繋げていきたい瞬間の

「脳髄は物を考える所に非ず」
   ----- 夢野久作
      (日本人、作家、1889年1月4日生まれ)

* * * * *

【イベント】

     DSCF1892

すでに三が日も過ぎているのに、クリスマスコンサートの話など。
大好きなあのゴスペル合唱団が、今回は隣の市まで来てくれたのだよ。

最初に知った時に、くわっ!と目を見開いて、即座にカレンダーにマークしたことは言うまでもない。
娘達の冬休み開始というめでたい日(…)、Rogiさん母娘と一緒に、思いっきり楽しんできたんだな。




DSCF1893

Oakland Interfaith Gospel Choir
彼らのコンサートには、今まで数回行っていて。クリスマスコンサートとしては、これが3回目。
なので、ゴスペルについて思うことなどは、ほとんど書いてしまっているんだな。
(過去のクリスマスコンサート、2005年2007年

ただ、今まで訪れたオークランドのホールに比べて、今回の場所はとてもこじんまりしてた上に、予約が早かったおかげで、前から3列目という好位置でもあり。
ステージ全体と客席が一体となった、その中の”一部”と感じられていた今までより、より身近に、ほのぼの度を増した形での鑑賞となったんだ。


コンサート自体も、以前よりこじんまりとした印象。
これは場所にあわせたのか、そういう方針のコンサートであったのか。
前座もなく、関係者の挨拶もなく、最初から最後まで彼らの歌を満喫できたのは良かったなあ。
彼らは12月初めに、ホームグラウンドでクリスマスコンサートを開いていたので、そちらだったら例年通りに規模が大きいものだったかも。

ほとんどの曲で、誰か彼かがソロやトリオなどで、前に出て歌っていたのも興味深く。
おかげで、どの人をとっても、相当な上手さの人ばかりなんだ、ということを改めて実感だ。

人種的にも、相変わらずバラエティに富んでいて。
白人、黒人、ヒスパニックにアジア系。ポリシー通り、multiracialなところが、惹かれる理由の一つでもあるんだな。


ところで今回、私の左隣に座られたおばさまがね。
白人で、ショートカットの金髪で、お顔からは50代後半ぐらいか、と思われるのだけど。
真っ赤なフリル付のタンクトップに、黒のエナメルベルト&黒のギャザーのミニスカート、あんど、黒のロングブーツという、大変お若いイデタチでいらっしゃってね。

最初から大変ノリノリで、手拍子もほとんど絶えることがないのはいいんだが。
「ゴスペルは裏拍」と説明されたにも関わらず、表拍子で叩いている上に、更にそのリズムがズレているとなっては、さすがに隣の私もちとツラい。
おまけに、とっても背の高い方で、長い手をかなりの大振りで叩かれるので、彼女の右手が何回も私の顔面を掠める困ったちゃん。

とは言いつつ、やっぱりゴスペルは立って踊ってこそ!と思う私にとっては、お隣さんのノリがいいのは嬉しいので、ニガワライと共に耐えていたんだな。

第2部の1曲目、3人がギターを演奏し、残りのメンバーが歌う、という曲があった時。
いきなり彼女に左腕をつかまれて、
「あの中の一番左でギターを弾いているのが、私の主人なの!」
と、思いっきり嬉しそうにささやかれたんだ。

お身内の方でいらっしゃったんですね。

そらあ、ノらずにいられようか、ってなもんだよなあ。と、なんか私まで嬉しくなっちゃって。(単純)
以降はおばちゃまと笑顔をかわしながら、共に立ち上がって踊ってしまったよ。


コンサートでも舞台でも、こういう、見知らぬ人との小さな”コミュニケーション”がとても好き。
演奏のクライマックスで、思わず目を合わせて感動しあう、とか。
悲しい場面で、涙をこらえてうなずきあう、とか。
その場限りのことなのだけど、お互いの背景も何も関係のないところで、その時に抱いた感情が共通する。
同じものを鑑賞したくて集まっているのだから、不思議ではないとはわかってても。
実生活では多分に困難だ、ということが念頭にあるから、余計に貴重で愛おしい。

難しいのは、同じ感情を共有することではなく、個々人の人柄や背景に関わらず、という点にあるんだな。


日常の、なんてことない場面であっても、無意識に外見や行動の端々から、その人のカテゴライズをはかってしまうぐらいなので。
ましてや信条とするものにおいてであれば、その”判別”は一段と厳しくなるのが、頭の痛いとこなのだ。

宗教から食の世界にいたるまで、自分と異なる意見に対して、なんて軽々しく批判を下す人が多いんだろう。
そういう苦さが、少しずつ降り積もって、時々いっそ閉じこもりたくなる時がある。(ええっ、今以上!?)
当然ながら、自分にそういう部分が多分にあることも自覚しているので、苦さ度はすでにニガヨモギ級。

世界三大宗教について考えると、一神教を信じる人々が陥りかねない危うさが怖くなるけれど。
何もそんなスケールじゃなくとも、身近にいくらでもある話。
思い込み、決め付け、傲慢、排他性。問題は対象ではなく、それに惹かれた人の中にある。
自分自身、そういう思いがふと浮かぶたび、なんとかならんかー、と日々頭を壁にぶつけてばかりなのが悲しいさ。(ぶつけたら、そう考えた脳細胞が死んでくれるかもという試み)(大嘘)

だから、コンサートなどでこうやって、言葉がいらないところで一緒になれた、という瞬間は、とても心に染みるのだ。
逆に、言葉を交わせば、感情の衝突になるかもしれないので。
すごい、良かった、大好き、そんなポジティブな思いだけを共有できる、それがいいよなあ、と思うんだ。


ゴスペル初体験だったRogiさん達も気に入ってくれて、あつゆきちゃん一家とも会場で再会できて、ほんとに楽しい数時間。
言葉を交わさないのがいい、そんな時間を過ごした後で、でもやはり。
形にして思いを語り合える、そんな時間が可能なら、もっと嬉しいのは当たり前。

それは、今まで一緒に積み重ねてきた時間があるからこそできる、大好きな人達とだけ持てるもの、であるからね。


     DSCF1896


Oakland Interfaith Gospel Choir
[PR]
by senrufan | 2010-01-04 05:49 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/12621416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆう at 2010-01-06 22:46 x
わぁ~なんか、1番乗り?う・れ・し・いぃ~^^;
楽しい時間を過ごされて来たんですね?!
お隣のおばさま、身内の方だったなんて、気合い入るよね~
こうゆう交流って素敵な時間ですよね~
見知らぬ人との小さな”コミュニケーション”!私も共感!!
思いを語り合えるって貴重よね!!大切にしたい♪

あの事、心配かけて、ごめんなさい。
家族の応援もあり、続けていきます、負けないも~ん^^;
お正月の飾りを展示中♪明日は、七草がゆで朝を迎えますぞ♪
本当に、どうもありがとう~(^^)v
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-01-07 00:22
あぁぁぁ、、、しまった。。忘れていました。Miyukiさんの過去ブログでこのゴスペルの存在を知り、今年(もとい、去年)こそは行こうと思っていたのに。今年こそは、、、!小さくこじんまりした雰囲気、Miyukiさんはこちらのほうがお好きでしたか?初めて行くならどちらがお薦めでしょう?
Commented by nikkeilife at 2010-01-07 09:27
今回も行けたんですか。良かったですね~。それも近くに来てくれて羨ましいです。ロスにきてくれませんかね。(笑)数年前Miyukiさんのブログでこの団体の存在を知り、それからは生で聞きたくて、聞きたくて。もしかしたらこの為にベイに行くかも~。
Commented by Miyuki at 2010-01-07 11:39 x
*ゆうさん
はい、とっても楽しかったです!
最初は迷惑でしたが(笑)、一緒にノッてる時は、すごく嬉しい相方さんになってくれるおばさまでした。共感していただけて嬉しいです~vv
そういえば、私の大学時代の同窓生のうち2人が、現在宝塚にはまってるそうですよ。私も改めて見てみたくなりました♪

ご家族の応援があるのは心強い限りですよね。
タイトル通り、どうか楽しんで毎日を過ごしてくださいませ!
私も以前にもまして、足しげく通わせていただきますね♪
Commented by Miyuki at 2010-01-07 11:47 x
*shinaさん
ゴスペルはあちこちにグループがあるし、カレッジなどでもクラスやコンサートがあるので、身近なところから試してみられるのもいいかもしれませんね。初めて行くんだったら、うーん、どうだろう。オークランドの方が迫力も豪華さも上ですが、こちらは近所というのがポイントが高くて。というのは、オークランドの夜、しかもこのホールがある辺りは、決して治安のいいところではないので。あとは近くで聴くか、遠くからでも大ホールで聴くか、お好みかなあと思います。
Commented by Miyuki at 2010-01-07 11:50 x
*アヤコさん
ありがとうございます、はい、前回は行けなかったので、今回は行けてラッキーでした♪ CDを沢山出しているので、図書館などで借りれたら、試聴できますね。でもやっぱり生が一番なんですよね~。おおっ、この為にいらっしゃってくださいますか! その際はぜひお声をかけてくださいね~vv
Commented by peartree22 at 2010-01-07 11:54
遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。
久しぶりに読んだ日記は、新年にふさわしいものでした。

ゴスペル生演奏、うらやましいです。そちらにいる時に習いたかったひとつがゴスペル。ご近所に教えてくれる教会があったのですが、信者ではもちろんないので、足を運べず。でも、思い切ればよかったなぁと今後悔しています。
見知らぬ人との小さなコミュニケーション。私も違う場所ですが、体験してすごく励まされたりこころ穏やかになれました。お互い自己紹介もしない、ただ毎日顔を合わす間柄なのですが、共通のことがあって、思いやりを持って話せることって大事ですね。
今年はもう少し自分に厳しく、他人(特に娘?)には優しく穏やかにいきたいものです。

前の日の御節、すごい、すごい、もうどこでもドアよ!状態です。
今年もお料理に関してもMiyukiさんに習うこと多しです!
Commented by Miyuki at 2010-01-08 08:16 x
*ちゃん・りーさん
おお、お声が聞けて嬉しいです! こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。(深々)

ゴスペルは、ほんとに参加してみたくなりますよね! 私も一度ぐらい、と思うんですが、なんせ不治の病を抱えているもので……(別名:音痴)
見知らぬ人とそういう瞬間が持てた時は、そこでの思い出がぐんと価値あるものに感じられますね。思いやりを持って、と唱えているのに、ついつい先入観や心の狭さが先立って、なかなか果たせない未熟モンなので(涙)、私も今年はもう少し大人になりたいです。せめて娘よりは。

いえいえ、よーく見てください、真っ黒こげの伊達巻を! けしの実が入ってない、どんより色のきんとんを!(涙)
Commented by 追伸 at 2010-01-08 09:57 x
すみません、間違って送信してしまった。意味不明じゃん↑消してね!

あぁやっぱり!!!あの日私を含める(←どの口が)4人が、「CD売りの美女」をしていた時に、みゆきさんらしき人を見ました。でも声を掛けるには遠い位置にいたので、、。。ベイエリア応援隊長に任命したいです(笑)
Commented by senrufan at 2010-01-08 12:59
*GBさん
おお、お久しぶり~! 元気だった? ええっ、CD売り場にいたの!? くそう、のぞけば良かった、美女4人組を見逃した~(地団駄) OIGCのコンサートは2年ぶりという、大変情けない応援団よ(笑) 去年行けなかったから。でも変わらず楽しかったですvv


<< そこに未踏の地がある限り 自給自足を旨として >>