狂走曲

旦那、日本行き。昨夜から結構な風邪で、お茶と梅干と薬で体をだましつつ、ふらふらしながら出発する。ハンカチ持った? 日本円持った? パスポート持った? 大丈夫かなあもう(不安)

本日、今期最後のカレッジ。これで今年のボランティアは全て終了。

と、なるはずだったんだけど。

カレッジに着くなり、携帯が鳴る。旦那から、「パスポート忘れた」というコールが。
時刻11時。飛行機は11時55分発。
カレッジから家に戻るのに20分、そこから飛行場まで25分。これで搭乗に間に合うと思いますか。

とりあえず、旦那は飛行場から、私はボランティアを放り出してカレッジから、お互い家まで飛ばす飛ばす。状況は同じだから私は戻らなくていいと言われたんだけどほっとけない。
家の1ブロック手前で、再び飛行場に向かう旦那の車とすれ違う。ああもう間に合わなくても仕方がないから、事故にだけは遭わないでお願い……!

病院や薬局に行く用があったので、半ば虚ろな気持ちで徘徊してたら、旦那から再び連絡。結局ギリギリで乗せてもらえたものの、トランクをチェックインすることは不可能だったので、着の身着のままで飛び乗ったらしい。そりゃあ着いた早々、色々買わなきゃいけなくて大変だろう……体調も悪いのに、更に悪化させることにならなければいいけれど。
ハラハラし通しで冷や汗だらけだったのが脱力したところで、ちょうど友達から電話がかかってきたので、思わずランチに誘ってしまう。
食べてるうちにようやく少しずつ落ち着いたけど、寿命が縮むとはこういうことだ。新たなる白髪とシワの源が私の深部に誕生した気がする。

お嬢、スイミングクラブのテストを受けに行く。このテストでレッスンレベルかチームレベルかを決められるのだ。
時刻は夜の7時半。屋外プール。外気温47度。
……せめて温水プールで良かったねと、慰めの言葉をかけてみる。

コーチにうながされるまま、クロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライと泳いでみせる。コーチの見立て次第で、指示される内容も変わるのだな。
4種目試されたということは結果に期待できるかも、なんて思っていたら、無事チームレベルの端くれにひっかかる。ほっとしたね。
幾つか調べた中で、結局お嬢が選んだのは、一番遠くて一番時間を費やすクラブ。週4日・最低2時間びっちり付き合わなければならない私はげっそりだ。とりあえずは1月からということでこれから申し込み。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究グループより、過度なストレスは白血球のDNAの末端細胞を失わせて老化を早める、という研究結果が発表される。難病の子供を持つ母親達のケースでは、免疫細胞の活動レベルが低く、フリーラジカル酵素によるダメージが大きかったそうだ。
レベルは違えど、旦那は今日だけで1億個ほどのDNAがダメージを受けたかもしれない。
[PR]
by senrufan | 2004-11-30 02:20 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/1250594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんな at 2004-12-02 07:46 x
だんな様、どこかでうちの父ちゃんと友達になった?乗れてよかった、、、。週4日!姫、すごい選択をしたねえ。本当に水泳が好きなんだあ。
Commented by Miyuki at 2004-12-02 12:53 x
旦那様とは運命の双子かもしれない。水泳は、自分で決めたことなら愚痴は一切聞かぬと脅してるの(鬼) 果たしてどこまで頑張れるかなあ。


<< ラスト一周 自転車操業 >>