年相応の視野を持ち

「自分の選択肢を探し、その中から最上のものを選び、チャレンジせよ」
   ----- パット・ライリー
       (アメリカ人、バスケットボールコーチ、1945年3月20日生まれ)


先週、2日間に渡り、お嬢が高校で受けた試験があります。
現在Sophomore(高2)に在籍する生徒全員が受けるテストで、名称CAHSEE
California High School Exit Examの略であり、カリフォルニア州の高校の卒業試験でございます。
加州在住の高校生は、規定の内容(必要単位の取得など)に加えて、これに合格しないと、高校卒業と認められないのですね。
ちなみにこれはカリフォルニアに限った話ではなく、数十州が独自の試験をそれぞれ課しています。

試験は、英語(読解・作文)と数学なのですが、英語はともかく、数学は大変簡単だという定評がございまして。
噂にたがわず、当日、お嬢達にオオウケした数学の問題がこちらです。

「n=12とします。
では、-nはいくつでしょう?」


と、笑っていられる側はいいのですが。
それでも毎年、州で20%以上の子は合格できず、中卒扱いで社会に出るか、働きながらまた卒業資格合格を目指すか、の道が待っています。

高校まで義務教育で、学費もタダ、という米国ですが、こういう話を聞くたび、家庭環境の差・貧富の格差・意識の違い等々を、目の前につきつけられるのです。

* * * * *

【時事】

お嬢の学校で、自殺者が数人出てしまったことについては、何度か書いてまいりました。

TV番組で、Dr. Phil's Showというのがありまして。って、私は全然見てないのですけど。(TV見られない体質)
オプラ・ウィンフリーのショーと同様に、一般の人が参加して、彼らの抱える問題について語る形式の番組です。

先日この番組に、うちの市の高校生達が出演して、彼らが抱えるストレスについて語ったのでございます。

子供の自殺については、後追いする子が続くことを危惧して、大々的に報道はしない、と決めている国や機関も多いのに。
こちらでは、最初から学校名が出てしまっていたことを考えると、そのあたりの気遣いはなかったのか、それとも精一杯抑えた形だったのか、真相はわからないまま。
それが続いて、州外にまで伝わって、カルト教団が来たと思えば、今度はとうとう全国規模のTVまで。なんだかなあ、まったくなあ。

が、ティーン側の言葉を聞くという意味では、貴重な機会であったことは事実。
個人的感想はさておいて、記録は残しておきたいと思うのです。




*-*-*-*-*-*-*-*-*

Stressed-Out Students

放映前に、こちらの学区から、特定の学校名や市名を出さないことを申し入れ。
よって番組内では、”北カリフォルニアで、ここ1年以内に、5人のティーンの自殺が起こったコミュニティから”、という紹介になっています。

番組サイトでビデオも見られますので、こちらではティーンの言葉の抜粋など。
「こんなに沢山のクラス、こんなに沢山の宿題、そして両親。両親はプレッシャーをかけてこなくとも、子供への期待と夢は持っていて、それを両肩に感じてしまう」

「プレッシャーは友達からもある。私達全員、お互いに競い合っている」

「自分より5つ以上のAPクラスを取っている子や、多くクレジットをもらえるクラスを取っている子を見ると、いつも感じる。『私は今のままでいいの?』」

「皆、自殺は問題だと知っているけど、誰もそれについて真剣に話そうとしない。そうできるだけの情報が与えられないの」

「我々は実際に自殺した人も、自殺しようと考えてる人も知ってるし、親や社会も知っている。が、誰も深く立ち入ろうとしないし、お互いに話そうとしない。そうすれば、裁かれるような気がするからだと思う」

「こういう議論は、同じように考えている子がいる、呼びかけて出てきてもらうことが必要だ、と知らせることができる」


孤独を感じているかどうか、という質問に対して。
「ティーンエイジャーになるということは、その前より何倍も辛くなることだ。名のある学校に行く為に、自分の住む市や国の人達とだけでなく、世界中のライバルと競うのだから」

「成功している人達は、口々に言う。『ああ、僕はスタンフォードに行ったよ』、『私はハーバード出よ』。そして皆は、繋げて考えるようになる。あの学校に行けば、成功した人生を送れる、と」


番組では、同席していた保護者に、彼らが子供達のプレッシャーの原因であるかどうか、意見を求めるシーンも。
「原因は、両親ではない。彼らは全員、過度な負担からストレスを受けていて、互いに話し合う必要がある。公開討論会を持てば、大人達も彼らに何が起こっているのか聞くことができ、よい良いサポートができるだろう」

*-*-*-*-*-*-*-*-*

<自殺について、Dr. Philのアドバイス:すべきこと・すべきでないこと>

保護者がすべきこと

・自殺をほのめかすサインは常にシリアスに受けとめ、直ちに反応する
・子供に直接問いかけ、彼らを引き戻す
・子供が落ち込んだり引きこもったりしていないか、注意深く見守る
・外部に助けを求め、子供を支える
・子供時代~思春期の鬱や自殺について学ぶ
・自殺願望は一時的なもので、助けてくれる人達がいるのだ、と子供を確実に安心させる
・早めに介入することが、子供とのやりとりを成功させる鍵となる、と認識する
・問題解決は、心理学者・両親・親戚などで構成されたチームで臨むべきであることを理解する

ティーンがすべきこと

・友達の行動を深刻に受けとめる
・プロの助けを求めることを薦める
・事態が緊迫した時には、直ちに信頼できる大人に告げる
・友達と話す
・自殺を考えているかどうか、問いかける
・偏見を捨てて、オープンに聞く

保護者とティーンがすべきでないこと

・関係を守る為に、と誰かの自殺願望を秘密にしない。助ける為に、助けを求めるべきだ
・人生の価値について説教しない
・決して実行させない
・ショックを受けた様子を見せない。あなたとの間に距離を作ってしまう
・問題を矮小化したり、考えを変えようとしている人を恥じたりしない
・あきらめない


Dr. Phil Show
[PR]
by senrufan | 2010-03-20 10:49 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/13029236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by こっぺ at 2010-03-22 14:40 x
Dr.Philのことは家でも話題になっていたのですが、ローカルのテレビが見られないもので、そのまま終わっていました。詳しい内容をありがとうございました。
子どもたちの、事件の情報不足への不安ももっともだと思うのですが、いろいろ考えると大人の対応も難しいでしょうね。私も比べ物にはなりませんが田舎の進学校みたいなとこにいて、おバカだったのでとてもプレッシャーを感じていたのを思い出しました。
Dr.Philの番組は何度かみたんですが、「離婚は、お互い努力して努力して、もうだめだって思うときにするものなんですよ。」と彼が言ったのがすごく記憶に残っています。
ああまともなことが書けなくて申し訳ないです。。。
Commented by まきりん♪ at 2010-03-22 15:30 x
おお、Dr. Phil。懐かしい!
10年程前にカナダでも大流行しましたね~今は話題に上らないようですけどね。私の大学院の教授が彼は資格としてはDr.持ちでなく資格詐称していると言ってましたが、真偽の程は・・・
彼のアドバイス、なるほどと思えるものがありますね。保護者に関しては上記を努力して頂きたいですが、十代のすべきことは理論的では正当ですが、実際は難しいでしょうと感じました。
とにかく、十代という感情の嵐のような時期(ある子どもによっては)をなんとか生き延びて欲しいです。いつの日かそのことに感謝できる日がきっとやってくるから。
Commented by マミィ at 2010-03-22 15:44 x
このようなデリケートな問題が全国規模のTV放映…なんだかちょっと、いろいろな意味で心配ですね。

大学時代の友人は有名大学を出て、有名企業に無事就職して働き始めてすぐに自らの命を絶ってしまいました。ご家族も私たちも理由は全くわからぬまま。何の兆候もなく、ただ魔がさしてしまったのではないかと思うしかなく。

自分が生まれて来たのは両親のおかげであること、そして自分が勝手に人生を断ち切ってしまうことによって後に残される人がどれだけ傷つき悲しむか…そのことを心に刻み込んでおくことも大切だと思うなぁ。
Commented by ゆう at 2010-03-22 22:57 x
こんばんは♪
「自殺」は色んな苦しみがあっても実行してはいけないと思います
よっぱど、苦しいんでしょうけど、「助けてサイン」も出てるはず・・・
私は息子を亡くしてるので、「存在がない」という思いは、残った人も苦しいわ~
命はひとつ!!・・・・・難しい問題だわね~・・・

「毎日イタリアン」はアメリカで人気の番組なんですか?!
楽しいものね!!確かに、カロリーは高いわね。
何故、あのスタイルなのでしょう~?!不思議 ^^
Commented by chiblits at 2010-03-23 03:06 x
ティーンの自殺は本当に悲しい問題ですね。 娘の高校でも自殺がありました。 理由は色々あるのでしょうが、子供を救ってあげられるのは親しかいないと思うのです。毎日子供とゆっくり1時間(トータルでも)話す時間をもったら子供が何を悩んでいるか見えてきます。 学校でどんなことがあったのか、毎日1時間の間に悩みをちらっとこぼす時があります。 そんなちらっと悩みが見えたら、もっともっと話す時間を増やして子供の心を開かせるかどうかは親の言葉次第と思います。 私は絶対に親が救えるとおもうんですよね。 家で仕事をしていたので、高校になっても子供の送り迎えができたことは本当にラッキーでした。 放課後の子供の顔が一番気になりました。 
Commented by bryant at 2010-03-23 03:42 x
まだまだアメリカ初心者の私には、こうやって日本語で紹介していただけるととても有難いです。
わが家の娘も思春期に突入し、外国暮らしも重なって、どんどん複雑になってきました。
子どものサインを見落とさないように、親子のコミュニケーションは大事にしなければ...と再認識させていただきました。

Commented by Miyuki at 2010-03-23 11:58 x
*こっぺさん
この放送のこと、ご存知だったんですね、さすがです~。
子供達への対応はほんとに難しいですね。随分と大人になってきていても、いまだ途中ではあるので、どうしても不安定な受けとめ方になりがちで。プレッシャーについても、開き直りがきかないんですよね。
その言葉、すごくしみじみ味わってしまいました、ありがとうございます! というのは、離婚率の上昇についても、個人的に色々思うところが多いのですよ……あ、別に自分が計画しているわけではないのですが(え)
Commented by Miyuki at 2010-03-23 12:03 x
*まきりんさん
現役セラピストのまきさんには、お聞きしたいことてんこ盛りでございますよ~。
資格詐称、さもありなんというところですね(笑)
そうそう、私もティーンの方が難しいと思いました。あれが冷静にできるティーンは、すでにティーンじゃないでしょ、みたいな。
ほんとにおっしゃる通り、よほどの場合を除いて、きっと生きていて良かったと思える時が来ると思うのです。そう思える時のために、今をどうしたらいいのか、その為に必要なことは何か、考えてほしいなあ、と願ってます。
Commented by Miyuki at 2010-03-23 12:07 x
*マミィさん
ねえ、ただでさえ後追いが連発してしまったのに、という気持ちと、でも何かわかることがあれば、と期待する気持ちとで、複雑な放送でございました。

なんと、お友達が……マミィさんもさぞかし胸が痛んだことでしょう。残された方が何が辛いって、理由がわからないケースですよね。わからないから、こちらの感情の処理もできなくて、ずっと苦しむことになってしまう。

親のありがたさ、親の悲しみ、それが本当に実感できるのは親になってからかもしれない。だったら、親になる日まで生きてほしい、と思います。
Commented by Miyuki at 2010-03-23 12:13 x
*ゆうさん
親にとっては、子供に先立たれることほど悲しいことはありませんよね……虐待のニュースが連発する昨今ですが、それでも大部分の親はそう思っているはずなのです。
「存在がない」という思い、想像しただけで苦しくて涙ぐんでしまいますよ~。

こちらではFood channelというネットワークがあって、料理や食べ物専門なのですが、出てくる番組ホストは皆それなりの体型の中、彼女だけああなんですよ! 秘訣を知りたいですねえ(笑)
Commented by Miyuki at 2010-03-23 12:25 x
*chiblitsさん
いただいたお言葉の一つ一つが、本当に胸に染みました、ありがとうございます!
うちの娘も一番大変な時を抜けたようで、毎日彼女と沢山話すのですが、そうなってから、それがどれほどお互いに大事な時間であるのか、日々感謝と共に実感しております。chiblitsさんのお嬢様達は、chiblitsさんの言葉と、その時間に救われたからこそ、今のお姿があるのですよね。親が救えるはず、だからこそ、もっと自分が大きくならなければ。肝に銘じていきたいです。苦行では全くなく、娘との時間が楽しくてならないからこそできること、と言い切れる自分を、とても幸運に思います。
Commented by Miyuki at 2010-03-23 12:34 x
*bryantさん
いや、むしろbryantさんに添削していただきたいぐらいなのですが!(涙)
うちの娘が一番大変だったのは8・9年生で、13・14歳の時でした。ティーンエイジャーとはよく言ったものです。私自身もあの頃の不安定さやどうしようもない思いを覚えてますので、ティーン達にはとても共感できるのですが、同時にそのステージをしっかり踏むことが本当に必要なのだ、ということをうまく伝えるにはどうしたらいいのか悩んでしまうのです。親子のコミュニケーション、私もがんばりますっ。


<< 上げる錨があることを 青い鳥の羽は飛ぶための >>