果物の旬には限りあり。ということで、今せっせと食べているのは、いちごです。

用意する時のお助け道具が、いちごのヘタ取り用のStrawberry Corer、もしくはHullerとも言うのかな。
ピンセットのように持って、ヘタ部分にさくっと片方の先を入れ、グッとはさんで、ピッととる。大変下手な説明です……


そろそろ次はさくらんぼで、Cherry Pitterが。
その次はとうもろこしで、Corn Zipperが。

道具に頼るとボケが早まるという噂もあるので(……)、なるべく包丁でやろうと、ピーラーやスライサーは使わないのですけど。つか、野菜の皮はめったに剥かないのですけど。(論外)
上の道具類は、その方がかえって無駄なく食べられるので、やっぱりいいなあ、と思うです。

* * * * *

【雑事】

先日、ayuminさんから面白いお話を聞きました。

彼女の韓国のお友達が、ayuminさんのブログを読もうと、Google翻訳にて、日本語→英語変換を試みたそうなんですが。
使ったことのある方は良くおわかりの通り、トンデモ英文の羅列と化して、到底意味がわからない、という結果になったんですね。

ところが、その方が別な日本語ブログで試したところ、より自然な英語に変換されたそうで。
何が違うの?と考えたところ、文章のスタイルや言い回しの差であろう、とayuminさんと意見が一致したのですよ。

つまり、語りかけ調であったり、口語調である文章は、機械翻訳ではより訳し難く。
かっちりとした、主語・述語などが明確な文章は、機械でも理解しやすい、ということだと思うのです。




それで思い出したのですが、日本語チューターをやっていた頃、とても良くできる生徒さんでも、なかなか身につけられなかったのが、使っていた教科書でExplanatory Endingと呼ばれていたものでございまして。
アレです、「~んです」という形で終わる文ですよ。

この形の文とは、そこに何らかの「説明」を加えたい、という話し手の意図が入ってますよね。
例えば、「何で昨日は休んだの?」と聞かれた時に、

 「病気でした」
 「病気だったんです」

両者とも文法的には正しいですが、日本人なら、後者の答えが一般的であると思います。

ところが、これが日本語学習者には難しい。理性では理解できても、自然に使えるようになるには、それなりの時間が必要です。
これに比べれば、同じ”感情を込める”言い方の中でも、Ending particleの「よ」・「ね」をつける方が、少しは楽かも。
「~よね」を自然なイントネーションで言うのも難しいですが、英語の「~, aren't you?」と同じ形式と考えられるせいか、私の周りの生徒さん達では、こちらの方がまだてこずることが少なかったです。


人それぞれに、好みの文章というものがありますが。
私の場合、それは更に、話題やテーマによっても変わってくるものでございまして。
同時に、読む時だけでなく、書く時にも色々と考えてしまいます。ええ、たとえ出来上がりがこんなヘッポコであっても、です。(俯く)
気にするところは、口調であったりリズムであったり、句読点のつけ方などにおいてさえも、その人なりの何かが表れるものでございますよね。

大人になってから日本語を学んで、相当に上手なアメリカの友人に聞いたところによると、
日本語と英語を比べた場合、日本語の方が身につけるのは楽、というのですよ。
それは、日本語はシステマティックで理解しやすいのだけど、英語は例外が沢山あるから、なんですって。

そこで、そだよねそだよね、英語は難しいよね!と鼻高々になったオバカは、思いっっっきり遠くに置いといて。
文法的に掴みやすい日本語であっても、作った基本的な文章の上に、感情的なあれやこれやを味わいとして加えようとすれば、機械にはなかなか??な、フクザツな色合いのものになるようで。
これは、どちらがどうという話ではなくて、 それだけバリエーションをつけた文章を、日記でも会話でも広げることができたらなあ、と思ってしまうのです。

理性的に説く、持論を展開する、悲しみの気持ちに共感する、感謝を余すところなく伝える……
気持ちも身体も、一瞬一瞬で変わっていくものであるのに、言葉はなまじ形を持って、その一瞬を”情報”として、そこにとどめてしまうものなので。

言葉という道具を、上手く使いこなしていけたなら。
せめてなんとか少しでもマシな形で、と思えば、余計にもどかしく難しく、またありがたいものでありますね。
[PR]
by senrufan | 2010-06-02 01:47 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/13401478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Vivian at 2010-06-04 05:22 x
日本に住んでいた時に何人かの外国人の友人がいたのですが、取ってつけた感じに「~んです」の語尾を連発していたのをひょっと思い出しました。そうか、Explanatory Endingというのですね。彼らはその当時は日本語学校に通学していたので習いたてを私相手に練習していたのかもです。
Commented by Miyuki at 2010-06-04 13:49 x
*Vivianさん
そうでしたか~! 日本ではまた教え方が違うので、どうやって教えているのか知りたいなあ。習ってすぐ使う、というのは、語学上達の早道ですよね。Vivianさんとお話しできて嬉しかったことでしょう。
Commented by みちこ at 2010-06-04 23:11 x
こんばんは♪キャ!!嬉しいなぁ~遊びに来れたワン^^
”パワーストーン”は私の大好物・・・食べたりしませんよぉ~
色んなパンも美味しそう!!

英語アレルギーの私は、辞書を引くのが面倒な特に、この変換機を使いま~す^^;
本当に、”なんじゃこれ!”みたいな訳が出てくるのよね~
結構、面白がってる私です(苦笑)
イチゴ、鮮やかで美味しそう~~~~!!!
ちゃんと道具を使ってるのね、エライ♪私などは、手で取っているのでしたぁ~

色々と心配をかけてしまって、すいませ~ん♪そしてありがとうぅ~(嬉)
今は、おかゆ&白身の魚などが中心の食事です。
もちろん!アルコールなどもってのほか!・・・のんべーの私は1日も
ゴックンゴックン飲める日を夢見て(なんか間違ってるわよね~)^^;
毎日、心を元気に暮らしています♪
もうそろそろ日本は梅雨に入ります。紫陽花が綺麗な季節がやってきていますよぉ(^^)v
Commented by Miyuki at 2010-06-05 12:23 x
*みちこさーん!
わあん、こんなところまでありがとうございますーー(感涙)
その後、お加減はいかがでいらっしゃいますか?
あああ、元気回復に効果のあるパワーストーンを贈りたい~~

確かに辞書代わりに便利なんですよね、単語単位では(笑)
笑いをとるには絶好、みたいな!
いえいえ、手でとるより早いというめんどくさがりなもので。あと、ほんのわずかな果肉でも逃したくないという食い意地が(殴)

うんうん、消火器官になるべく負担をかけないものを召し上がって、余った力は全て身体を元気にする方に回してくださいね。
全快されたら、どうぞ一瓶でも二瓶でも! ぐぐぐいっと!(おいこら)
日本の紫陽花、恋しいです~。こちらの紫陽花もきれいなんですが、雨が伴わないのがねえ。
Commented by usayamama at 2010-06-05 20:49
みゆきさん、以前私のメールを友人に送った所
日本語→英語→日本語に変換したものを返信してくれましたが
ご想像の通り、すごい文章になておりました。

私のブログは超絶トンデモ英文の羅列になる自信があります!
Commented by Miyuki at 2010-06-06 10:38 x
*usayamamaさん
わははは、いいですね、その遊び! 私も誰かにやってみようかなー。
そういえば友達がとある中国語のサイトに翻訳かけたら、「剥き身の海老が!」と連発されたとかなんとか。

私も自信ありますよぉ~。そんなコンテストがあったら出てみたいぐらい(笑)


<< 細く長くの形にて 六月・水無月・季夏 >>