的を見据える眼差しは

新しい年の門に立つ人に、こんなお願いをしました。
「道を照らす明かりをください、初めての道を安全に進んでいけるように」と。
その人は、答えました。
「闇の中に歩みだしなさい、そしてあなたの手を神さまの手にあずけなさい。
そうすれば、明かりをかかげるよりも、知った道を行くよりも、
あなたの歩みは守られるでしょう。」
        -------- ミニー・ルイーズ・ハスキンズの詩 「神が知りたもう」より


とある小説で、冒頭の一文のみを目にしたので、調べたらこんな言葉でありました。
1939年のクリスマスに、英国のジョージ6世がラジオ放送で引用して有名になったそうです。

* * * * *

【イベント】

P1000747

ビルマ料理を堪能した後に、のんびり向かったのは、Asian Art Museum
この日のお目当ては、弓道のデモ、であったのですよ。

Asian Artではただ今、「Lords of Samurai」と題した、日本の鎧兜を中心にした特別展示の真っ最中。日本の細川元総理が、随分と協力されたとか。
それに関連して、「AsiaAlive:Martial Arts Series」というタイトルで、日本の武道のデモが開催されたのでございます。
本当は、その前に催された狂言の公演が一番観たかったのですが、都合が合わずに断念いたしました。

この武道シリーズに選ばれたのは、剣道・弓道・居合道の3種類。
この中の、弓道の回を拝見したのでございます。




P1000748

入場無料のイベントなれど、入館するためには、当たり前ですがチケットを購入。サムライ展をはずした一般入場券を握り締め、階段を上って、デモ会場にたどり着きました。
中では、講師のおじさまが延々と解説を続ける背後で、袴姿も凛々しいお姉さま方&若干お兄さま方が、ぱしん、ぱしん、と矢を射ていらっしゃったのです。

以下は、おじさまの語られた話などの中から、なので、日本国内の見識と一致するかどうかはわかりませんが。
”弓の道”と書かれる弓道は、武道の中でも最も純粋なもの、と見なされているそうで、戦中の技術を高めた”弓術”が元になっています。

1192年、征夷大将軍となった源頼朝が、弓馬に優れた軍を作る為、その訓練の一環として、小笠原長清が弓術の指導にあたります。弓術の”小笠原流”の祖が、この長清です。
彼の打ち立てた流派は、よりフォーマルで洗練された弓馬術を広めました。

またこの間は、弓術がその形を成した時期と一致します。
この頃、最も影響力のある射手であった日置弾正正次(1443~1502)が、日置流を起こします。
彼によって基礎が作られた射術は、現代に至るまで成長と発展を遂げる、弓術の核となりました。

P1000753

弓道の全盛期は、封建時代に訪れます。16世紀後半は、その型はほぼ完成を見ます。
現代の弓道で用いられる、薄い竹と木で作られた弓は、400年前にすでに出来上がっていたのです。

そして16世紀の終わりには、戦場武器としては有益でないと見られるようになりました。
織田信長が1575年の戦い(長篠の合戦ですね)で、鉄砲隊を用いたことが、弓術の衰退を招くきっかけとなったのです。

古来よりの幾つかの流派は、今日でも受け継がれておりますが、戦場での武器として使われることは、遠い過去の話となりました。
1949年に全日本弓道連盟が組織、1953年には弓道教本が発刊され、今日の弓道技術が確立します。
現代の弓道は、肉体的、道徳的、そして精神的な発達・成熟を目指しての鍛錬が、第一目的となっています。

P1000752



なんてところ、だそうですよ。
つか、日本人のくせして、こおゆうことも知りませんでした……まあ私の場合、知らないことが世界の99.8%を占めているので、今更驚きませんがね。(殴)

しかし本当に武道は、見てる側からも美しいものであります。
あの、ぴんと伸びた背筋。凛とした眼差し。日常生活では、意識しないとできない姿勢の数々。
何か一つでもやっておけばよかったなあ。そうしたら今頃は、もう少しマシな大人になれてたでしょうか。(遠い目)

ちなみに現在やりたいと思っているのは、なぜか合気道とヨガだったり。あ、西式体操も興味があるんだった。(どうでもいい)


Asian Art Museum
Northern California Kyudo Federation(今回デモしてくださった団体)
[PR]
by senrufan | 2009-09-09 14:52 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/11911982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2009-09-12 00:40
射り手がきりきりと弓を引いた後、精神を集中させながら的を見つめている間のあの瞬間。こちらも思わず息を止めてしまいます。通っていた高校に伝統的な弓道場があって、学年一の美少女が毎朝練習してたんです。(作り話のようですが本当に。)彼女を見て、あぁ私も弓道やってればあんな風に素敵になれたのに・・・と、思ったこともありました。(なれるわけないぢゃん、、、)

Miyukiさん、高校時代は何をされていたんですか?
Commented by Miyuki at 2009-09-12 10:19 x
*shinaさん
なんとshinaさんも、最新記事は弓道でしたね! シンクロ、シンクロvv
そうそう、あの瞬間の、きーんとした空気が良いですよね~。学年一の美少女さんのおかげで、ますます弓道部は沢山の部員でにぎわったことでしょう(笑) そしてテニスコートの美少女として、shinaさんという方がいらっしゃいませんでしたか?(真顔)

私は中・高と吹奏楽部でして。中学はトランペットでしたが、高校からオーボエを始めたのですよ。ヘタな部でしたが、とても楽しかったです♪


<< 小さな足の、大きな一歩 (10) 外でもできる役がある >>