鈴が鳴る鳴る、修行の場

Christmas Eve (Christian)


24日、旦那が日本出張より帰宅しました。
いつも通り、私が頼んだあれこれ荷物の運び屋をしてくれました。感謝・感謝です。
母が入れてくれた美味しいお菓子もあって、お嬢と私はほくほくです。

しかし今回、これに適うお土産はありませんでした。
それは、


インフルエンザ

でございましたよ……(多分)


(帰るなり、自らソッコーで別室に閉じこりました)
(帰りの飛行機の中の記憶がないそうです)
(つーても、発熱してからすでに2日経ってたんで、感染力はないと思うんですがね)


* * * * *

【お菓子】

先日モンブランを作った時、予想以上にマクロビケーキが美味しかったので。(あくまで当社比)
自分には無理、と逃げていた生菓子系に、恐る恐る手を出してみる気になったんだ。

それには、クリスマスはなかなか良い機会。
がんばってケーキを作ってみよう、と思った気分は、完全に清水舞台級だった。




レシピ本だけは沢山持っているので、どれにしようか考える。
スポンジケーキもクリームも、いろんなバリエーションがあるんだな。つくづく、こういうレシピを創れるってすごいよなあ。

練習に、と定番のいちごのショートケーキをば。
スポンジ&クリーム、これでクリスマス前に少しは慣れるといいんだが。

スポンジはチャヤの、クリームは大高恒夫さんの豆腐クリームで。
レシピは18cm丸型用だったところ、半量にして12cm型で作る。
ほんとはこのテのお菓子は、半量にしたら美味しくないのかもしれないけど。家での練習用だし、余っても人様にあげられる出来じゃないからね。(作る前から断言)


     DSCF1898

いやあ、覚悟はしてたけど、やっぱり難しくてげんなりだ。
つか、オノレの不器用さにげんなりだ。

固めでみっちりな仕上がりになったスポンジは、薄くスライスする段階で、ぼろっと崩れそうになるし。豆腐クリームを塗りつけていくのが、どうしてもスムーズにいかないし。
ずっと眠っていた、母の形見のパレットナイフ、ようやく日の目を見たのになあ。上手く使ってあげられなくてごめんなあ。(あ、母は元気です)

     DSCF1904

せめて絞り出し袋があれば、クリームを飾ってごまかせたか。
いや、私のことだから、かえってみっともなくしていたに違いない。(自信)

薄力粉が全粒粉しかなかったので、それでより固くて崩れやすくなったのかも。Whiteの薄力粉を買ってきておかなきゃ。
甘さはもっと控え目が良いので、メープルシロップを減らして、りんごジュースなどで水分を足すか。
クリームは、下塗りとかできるように、もっと量を用意しておいた方がいいかな。
と、幾つかメモしておいて、次回のチャレンジに生かそう、と思ったのだ。ちなみに思うだけなら、猿でもできるんだ……


いよいよクリスマスになって、作ったケーキは2種類。
定番2種で、1つ目はクグロフ型のフルーツケーキ。チャヤのレシピにお世話になったよ。

     DSCF1924

我が家では全員、ドライフルーツの入った焼き菓子が好きなので。
瓶に沢山入れて、ラム酒をひたひたに加えたものを保存していて、ちょこちょこ使っては、その都度、新しいフルーツとお酒を足している。

今回は、その瓶の中身を全部使ったよ。レーズンにプルーンにアプリコット、ストロベリーにブルーベリーにクランベリー。オレンジピールがあれば、もっと良かったんだけど。
レシピでは、シェリー酒とブランデーに漬けることになってたけど、すみません、安いラムで勘弁して下さい。

     DSCF1928

大量に入れただけあって、すごく濃厚な味と香り。久々に酔っぱらいそうなほど。(奈良漬け級)
やっぱり、チャヤのレシピは甘いなあ。もう少し控え目でも大丈夫。
それでも次々、どんどん食べちゃうのが怖い。こんなに大きいのに、お酒もたっぷりなのに、2日でなくなった、ってすごいかも。


そして2つ目は、これも定番のブッシュ・ド・ノエル
せっかくいちごのケーキで練習したので、そちらのレシピを応用すべきなのだろうけど。ちょうど、富川浩一さんのレシピがあるので、そのままいってみようかと。
……後で悔いることを、人は後悔と呼ぶんだよ。なんて、作る前から、心の中で声が聞こえるのはなぜなんだ。

まずは、スポンジを焼いて冷ます。
薄力粉が全量、全粒粉指定だったので、ちょっと躊躇。でもまあいいか、やってみよう。
穀物コーヒー入りで、コーヒー色の生地の出来上がり。
そして、危惧してた通りに固めの仕上がり。これで無事にロールできるんか。(不安)

その間に作った豆腐クリームは。
豆腐、豆乳、葛粉に寒天パウダー、メープルシロップに白味噌も。フードプロセッサーでなめらかにした後、火を通して固まらせて、再びなめらかにして冷やして、という手順を踏む。

スポンジにクリームを塗って巻く段階で、すでにかなりのひび割れ状態。
レシピには、ひび割れても気にしないで、とは書いてあったけど、この分だと、マクロビレシピではロールケーキは難しいなあ……
って、ここで止まってちゃだめなんだ。突き進むしかないんだよ。

両端を切って、ログの上にのせて、ひたすらクリームを塗っていく。ひび割れを隠すように塗っていく。(暴露)
塗り終わったところで、あとはお嬢にバトンタッチ。母ちゃんの遺作、なんとか見られるものにしておくれ……(遺言)(息絶える)


DSCF1947

そしてお嬢が、木の筋の模様をつけて、冷凍フルーツを飾ったよ。
ほんとは、メレンゲで作ったきのこを飾りたかったそうなんだが、我が家には卵がないんでなー。次案として登場したのが、アレであったのは一目瞭然。
ココアパウダーを少々ふって、最後のお化粧。

味自体はおいしくて(しつこいけど当社比)、旦那もおかわりしたぐらい。
ふわふわスポンジも良いけれど、みっちりスポンジもいいもんだ。しかしそのみっちりさが、上手く巻けない理由になっちゃうのが切ないったら。

クリームがゆるかったのは、もう少し豆腐の水切りをしっかりやれば良かったか。寒天で調整もアリなのか。
この前のパトリシオさんのレシピの方が、味も扱いやすさも良かったね。
あれだったら、ロールケーキにチャレンジできるかも。もしくは、良い卵を使ってもいいかもな。


ブッシュ・ド・ノエルは、大高恒夫さんのレシピもあるので、そちらも作るつもり、ではいるんだけど。
クグロフやパネトーネも、まだ作りたいバージョンがあるんだけど。
旦那がクリームの絞り袋&口金を持って帰ってきてくれたので、それも使ってみたいしな。

が、慣れない体験にぐったりしたオバチャンは、しばし回復の時間を要するのであった。
[PR]
by senrufan | 2009-12-26 14:03 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/12562859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mifamilia at 2009-12-27 12:30
ケーキ作りお疲れさまでした。
どのケーキも非常においしそうです。 

すばらしい~☆
一口味見させてもらいたいくらいです。^^

今年はケーキは焼かなかったので、来年はmiyukiさんのこの記事を参考にして、わたしも挑戦してみようかなと思いました。

Commented by shina_pooh_at_sfo at 2009-12-27 14:11
え"、、、、、旦那様、大丈夫だったのでしょうか。もう復活されたのでしょうか(涙)

先日ちびっこたちが食べていたトライフルが本当にうらやましくて、横からかっさらいたい衝動を抑えるのに必死でした。。真剣に。自分で作るマクロビ焼き菓子は、レシピが同じ人だけにどうしても単調になってしまって。やはりいろんな方のを試してみると、自分の好みが見つかるのですね。

どれもとても美味そうでくらくら。みっちりスポンジLOVEです。と、宣伝してみる。
Commented by ayumin_moo at 2009-12-27 16:31
ご主人のお体の具合はいかがですか?
インフルエンザで飛行機はつらかっただろうなぁ。。。

いやいや、マクロビケーキのオンパレードに目も舌もウキウキです♪
私もマクロビストローラーケーキを作ったときにためしにスポンジケーキも作ってみたのですが、とてもケーキと言えるものにはならなくてココナッツパウンドケーキに逃げました。あんなに難しいのに、ロールケーキを作ってしまうなんてすごいです!とっても美味しそうですよ~♪きのこの山はナイスアイデア!
クリームも寒天や水分量で調整しなくてはいけないし、つくづく生クリームって楽だなぁと思います。いや、それでも上手くデコレーションできなかったりするのですが。。。でも、マクロビケーキはできあがった喜びと美味しさが何とも言えませんよね。Miyukiさんの手作りケーキ、食べたいなぁ。
Commented by マミィ at 2009-12-27 18:03 x
うわぁ、母の手作りケーキ、どれもこれも美味しそうで朝からおなかがぐるぐる反応しています。

奈良漬け級ドライフルーツ・ケーキというのには爆笑。私もドライフルーツケーキ大好きです。薄く切ってお紅茶と共に食べるのは極上の幸せ。昔母がよく作ってくれたのを懐かしく思い出しました。巨大タッパーに、何年も漬けこんだドライフルーツを宝物のようにストックしていましたよー。

母娘共作によるブッシュ・ド・ノエルも愛情たっぷりで本当に美味しそうです。
Commented by ゆう at 2009-12-28 01:57 x
おば~ちゃまタイムを最大限に利用し、遊びほうけてる嫁でありまする!

美味しそうな、ケーキが沢山!!
家とはちがい、これぞケーキですよね~
クグロフ型のフルーツケーキが2日で無くなったのは、美味しい証拠よぉ~
我が家もドライフルーツを漬け込んでいるが、本来の食べ方ではなく
おつまみや、おやつとして食べています…ただののんべーですね~^^;
ブッシュ・ド・ノエルは、娘さんと作ったのですね~可愛い~
きのこチョコ使用が、おしゃれです!!

嬉しいコメント、ありがとうございま~す!!
Miyukiさんとの出会いを大切にしたいです♪
来年も、よろしくおねがいします。
・・・・・多分、今年また、ホテホテとお邪魔するでしょけれど・・・^^;

Commented by Miyuki at 2009-12-28 13:00 x
*るしあママさん
こんな恥さらし記録に温かいお言葉、本当にありがとうございます~~。
はい、味見していただきたかったです……救急車に連絡してから(真顔)
次回はもう少し上達したものをお目にかけられるといいのですが!
Commented by Miyuki at 2009-12-28 13:05 x
*shinaさん
ありがとうございます、おかげさまでもう全快したようです。今日も元気に、ご飯に不満をもらしてました。(ちっ)

考えてみればお菓子のレシピって、材料はどれも共通してますもんね。ともすれば似たような味になってしまうところ、ちょっとした差や作りやすさで、好きなレシピと苦手なレシピに分かれるんですよね。
こんなしょぼいものでよろしければいつでも、と申し上げたいところですが、グルメなshinaさんには絶対物足りないかと……!(泣き伏す)
Commented by Miyuki at 2009-12-28 13:13 x
*ayuminさん
ありがとうございます~、もうすっかり元気です。おかげで、まだひきずってたネット&PC不調を解決してくれました。家に電気屋さんがいるって便利♪(殴)

もー、ayuminさんのあの美しいケーキを拝見したら、二度と直視できないような出来栄えで(涙) きのこの山の部分だけ、やたらんまかったり。
確かに、卵が入ってないスポンジって、こんなに難しいとは思いませんでした。でも売ってるものは十分美味しいので、きっとちょっとした加減や工夫が必要なんでしょうね。
いやいや、生クリームも十分技術がいるし、ayuminさんのデコレーションはすばらしかったですよ! あれで、ayuminさんはやはり「アマの仮面をかぶったプロ」だと確信いたしました。隠れプロのayuminさんに食べていただけるようなものを作れるよう、しばらく修行しますっ。
Commented by Miyuki at 2009-12-28 13:20 x
*マミィさん
ふえ~ん、上手くいかないのですぅ、悲しいですぅぅぅ(涙)

ドライフルーツケーキ、美味しいですよね~! そうそう、薄い一切れをねえ、濃い目に入れた紅茶とねえ♪ ……でもって、その薄いケーキを10切れ食べてちゃ意味ないんだってばアタシ。

お嬢に言ったら、「愛? 入ってたの?」と言われました。(くっそおおおおお)
Commented by Miyuki at 2009-12-28 13:24 x
*ゆうさん
いやいや、合間を見て休んでくださいね! そんな貴重な時間に、こんなところに来てくださって嬉しいっvv

ドライフルーツをおつまみに、おお、それもいいですね! 私は食料庫に入れているのですが、食卓に出しておいたら、たちまちなくなっちゃうかも(笑)
はい、娘の手を借りました~。私は不器用な上に、飾りつけのセンスがゼロなので、このテのものは彼女に頼ってしまうのです、えへ。

こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いいたします~(平伏)
といいつつ、よろしければ今年もまだまだいらしてくださいね♪
Commented by mame-honey at 2009-12-29 03:55 x
ケーキ、どれも全部おいしそう!! さすがMiyukiさんです!!
旦那さま、早くお元気になられると良いですね。出張が多いと体調を崩しやすいから大変ですよね。お疲れ様です。マクロビスイーツ、やっぱり美味しそう。Miyukiさんのお店があったら良いのに~。
Commented by Miyuki at 2009-12-29 12:29 x
*mame-honeyさん
いやいやいやいや、mameさんのあの可憐なショートケーキに比べたら……!(ヨダレ)
旦那はおかげさまでもう全快しましたー、ありがとうございます♪ 確かに日本って罹りやすい環境ですしねえ。と言いつつ、インフルだとすれば、罹ったのはこちらのハズ。ちょっと怖っ。
私のお店、それは胃腸薬の実験場となること間違いなしですな。(きっぱり)


<< 色褪せさせることのないように 小さな足の、大きな一歩 (番外... >>