タグ:��������� ( 2032 ) タグの人気記事

数多の歩みの、その上に (1)

「愚か者の第一段階は、自分をよりよく見せようとする事である。
第二段階は、それを他人にしゃべることである。
最終段階は、他人の考えを馬鹿にすることである」
   ----- ベンジャミン・フランクリン
       (アメリカ人、政治家・物理学者、1706年1月17生まれ)



旅行に行く時、えっちらおっちらと、重い一眼レフを持っていくワタシです。
本体+標準レンズに加えて、広角だったり望遠だったり、替えのレンズも必要で。
なので、上下二段に分かれて、下がカメラ入れ、上が物入れになっているバックパックを、長年愛用しているんですね。

しかし今回の旅行で、イタリアに行くことになった時、
何人かから、バッグをひったくられたとか、バッグを切られて物を取られた等の被害経験談を聞きまして。
実際私も、新婚旅行でローマに行った際、変な詐欺ヤロウに絡まれたりしたので、事前警戒度MAX。

で、いつものバックパックは、生地が軽くて切られやすい、チャックも開けやすい、ということから、
カメラ用ではなかったのですが、もっと丈夫でオーガナイズしやすい形のバックパックを購入して、
旅先で頑張ってもらったのでございます。


20171224_manfrotto_top-w960

そして帰宅してから、こんなカメラ用バックパックの記事を拝見。
おー、私の持ってるバッグを、更に使いやすくした感じ。
お高いけど、なかなか良さそうだ。

こういうバッグを手に入れるか、と思った後で、いや、それより、
もっとカメラの性能の良いスマホに替える方が先なんじゃ、と思ってしまったりするんですけどね。

* * * * *

【旅行】

IMG_9301

今回の旅行は、12月半ばにベイエリアを発って、ロンドンにちょこっと寄って、それからイタリアを4箇所、駆け足で回る、という旅でした。
日程的に無理もあり、クリスマスを挟むことで足留めもあり、となりつつも、楽しいことがいっぱいの。

最後の3日ほどが雨に降られるという、天気運が良い私にしてはレアなこともありましたが(どういう自信だ)、無事に終われば全て良し。
人が多い夏ではなく、冬だったせいか、スリにも泥棒にも会わなかったのが、何より僥倖です。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-01-17 13:01 | Trackback | Comments(0)

貴方の得意分野から

「自分の力を発揮できるところに、運命は開ける」
   ----- 福澤諭吉
       (日本人、啓蒙思想家、1835年1月10生まれ)


2018年になって、すでに10日も過ぎていたらしいです。
今年は喪中ゆえ、新年の挨拶も割愛だし、と油断してたら、やられました。(何に)

年末に日記を書いた時、具合悪いな、旅疲れだよな、と思って、ちょっとベッドに行ったら、そっからしばらく起きれなくなりまして。
熱出てる、こら出てるわ、と寝込み、そのまま年越しですよ。(ふっ…)
翌元旦には熱は下がっていた(体感)のですけど、しんどくてそのまま。
2日には起きなきゃ、と思いつつ、最低限の用事だけで、やっぱりそのまま。

なんてことをやって3日になってから、もしかしてインフルエンザだったのではないかと思い当たりました。
関節痛があったな、そういえば、って遅すぎだよ……
そっから念には念を入れて、6日の土曜までは一切外に出ず、7日の日曜に初外出となりました。
だって、人にうつしたらマズいですからね。

旅行中から、免疫力落ちてるサインがあったのですけど、それで飛行機やら長距離列車やら、でしたからねー。
あまりひどくなかったのと、とりあえず人様には迷惑をかけずにすんだっぽいことが救いです。


という感じで、ワタシの2018年1月は、8日から始まりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9010

さて、2018年の始めは、2017年に書き残した日記がなかったかどうかから。(すでにダメ)
気になっていたカフェのメニューを試しに、わくわくさんにご一緒していただいたので、それは書いておこう。

前に行った時、フードメニューを見て、一度食べてみたいな、と思っていた中近東系のカフェ。
アメリカンなドリンクやペストリー類より、そっちの方に興味が引かれたのでな。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-01-10 08:58 | Trackback | Comments(0)

等身大の視点から

「何かを始めることは優しいが、それを継続することは難しい。
成功させることはなお難しい」
   ----- 津田梅子
       (日本人、教育者、1864年12月31生まれ)


IMG_9354

おかげさまで、無事に旅行から帰ってまいりました。
アメリカ時間で18日に出発して、30日に帰宅。
しみじみ思いましたが、おうち大好き老婆が10日以上の旅行というのは、
さすがにもう無理っぽいでございます……

や、一箇所にじっくり留まって、という旅行なら別ですが、
目まぐるしくあちこち行きまくる旅だったのと、
最後の3日間が雨で、更にその中で1時間の行列待ちとかしたもんで。
それでも、帰宅までは全然元気だったのに、大晦日の今日、結構キております。
ギブミーハーブ、ヤク用ハーブ……(誤解を招く表現)

旅行中、一度ぐらいは日記を書きたかったのですけど、全然時間がなかったのと、
ホテルによっては、えっらいネットが遅いところもあり。
おけげで、写真をWebアルバムにアップロードすることもできなかったので、
今日はそれも、ぜーはー言いながらこなしたり。
まあ、お節を作らないで良いので、それは嬉しゅうございます。


さてさて、本年も各方面に、大変お世話になりました。(三つ指つき)
父の逝去という、自分史的に今までで最も悲しい出来事があった為、
一年の前半は、どこか感情が朧になっていて。
お嬢の滞在や母の見舞い的意味合いでの日本行きなど、
自分と家族の傷の癒しの為、開き直って完全内向きに過ごしておりました。

それなのに、どうしてもシャットアウトできない、米国WH事情を始めとする世相諸々。
毎日がオワタ感、とは良く言ったものでございますな。

そんな中で、日々嬉しさを与えてくれるのは、やっぱり身近な人達の温かさ。
感謝してもしきれない、言葉にしきれない、積もるばかりの思いです。
こんな一言に凝縮できるものではございませんが、それでもやはり、
「心からありがとうございました」。

来年がどうなるやら、全く見当もつきませんが、
まずは自分も含めて、家族が心身共に健やかに過ごすこと。
その為には、自分自身のバランス感覚が、より一層重要になってくる、
と改めて言い聞かせる次第です。


旅行中、またお嬢と色々話すことができたので、いずれまとめられたら、とはずっと思っているのですが、ねー。
とりあえず彼女に送りたい、「娘に伝えたい10か条」。

キャプチャ


環境のみならず、年齢とか性別とか人種とか。
自分で選択できないものについて悲しい思いをする人が、どうか一人でも少なくなりますよう。
辛い思いを抱えている人には、その倍以上の良いことが起こりますよう。
幸せを噛み締めている人には、その喜びがずっと続きますよう。
どうか笑顔が溢れる一年になるよう、心から祈る大晦日でございます。

良いお年をお迎えくださいませ。

[PR]
by senrufan | 2017-12-31 10:36 | Trackback | Comments(0)

くぐる暖簾を掲げたら (18)

「明日、起こる大人の問題を解決できるかどうかは、今日の子供たちの成長を、
どれだけ大きなスケールで測ることができるかにかかっている」
   ----- マーガレット・ミード
       (アメリカ人、文化人類学者、1901年12月16生まれ)


IMG_9018

     IMG_9039

遠足仲間が集まって、毎年12月に行うクリスマス会
今年も、すっごくすっごく、楽しい会となりました。
参加させてくれた友人達に、心から感謝でございます。

去年まではポトラック&プレゼント交換という形でしたが、今年は趣向を変えて、
皆のお気に入りのDishdashで美味しいランチをいただいた後、
サンドラさん宅におじゃまさせてもらって、にぎやかにプレゼント交換を。


     IMG_9056

メンバーの一人、むらさきちゃんの誕生日祝いも一緒に。
サンドラさんお手製チーズケーキ、スーパー美味ーーー!


今年は、日記での記録は諦め……
サンドラさんが素敵なブログ記事を書いてくださってますので、
ぜひぜひご訪問くださいませませ。

* * * * *

【料理】

IMG_9036

うわーん、もう年内、日記を書く時間があまりに足りないよーっ!
と、数年前から毎年同じ叫びを書いてる気がするが、今年はほんとにヤバいって。
だって、明日から旅行だもん。(蒼白)

ええと、ええと。久しぶりに「みぎや」を開催できたので、その記録は書いておく。
いつもそうだけど、今回もメンバーが最高だったので、むちゃくちゃ楽しかったからね!
日記は料理だけで短いけどな!(ヤケ)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-12-16 15:41 | Trackback | Comments(0)

だって高望みではないからね

「経験の与えた一つの棘は警告の最も厳しいものの全部にも値する」
   ----- アルフレッド・ド・ミュッセ
       (フランス人、作家、1810年12月11生まれ)


26345207349_4f553357f8_o

先日、Nちゃんに連れられて、すんごく素敵なれでぃ、お二人にお会いしたのですが。
美味しい中華ランチをご一緒して、その後に連れて行ってくださったのが、
ずっと名前だけは知っていたものの、行ったことがなかった老舗の日系スーパーだったのですよ。

この日は水曜で、ハワイのPokeでお馴染みの海藻、オゴが入荷する曜日なのだそうで。
マジっすか!と大喜びでお供しましたとも、しましたとも。

お店の方に、一掴みほどください、と英語でお願いしたところ、
「大きい手? 小さい手?」
と、そこだけ日本語で聞いてくださったのに大笑い。
大きい手で!と全員でお願いしたですよ。

初めて訪問したスーパーでしたが、ハワイ系のデリメニューやスイーツがあって、
色々楽しく拝見させていただきました。
オゴも、海藻サラダとお味噌汁で、あっという間に使い切り。
ポキ作る暇なかったわ。

欲しくなったら、また水曜に行かねば、です。


221 S Claremont Street
San Mateo, CA 94401

* * * * *

【レストラン】

IMG_9175

その素敵なれでぃ達に連れて行っていただいたのが、小籠包が美味しいという中華レストラン。
前に書いた通り、好みの小籠包はどこにあるんかえー(なまはげ風)、な私なので、喜んで飛びついたことは言うまでもない。

全然オシャレじゃない、普通のお店なんだけど、オジサンが面白いのよね。
そんなお言葉もうかがって、わくわくとお供させていただいたのですよ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-12-11 11:35 | Trackback | Comments(0)

見せたい顔と見えた顔 (その4)

「人生って短すぎます。少し賢くなったと思ったら、もう年取っているんだから」
   ----- フジ子・ヘミング
       (ドイツ人、ピアニスト、1932年12月5生まれ)


     IMG_8281

ええと、ええと、8月のことになるんですが。
「美味しいコーヒーの淹れ方講座」というワークショップに参加してきたんですよ。

会場がHarmony Clubさんで、そちらから回ってきたお知らせを拝見したところ、
おお、講師がKaoriさんではないですか。
随分長いことお会いしてないし、これはぜひおうかがいせねば。

そうして出席したWSは、初心者にもわかりやすい内容をぎゅっと詰め込んでくださった内容で、大変楽しゅうございました。
Kaoriさんのテイスティングは、神レベルでございましたよ。(うっとり)

それに対して、私の味覚音痴と鈍い嗅覚ったら……知っていたけどな。
ご自分が美味しいと思うかどうか、それで良いんですよ、と言ってくださった言葉を胸に、
これからもコーヒーを楽しんでいこうと思いましたまる(棒)

* * * * *

【旅行】

IMG_8531

さて、9月のお嬢とのポートランド旅行記、あと1回だけ。
3rd Wave Coffee Movementの代表的な街であるポートランド、
味覚音痴の自覚はあれど、やっぱり試してみたいよ、コーヒーショップ巡りだよ。

といっても、あちこち行く合間を縫って、なので、一日一軒のペースで3軒ね。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-12-05 11:48 | Trackback | Comments(0)

季節の味の存在を

「最後の一歩というのが実はそれまでの千万歩より幾層倍むつかしいという場合が
何事によらずしばしばある」
   ----- 寺田寅彦
       (日本人、物理学者、1878年11月28生まれ)


IMG_8975

2017年の感謝祭の連休、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか。
我が家はまた友人宅におじゃまして、数々の絶品料理と、パンチの効いたおしゃべりを、
目一杯楽しんでまいりました。

ここ数年、毎年同じ友人宅におじゃまさせていただいてるのですが、毎年、
今年のお料理が今までで最高!と思うんですよね。
本当に嬉しくありがたく、文字通り感謝でいっぱいの一日をいただいております。
ありがとう、ほんとにありがとねえ。


IMG_8979

諸事情により、今年は「みぎや」開催が随分減ってしまいましたが、
やりたいなあ、とは思ってるんですよ。
今週末は久しぶりにお客様をお迎えする予定なので、久しぶりにどきどきしております。
食べられるものをちゃんと提供しなくてはーーー(基本のき)(つか人間の基本)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_8989

10月のハーブクラスの記録なり。
おしゃれな四つ割ローソク(おしゃれじゃない表現)の火を灯すところから始まった今回は、風邪予防や免疫力UPに効くハーブなどを勉強したんだよ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-11-28 07:51 | Trackback | Comments(0)

まずは助走が必要な

「人間は犬に似ている。遠くで他の犬が吠えるのを聞いて、自分も吠える」
   ----- ヴォルテール
       (フランス人、啓蒙思想家、1694年11月21生まれ)


IMG_9161

少し前のことになりますが、マンガ「ONE PIECE」と京都市のコラボイベント、というものが開催されたんですよ。
開催期間は10月7日~22日で、私が日本に行っていた間と重なっておりまして。
京都にいるお友達に会いたいし、ちょっと行ってみようかな……と思ったのは思ったのですが、
人混み・行列・並ぶ・長時間、という言葉が、私という老婆の頭の中を駆け巡り、
あっさり断念して、ネットにアップされるいろんな体験談を読んで楽しむに留めたのでございます。

そしたら、先日こちらに来てくれた当のお友達@京都在住が、なんとこのイベントに出かけてくれて、
私の為に、イベント参加者だけがもらえる「手配書」と「MAP&スタンプラリー台紙」を持ってきてくれたのでございますよ。

特にスタンプラリーは、京都内の8箇所の施設を周らなければコンプリートできず、
しかも1箇所あたり、数十分待ちはザラだったという……
もうもう、なんてお礼を言ったらいいのかわからず、感動し過ぎで、受け取った時にしばらく硬直していたワタクシです。情けない。


小説でもマンガでも、基本原作派なので、アニメや映画、グッズにはあまり興味がないのですが、
この手配書やスタンプは、原作絵というのが非常にポイントが高いのです。大変個人の感想です。

改めて、この場でもお礼を。って、完全私信ですが、
本当にありがとうございました!!!(ジャンピング土下座)
次回の日本行きの際には、マジで京都に行かせていただきますので、よろしくお願いいたします。

* * * * *

【レストラン】

IMG_8900

美味しいハマスやファラフェルをいただいた後、そのまま隣にあるカフェへ。
オーナーさんは、やっぱり同じみたい。
実は本来の目的は、こちらのカフェだったりするんだな。

この時、一緒に行ってくれたお友達の一人が、こちらのカフェのソフトオープンの日に行ってみて。
まだ練習中だから、とラテを$1(だったっけ)で買わせてくれたそうなんだけど、それが、うん、確かに練習中だね、という感じだったとのことで。
でもお店は綺麗だし、もう少ししたら皆で行ってみっかー、ってなったのが、この日の来訪の理由だったのよね。

あ、先に言っておきますが、今回はほとんどドリンクのみの記録なので、いつもより更に大したことないです、すみません。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-11-21 13:33 | Trackback | Comments(0)

灯台の下は暗くとも

「ある国の平和も、他国がまた平和でなければ保証されない。
この狭い相互に結合した世界では、戦争も自由も平和も全て連帯している」
   ----- ジャワハルラール・ネルー
       (インド人、政治家、1889年11月14生まれ)



探し物があって過去日記内を検索してたのですが、ちょうど6年前の今日、
ケヴィン・スペイシー氏の舞台、「リチャード三世」を観に行ったことを書いていたのですね。

彼の未成年へのセクハラ行為が告発されて以来、同様な被害の報告が続いて、今やスコットランドヤードが捜査に乗り出したとの報道もあり。
氏の演技に感銘を受けた身であるものの、未成年への犯罪行為に断固とした態度を取る体制を、非常に心強く思います。
だからこそ余計に、日本の伊藤詩織さんの事件に、たまらなく心が痛むと同時に、胸が悪くなるほどの怒りを覚えます。

これは司法の問題です、と詩織さんはおっしゃいましたが、その前に前提となるべき、一部の人達の倫理観が低すぎて。
女性専用車両や痴漢問題について、メディアで散見される男性優位視点の意見に、呆れかえって物も言えなくなることが度重なり。
女性に対してだけでなく、男性への侮辱でもあるのだ、ということが、なぜわからないのか、わかりません。

ワインスタイン氏のことをきっかけに噴出したのは、一部業界の問題点、ではありません。
数え切れない数の人達の、数え切れない年月に渡って積もり積もった思いの、ごくごく一部にすぎないことなのです。


お嬢とも、いろんな話をしたですよ。
娘とこういう話ができることを、とても幸運に思います。
というのは、親にも言えない、と思う人も多数いらっしゃることだと思うので。

溢れるものが多すぎて、日記には今はとても書けないので。
せめてお嬢が教えてくれた、怒りを笑いに変えてくれたTwitterのまとめのリンクの貼りますね。
そして私も、#MeToo



女性というのは、男性を刺す生き物なのよ。
みんな知ってることでしょう?

女性と一対一でいれば、刺されても良いという意思表示だと思われても仕方ないじゃない。

だって胸を大きく開けている服を着てたんだから、刺してほしいんだ、ってこっちは思うわよね?

男性の服装や歩き方、話し方、笑い方、全部が刺されることを自ら招いている。

魔女狩りよ! オフィスにいる女性全員が、弁護士に連絡し始めた。
こんなこと、間違ってる。

相手の意見を聞かずに刺したことを話すのは、ただのYoga studio talkに過ぎないでしょ。


* * * * *

【レストラン】

IMG_8884

はっと気づけば、なんと9月のことでした。
仲間達と、人気のファラフェル屋さんに行ったんだ。

何年も前から人気のお店らしく、別な友達に話したら、行ったことなかったの!? と驚かれたぐらい。
うん、行ってみて、もっと早くに知りたかったわ……となったです。
お嬢がいるうちに、連れて行ってあげれば良かったよー、くー。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-11-14 13:44 | Trackback | Comments(2)

見せたい顔と見えた顔 (その3)

「愚者はいつも自分よりさらに愚かで、自分のことを尊敬してくれるような人間を見つけ出す」
   ----- ニコラ・ボアロー=デプレオー
       (フランス人、詩人・批評家、1636年11月1生まれ)


     IMG_0875

その国の人でも賛否両論、という食がありますよね。
日本だと納豆とか鮒寿司、クサヤあたりの、発酵系。

そしてイギリスで、私が一度チャレンジしたいと思っている発酵食品(だよね?)について、現地のお嬢からレポートが入りました。
その食品とは、マーマイト
ビール酵母をベースにした、イギリスが誇らない栄養食品でございます。

とろ~っ、としたハチミツ状のものなので、パンに塗って食べることが多いようで。
カフェテリアで、ジャムやバターに混じって、このマーマイトを見つけたお嬢、
早速試して報告をくれました。
なんというか、しょっぱくて半固形のビールみたいな感じ?
ビールっぽい匂いで、旨味があって後味が苦い。
後味もIPAほどじゃないけど、ビールっぽい苦味で、
味自体は、発酵が進んだチェダーみたいな。
意外と悪くないかも……隠し味にいいかも。
という感想でございました。

イギリスに行った際には、彼女にまたもらってきてもらおうと思ってます。
いつかハギスにもチャレンジしておくれ。


* * * * *

【旅行】

ポートランド旅行記録、お店編に引き続き、今度は食べ物編でございます。
駆け足、駆け足。


1. Food Carts (参考Web

IMG_8438

着いた日のお昼ご飯をゲットしたのは、ダウンタウンにあるフード屋台エリアにて。
こちらのOff the Gridとは違って、毎日のようにオープンしているのが嬉しいところです。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-11-01 11:32 | Trackback | Comments(0)