小さな足の、大きな一歩 (1)

Independence Day (Paraguay)


何年ぶりかに、虫歯の治療をしてきました。
先日の6ヶ月ごとの定期健診&歯のクリーニングで、ちっちゃいのが見つかってしまったのです。(ちっ)
そして、何年ぶりかにあの、きゅいーん、という機械と遭遇してまいりましたですよ。
相変わらず、憎さ満開の奴でした。いっそ滅びてしまえばいい……!(ぎりぎり)

きゅいーん、きゅいーん、と絶好調なサウンドを聞きながら思い出したんですが。
前に歯医者さんと話してて、こんなに医療器具が進歩しているのに、なぜあれは変わらないんですか、せめてあの音だけでもなくせないんですか、とたずねたんですよね。

そしたら、そのお医者さんも同様に思っていたそうで、とある技術者に、かなり真剣に相談したことがあったそうで。
その技術者さんがざっと考えたところでは、消音の為につけるパーツを含めて、長さは今の器具の3倍ぐらい・重さは数kgになると。
なので、断念せざるをえなかったそうですよ。


今ではレーザーも徐々に増えてきているので、いずれはあの「きゅいーん」も、何らかの改善なり衰退なり死滅なり(願望)といった変化があるのでしょうが。
それにしても、私が子供の頃から変わってないわけですから、あの生命力はゴキブリ並み。(真顔)

ま、文句を言うぐらいなら、虫歯を作るな、ってことですね。
はあい、わかってまあす。(舌を出しながら)

* * * * *

【家庭内事情】

お嬢のキッズシッターを通じて、色々と思い出した、彼女の幼少時。
10年という歳月は、あっという間のようで、やはりそれなりの経過というものがあったらしい。

お嬢の誕生日は、94年9月初め。
97年7月に渡米した時、彼女は2歳10ヶ月。

以降を履歴書的にまとめてみると、こんな感じの歩みかなー。



*-*-*-*-*-*-*-*-*

現地校

97年9月    とあるPrivate SchoolのPreschool(2~3歳児クラス)に、
          毎日午前中のみ通い始める

97年10月   慣れてきたところで、毎日夕方までのDaycareに

98年9月    同学校のPre-Kinder(4歳児クラス)に進級

99年9月    同学校のKindergartenに進級
          キンダーからPublicに入るのが一般的だが、
            ・通ってた学校が気に入っていた
            ・Home Public Schoolを見学したが、イマイチだった
            ・あと2年ぐらいで帰国だと思っていたので、Publicに入る必要はない
          と考えて、私立で通すことにしたのだった

00年9月    同様の考えで、そのまま私立のElementaryに進級
          あと2年ぐらいだろうからいいや、と思ってた

02年9月    別の市の公立小学校に転校、3年生に進級
            ・住んでいた家がノミ騒動に陥り、考えた末に引越しを決意
            ・どうせなら今までと毛色の違う市に行こう
            ・私が当時通っていたカレッジのスケジュールから考えてもメリット有り
            ・あと2年ぐらいで帰国だろうから、最後に冒険
          という考えの元だった

05年9月    公立のMiddle Schoolに進学
          あと2年……!

06年12月   旦那の転職により、少なくとも「あと2年」という言葉から解放

08年9月    公立のHigh Shoolに進学
          

ということで、キーワードは常に、「あと2年」だった……(遠い目)

現地校で、勉強・宿題が始まったのは、キンダーガーテンから。
この時には、すでに英語の純レベル(語彙数ではなく、”英語感覚”ということで)では親をしのいでいたので、スペリングなどこそ手伝ったものの、基本部分は本人まかせ。
そして、その信頼に基づく放任主義は、現在に至るまで変わらず、お嬢からは「何もしてくれない」と、散々な恨み言を言われ続けている。

英語の本を自分で読むようになったのも、キンダーから。
一気に活字中毒化が進み、現地の図書館に通う回数が激増した。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

その間、日本語教育はどうしてたかというと。
大変教育ママじゃない私は、幼稚園の間は何もしなかった。ちなみに、それ以降も何もしなかった。(殴)

母子共に本好きだったので、読み聞かせは相当量だった、ぐらい。寝る前の読み聞かせは、10歳過ぎても続けてた。
当たり前だが、私が読むのは日本語オンリー。英語は敢えて読まなかった。(読めなかった、ともゆう)


日本語学校

01年4月    日本語補習校小学部に入学

05年11月   英検2級を受験、合格
          あと2年ぐらいで帰国するなら、英語が得意なうちにとっておけ、という
          目論見で

06年11月   英検準1級・1級を同時受験、合格
          帰国の可能性が最大限に高まったので、中学の選択肢を広げる為に
          とっておけ、という目論見で
          正にこの受験の際に、旦那から転職の事実を告げられたのは、
          過去日記にて
          
07年3月    補習校小学部を卒業
          こちらにある、日本の塾の中等部に入る

現在は、同じ塾の中3クラスに在籍中。
良い仲間に恵まれて、二校に通う苦労もなんのその、毎回嬉々として通ってる。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

どこから始めようかと悩んだ末に、基本の”き”から始めてみた。
こんなことやってたら、またすんごく長くなっちゃうじゃん、と愕然とした。

馬鹿の考え、休むに似たり、の好例だ。と、胸を張る。
[PR]
by senrufan | 2009-05-15 12:31 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/10987773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayumin_moo at 2009-05-18 05:02
いやいや、お話には伺っていましたが、こうして履歴書を拝見して、常に「あと2年」を頭において色々と迷い、選択されてきたのだなぁとわかりました。予定が変わってしまってご家族は大変だったことと思いますが、私だったら、「あと2年」と思っていた方が「それまでにこれをしよう、ここへ行こう」と充実した日々を過ごせるような気もします。
それにしても、12歳で英検1級なんて素晴らしい!アメリカ育ちとは言え、ネイティブでも英検は難しいと言いますよね。
小さい頃から読書が得意ではない私。子供が生まれたら、Miyukiさんに読み聞かせをお願いしたいです。
Commented by Miyuki at 2009-05-18 11:50 x
*ayuminさん
たはは、「あと2年」を口実に、メンドクさいアレコレから逃げていた、とも言えますなあ。そこで「それまでに!」と考えるべきでございました……全く、こんな人間になっちゃいけないよ。>お嬢
英検は10年に1度の奇跡をあそこで使ってしまったね、という感じで。だから当分奇跡には恵まれないかと(笑) 2次試験の時など、大人の中に、見かけ9歳児がちょこんと混じってて、面白かったです。
読み聞かせ、ぜひさせてほしいぐらいです~! 遊び相手をするより、読み聞かせの方が好きだったという、トンデモ親でしたもん。でもほんと、ayuminさんのお子さんのベビーシッターができたらいいなあ♪
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2009-05-19 05:59
こうやって振り返ると、長いようであっという間で、いろんなことがあったんだなと思い返せますね。(だからアルバムは見始めると止まらない。)お嬢様の成長と共に、その時々のMiyukiママの成長や葛藤も大きかったであろうと。よく私は「駐在の方はいろんな補助が出ていいですよね」と愚痴ってしまうのですが(最低)、一方で、いつ帰るかわからない中、長期スパンで子供や自分の人生設計が立てづらいというのも大変だなと、一長一短を考えさせられます。

そして、・・・はーい、ここにもベビーシッター先行予約者1人、、、
Commented by こっぺ at 2009-05-19 20:36 x
わたしもこちらに居ついてしまったクチでして、2歳の子どもにどうやって日本語をキープさせつつ英語でショックを受けないようにするか、悩んでいるところです。幸い信頼できるプレスクールが見つかったので、子どもと一緒にがんばろー!と思っているのですが。お嬢さんもmiyukiさんも大変な思いをされたのですね。私も本好きなのですが、うちにある日本語の絵本は読みつくしてしまって、これからどうやってたくさんの本に触れさせようかと考えているところです。買うと高いし。。。英語の絵本を訳して読んであげたりもします。苦しい。。。
実は子育てのブログなどもやっております。こっちのほうがメインです。
Commented by マミィ at 2009-05-19 21:48 x
そうですか、10年ですか!よちよち歩きから始まったお嬢の足はいまやしっかりとアメリカ大地を踏みしめて。変にアメリカナイズされることなく、自分というものをしっかりと持ったMiyukiお嬢の将来、本当に楽しみであります。それもこれも、可愛い可愛いと擁護し過ぎずにクールに懐深く見守る子育て法(Miyuki母は「放任」などと謙遜しますが、いやいや、これがなかなかできるものではない!)の賜物かと。

すんごく長くなっちゃうじゃん、大いに歓迎。毎回楽しみに読ませてもろとります。継母、元気と勇気を頂いております。
Commented by Miyuki at 2009-05-20 14:03 x
*shinaさん
そですね、ほんとにあっという間でした。そらあ、アタシの英語がうまくなる時間はなかった、ということで(死んでこい) 「永住・駐在」については、ほんとに色々聞いてきましたねえ。 駐在はお給料がそういう区別になっているからそう見えますが、トータルでいけば、永住の人より低い人もいるのですよ、これが。なんにせよ、駐在でも永住でも、絶対変わらない予定などないから、なるべく多くの可能性に対処できるようにするには、と考えていくのが良いのでしょうね。

お、予約を考えてるということは、可能性がそれだけ高まったと期待していいのですね? ね?(きらきら☆)
Commented by Miyuki at 2009-05-20 14:08 x
*こっぺさん
幼児期は、いろんなことを考えて考えて、という時ですよね。バイリンガルの悩みはしかり、でございます。その時期に信頼できる学校を見つけられたのは、こっぺさんの努力の賜物ですよ、すばらしい!
こっぺさんのお宅はどの辺りかなあ、実はうちには結構な量の本がありまして、私設図書館のように利用してもらってるのですが、子供の本も結構あるのですよ。お好みに合う本があれば、借りてやっていただきたいのですが。または、子育て仲間の皆さんと貸し借りしあうというものいいですしね。
子育てブログ! これはぜひぜひ拝見せねば!(わくわくっ)
Commented by Miyuki at 2009-05-20 14:12 x
*マミィさん
こちとら、10年たっても英語はできず、ボケていくばかりなのに、子供の10年ときたら、なんて中身が濃いんでしょ~。そです、まだ走ることも下手だった彼女が、今ではすっかりアスリート。それもこれも、「欲しいものは自力でつかめ!:母は自分のことじゃないから知らないよ」方針の成せるワザでございますねー(殴)

私こそ、マミィさんの姫達への接し方を垣間見るたび、元気をいっぱいいただいてます~vv マミィさんのようなお母さんに育てられたら、お嬢はもっとアートに凝っていただろうになあ……すまんなあ。>お嬢
Commented by peartree22 at 2009-05-21 12:56
お嬢さんが渡米されたのは2歳だったのですね。
「あと2年」が何度も続いたMiyukiさんの気苦労はいかばかりだったことか。私がそちらに住んでいたときは、子どもがいなかったので、
実に気が楽でした。それでも何年滞在するか決まっていなかった渡米だったので、いろいろなことをするにあたって、悩んだりしました。
(結局予想外に早すぎた帰国に、「せっかく慣れてきたのに」と涙しましたが)

それにしても英検1級ですかっ!加えて日本への造詣の深さもブログで拝見していますから、もうこれはMiyukiさんの影響大ですね。
読み聞かせ、私もできるかぎり続けようと思いました(笑)。
Commented by Miyuki at 2009-05-22 22:37 x
*ちゃんさま
そうなんです、3歳からと考えても、人生の大半をアメリカで過ごしていることになりますね~。
あ、いえいえ、色々と悩んだのは幼児期のみで、あとは成り行きまかせでしたんで(笑) むしろ、自分自身がふりかえってもなんにもしてなくて、成長してなくて、なんのための年月だったのかなあ、と……(涙)

なんの、上には上がいますよ、英検! お嬢は小6でしたが、最年少は小5だそうです。びっくり!
周りの子を見てて、読み聞かせは幼い頃の刷り込みが大事だなあ、と実感してます。ぜひぜひ続けてあげてくださいまし~。


<< ずーっと ずっと だいすきだよ 晴れた日差しを言い訳に >>