Get Organic! (3)

Restoration of Lithuanian Statehood (Lituania)
Holi (Hindu)


青菜といえば、ほうれん草が一番安定人気を誇るのではないか、と思うのですが。
なぜかここ2~3年、家用に買ったことがなく。日本の青菜だったらむしろ小松菜や水菜、現地野菜だったらケールやチャードの方を使っておりました。せいぜい、サラダ用のベビーほうれん草ぐらい。
あ、外食ではもちろん食べますよー。好きですよー。

改めて理由を考えてみたら、まあそうですね、シュウ酸が気になる、ということがね。
ほら、カルシウムの吸収を阻害する、ってやつですよ。結石の原因になる、ってやつですよ。

そうしたら、最近教わったことなんですが。
シュウ酸を含む野菜は、生で食べる限り、それほど気にしなくてもいい、らしいのです。


生のほうれん草は、その原子の一つ一つが活発なオーガニック(有機)の状態にあって、酵素を豊富に含んでいる為、シュウ酸もオーガニックの状態にあるそうで。
つまり、野菜が生であり、加熱調理されていなければ、シュウ酸はむしろ、カルシウムの吸収に役立つそうだそう。
同時に、消化器官の働きを活発にし、お通じを良くする効果もあるんですって。

が、一旦火を通してしまうと、シュウ酸がイン・オーガニック(無機)の状態に変わってしまうため、ほうれん草に含まれるシュウ酸とカルシウムが結びついて、それぞれの吸収を妨げあってしまう、という状態が生まれるんですなあ。いやいや、勉強になりました。
ちなみに、この場合のオーガニック(有機)/イン・オーガニック(無機)というのは、有機=生物が作り出す化学物質/無機=鉱物のように、生命と関わりのなく存在する物質、を指すそうです。


ほうれん草は、残留農薬値が高い野菜なので、取られる場合は、やはりオーガニック(有機栽培)のものがお薦めでございます。

* * * * *

【雑事】

ようやく3回目。メインというべき、野菜について。
あ、メインなのはうちだけか。




4. 農産物

Q. 果物や野菜の農薬を避けることは、それだけの値段を払う価値がありますか?

A. 疑いの余地なく、YESです。
農薬は、有害な虫を妨害・破壊・追放する化学物質であり、生物学者の権威の多くは、これらは乳児の奇形を引き起こし、神経芽細胞腫や小児性白血病、非ホジキンリンパ腫など、様々な病気の原因となるものだ、と警告しています。
もしお子さんをお持ちなら、特に注意すべきでしょう。子供は体重比で、大人の2~4倍の農産物を食べる為、それだけ農薬によって受ける危険の可能性も高くなるのです。
不幸なことに、骨や体組織が成長している間に農薬の害を受けると、正常な発達に障害を生じることになりかねません。


Q. オーガニック農産物を食べることの、栄養的なメリットは?

A. ここ30年に渡る調査によれば、有機栽培物は、通常農産物より抗酸化作用のレベルが高いことがわかっています。
また、幾つかのリサーチから、ビタミンC・Eも多く含むことが推測できますが、ほとんどのビタミンやミネラルについては、まだ仮定の域にあります。というのは農産物は、それが育つ地域の質によるところが大きいからです。
しかしながら有機農業は、通常農業より土壌を豊かにするので、有機栽培は大地に生命をもたらし、凝縮された栄養を農産物に与えるであろう、と主張する学者が多くいます。


Q. アメリカ国外からのオーガニック農産物は、本当に有機なんでしょうか?

A. 輸入農産物については、それらが原産国において、100%米国基準に見合うように栽培されているかどうか、明言することはできません。その上、それらの基準が---どれだけ厳格であるかに関わらず---施行されているかについても、確信はできません。
付け加えるならば、あなたの買った輸入品のりんごやトマトが、オーガニックでないとすれば、米国の通常農産物より、農薬を多量に使っている可能性が大です。平均的に言って、最も農薬値が高い積荷は、季節外の輸入農産物なのです。
言い換えるなら、あなたが買おうとしているものが、居住地で旬の時期のものであれば、輸入物を買わずに、地元産のものを買うことを強く薦めます---そしてできたら、USDA Organic(米国オーガニック認定)を受けたものを。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

以下は、最も農薬が使われる/使われない農産物のリストです。
農薬が多い青果はオーガニックのものを、そしてオーガニックではないものを買うなら農薬が少ない青果を、と心がけることによって、青果物のうち、約90%まで農薬を避けることができます。

<最も農薬が多い農産物>
1. 桃
2. りんご
3. ベルペッパー
4. セロリ
5. ネクタリン
6. いちご
7. さくらんぼ
8. レタス
9. ぶどう(輸入品)
10. 梨
11. ほうれん草
12. じゃがいも

<最も農薬が少ない農産物>
1. 玉ねぎ
2. アボカド
3. とうもろこし(冷凍品)
4. パイナップル
5. マンゴー
6. さやえんどう(冷凍品)
7. アスパラガス
8. キウイ
9. バナナ
10. キャベツ
11. ブロッコリー
12. なす

[PR]
by senrufan | 2009-03-11 10:43 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/10498064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すれっぢ at 2009-03-13 22:31 x
水菜、小松菜の入手できない我が家はほうれん草常食しています。
でも茹でちゃってますね。シュウ酸・・・・200g以上毎日食べないと
問題ね~って話を信じてますので(笑)1把を茹でて、二人で3食。
一食が一把の1/6なんでまったく気にしてないです~。

シュウ酸・・・粉のがあるのですが、木材を綺麗にするのに漂白剤
として使ったりもしていますよ~。悪いことばかりではないような。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2009-03-14 00:55
はいはーい。野菜はとーっても大切なメイン食材!こういう記事、とても嬉しいです♪

私も "12 foods you don't have to buy organic" のリスト、読んだことがあります。希望としてはすべてオーガニックを買いたいところですが、、、家計を気にして玉ねぎとかキャベツ、ブロッコリーはオーガニック以外をつい買ってしまいます。代わりに、ばくばく食べていたぶどうやいちご、レタスやじゃがいもは必ずオーガニックを買うように気をつけるようになりました。

「最も農薬値が高い積荷は、季節外の輸入農産物なのです。」確かに正しいですね。これもこれからは心に留めておきたいと思います。いつも大感謝(愛 < 要らないって。。)
Commented by mame-honey at 2009-03-14 01:36 x
Miyukiさんの"Get Organic!"記事、いつもとっても勉強になります。
ほうれんそう、大好きなんですが、、そうかシュウ酸の問題が、、。でも、考えてみると最近はゆでるのがめんどくさくて、ゆでる必要のない水菜とかを買うことが多かったかも。基本、一人暮らしなので野菜や果物はほぼオーガニックな物を買っているのですが、なぜか牛乳とかは飲みきれないからとCloverの普通のでごまかすことが、、(苦笑) 上のリストみて上手にお買いものをするようにします~。 野菜の旬、、に合わせて買い物をしたいと思っているのですが、何がいつ旬なのか難しいです。私トマトは夏って思っていたのですが先日雑誌で2~3月が旬と読んだんですよ。それ以降、頭が混乱状態です~(泣)
Commented by ありす at 2009-03-14 04:49 x
最近、日系スーパーに頼りがちで、百姓市場さんに行く機会が無かったんですが、このMiyukiさんの記事で今週の日曜日には行ってみようと思いました!やっぱりせっかくこんな好条件な所に住んでいるので、ローカルなお野菜をもっと献立に取り入れるべきですよね♪
Commented by Miyuki at 2009-03-14 12:08 x
*すれっぢさん
いやねえ、前まではシュウ酸を除きたいなら、むしろ茹でた後に水で流す、というやり方を信じてきたんですが。酵素という観点からは、こんな捉え方になるんだ!と目からウロコ。素人なんで、結局のところはわかりませんが、それでも時間がたつと見えてくるものがあるもんだ、と面白く思ってます。そうそう、こちらでも水菜がMizunaとして、少しずつマーケットに出るようになってきたんですよ。日系スーパーで見かけても、オーガニックではないのですが、現地産ではオーガニックが多いので嬉しいです♪

あれこれとお役立ちなシュウ酸ですが、漂白剤を体内に入れる?と考えると怖いです(笑)
Commented by Miyuki at 2009-03-14 12:12 x
*shinaさん
野菜仲間のshinaさんの応援、心強いです!

そう、日本に比べればマシなんでしょうけど、それでも全てオーガニックにすると、やっぱり家計がねえ。shinaさんの買い方、とても賢いと思うですvv それでも我が家は青果は丸ごと食べるので、どうしてもオーガニックメインになってしまって、おかげですさまじいエンゲル係数……(もう泣くしか)

ジモティ・バンザイ主義。スーパーに行くたびにつぶやいております(笑)
Commented by Miyuki at 2009-03-14 12:16 x
*mame-honeyさん
それそれ、私もほうれん草大好きなんですが、茹でるのがめんどくさくてねー。育ち盛りの子供がいるのと、導火線が超短い私の為に(・・・)、カルシウムが必須なのもあって、ほうれん草以外の現地青菜がメインになっちゃってます~。野菜の旬、確かにわかりにくい! そういう意味で、ファーマーズマーケットにできるだけ行こう、とは思っているのですが。旬のものが良くわかるし、旬であればそれだけ安いわけですしね♪
Commented by Miyuki at 2009-03-14 12:18 x
*ありすさん
わかります~、忙しい時は、なかなか市場には行けませんよね~(涙) おまけに、ここのところ雨続きでしたしね。私もしばらくご無沙汰してしまったので、今週末は絶対、と思っております。先日行ったレストランが、うちの市のマーケットの野菜使用をうたっていて、それがすんごく美味しかったのですよ~。
Commented by Chico at 2009-03-14 15:37 x
うちもエンゲル係数の高さは、オーガニックの野菜のせいですね、きっと。(笑)
シュウ酸、実は初めて聞きました。(無知、、、笑)
ほうれん草は大好きなのですが、実はそんなことになっていたのですね。
生で食べるのも炒めたのも好きなのですが、これからは生で食べるのを優先してみます。
バナナも農薬が少ないのですね。(うちの常備品なので、、)
その昔、日本で輸入バナナの特集を見たことがあるのですが、プールに防腐剤をたっぷり入れて、そこにバナナをつけているのを見たことがあるのですよ。
農薬も怖いですが、その光景もかなり怖かったです~。
Commented by mikamika at 2009-03-14 22:32 x
シュウ酸に敏感な私(苦笑)、Miyukiさんの知識にはおよびませんが、以前ちょっと調べたところ、シュウ酸の多い食品をとるときは、えーっとなんだったかな(既に記憶が。。。)たんぱく質を一緒にとることで、排泄される率が高くなるらしいです。
だから、「ほうれん草のおひたしには鰹節をかける」というのはそういう意味で大事なこととか。「コーヒーはブラックでなくミルクを入れる」っていうのも大事だそうです。
結石にも人によっていろいろ種類があるようで、私の場合はシュウ酸には問題なく、一番の原因は水分摂取量が一般の二分の一以下ということらしいです。水分をたくさん摂るって、大事なんですね。
Commented by nikkeilife at 2009-03-15 05:20
ひゃー、シュウ酸(と言われても何か分からず、ググって見なきゃいけなかったです。恥。oxalic acid、と分かっても未だにピンと来ませんが。再度恥)ですか。実は、ほうれん草、殆ど毎日食べてます。生で食べる事が主ですが、時々余ったのをラーメン茹でる時に放り込んだりしてるんです。気をつけなきゃ。農薬に気をつけなきゃいけない果物や野菜、所々で見ますが、こうやってリストアップして頂くと、大変助かります。(感謝)

上の方のコメントも気になります。コーヒーはブラック派なので。(汗)もっと勉強しなきゃ!(自分)
Commented by Miyuki at 2009-03-15 11:17 x
*Chicoさん
オーガニック貧乏仲間!(笑) や、でもChicoさん宅の場合、使われる野菜が喜んでる気がします♪
シュウ酸、私も詳しいことはいまだにワッカリマセーン(殴) だって、茹でた方がいい、というのが通説ですしねえ。生でも炒めてもおいしいほうれん草って、人気野菜だけあるなあ、と思いましたですよ。
バナナ、うちの娘の情備品です。1日おきに買ってるようなものなので、私もこれはオーガニックじゃやってられず、低農薬に感謝です。
私もそのテの報道は何回か目にしてたので、バナナが低農薬ということにびっくりしたでありますよ~。
Commented by Miyuki at 2009-03-15 11:20 x
*みかしゃん
シュウ酸の権威と呼ばせてください。(真顔) たんぱく質か、なるほどねー! そうそう、日本古来の食べ方って、今の栄養学に照らしてみても、とっても理にかなってるものが多いんだよね。鰹節までとは、ほんとに古来の人の知恵って偉大だわ~。コーヒーにミルク、私のデフォルトなので嬉しい♪
水分摂取量、良くわかる。なんていうかね、ここのところ身体で感じるのは、体内の「滞り」が不調の原因、ってことで。お通じに限らず、体液が粘性に傾くことでも。水分をたっぷり、それもできたら「生きてる水」、と思えば、やっぱり果物は欠かせないなー、と思うですよ。
Commented by Miyuki at 2009-03-15 11:25 x
*アヤコさん
いや、oxalic acidの方こそ宇宙語の私でございます(ド阿呆) ほうれん草を食べられること自体は、とても良いと思うのですよ。問題は、「適量」ということなんでしょうねえ。私はこれをついついオーバーしがちなので、日々ダメだしばかり、でございます~(涙)
同様に、ブラックコーヒーだって、1日に何杯も飲まないのであればダイジョブだと思います、うん。嗜好品は自分の好みでいただきたいですよね。
Commented by chiblits at 2009-03-16 11:00 x
とても参考になりました。キャベツを育てているのですが、同じキャベツでも土によってシュウ酸が多くなると聞きました。自分のキャベツが気になりますけど、自分で計れないのが残念。それにしても茹でた方がず~っと良いと聞いていたのに、この間違いは誰が言い始めたのでしょう。
Commented by Miyuki at 2009-03-16 11:39 x
*chiblitsさん
そうですか、土によっても決まってくるのですね! なるほど~。
これは私個人の今の考えなので、間違ってる可能性120%なのですが(だったら言うな)、シュウ酸を除こうとしたら茹でるのが一番だけど、酵素重視の考えから見れば、生のシュウ酸を良いものとして捉えることができるんだ、という感じなのでは、と。なので、どちらを信じてどちらの形で摂るかは、自分次第ということ、なんでしょうけれど、やっぱりご自分で育てられたキャベツを召し上がるほど、すばらしいものはないと思うですよ~vv
Commented by peartree22 at 2009-03-16 15:02
鹿児島はかなり有機野菜の農家さんが多いので、かなり安く手に入るので助かってます。
有機野菜を買うようになると、おのずと旬の野菜を食べるようになるので、
体が必要とするものを自ずと採れるようになるという利点がありますよね。まぁ、”ばっかり”になっちゃって、時々飽きちゃいますけれど(笑)。(あ、私の料理の腕がないからとも言いますが・・・)
それと、シンプルな調理がやっぱり美味しいので(蒸すだけとか、グリルとか)一番助かっています・・・(あぁ、もう救いようのないへたれ)
調味料もあまりいりませんから、オーガニックの少々高めの調味料をそろえても、減りが少ないです。だから、その分は割安かしらん?
とどめは、母から「病院にかかる苦労とお金を考えれば、オーガニック製品は安い物」という説得力があるような、ないような言葉。この迷言を聴いて育った私なので、このまま突き進んでいます。(確かに病院へはほとんど行きません)
ほうれん草の情報ありがとうございます。実は自分も娘もほとんど食べないのですが、夫には弁当にオーガニックの冷凍ほうれん草を(笑)。
夫の結石もこれが原因だったかも!?ちょこっと減らすようにします。
Commented by Miyuki at 2009-03-17 10:21 x
*ちゃんさま
そうですよね、しかもちゃんさまのお宅では、お父様のお野菜もありますもんね~♪ ほんと、それに勝るものはないと思うのです。ばっかり食、はい、私こそです(笑)
おっしゃる通り、旬の美味しい野菜であれば、調味料はいらないんですよね~。ベジ食は安上がりだとはっきり・きっぱり思います。そう、調味料は種類も量もいらないし、皮まで食べるからゴミも出ない。だからその分、高い良い調味料を買うことができるのが、また嬉しいところですよね! お母様のお言葉は正しいです、さすがです。そうやって余ったお金を、私のようにジャンクなお菓子などに費やしてちゃいかんのですーーー
そでした、旦那様はその後いかがでいらっしゃいますか? 結石の痛みは尋常じゃないと聞きますし、さぞかし大変だったことと。私ももっと勉強しないとなあ……


<< それは開拓か、発明か 愛に勝る調味料は世にあるか >>