色白で七難隠すため

DSCF1662

ついに念願の、50 State Quaters Programのコレクションが完成いたしました。
感無量でございます。(じ~~ん)

以前にもちらっと書きましたが。
1999年から開始された、各州独自のデザインでもって、毎年5州ずつ発行されてきた、25セント硬貨(quater)のコレクション。
2008年に最後の5州が発行されて、それで終了、と思いきや、今年2009年にはコロンビア自治区、プエルトリコ、グアムなどの、米国統括の6箇所のコインが続けて発行され、更に2010年からは、国立公園を中心としたシリーズが予定されている模様。

今年のクォーターは2~3枚入手できているにも関わらず、2008年のハワイだけがずっと手に入らないままだったのですが。
お嬢のバス代のために、銀行で20ドルをクォーターに両替してもらったところ、その中に1枚だけあったのでございます。

嬉々として、コレクターマップに埋め込んで、お嬢と2人でじんわり感動しながら、完成した地図を眺めましたです。楽しかったなあ。(しみじみ)


で、今年発行の6枚のコイン、やっぱりこおゆうコレクション用のボードが出てるのか、また調べなきゃいけませんな。

* * * * *

【雑事】

ayuminさんとのサンフランシスコツアー。カフェの後は、とあるベーカリー&とあるケーキ屋さんの記録が残っているのですが。
歯医者に定期健診に行ったところ、ちょっと面白いものを教わったので、ここに書いて残しておくですよ。




*-*-*-*-*-*-*-*-*

歯医者のドアを開けて、受付に顔を向けた途端にカメラを向けられて、思わずのけぞりました。
なんでも、先生が新しいホワイトニング・LUMINEERSなるものの提供を始められたそうで、それを紹介する為に顔写真を撮らせて、とおっしゃるのです。要は、現在の歯での写真と、LUMINEERSを施した歯での写真(合成)を比較してもらうため、なんですね。
趣旨を理解した私、思いっきり歯をむき出した笑顔をカメラに向けました。うまく写ってたら、遺影に使おう。


歯のクリーニングをしてもらっている間に、衛生士さんが色々説明してくれましたよ。
従来のホワイトニングは、何らかのやり方で、歯の汚れをとってきれいにする、というものですが。
このLUMINEERS(ルミニアーズ、でいいかな)というのは、
歯にポーセリンのカバーをくっつけて、半永久的にもたせる
というものなんだそうです。

サンプルを見せてくれましたが、ほら、アレですよ、つけ爪ならぬつけ歯、と思っていただければ。
白いポーセリンでできた薄いカバーが、歯の前面をおおって、少しだけ後ろに折り返る形。
「contact-lens-thin」、つまり、コンタクトレンズのような薄さ、と謳ってます。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

ここでちょこっと、従来のホワイトニング法について、ド素人=私が理解しているところでは。

歯の表面に傷(方法名がわかりません…)

歯の表面に擦過傷のような傷をつけ、過酸化水素で漂白し、光を乱反射させることで白く見せる、というもの。
時々、ごく安いホワイトニングの広告を見ますが、その中に良くあるのがこのやり方だそうですよ。

傷をつけるわけですから、歯に良いとはあまり思えませんなあ……安さは魅力的ですが。


Bleach(ブリーチ)

ドラッグストアなどで売ってる、マウスガード(透明な歯の形のプラスチックケース)+漂白液(過酸化水素が主)がこれ。
ケース内に溶液をちょんちょんとつけ、歯にかぱっとはめて、しばらく時間をおいて漂白してからすすぐ。これを定期的に繰り返すのです。

歯医者でやる場合、このマウスガードがオーダーメイドになります。
溶液自体は、濃度の差(市販品は低濃度でなくてはならない)ぐらいのようですが、ケースが歯にきちんと合っていることで、仕上がりに差が出る模様。
というのは、市販されているガードがあまり合わなくて、歯茎にもかぶさってしまう場合、歯茎まで漂白されて色が変わってしまう、ということもあるそうで。

私のかかりつけの歯医者さんでは、トータルの代金が600ドル。
市販のものとは桁が違いますが、一旦ガードを作ってしまえば、あとは漂白液の代金のみですむし、液こそ市販されているものでも大丈夫とか。
知覚過敏の方にはよろしくないでしょうが、一般の方には、いつでもできる手軽さがあると思います。

ただ、私が以前教えてもらったところでは、歯というのは、それが生えてきたばかりの本来の色以上に白くなることはないんだそうで。
私の場合は、元々ちょっとオレンジがかった色をしているので、芸能人のような、あんな真っ白のまぶしい歯(きらーん☆)になることはない、と知って、ブリーチをやめた次第です。(ちょっと涙)


Veneer(ラミネートベニア)

LUMINEERSの前身のような。やはり、ポーセリンを歯の表面に貼り付けます。
なので、ブリーチのように数週間~数ヶ月の時間をかけることなく、短時間でたちまち白い歯になれます。

加えて、色だけでなく、形も修正できます。
歯並びに隙間があったり、欠けている部分がある歯などは、これを貼り付けることで、そういう点までカバーできるんですね。

やり方は、歯の表面を削って、このポーセリンカバーを貼り付けます。取り外しはききません。
手入れをきちんとすれば、半永久的にもつことができますが、強度が本物の歯ほどはないので注意が必要です。
また、費用はこの中で最も高額です。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

さて、新技術だというLUMINEERS。
歯の表面に貼り付けるという点では、ベニアと同様なんですが。
大きく違うのは、歯を削ったりする必要が一切ないこと、です。
麻酔もなし、あのイヤ~なドリル(きゅぃぃぃぃん)もなし。データをとって、型をとって、出来上がってきたつけ歯を、特殊なボンドで貼り付けるだけ、だそうですよ。

なぜ削らないですむか、といえば、それこそコンタクトのように薄いから。(0.2mm)
ベニアはそれなりの厚みがあるので、場合によっては、1本の1/4ぐらい削らなくてはいけない時もあるそうで。せっかくつけても、その後でかなり痛むんじゃなかろうか。
その点、LUMINEERSは痛みとは無縁です、というのが宣伝文句になってます。

どのくらいの間もつのか、といえば、半永久的、と歯医者さんは言ってましたが、サイトによれば20年が目安。
そして保証期間が設けられていますので、その間であれば、無料でやり直してもらえます。

更にベニアと違うのは、↑のような取替えができること。といっても、自力ではなく、歯医者での処置になりますが。
本来の歯はそのままなので、不都合があれば元に戻ることができるのです。

かぶせる歯の本数や場所は選べますが、一般的に薦められるのが、上の前歯8本、だそうで。
下の歯と相当色が違う場合はともかく、普通の範囲内であれば、顔の中で目立つのがその部分だから、ってことですね。
前歯2~4本ぐらいだけにすると、その横の歯と差が出てしまうので、いっそ8本であれば、その更に横の奥の方は見えないので。
よほど気になるようであれば、下の歯の8本も同時にやればいい、と。

歯の形については、ベニアと同様、こちらも隙間や欠損部の補完も可能です。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

……と、こんな風に、歯科衛生士さん&歯医者さんに美点を語ってもらっていたところ。
写真の加工が終わって、私の手元に運ばれてきたですよ。

お見合い写真のような折りたたみ式のパンフレットに、Before(Your current smile)・After(Your perfect smile with LUMINEERS)の写真。
一目見た途端、
先生達 : 「まあっ、ごらんなさいな、すっごくゴージャスよ!!
私   : 「うわっ、ちょーーブッサイクな顔っ!!

見ているところが違ったようです。


気を取り直して、歯だけに視点をあわせれば。
そばでもてはやす先生達はちょっと置いといて(酷)、うん、当たり前ですが、確かに真っ白の歯になってますね。
そして、私が矯正を薦められる原因の、上部右側の犬歯の形も修正されてますし。

聞いている限りでは、いい点ばかりなようですが。
ここは逃しちゃいけない、費用のこと。しっかり質問しておかねばなりません。

私 : 「でもこれ、美容目的だから保険もきかないし、高額ですよね?」
医 : 「それがぐっと安いの! この値段でこれだけの効果というのがすばらしいのよ」
私 : 「ほう、それで具体的にはいかほど?」
医 : 「8本で、たったの5,000ドルよ!

 十分高いじゃないですかそれ。



アメリカに来て、こちらの人の歯への意識の高さには、何度も感心させられました。
おかげで歯科レベルも、日本より数年進んでいますしね。保険の点ではアレですが。

歯の健康に関心が高い、ということは、審美歯科技術にも同様で。歯並びの矯正は、子供達には当然の通過儀礼のようになってます。
逆に言えば、歯並びが悪いままの子は、家がその費用をまかなえない収入レベルをも意味することにもなるようで、それはちと切ないんですが。

そして、歯の白さに敏感な人が多いです。
特にここカリフォルニアは、歯の白さのレベルに「california white」というのがあるほど。太陽が元気な土地柄だからか。(偏見)
なので、このルミニアーズも、画期的な歓迎すべき技術なんだと思います。裕福な人にとってはね。

実際、容貌の中で歯が与える印象の割合というのは、考える以上に大きいようで。人によっては
6割が歯で決まる、という方も。
芸能人が、デビューが決まった途端に歯をいじったりするのは、正に「芸能人は歯が命」だからなんでしょうね。(古)


で、全くユウフクとは縁がない私としては。
歯を白くするためにそれだけの費用を払えるんなら、いっそ他の箇所の整形に使いたい、と考えるわけです。
真面目なところでは、旦那のインプラント。願望としては、私のシミ取り&脂肪吸引。

そんな感じで、先生方の説明30分・私の決断2秒、の一幕でありました。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

ルミニアーズについて関心ある方は、↓のリンクからサイトに飛んでみてくださいまし。
取り扱ってる歯医者の検索もできます。あ、もちろん米国内。


ところで、こちらの歯医者さん、ブリーチホワイトニングも勿論やっていらっしゃいまして。
特にこの感謝祭時期、ホリディ割引として、半額で提供中だそうです。
オーダーメイドのマウスガード+歯医者レベルの漂白剤のセット、総額600ドルが、今なら300ドルに。これはなかなか良いセール。

興味のある方、お気軽にご連絡くださいませ。
場所は、このエリア南方のS市です。


LUMINEERS
[PR]
by senrufan | 2009-11-13 08:49 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/12327031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mifamilia at 2009-11-15 22:04
Miyukiさん、コレクションがそろってよかったですね~ いつか見せてください。^^

歯のお話、大変興味深かったです。歯が黄ばんでいるので、白くしたいと思いつつ、何もできずにそのままです。しかし、歯の治療はやはりかかりますね。 以前、歯を矯正しようとして、みてもらったとき、治療に非常に時間がかかり、長期で通院することになるので、1本50万近くかかると言われてあきらめたことがあります。 うちの主人はアメリカ人ではありませんが、南米もそうなのか?歯への美意識はやっぱりすごくって、結婚したときは、その歯(わたしの出歯)なんとかしようと言われ続けましたよ~ 
Commented by じゅん at 2009-11-15 23:24 x
こんばんは、じゅんです♪
コレクションが全て揃って良かったですね~
娘さんと、ハッピーですね♪今度は、何をコレクション?!

歯は命ですもんね!でも、高いんですね・・・ビックリ♪
それに、色んな事をするんですね~すごいわ~
次女は、今も矯正中なんです、もうじき終わりますが・・・
アメリカの俳優さんも女優さんも、歯がとっても綺麗ですもんね♪
いや~勉強になりました、ありがとうございます♪
Commented by Miyuki at 2009-11-16 11:28 x
*るしあママさん
ありがとうございます~。はい、いつか必ず実物を見ていただきたいです!

大人になってからの歯の矯正は、時間もお金も更にかかりますからね~(涙) ましてや日本では。あはは、やはり旦那様もそうですか。でも私も自分の歯に関しては大変後悔してるので(虫歯、歯並び、色…)、娘の歯には思い入れがすごいです(笑) 歯は一生ものだなあ、とこの年になってしみじみ思いますね~。
Commented by Miyuki at 2009-11-16 11:31 x
*じゅんさん
こんばんはー!
ありがとうございますvv いやもう、最後の1枚になって、こんなに時間がかかるとは思いませんでした。おお、そうですね、次のコレクションについて考えてもいいんですよね! なにがいいかなあ♪

そうなんですよ、もー、お金持ちの人はいいなー、なんて指くわえモードです。
お嬢様の矯正、大正解ですねvv 私は歯並びが悪いままきてしまったので、やはりその分ケアに時間がかかる上、検診のたびに虫歯ができてないかビクビクしてしまいますもん。
矯正が終わった後のお嬢様の笑顔が楽しみですね!
Commented by すれっぢ at 2009-11-17 04:20 x
あはは、大うけ。確かに北米のホワイトニング信仰は凄いですよね。
でまたTVで出てくる奴らがそんな歯ね~だろってくらいに白いの。
個人的にはあまり白すぎるのは逆にわざとらしいという感じを受けるの
ですが、何ごとにも「程度」を知らない北米はとにかく白ければ・・・
みたいな感じですよね~。プラスチック整形もそう、そんなにXX(伏字)
入れてど~すんの??それじゃあサンキストグレープフルーツだよ。
みたいな。

歯が白くて綺麗な歯並び=ステータス 
とも言えるようですね。
Commented by Miyuki at 2009-11-17 12:46 x
*すれっぢさん
ほんとに、これほどホワイトニングが人気とは知りませんでしたね~。ちなみに顔の美白のこだわり度は、日本がダントツだそうですが。
うん、確かに人工的な香りのする歯、見ますなあ。逆に、たまにいかにも自然な歯の人を見ると、それだけで親近感感じちゃったりして(笑)
ぐ、ぐれーぷふるーつ!! やっだなあ、すれっぢさんたら、普段どこ見て歩いてるんですか、ああん?(にやにや)

しかしこおゆうのも、ステータスだと考えてるんだと思えば、納得できる行為ですかね~。
Commented at 2015-09-19 20:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-07 12:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by senrufan at 2016-05-07 23:47
*非公開コメント様
なんと、こんな昔の記事にコメントいただいてたのですね! 気がつかなくて大変申し訳ございませんでした。
こちらの歯医者さん、残念ながらリタイアされたので、オフィスはクローズされたのですよ。お役に立てなくて本当にすみません~~。


<< 当たらぬ場合は望外の そこに足を運ぶ回数は >>