当たらぬ場合は望外の

Peace Day (Ivory Coast)
Proclamation of the Republic (Brazil)
Germany Community Holiday (Belgium)


DSCF1653

今年も作りました、栗の渋皮煮
例年通り、月森紀子さんのマクロビレシピです。

今回で4年目となる渋皮煮ですが、今までで一番上手くいったと思います。
いや、味ではなくて、栗の剥き方なんですけどね。(……)

別に何を変えたわけでもなく、今まで通りに一晩水に漬けておいて、皮剥き道具と手を使っての剥き剥き作業だったんですが。
ぶきっちょこの上ない私は、必ず数個は渋皮を剥いてしまって、使えない栗を作ってしまう、とか。
なんとかならないかと祈りつつ、それらも入れて煮てみたら、あーらやっぱり崩れてぼろぼろ、とか。
飽きもせず、そんなことを繰り返していたんですね。(ばーかばーか)

ところが今年は、ちょっと傷をつけたものはあっても、大多数が無事。
しかもその傷アリのものも、最終工程までいっても無事なまま。
大粒でしっかりした良い栗に出会えたようで、本当にラッキーな回になりましたです。
半分はゆっくり食べて、残りは冷凍して、お正月に備えようと思います。


但し、右親指の爪を剥がしたのは、例年通りでございました……

* * * * *

【ベーカリー】

カフェを出て、ayuminさんと向かった3軒目のターゲット。
それは、アイルランドのベーカリー

ナンチャッテ英国好きな私、スコーンはやっぱりイギリス流がお気に入り。
国同士のあれこれはあっても、そのお隣りのアイルランドの焼き菓子も、きっと好みに違いない。ソーダブレッドも大好きで、時々家で焼いていた分、その本場というのも気になるし。
そんな思いから、ずっとこの店に来てみたいと思ってた。

そしたら、先に行ってくれたじゃないか、憧れのみかしゃんが。(感謝!)
彼女の保証付なら尚のこと。思いっきり期待して行ったんだ。




     DSCF1520

St. Patrick's Dayでお馴染みの、アイルランドカラーの緑色。
扉を開けて入ってみて、てっきりソーダブレッドとスコーンぐらいと思ってたアサハカな私は、品揃えの豊富さに驚いた。
というか、一見それほど多くないように見えるんだけど、よく見ると何種類もあったのね、みたいな。


DSCF1515

通りに面したウィンドウの前には、数種類のスコーンにソーダブレッド。
カウンター兼用のガラスケースには、キッシュ、タルトにパスティも。
さらにその奥には、ハード系ブレッドの類もね。

スコーンとソーダブレッド、としか考えてなかった私は、うおおぉどれを買えばいいんだああぁ、とたちまち嬉しい悲鳴。
だってだって、黒ビールのギネスブレッドとか、シェパーズパイとか、ミンスパイも食べてみたいし、ルバーブタルトなんて魅力的だし!(はあはあ)


     DSCF1518

そんな迷い子に、天使の助け。惜しみなく盛られたサンプルが2~3箇所。
しかし、そこで躊躇なく全部を口にできるほど、ずうずうしくもなれなかったんだけど。(どうしたアタシ)(熱があるんか)
おまけに食べてみたら、それも欲しくなっちゃって、かえって我が身を追い詰める羽目に。


DSCF1517

悩んで悩んで、結局初志貫徹で、スコーン2種類、ソーダブレッド、バゲット。これだけにとどめたよ。
美味しかったら、また来よう。そう、我と我が身を励ましつつ。(ちょっと涙)

クレジットカードは受け付けず。現金のみのお取引。
そんなところもアイルランドだよね、なんて、相変わらずの独断と偏見でもって、後ろ髪を引かれながら店を後にしたのだった。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

DSCF1533

帰ってから、お嬢と一緒に早速味見。
まずは、本命のIrish Soda Bread
プレーン(Brown Breadとなっていた)のと迷ったけれど、旦那がドライフルーツ入りが好きなので、これはレーズンバージョン。

実はこちらでソーダブレッドって、ほとんど買ったことがないのだけど。
私が作るのだと、ざっくり・さくっとした固い食感で、あまり長時間持たない、というイメージだったんだよね。

ところがこれは、むしろ私の思うところの、スコーンやビスケットに近い食感。
歯応えふかっ、中身はみちっ。食事系ではなくてスイーツ系。本場はこうなのかなあ、と新鮮。


     DSCF1529

スコーンは、チョコチップとブルーベリーを1つずつ。
こちらは期待したものに近くて、やはりふんわり・みっちり・甘さ控えめ。アメリカのざっくりスコーンも良いけれど、英国好きな私には、こちらのタイプがより嬉しい。


     DSCF1538

Irish Crusty Breadと名がついていて、お店のお姉さんによれば、バゲットのようなもの、とか。
ハードブレッド好きな私達、その大きさにもめげず(長さ40cmはあったと思う)、1本ずつ抱えて帰ったのだ。

これに関しても、予想がはずれ。頭の中にあったバゲットより、ずっとソフトで軽い。
外側の焼き色が薄いことから、軽いかなー、とは思っていたけど、ソフトフランスのでっかい版、といった感じ。
なので、軽さと食べやすさを利用して、バゲットサンドにたっぷり使ったよ。(んまかった)


今回のベーカリー、予想的中率・一勝二敗。
ま、実際は、私が相変わらずロクに知識を増やさないまま、元々の乏しいイメージだけで訪ねていったから、だよネ!(さわやかに)
しかし、どれも十分美味しかったので、満足度の予想は的中だ。えっへん。

あ、も一つ予想がはずれたのが、意外といいお値段だったこと。
おかげで、買い漁り防止になったけど。


試食してからようやく調べてみれば、やはりあのIrish Brown Breadを食べてみないことには始まらないような気がしてきてね。
全粒粉を使ったcrustyな食感のパン、と書いてあるレシピが幾つかあったんだよ。
それを食べたら、ようやく本場のソーダブレッドのイメージができるかなあ。無事に買えたら、食事はBrownで、デザートはレーズンのにしようかなあ。(広がる妄想)
と言いながら、たった一軒で、アイルランドのパンを決め付けちゃいけません。はい、わかってます。

次回にサンフランシスコに行く時は、ここに寄れるようなコースを考えたい、なんてな。


John Campbell's Irish Bakery
5625 Geary Boulevard,
San Francisco, CA 94121
[PR]
by senrufan | 2009-11-15 10:25 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/12339723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Chico at 2009-11-17 14:17 x
Irish系のベーカリーなんてあるんですねぇ。初めて知りました!
それも可愛い緑のお店、いかにもアイリッシュ~♪
私もソーダブレッドを食べてみたいです~。
っと、ふと思ったのですが、自分で作るソーダブレッドの味や触感が思い出せない私です。
なんせ年に1、2度しか作らないからなぁ、、、。(苦笑)
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2009-11-17 14:25
スコーン命の私もみかさんのブログを拝見してからここはとーーーっても行ってみたいベーカリーのひとつです。外はさくっ、中はみっちりなお菓子系ソーダブレッド。心をわしづかみです。スコーンとの違いはなんなんでしょう?スコーンのほうがよりバタリーな感じなのでしょうか。来年のSt. Patrick'sまで待てません。でも、Miyukiさんの作られるざくっとソーダブレッドもきっと素朴で美味しいんだろうなぁ。どきどき。
Commented by じゅん at 2009-11-17 16:37 x
こんにちは、じゅんです♪
英国命ですか?!素敵なお店ですね!!
行ってみたいわ~憧れちゃう!
品物のサンプルは助かりますね♪スコーンは義姉が好きなのでおすそわけを
頂いてる私ですぅ~^^;
栗の皮むきは難しいです♪おせちで泣かされます~。
指、お大事に♪
Commented by マミィ at 2009-11-17 18:08 x
わっ、出たっ!Miyuki嬢の渋川煮!拍手喝采、お見事であります。(ああ、もう口の中よだれでいっぱい・・・あたしゃノルマンの牛か)

Irish系ベーカリー、豊富な品ぞろえですねー。味見してみたいものがたくさん・・・私もスコーンが大好きです。そういえばシェルブールにもIrish系の衣料雑貨店があり、先日からそこにスコーンが登場するようになったのです。今度行ったら是非買って味見してみますわー。
Commented by mikamika at 2009-11-18 08:54 x
わぁ、懐かしい!いつ頃行ったのだったか覚えてなくて、こちらの「みかしゃん」リンクから我がブログに行ってみたという、記憶力のない私。
私が買ったチョコレートとチェリー入りのパンの生地は、きっとこの「40cmのパン」と同じものと思われます。
Commented by Miyuki at 2009-11-18 13:06 x
*Chicoさん
ね、緑と金色でシックなのに、店構えが可愛くて♪ 良いお店でございました。
私もソーダブレッドは、1年以上焼いてません、そういえば。まだパンを焼けない頃、せめてと思って作っていたんでした。
Chicoさん製が食べてみたいですっ!
Commented by Miyuki at 2009-11-18 13:09 x
*shinaさん
うん、ここはぜひshinaさんにも行っていただいて、スコーンの感想をお聞きしたいです! ソーダブレッドとスコーンの差、レーズンのとでは結構似ていたので、プレーンのを買って確かめたいんですよ~。片やベーキングソーダで、もう一方はベーキングパウダーなんだろう、ぐらいは考えるんですが(笑) でも確かにスコーンの方がよりお菓子っぽかったです。私の作るやつですか? ええ、大変素朴でごつごつしております……
Commented by Miyuki at 2009-11-18 13:12 x
*じゅんさん
はい、英国好きなんです~。小さい頃から英国が舞台の小説が好きで、大人になってからも、好きだなーと思う本は、やはり英国産が多いのです。
サンプルは重要ですよね! さらにこちらのは1つが大きくて、かなり気前がいいんですよ。味見したいと言えば、ばんばん切ってくれますし(笑)
指、なかなか治らなくて弱ってます……右手親指ってほんとによく使うので、治る暇がないですねえ。あ、単に年のせいか(爆)
Commented by Miyuki at 2009-11-18 13:15 x
*牛、じゃなくて、愛しのマミィさん
いやいや、姉さま宅の栗料理に比べたらお恥ずかしいんですが~。私もマミィさんみたいに、自分で拾って料理したいです。そのためだけにそちらに行こうかしら。

そういえばパリではスコーンを食べた記憶がない!(愕然) クロワッサンばかりねらってしまって失敗しました。そちら産はどんなタイプかなあ。味見されたら教えてくださいね♪
Commented by Miyuki at 2009-11-18 13:17 x
*みかしゃん
あ、そういえば、と思って私も確認したら、なんと8月だったのね! その何ヶ月も前から行きたがってたくせして、実際に行ったのが今月か……(遠い目)
チョコとチェリーの、そうなんだ、あの奥の棚のだったのね~。これもサンプルがあって、お勧め通り美味しかったから、買おうかどうしようかすんごく悩んだのよ~。次回はこれもぜひ!だな。
Commented by naoko_photo at 2009-11-18 14:41
Miyukiさん、「栗の渋皮煮」を作られるなんてすごい・・・ 
と、思っていたら家にも月森紀子著「ナチュラルスーツ」の本がありました。
こんな地味なお菓子(失礼)をちゃんと見つけて作っていたなんて。
最近の私は、お料理本はすっかり見るだけになってしまっています。

それと、このベーカリー、とってもおいしそうですね。
スコーン大好きなんです、私。
自称ビーガンとなっていますが、卵やバターが入っていてもスコーンは(こっそり)時々食べています。
それと、アイルランドには行ったことはありませんが、どこか惹かれるものがあります。

今度、サンフランに行くときはこのベーカリー寄ってみたいです。
Commented by Miyuki at 2009-11-19 11:35 x
*naokoさん
naokoさんもお持ちでしたか~。や、実家の方で、毎年知り合いの方に渋皮煮をいただいてたんで、栗の季節となると食べたいあまりに作ってるだけ、という(笑)
料理本は見るだけなんてすごいです! 私ときたら、人様のレシピに頼りっぱなしなんですよ~、たはは。

スコーン好き、お仲間ですね♪ 私も、完全ビーガンなのは自分で作るものだけで、市販品や外食については割り切って楽しんでます。というか、一生お菓子はやめられません。きっぱり。
naokoさんも機会があったら、ぜひお試しくださいね! アメリカンスコーンも良いですが、こちらのスコーンもなかなかですよ。
Commented by ayumin_moo at 2009-11-19 15:29
私としたことが、コメントが遅れてしまった~。
このベーカリー、私はとっても気に入りました♪
何がって、あのフランスパン。
見た目からバゲットとは違いそうだと思っていたので、私は別のものを想像していたのです。
そうしたら、その想像通りでとっても私好みでした。
柔らかいけどリーンで、バターによくあって。(パン&バター命の女)

スコーンもさっくりしっとりで美味しかったですね♪
ベーキングソーダ使用と聞くとどうしてもソーダブレッドに手が伸びないのですが(時々舌がしびれてしまうんです)、せっかくだから買ってみればよかったなぁ。次回こそ!
Commented by Miyuki at 2009-11-20 11:53 x
*ayuminさん
いいベーカリーでしたね~!
さすがayuminさん、しっかり見た目で見破ってらっしゃいましたか。(尊敬)
あの柔らかさ、日本の人も好きな人が多いんじゃないかなあ。
私は今度はあのパンで、ベトナムサンドを作ってみたいです♪

時々ベーキングソーダが入りすぎで、苦いのがありますよね。こちらのレーズンのは、私には大丈夫でしたが、プレーンのはどうだろう。このお店なら、きっと味見させてくれますよね、うん。


<< たまさかに味わうべき甘美 色白で七難隠すため >>