大地に根を張り数百年

Tiradentes Day (Brazil)
Festival of Ridvan (Baha'i)
Holocaust Memorial Day (Israel)


しばらく前に、昇天したデスクトップPCに代わって据えられた、旦那の古いラップトップ。
マイ女神・マミィさんのすばらしい示唆により、「フランシーヌ」と名づけられたこのPC、正にフランス人妻のごとく、機嫌をうかがわせること四六時中、な代物でございます。って、フランス人妻の実物を知らないくせに(殴)

私が使い始めた初日から、日本語タイプを受け付けない、という傲慢さを見せていたのですが。
それに加えて、スクロールダウンが9割がた不可能・カーソルが一番上に固定されたまま、などというトンデモネエ気質まで発揮するにいたりまして、いくら我慢の子の日本人であっても、到底腹にすえかねるところまできたのでございます。

幸い、その少し前に購入していた、某日本メーカー製のラップトップのおかげで、日常には特に支障なし。
どころか、お嬢のラップトップもあえなく棺桶行きになった為、今ではお嬢と私から、絶大なる愛情と独占欲を注がれて、日々その輝きを増している模様。

やっぱり日本人には日本だぜ、と、すっかりフランシーヌに背を向けたいところ、なのですが。
いかんせん彼女には、人質というものが。
それは、撮り貯めた写真類のファイル、なのですよ。

日記を書くにあたって、泣く泣くフランシーヌのご機嫌をうかがいながら、懸命に写真アップ作業を行ってはいたのですが。
たかだか1枚アップするにも、その写真をファイルから呼び出すだけで一苦労。
1枚アップするのに、かかる時間は数十分。かかる精神疲労は1日分。


本日、ようやく離婚調停人=旦那が行商から戻ってきた時、どうかこの週末にフランシーヌと別れさせてくれ、と真っ先に頼んだことは言うまでもありません。
無事離婚成立となるかどうか、どきどきしながら待つとして、とりあえずその間、写真をアップできませぬ。
なので、今週分の日記は文字のみ、となるので、ぼそぼそと何かをつぶやくだけにとどめよう、と思っております。


というワケで、また一段とつまらないタワゴトが並びます、という前フリでした。
さて、日本製ラップトップに、そろそろ呼び名をつけないと。やはり、”さゆり”か”みちこ”、あたりかなー。

* * * * *

【雑事】

時々おじゃまさせていただいているローフードブログさんで、こんな文が書かれてた。
じゃがいもは揚げると発がん性物質が出てくるって、世界の常識だと思っていた」
……すみません、私は非常識でした。




元々じゃがいもは、でんぷんの多さが段々とツラくなってきて、食べる量は年々減っていた。
そしてマクロビオティックを知るようになって、じゃがいもは陰性(ビタミンC・カリウム)が強い野菜である為、温帯地域での常食は避けた方が良い、とされているのを知り、これ幸い(?)とばかりに、それからほとんど買わなくなっていた。

でもやっぱり、お嬢や旦那はじゃがいもが好きなんだなあ、と最近思ったので。
新じゃがが出てくるようになったこの頃、少し使うようにしてたんだよね。
そしたら目にした↑のこと。いやもう、びっくり・目が真ん丸。
こうやって、無知極まりない私に、いつも何かを教えてくれるどなたかがいてくださること、ほんとにいつも感謝でいっぱい。


それから当然、ネット検索にとりかかる。
そしたら、おお、あるわあるわ、続々とひっかかる「じゃがいも 発がん性」。Wikipediaにまで書いてあるー。

フライドポテト (Wilipedia)

なるほど、悪さを疑われているものの名は、アクリルアミドというらしい。
同時に知ったのは、これは水溶性であるので、調理する前にじゃがいもを水にさらすと、害が緩和される、というありがたいことも。
そうか、じゃがいもレシピに共通して「水にさらす」となっているのは、でんぷん質の為かと思っていたら、計らずもこおゆう予防にもなっているのだなあ。改めて思う、先人の知恵は侮っちゃいかん、とな。


それに伴って見つけたのが、人智学を提唱したルドルフ・シュタイナーのじゃがいも論。
一時期、シュタイナー教育に興味を持って、何冊か本も読んだけど。教育論の方ばかり目がいってて、食事についても言及していることは知らなかったんだ。と、ここでも恥さらし、無知さらし。

いやあもう、これは面白いー。
あのね、あちこちで拝見したことをざっくりとまとめるとね、
・じゃがいもは塊茎なので、消化するのに時間がかかる
・消化するのに脳を使うため、本来の思考力が働かなくなる
・特に子供時代、じゃがいもを食べ過ぎると、中脳(視丘・視床の源)が非常に弱まって、大人になってから視力が悪くなる
・じゃがいもは、心臓と肺にあまり配慮せず、頭へと上昇していくが、頭といっても下部の前頭葉までで、そこは人間がとくに批判的に考える場所である
・中脳で考える能力を次第に失うことも加わって、前脳でしか考えないようになり、唯物論的な悟性人間になっていく
こんな感じ。

面白いなあ、というのは、シュタイナー教育の本場はドイツなのだけど。
ドイツって、じゃがいもが主食、みたいな国だよね。
見方を変えると、お国批判ともとられないかこれ。
さらには、やはりじゃがいもが主食的なイギリスまで。
もっと言えば、フライドポテト&ポテチ王国のアメリカなんて、「頭が悪い!」と名指しされたも同然だ。(ウケてます)
なんて、じゃがいも好きな方々には申し訳ないことを、つらつらと。


尊敬する奥津典子さんのご本によると。
じゃがいもの原産地である南米では、現地の人たちは、じゃかいもを元々毒として、普通は食べなかったそう。
食べる時には水にさらす・たたく・日に当てる、という過程を繰り返し、毒気を抜いて保存食にしていたんだと。
植民地時代には、支配民族が現地人を弱らせる為、じゃがいもをそのまま食べさせた、なんてこともあるそうで、古来は毒に近い扱いであった模様。
それが、ヨーロッパで肉食(極陽性)が広がるにつれ、陰性の強いじゃがいもが添え物として食べられるようになってきた、という理解。

そんなこんなで思うのは。
今では色々と品種改良もされているし、美味しい料理も沢山あって。
にんじん・玉ねぎ・じゃがいもといえば、カレーの三種の神器だし。
振り返ってみても、やっぱりじゃがいもは、日本の食卓に欠かせない食材の一つであるよなあ、と。

まあ、基本、芽には極力気をつけて。
あくをとらないWhole foodで食べたいけれど、やっぱり水にはさらすこと。
食べ過ぎないのは当然で。食べる時は美味しくいただけば、身体への影響は絶対違うはず。
こんなもんでどうだろう。(誰に聞いてる)


万年イモねーちゃんが考えた、じゃがいも哀歌、であったこと。
[PR]
by senrufan | 2009-04-21 10:33 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/10781032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2009-04-23 15:31 x
今朝一番にネットで聴いた曲であります:
「フランシーヌの場合」

いやぁ、懐かしい、子供の頃よく大声で歌っておりました。特に3月30日の~のくだりが物悲しくて好きで・・・けれど、YouTube聴いて3月30日の「日曜日」だったんで愕然。なぜか「木曜日」だと思っておりました。子供の頃はちゃんと正しく歌えていたのだろうか・・・これ、今朝の重大な心配事。←じゃがいもについて考えなさい。

フランスは離婚手続きが困難を極め、弁護士連中丸儲けでありましたが、数年前に少し簡易化されました。2年以上の別居という既成事実があれば割合すんなりいくそうです。それを知って、嫌になったらどこかへ逃げて2年以上隠れていればいいんだと安心して結婚した次第であります。フランシーヌとの離婚も2年以上の物置への放置ですんなり行くかと思います。ええ。←じゃがいもについて語りなさいってば。
Commented by すれっぢ at 2009-04-24 00:26 x
PCですが、直す方法知ってます~。簡単!!ハマーでバンバンとぶっ叩くという非常に効果的な手段が。

え~!!じゃがいも・・・知らないうちにそんなに悪者にされてたんで
すか。なんにも知らないで暗い土の中から出てみれば、やれ発がん性
だ、やれ頭が悪くなる・・・・可愛そうに~なでなでしてあげたくなります。

次回悪者は誰でしょうか?(笑)
Commented by nikkeilife at 2009-04-24 00:39
それは災難でしたね~フランシーヌ、親権の乱用ですね、お子さん達を人質に取るなんて。(違)

ジャガイモのことですが、えーっと、私も超非常識でした。(恥)去る土曜日、フライドポテトたらふく食べたんですが、どうしましょう。(聞くな)中脳が弱まるなんて、怖いですね。頭が悪いアメリカ、そこに理由があったか。(笑)
Commented by Miyuki at 2009-04-24 14:06 x
*マミィさん
その歌、知りませんでした! 私も早速YouTube。いや、歌もですが、これ、すんごい事件だったんですね~~(大汗) イモどころの話じゃありません。

2年以上かあ、なるほど~。じゃあ1日でも早く物置別居させなくては損ですな! ちなみに私が離婚する場合、日本じゃなくカリフォルニアでしようと決めております。夫婦の財産は全て共有とみなされて折半なんですよ、ふっふっふ。正にイモどころの話じゃありません。
Commented by Miyuki at 2009-04-24 14:08 x
*すれっぢさん
無事フランシーヌと離婚できたら、その暁にはぜひその治療法をやりたい!! いやもう、必死に彼女と格闘しながら、くそおおお殴ってやりてええええ、と何度叫んだことか(めらめら)

え、次回って?(笑) まあね、彼らはありのままに生きてるのに、人間ったら勝手なもんですよね~。
Commented by Miyuki at 2009-04-24 14:11 x
*アヤコさん
ね、ね、卑怯でしょ!? まったくヤな女ですよ、ぷんぷん。

わはは、ネットで漁ってたら、「だからアメリカは」という言葉を数回見かけましたよ! 日本人だったら、毎日じゃがいも食べるってことはないですからね、週末のフライドポテトぐらいは全然おっけーでしょう、うん。


<< 名が表すのは存在の 生きているから種と呼ぶ >>