貴方にそっと渡す風

「我々が自分の持つ恐れから自らを解放する時、
我々の存在は、同時に他の人々をも解放することができるのである」
   ----- ネルソン・マンデラ
       (南アフリカ人、政治家、1918年7月18生まれ)



Barack Obama delivers the annual Nelson Mandela lecture in Johannesburg




マンデラ氏が亡くなられたのが、つい最近のように思っておりましたが、すでに5年近くが経っていたのですね。
人種差別と戦った人達、と言われると、真っ先に浮かぶ方々の一人です。
生誕100年を祝う式典に、アメリカからオバマ前大統領が出席し、久しぶりにあの素晴らしいスピーチを聴かせてくれました。
いやほんとに、スピーチの神様がついているような方でございますな。(しみじみ)


さて先日お嬢が、今いるイギリスで、ちょっと不愉快な目に遭いました。
どうしても行きたいコンサートがあり、一人で結構な田舎まで出かけていったのですけど、
駅周辺は大丈夫だったものの、会場は携帯も圏外になってしまうほどの場所で、見渡す限り、観客は白人のお年寄りがほとんど。
前座の素晴らしい少年バンドをけなし、肝心のステージにも大して拍手せず、という人達に囲まれて、
終電の時間を気にして、早めに抜け出そうとした彼女に向って、ちゃんと謝って前を通ろうとしたにも関わらず、「何を考えてるんだ、このIdiot」呼ばわり。

携帯が圏外だった為、Uberが呼べず、2時間近く会場外でタクシーを待った末、結局スタッフの一人が、車で駅まで送ってくれることになったのですが。
同乗した老夫婦から、
「あなた、わかってる? これはお金を払わなくていいということではないのよ、払わないなんて許されないわよ、わかってる?」
と、散々責められたということでした。
あ、もちろん、それぞれに言い返したそうですので、そこはご心配なく。

彼らは日頃からそういう人達だったのかもしれませんし、その時イライラしている人達だったのかもしれません。
差別だったとしたら、人種差別だったのか、若者差別だったのか、よそ者差別だったのかも、わかりません。
ただ私の友人で、学生の頃、イギリスの田舎にホームステイして、何度も嫌な目に遭ったと言っていた友人の体験談を思い出したことでした。

日本で生まれて、ベイエリアで育ち、日本で学生生活を送った後、今はイギリスに滞在中のお嬢。
そんな彼女が以前、移民であることに少し疲れた、と言ったことがございます。
私は日本からこちらに来て、マイノリティとして生きることへのとまどいはあったものの、別の面では肩の力を抜いていいんだ、という解放感を、嬉しく味わうようになったのですが。
お嬢にとっては、こちらから日本に行って、マジョリティとして生きる楽さと安定感を味わったということなんだなあ、と気づかされた次第です。


しかし、彼女がタクシーを待っていた2時間の間、一緒になったおばさまとおばあちゃまと、大いに話が盛り上がり。
しかもお嬢がスタッフの人の車から降りて、駅で電車を待っていた時、
後の車で追いついてきた彼女達は、わざわざ自分達の電車が終電になるまで、ずっと付き合っていてくださったそうです。

お嬢に優しくしてくださって、本当に、本当に、ありがとうございました。
おかげさまで彼女は、一日の最後を、温かさに接して終えることができました。
残念ながら直接お返しはできませんので、私がどこかでお嬢のような人を見たら、貴女方と同じことをしたい、と何百回目かに強く思っているところです。

* * * * *

【読書】

IMG_0038

別のことを書こうと思っていたのですが、ちょうど読み終わった本に絡めて、またぐだぐだと。
なので、いつもの通り、「これ以上は進まれないことをお勧めいたします」


続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2018-07-18 11:23 | Trackback | Comments(0)

笑顔を交わすは泡越しに

「全ての権利は責任を、全ての機会は拘束を、全ての所有は義務を暗示する」
   ----- ジョン・ロックフェラー
       (アメリカ人、実業家、1839年7月8生まれ)


IMG_9751

お友達のMoving Saleで、たこ焼き機を買いました。

実家ではたまーに登場して、たこだけでなく、ウィンナーやチーズ、シーフード類など、
いろんな具を入れては楽しんだものでございます。
友達とたこ焼きパーティをする時は、どれかにわさっと七味を入れて、闇たこ焼きするとかね。うん、微笑ましい思い出ね。

ずっと持ってなかったのですけど、大きさも手ごろで使いやすそうだったので、迷わず、買う!と挙手。
ひっくり返す為のピック(千枚通し?)もつけてくれたので、早速使ってみたのです。


久しぶりのたこ焼き機、楽しく美味しくできましたですよ。
飛竜頭(がんもどき)が。
とうもろこしのフリッターもやってみましたが、さっくり軽くて、なかなかだわ。


だって、そおゆうものの為に買ったんだもーん、だもーん、だもーん……

* * * * *

【レストラン】

IMG_0027

旅行記まだ?と友人に言われて、昨年12月のことをまだ書いてないことに気がついたんだが、ええと、そこはつまりアレだ、私は死んだと思ってくれ。(現実逃避)
ついつい楽なので、レストラン記録ばかりに逃げて、誠に不甲斐なし……

でも暑い週末、Sarahさんご夫妻に案内してもらった、バークレーのブリューワリーが、とても良かったのでございますの。


続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2018-07-08 13:51 | Trackback | Comments(0)

集うは我らの旗の下

「世のため、後(のち)のため」
   ----- 塙保己一
       (日本人、国学者、1746年6月23生まれ)



SNSのおかげで、世の中、いろんな人がいるんだなあ、ということを認識させられるようになりました。
って、もうほとんど、ナニ当たり前のことゆってんの、ってなセリフでありますが。

でもね、自分のリアルな世界では、自分と価値観が近い人や好意を持つ人のほうが、嫌いな人よりずっと多いではないですか。
SNSをやってない友人もいますしね。
それなのに、SNS上のあれやこれやによって、心が受けたものが、
確実にリアルな世界を色付けして、目に映るものや耳に入る言葉への印象を変えていく以上、
これらはもうすでに別個の存在とは言えなくなってます。

SNSの短い文章に、コアとなる価値観を期待通りに詰め込むのも、
また的確に読み取るのも、なかなかに技術のいることで。
光のように流れていく情報の一つに、脊髄反射的に抱いた感想に対して、
ちょっと立ち止まって考えてみることが必要だなあ、としみじみ思います。
↑ にリンクさせていただいた記事はSE向けとなってますが、そうでない方にも十分通じるものであることと。

自分の中にある、差別感情や特定の偏見。
それは歪みだ、早くなくせ、ということではなく、まずは自分の中に歪みがあるという自覚を持つところから、ですよね。

* * * * *

【映画】

Black Panther 1

(※映画の画像は全て公式サイトや公式Facebookページからお借りしました)

随分前になってしまいますが、映画「Black Panther」を観に行って参りました。
映画が公開になってから随分経つので、もう感想書いてもいいかな? いいかな?
うん、ほんとはサボってただけですけど(爆)

公開後、爆発的な人気を呼んだこちらの映画、5月30日時点の歴代興行ランキングで、なんと9位に入っています。
映画は飛行機内でまとめて観るもの、となりつつあったワタシでさえ、それこそSNSでの熱狂ぶりを目にしたり、批評家の手放しの絶賛振りを読んだりするうちに、これは久々に映画館に行くか!となったのでございます。
ハッピーエンド厨なワタシにも大丈夫、という確信を胸にして、行ってきたですよ。


続きの戯言(ネタバレ、はそれほどないと思うけど)
[PR]
# by senrufan | 2018-06-23 09:54 | Trackback | Comments(0)

結ぶ絆は釜飯の

「私は、見るためには目を閉じるのです」
   ----- ポール・ゴーギャン
       (フランス人、画家、1848年6月7生まれ)


Oprah's Inspirational Commencement Speech at USC



お友達のご子息が、先日USCを卒業されたのですが、ゲストスピーカーがオプラ・ウィンフリーだったそうで。
素晴らしかった!と友人が絶賛していたので、動画を探してみたのです。
こうやって、その場にいられなくとも拝聴できること、本当にありがたい限りです。

お嬢もちょうど6年前に、こちらのハイスクールを卒業いたしました。
日本のしみじみとした卒業式も良いですが、明るく前向きで、笑顔のまま泣けてしまうような、そんなこちらの卒業式も、なかなか良いものでございますぞ。

あー、また卒業式に出たいなあ。誰か卒業してくれないかなあ。(え)
以下の記事と動画も良いですよー。


Letter from a father to his graduating daughter (卒業する娘へ、父からの手紙)




* * * * *

【レストラン】

     IMG_9997

新しい和食レストランができたよ、と、あるお友達から聞いた後。
Kさんから、友人がなんとレストランをオープンしたの、とうかがって。
もしかして、と思って確認したら、同じお店のことでした。

お値段だけを見たら、最近のベイエリア価格なので、う、と思ってしまうかもしれないけど、ボリュームと味から見たら、全然OKよ、
と、お二人それぞれの意見が一致してたので。

それは行きたい、行ってみたい。
ということで、Kさんにおねだりして、ご一緒させてもらったのよ。


続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2018-06-07 09:51 | Trackback | Comments(0)

私を作るものだから

「『何かをやろう』ということじゃなくて、普段『何を思って生きているか』
『何を感じて生きているか』がキーだと思う」
   ----- ヒロ・ヤマガタ
       (日本人、洋画家、1948年5月30生まれ)



日大のアメフト部の事件について、最近会う人会う人、みんな言いたいことが沢山あるので、あちこちで活発な議論が発生いたします。
アメリカの一部メディアでも取り上げられている理由は、「日本スゲー」じゃ全然ないことはおわかりいただけるかと。

日本の大学に入学したお嬢、少しだけ、体育会のとある部に仮入部してたことがあるのですよ。
ほんの短い間でしたが、彼女が感じたことは、

・具体的に技術を教える人が少ない(見て学べ、盗め)
・でも、できないと叱られる
・しかし、できてもあまり褒められない
・授業よりも部活を優先することを求められる(先輩に留年生ぽろぽろ)
・夜遅くまでの練習の後、2年生が担当して1年生の反省会を毎日
・文字通り”反省会”であって、その日に目についたあれこれをひたすら叱る
・その日に1年生がやった良いことには言及なし
・明確な理由がないこだわり事が多く、理由を聞くと叱られる
・そして、外部から見たら理不尽なことでも、内部の部員達はそれを当然と受け入れている

ってな感じでございましたね。
日本育ちの私からすると、あるあるある、なことばかりですが、
日本を知りたくて日本の大学に行った彼女、ある意味、
一番早く文化の一旦を垣間見ることができた体験でありました。

部活を離れたところでは良い先輩が多かったそうで、入部を辞めた後も、
キャンパスで会うと、色々おしゃべりしてくれたのが嬉しかった、とのこと。
あと、体育会系が就職率が良いのはわかる、とも言ってましたな、そういえば。

* * * * *

【読書】

IMG_9985



最初に知ったのはどこだったか忘れてしまったのですが、結構前から拝読させていただいているブログです。
ブログを書かれているのは、現在カリフォルニアのUCLAで助教授(になるのかな?)を勤められている津川友介氏。
最近ますます真に役立つ情報かトンデモ情報か、素人目には見分けがつかない情報が氾濫している昨今、こちらではきちんと論拠を示して説明してくださっていることを、とても頼もしく感じ、以来フォローさせていただいているんですね。

その津川先生(と呼ばせていただきます)が発行されるというご本、タイトルからしてわくわくと期待していたのは私一人ではなかったようで、なんと発売10日で、累計4刷・10万部という大変な売れ行きです。
Kindleも出ているので、そちらで買おうかと思ったのですが、ほかにも読みたい人がいるかなあ、と思い、紙の本で購入したですよ。



続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2018-05-30 02:39 | Trackback | Comments(4)