言葉は甘さを補って

Independence Day (Lithuania)
Presidents' Day (U.S.A.)
Heritage Day (Canada)


バレンタインデー、でございましたね。

小学校では、毎年クラス全員にカード&お菓子を用意させられたものでしたが、中学・高校となれば、一切本人まかせ、というものでして。
かといって、我が家のお嬢のように、2月の行事というと節分しか思いつかない、というオナゴでは、見かねた母親が口出ししたりして。

今年の彼女は、というと。
現地校では、母親が持たせた日本のメーカーのチョコレート(日本チョコはおいしいと人気なのです、えっへん)を、友達一同に配っただけでしたが。
逆に日本語学校の方では、リキを入れて用意しておりました。愛情の差、ってヤツですか。(遠い目)

日本人相手なら、お手製スイーツといきたいところですが、いかんせん我が家のスイーツは、一般向けではないのでして。(ごめんな)
市販のトリュフを用意して、1個ずつアルミカップを添えて、更にその中に言葉付き、というアイディアでのぞんでおりました。

何を書いていたかというと、

女の子友達には、「友」「マイ・ペット」「○○(アダナ)」
男の子友達には、「義理」
先生方には、「賄賂」「袖の下」

……心の中で愛を叫んでいる、と信じたい母心。


私にも1個分けてくれ、と頼んだところ、しばらく経った後で、ちゃんとアルミカップ付きで渡してくれたですよ。
わくわくしながらトリュフを取ってみれば、そこには大きな太文字が。



「 舌 打 ち 」

* * * * *

【お菓子】

すんごおおおおおく、久々の、お菓子日記。
や、それなりに作ってはいるのだけど、どれも似たような外見=茶色・地味・素朴、なもんで、もう写真も撮らなくなっていて。
でも、せめてバレンタインぐらい、なんかあってもいいかなー、と思ってね。チョコだから茶色でも当たり前、と思えばね……




今年作ったのは、2種類。
実は私的に画期的だったのは、すこおしだけオリジナルバージョン、だったこと。

味覚音痴の自覚アリアリの私としては、どうしてもレシピに頼らざるをえず。でないと、家族にすら食べさせられるものができないかも、という不安が大きすぎ。
素敵なレシピを教えてくださるあの本・そのブログのおかげで、なんとか少しはわかってきた部分も出てきたので、今年は勇気を出して踏み切った。
名づけて、「プランC:いきあたりばったり」スイーツさ。


1つ目は、ヴィーガンのフォンダン・ショコラ
なじぇに、と言えば、つい先日、すんごおおおおく久しぶりにbeard papa'sに行って、フォンダン・ショコラをお嬢用に買ったのだけど。これ、ヴィーガンで作ったらどうなるかなー、と。
家にあったレシピやネットレシピを色々見て。材料の比率を考え始めたら、5分で頭が沸騰したので、結局テキトーと相成った。(阿呆)

DRY材料は強力粉、全粒薄力粉、キャロブパウダーに重曹、糖分は甜菜糖を使ったよ。
WET材料は豆乳に、キャノーラ油を良く混ぜて。塩やバニラも忘れずに。
作った生地を型に半分入れたところで、去年見つけたGrain Sweetened Chocolate Chipsを数粒ずつ入れて、その上にまた生地を。
……果たしてこんなんでいいのか、という心の叫びは、絶えることのないバックグラウンド・ミュージック。

b0059565_11364090.jpg

焼き上がって、まだ熱いうちにフォークを入れてみれば、中にはとろりとなったチョコ。
うーん、もっと流れ出すぐらいが良かったな。もっと沢山チョコを入れても良かったなあ。
でも、生地自体はこんなものかと。次回は改良版で。


もう一つはね、やっぱり去年巡り会えて嬉しかった、ロースイーツにすべきかな、と。
ローは嬉しいことに、もっとテキトーでいいのだよ。なんてアタシ向きなんでしょ。

作り始めたチョコレート・タルト、凝り始めれば色々だけど、まずは基本でシンプルに。
クラストは、一晩水に浸しておいたアーモンドとヘーゼルナッツに、デーツをつなぎにして。指を使って、型に敷き詰める。
フィリングは、当然のようにアボカドベースで、Raw cacao powderにアガベシロップを加えながら、滑らかになるまで攪拌だ。

b0059565_11365874.jpg

冷蔵庫で冷やして、そっと型から取り出して。
切り分けて、お嬢と一緒に食べたら、うん、こんなに適当でも、ちゃんとロースイーツの態を成していて。改めて、ありがたいジャンルだなあ、と思ったり。

次回作る時は、クラストのナッツの種類を変えるとか、ココナッツを入れたりとか。
フィリングに、スライスしたオレンジや、ベリー類を加えるとかね。


ヴィーガンスイーツの良いところは、思い立ったらすぐ取り掛かれる、というところ。
卵やバターを室温に戻す必要もなく、植物性材料だけなので後片付けがとても楽。
だから、アイディアが沸いたら、まずはやってみれば良い。そんな手軽さがポイントだ。

でもね、時々は卵や牛乳の、あの味わいが恋しくて。
自分では、材料を買わなきゃいけない・しかも余る、ということになるので、家では作る気力がなかなかね。つい、外部調達になっちゃうの。
まあ、また作る時も来るだろう。

まずは当面、もっとヴィーガンスイーツを、自分でアレンジできるぐらいにならないとなあ、なんて思うのだ。
[PR]
by senrufan | 2009-02-16 09:54 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/10370427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mifamilia at 2009-02-18 12:06
おいしいのができたらレシピ教えてくださ~い(勝手に期待^^)
わたしもビーガンスイーツを自分なりにアレンジしていけたらと
思ってるので、Miyukiさんのスイーツ研究たのしみにしています。
Commented by ありす at 2009-02-18 14:10 x
わぁ、ロースイーツ、すごく美味しそうです!Cafe Gratitudeにあったレシピ本をぱらぱらと見てみたんですが、私には敷居が高そうだったんですが、Miyukiさんを見習って私も挑戦してみようかと思います!
Commented by mame-honey at 2009-02-18 15:08 x
お嬢さんのユーモア、素敵♪ さすが、Miyukiさんのお嬢さん!
ロースイーツ、やっぱり面白そうですね。でもクラストとか、逆に今まで経験した事のないプロセスだから大変そうって思ってしまいます。 Miyukiさんの素敵レシピ、これからも楽しみにしております。
Commented by マミィ at 2009-02-18 15:56 x
あははははと朝っぱらから一人で大口あけて馬鹿笑いしちゃった。最高。お嬢に座布団5枚!

そしてその後にはMiyukiスィーツを眺めながらよだれだらだら。オリジナルスィーツ研究の公開、楽しみにしております~。
Commented by ayumin_moo at 2009-02-18 15:57
お嬢様の文字のプレゼント、そのセンスが素敵です!(「舌打ち」も含めて)
Miyukiさんのベジチョコ、気になっていたんですよ〜。どちらもとっても美味しそう!ヴィーガンやローのためのチョコレートやカカオは素晴らしい味方ですね。食べるのはもちろん、作るのも楽しそう。そして、いつかおこぼれに預かることを楽しみにしています。(笑)

Commented by peartree22 at 2009-02-18 17:01
お嬢様のユーモアセンス、さすがです。「舌打ち」もきっと照れ隠しですよん。
ベジスイーツをいつか一緒に作らせていただきたいものです。
挑戦しようとは思うものの、「絶対に美味しくできないはず!」という自信があるので、ついつい普通のお菓子に流れてしまいます。
やっぱりベイに飛んでいきたーい!と今唇を噛み締めております。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2009-02-19 01:45
>すんごおおおおく久しぶりにbeard papa'sに行って
という箇所に共感(笑)行かなくなりましたねぇ。フォンダン・ショコラ、いかがでしたでしょうか。最近、Grain Sweetened Chocolateでコーティングしたレーズンの量り売りをWhole Foodsで見つけました。ミルクチョコレートのように甘いんですね。キャロブとはまた違う味で。

いくつかの経験があるから、何とか自分で作ってみようと出来るところがさすがMiyukiサマ。そっかー。クラストは水に浸したナッツとデーツなんですか。しかもローだから焼かない。面白いですね♪これはやはり一度、アボカドベースのスイーツを試してみなくては。(夫がアボカドアレルギーなので独り占め。むふふ。)
Commented at 2009-02-19 08:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Miyuki at 2009-02-19 10:20 x
*るしあママさん
私こそ、あの愛らしいハート型クッキーのレシピを教わりたいです!
ロースイーツ、Gratitudeのレシピは結構複雑なので、まずはアボカドと仲良くなってみたいなー、と。いろんなフルーツと混ぜて遊んでみる所存でございますよ♪
Commented by Miyuki at 2009-02-19 10:23 x
*ありすさん
そう、Gratitudeのは材料もいくつかそろえなきゃいけないし、確かに最初は敷居が高いのですよね。でも、ベースになる材料がわかれば、ぐっとシンプルにテキトーにできるのが、ロースイーツのありがたいところかと。ありすさん得意のアボカド、ちょっとシロップを加えるだけで、おいしいクリームの出来上がり。アイディア豊富なありすさんに、ぜひアレンジを試していただきたいですvv
Commented by Miyuki at 2009-02-19 10:27 x
*mame-honeyさん
そうきたかっ!と腰砕けになりました~(涙)>舌打ち
いえいえ、フードプロセッサーかブレンダーがあれば、ロースイーツは簡単です! ましてやmameさんなら楽々ですぞ♪ ナッツは抜いて、フルーツクリームのフレッシュさを楽しんでいただけたら、と思います~。
Commented by Miyuki at 2009-02-19 10:29 x
*マミィさん
よしよし、マミィさんにいただいたのなら、ありがたくいただきましょう、よいしょっと。(座布団抱え)

マミィさんの日本滞在記1本と引き換えに、スイーツ1つアップ……って、こっちがしょぼすぎて、全然引き合わなねええぇぇぇ
Commented by Miyuki at 2009-02-19 10:35 x
*ayuminさん
センス、ayuminさんにほめられたなら、悔しいけど認めてやるとしますかね~。ちっ、しょうがねえ。
いやもう、ayuminさんのあの美しすぎるチョコレートを拝見してしまったら、こんなものーっ!と投げ捨ててしまいたくなる衝動(おい) 食材の豊富さ・手軽に買えるありがたさ、いつも噛みしめておるですよ。こんなものでよかったら、いつでもお持ちしますので、その代わりにayuminさん製バゲットとマカロンとチョコレートとケーキを(死んでこい)
Commented by Miyuki at 2009-02-19 10:37 x
*ちゃんさま
「え、照れ隠しのわけないじゃん」と、さらっと言われてしまいましたよ……ちょっと殴りたくなった午後。
ちゃんさまと一緒にベジスイーツを作る、ですと!? ああっ、どうしましょう、またもや野望が一つ増えてしまいました!(はあはあ)
ちゃんさまの腕前なら、絶対簡単、保証しますっ。ママのお菓子が一番、というアネネちゃんに、ぜひ作ってあげてくださいまし~vv
Commented by Miyuki at 2009-02-19 10:41 x
*shinaさん
そなんですよ、せっかく近くにオープンしたのに、結局一度も行ってなかったんですよね、あははー。Grain Sweetenedの甘さは、砂糖の甘さとまた違った濃厚さですよね~。キャロブは好き嫌いあるので、こちらの方が一般向きでしょうね。

アレルギーとはお可哀想に(涙) うん、ファーマーズマーケットでもローフードのお店が増えてきましたから、機会があったらお試しください。shinaさんのお好きな「ローカロリー」ですよん(笑)
Commented by Miyuki at 2009-02-19 10:46 x
*非公開コメントさま
嬉しい初コメント、ありがとう!!(はぐはぐvv)
なんの、あれは彼女の愛情の表れ。だって、あなただけにき○○の山を入れてたぐらいだから(笑)
いただいたクッキー、激うまだった、さすが、って喜んでたよ。こちらこそ、ほんとにありがとね♪


<< 貴方の赤は僕の青 その香りまで撮れたなら >>