人気ブログランキング |

留める形は選ばずも

「そんな不可能なまでに高いところに基準を設定して、どこで息抜きするんだね? 
だいたい自分を何様と思ってるんだ? 
自分を卑下しながら、世界は自分を中心に回っているとでも? 」
   ----- ローレンス・ブロック
       (アメリカ人、作家、1938年6月24生まれ)

IMG_0632

令和初の日記です!(ハツラツ)

5月後半の2週間、日本に行っておりました。
2年前に父が亡くなって以来、なんというか、久しぶりに「思いっきり遊んだ」日本滞在でございました。
母がだいぶ元気になり、つきっきりでなくても大丈夫かな、とようやく思えるようになったので。

当初は10日間ほどの予定にしていたのですけど、全部の日程が遊びの予定で埋まってしまったので、
母と過ごす時間があまりにない!と、焦って2日ほど延ばしたという親不孝モンでございます。極端なんだよ(呆)

毎日ほんとに楽しくて、付き合ってくれた友人達には感謝しかありませぬ。
滞在記録を書ければ良いのですけど、それは神の味噌汁として、
とりあえず↑の画像は、友人が連れて行ってくれた根津神社
着いた時、入口に何やらTVクルーな感じの方々がいらっしゃって、はて、と思っていたら、
後でBS朝日の「美食探訪」の撮影と知りました。

土井善晴先生と林家正蔵さんのお姿を遠目で拝見して、おおおおお!
ちなみに芸能関係にむっちゃ疎いワタシの為に、こぶ平は林家正蔵を襲名したのよ、と教えてくれたのは友人でした(恥)
こぶ平の顔も半分忘れていましたよ……

谷根千散歩、すんごおおおおく楽しかったです! 次回滞在時も行きたい。
美食探訪のこの時の回は7月1日放送だそうなので、見られる方はぜひ。




* * * * *

【個人的事情】

     IMG_0142

さてさて、前回の予告通り、薬膳料理を始めとする達人Eさんの、素敵~~~なおうちカフェにおじゃましたんだよ。
音頭をとってくださったのは、Eさんをご紹介くださったYさん。
Nちゃん&お母様、そしてNcさんとご一緒に、いそいそとベイの反対側まで出かけていったのさ。

おじゃましたEさんの御宅には、お友達のYcさんもいらしてて、嬉しいご対面。
食に関心あり、という共通点がある仲間での集まりって、どうしてもこうも楽しいかな。(満面の笑顔)

コース仕立てで、1品ずつ華麗にサーブしてくださるという、大変贅沢な時間。
その美味しさと内容を上手く描写できる自信がないので、せめて写真でご想像くだされば。


続きの戯言
# by senrufan | 2019-06-24 08:52 | Trackback | Comments(0)

一つ一つを積み重ね

「大事なのは今までのあなたじゃなく、これからのあなた」
   ----- エラ・フィッツジェラルド
       (アメリカ人、歌手、1917年4月25生まれ)


IMG_0096

平成が終わっちゃうううぅ、と今日は書かねば的に、むっちゃ久しぶりに日記を開いたら、
最終更新日が2月の日付になってて、えええええ、3月開いてなかったのかあああぁ、
とまたもやムンクの叫びですが、皆様お元気でいらっしゃいますか(棒読み)
書きたいことは多々あるのですけど、時間と気力が常にマイナスの老女。

ええと、友人2人に薦められていたパン屋さんに、お嬢と行ってきたですよ。(つまり、かなり前…)
パン屋、という店舗はなく、あちこちのグローサリーやカフェ、ファーマーズマーケットで販売しているベーカリー。
で、そのパン工場がこのエリアにあって、その工場で午前中だけパンを買えると教わったので、行ってみましたとも。

行ってみましたら、確かに小さな工場で、看板とかもなく、ただドアが少し開いているのみ。
恐る恐る覗いてみましたら、入口付近にラックがあって、いろんな種類のパンが並んでます。
そうしたら、奥で働いていた従業員の方のお一人が来てくれて、親切に応対してくれたです。

HPで見たところ、こちらのクロワッサンは、2018年のサンフランシスコのベストに選ばれたと。
どんなパン屋でも、まずはプレーンクロワッサンを試してみるワタクシ、願ったり叶ったりですよ。
カードでの支払いもOKです。


帰宅してから食べてみて、どのパンも美味しゅうございました。
プレーンクロワッサンは、こだわりポイントのバターが違ったので、絶賛というわけにはいかないのですが、
こんなこと思うの私だけなので(変態)、そこは置いといて。
家族一同、一番気に入ったのは、Cardamom twist。
程好い甘味とさくさく生地が、とても良かったです。

以降、友達の家におじゃまする時に、お土産で買っていったりしております。
最初に教えてくれたお友達に感謝! だから、更に広げる!


846 Independence Avenue
Mountain View, CA 94043

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_0039

薬膳料理を習ったのよ、とうかがったのは、尊敬するYさんから。
Yさんが絶賛されているのなら、きっと素晴らしいクラスに違いない、と、早速クラス開催をアレンジしてくれたのはNちゃんで。
今日も今日とて、人様の温情のおかげで生きてます in ベイエリア。

マクロビで陰陽五行について習ったなら、その大先輩的な薬膳料理が気にならないハズがない。
レシピ本は少し持っているのだけど、結局そのレシピを作るだけ、になっちゃって。

あまりに奥深い世界ゆえ、私程度に把握しきれるはずもないのだが、少しでも教われれば、その少しだけは身につけられるように。
クラスが始まる前から、わくわくと楽しみにしていたのだよ。


続きの戯言
# by senrufan | 2019-04-25 12:48 | Trackback | Comments(4)

諸行無常の感もあり

「百の欠点を無くしている暇があるなら、一つの長所を伸した方がいい」
   ----- ピエール・オーギュスト・ルノワール
       (フランス人、画家、1841年2月25生まれ)


tech-reboot-173

(画像はサイトからお借りしました)

サンノゼにあるThe Tech(Tech Museum)。
お嬢からすごく面白そうな展示について聞きました。
Birdly、文字通り、君も鳥になって飛んでみないか!なVRアクティビティでございます。

VRの空を自由に飛んでいくのはもちろんのこと、なんと映画の中に入って、鳥として飛べるんだそうですよ。
お嬢は「キングコング」の中に入って、キングコングがエンパイアステートビルをぶっ壊している横を、
おっと危ない!と瓦礫が飛んでくるのを避けながら飛んだそうです。裏山。

鳥になって飛んでいけたなら。
もし翼があったら。
歌いながら夢見る時代から、何歩も前進しましたね。
入場料にプラス$8で2分間体験という短さですが、エキサイティングな2分になりそうです。
行きたーい!


* * * * *

【レストラン】

IMG_9886

今頃?と片眉を上げられそうな気が。
や、ずっと行きたかったんだよ、でもなかなか機会がなかっただけなんだ。(誰に言い訳)
数年前にサンフランシスコにできた抹茶屋さん。
ではなくて、ベイエリアでも定着してきた感のあるMatchaを使ったメニューを提供してくれるお店です。

抹茶ラバーなお嬢、イギリスから戻ってきた後、少しだけ日本に行った時、友達とこちらのお店に行ったぐらい。
そんなとことに行きやがってえええぇ、と、前だったら暗い炎を燃やしたであろう母は、今では、あちらにおじゃますればいいもーん、とすっかり心が広くなったもの。

でもやっぱり、一回は試してみなくちゃね。
大好きなゆみたちさんとお嬢の3人で、ようやく出かけてみたんだよ。
あ、ちなみに、2018年12月のことでした(爆)


続きの戯言
# by senrufan | 2019-02-25 12:08 | Trackback | Comments(0)

余裕は僕らが作るもの

「他人の自由を否定する者は、自らも自由になる資格はない」
   ----- エイブラハム・リンカーン
       (アメリカ人、政治家・第16代米国大統領、1809年2月12生まれ)


あまりに長いことブログを開かなかったので、危うくパスワードを忘れるところでした。
ベイエリアにしては寒い日々が続いておりますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。(棒読み)

家ではなんとなくヴィーガン寄りな食生活ですが、別に特別な理由あってのことではないので、たまに動物性のものも登場いたします。
とある日系グローサリーでは、毎月29日が「お肉(29)の日」で割引になるので、その時に買うのが、オーガニックの鶏の骨。
そして、ボーンブロスを作ります。

「ボーンブロス レシピ」で検索すると、いろんな記事が出てきますが、
私は骨、玉ねぎ、セロリ、ねぎ、人参あたりと、アップルサイダーヴィネガーを少し入れるのが定番かな。
お鍋でくつくつ、だと何時間もかかるので、圧力鍋で1時間ぐらい煮込みます。
冷蔵庫で一晩冷やして、翌朝浮いた脂を取り除いて、さらっと濾して、出来上がり。


31932778108_de5156a1d2_o

作ったボーンブロスは、スープのベースにしたり、煮物を作ったりと、色々と活躍してくれます。
旦那とお嬢にも好評ですが、私は正直、匂いが苦手な時もあるので、
更にスパイスを入れたり、味噌を加えたり、なんてアレンジすることが多いです。

先日作ったボーンブロスは、お嬢の希望により、ボルシチになりました。
といっても、具は野菜のみですが、彼女お手製のボルシチ、んまかったです。

材料や季節によって味が違うブロス、今回はなぜか甘いんだよなー。なんでだろ。
お肌が少しはぷるぷるになってくれないだろうか。(期待)

* * * * *

【音楽】

お嬢がある日、これ知ってる?と送ってきたYoutubeのリンク。
それが彼ら、TwoSet Violinとの出会いでした、なんつって。

お嬢が薦めてきたのが、以下の動画。
この中のLing Lingに爆笑するよ!と言われて見たら、ほんまに爆笑しましたわ。
アジア系ママって、やっぱりタイガーママ担当。



もっと練習しなさいよ!
Ling Lingを見なさい、彼は一日72時間練習してるのよ!
それに比べてアンタはミスばっかり! Ling Lingはすごいのに全く!
クンパオチキン! マーボードーフ!


続きの戯言
# by senrufan | 2019-02-12 14:21 | Trackback | Comments(0)

選べる余地と居心地と

「好きなことを、何でもいいから一つ、井戸を掘るつもりで、とことんやるといいよ」
   ----- 白洲正子
       (日本人、作家、1910年1月7生まれ)


あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

……まだ松の内だからいいですよね?
ほら、この日記の日付、1月7日ですよね?(日付詐欺)


年末年始、特に何の予定もなく過ごしましたが、家族3人で過ごすベイエリアでのお正月って、数年ぶりなんですよね。
これが最後かも、と思うと、感慨深いものがあったり。
あと、日本に帰省中の友人から、インコ3羽を預かっているので、
もうどこにも行かなくていい! 鳥と一緒にいたい! な気持ちでいっぱいで(うっとり)

大晦日は、昼からTV Japanで録画した紅白を見ながら、年越し蕎麦タイム。
や、お嬢がお友達とSFで年越しパーティだったもんで、その前にと。
ということで、夜も、元旦の朝も、旦那と2人でのんびりです。

アメリカは、政府機関がシャットダウンというトンデモナイ状況になっていますね。
例年ですと、旦那と二人で国立公園巡りをすることが多かった年末年始、今年は行かなくて良かったなあ、と思います。
職員の方々がお気の毒でなりません……今、働いていてくださっている方々は、無給のボランティア状態ですからね。
生活費に困っている方々も多数だと思います。

自分でもどうして、と思うほどの衝撃で、しばらく立ち直れなかった2016年の大統領選挙の日。
就任式から、すでに2年が経ちました。
日に日に”オワタ感”が募る日々に、今年は何か光明が差すといいなあ、と願っています。ああ、ため息。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9845

さて、2019年最初の日記は、11月下旬の出来事でスタートです。(にっこり)
あのベーカリーが、嬉しいことにカフェをオープンしてくれたので、わくわくさんとのデートで行ってきたのだよ。


続きの戯言
# by senrufan | 2019-01-07 11:41 | Trackback | Comments(0)