タグ:買い物 ( 291 ) タグの人気記事

だって高望みではないからね

「経験の与えた一つの棘は警告の最も厳しいものの全部にも値する」
   ----- アルフレッド・ド・ミュッセ
       (フランス人、作家、1810年12月11生まれ)


26345207349_4f553357f8_o

先日、Nちゃんに連れられて、すんごく素敵なれでぃ、お二人にお会いしたのですが。
美味しい中華ランチをご一緒して、その後に連れて行ってくださったのが、
ずっと名前だけは知っていたものの、行ったことがなかった老舗の日系スーパーだったのですよ。

この日は水曜で、ハワイのPokeでお馴染みの海藻、オゴが入荷する曜日なのだそうで。
マジっすか!と大喜びでお供しましたとも、しましたとも。

お店の方に、一掴みほどください、と英語でお願いしたところ、
「大きい手? 小さい手?」
と、そこだけ日本語で聞いてくださったのに大笑い。
大きい手で!と全員でお願いしたですよ。

初めて訪問したスーパーでしたが、ハワイ系のデリメニューやスイーツがあって、
色々楽しく拝見させていただきました。
オゴも、海藻サラダとお味噌汁で、あっという間に使い切り。
ポキ作る暇なかったわ。

欲しくなったら、また水曜に行かねば、です。


221 S Claremont Street
San Mateo, CA 94401

* * * * *

【レストラン】

IMG_9175

その素敵なれでぃ達に連れて行っていただいたのが、小籠包が美味しいという中華レストラン。
前に書いた通り、好みの小籠包はどこにあるんかえー(なまはげ風)、な私なので、喜んで飛びついたことは言うまでもない。

全然オシャレじゃない、普通のお店なんだけど、オジサンが面白いのよね。
そんなお言葉もうかがって、わくわくとお供させていただいたのですよ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-12-11 11:35 | Trackback | Comments(0)

見せたい顔と見えた顔 (その3)

「愚者はいつも自分よりさらに愚かで、自分のことを尊敬してくれるような人間を見つけ出す」
   ----- ニコラ・ボアロー=デプレオー
       (フランス人、詩人・批評家、1636年11月1生まれ)


     IMG_0875

その国の人でも賛否両論、という食がありますよね。
日本だと納豆とか鮒寿司、クサヤあたりの、発酵系。

そしてイギリスで、私が一度チャレンジしたいと思っている発酵食品(だよね?)について、現地のお嬢からレポートが入りました。
その食品とは、マーマイト
ビール酵母をベースにした、イギリスが誇らない栄養食品でございます。

とろ~っ、としたハチミツ状のものなので、パンに塗って食べることが多いようで。
カフェテリアで、ジャムやバターに混じって、このマーマイトを見つけたお嬢、
早速試して報告をくれました。
なんというか、しょっぱくて半固形のビールみたいな感じ?
ビールっぽい匂いで、旨味があって後味が苦い。
後味もIPAほどじゃないけど、ビールっぽい苦味で、
味自体は、発酵が進んだチェダーみたいな。
意外と悪くないかも……隠し味にいいかも。
という感想でございました。

イギリスに行った際には、彼女にまたもらってきてもらおうと思ってます。
いつかハギスにもチャレンジしておくれ。


* * * * *

【旅行】

ポートランド旅行記録、お店編に引き続き、今度は食べ物編でございます。
駆け足、駆け足。


1. Food Carts (参考Web

IMG_8438

着いた日のお昼ご飯をゲットしたのは、ダウンタウンにあるフード屋台エリアにて。
こちらのOff the Gridとは違って、毎日のようにオープンしているのが嬉しいところです。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-11-01 11:32 | Trackback | Comments(0)

見せたい顔と見えた顔 (その2)

「人生は常に一回きりのプロセスだ。
それゆえ、未来は過去の反復ではありえない」
   ----- ウォルター・リップマン
       (アメリカ人、ジャーナリスト・政治評論家、1889年9月23生まれ)


イギリスに移ったお嬢から、毎日のように面白い話が届きます。
まだ授業は始まってなくて、オリエンテーションや新生活の準備中なので、
街探索をしたり、ミュージアム巡りなどを楽しんだりしたりしておるです。

先日は念願の大英博物館に行ったそうですが。
チケットを買う為の列に並んでいる時、後ろの方から日本語の会話が聞こえてきたそうなんですよ。
男の子2人で、4ヶ月の留学で来たらしいですが、
「ここってさ、世界三大美術館の一つだよな、確か。
 他のはルーブルと、えーと、えーと、なんだっけ……メソポタミア?」
「ルーブルはフランスだけど、メソポタミアはどこだ?
 アメリカじゃないよなー、アメリカにいい美術館なんてないし」

ツッコミどころ満載で、お嬢と腹を抱えて笑ったです。
さて、彼らのセリフに、何箇所間違いがあったでしょーか。

* * * * *

【旅行】

IMG_8609

さて、ポートランド旅行。
基本、街巡りに終始したので、さくっとまとめて記録します。
まずはお店編。
といっても、それほど写真を撮ってないので、数店だけ。


1. POWELL’S CITY OF BOOKS (HP

IMG_8442

なんといっても、こちらの本屋。
訪問したのは本店なのですが、独立系書店としては世界最大の広さを誇る店舗だそうですよ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-09-23 12:27 | Trackback | Comments(0)

貴方と私の交差点

「あなたを心配させるものが、あなたを支配する」
   ----- ジョン・ロック
       (イギリス人、哲学者、1632年8月29生まれ)


36756166152_834438af54_o


Whole FoodsがAmazonの傘下に置かれることが決定したニュースが発表された時、正直すっごくほっとしたんですよ。
丸ごと食品が前々から買収先を探しているのは耳にしていたのですが、
その候補として挙がっていた企業が、どう見てもコンセプトが違うんじゃね?というところが多く、
お店の方針ががらっと変わりかねないのでは、と心配していたところだったので、
Amazonならとりあえず大丈夫だろう、と安心したんですね。
まあ、私の二大依存先が一緒になることがあろうとは、みたいな感慨もありき。

そして、その正式スタートの第一日目。
15品目が定価を値下げして販売されることになったです。きゃっほーい!

うちは青果はほとんどファーマーズマーケットで買うので、丸ごと食品で買うのはそれ以外の食品なのですが、
それでもオーガニックのアボカドやりんごの値下げは、大変嬉しゅうございます。
特にオーガニックのFujiりんご、$1.99/lbなら、マーケットより安いじゃないですか。

このニュースに対して、今までどんだけぼってたんだよ、という類のレスも見受けられ、
オーガニックムーブメントを含むあれこれへの批判を背後に感じたりするのも、
また興味深いところでございます。なんつってなー。

* * * * *

【家庭内事情】

IMG_8377

さて、お嬢と一緒に2泊3日で、サンディエゴのfrogfreakさん宅に行ってまいりましたです。
お嬢は国際免許は持ってきたものの、高速は未経験なので、運転手は私一人。
460マイル(740km)の道のり、一体何時間かかるかなー、でしたが、
蓋を開けてみれば、往き帰りとも1回ずつのランチ休憩を入れて、7時間半と8時間で終了したので、まあまあだったかな。

これはお嬢のおかげも大きくて、ですね。
助手席でほとんど眠らないまま、ずっと私とおしゃべりしてくれたので、あまり眠気を感じることなく、退屈することもなく、運転を楽しめたのですよ。
親孝行な娘でございます。
まあ、ヤツも自分の命がかかってましたからねー。(身も蓋も)

で、どんなことを話したかって、そりゃもうあれもこれもそれもいやどれだよってなぐらいにとりとめもなかったんですが、
そのうちの一つについて、ちらっとだけメモしておくですよ。
つーでも、絶対うまくまとめられない話題なんですけどね。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-08-29 16:17 | Trackback | Comments(4)

その味わいはほろ苦く

「人間は自分たちの話になると、まるで自分たちには小さな欠点だけしかないように語る」
   ----- ジャン・ド・ラ・ブリュイエール
       (フランス人、作家、1645年8月16生まれ)


IMG_8163

お嬢がイギリスの大学院に進学するにあたり、その前に色々手続きがありまして。
領事館やVISAセンター行きで、サンフランシスコに3週続けて行ったです。

せっかく行くんだから、それなりにお遊びもくっつけて。
領事館と近いので、フェリービルディング訪問もしたですよ。

で、Dandelion Chocolateのブースを見たところ、チョコレートとサンプルがずらりと並んでて。
85%以上のチョコが大好物のワタクシ、100%のサンプルを食べてみたところ、これがすっごく美味しくてですね。(あくまで個人の感想です)
今まで買った90%以上のチョコは、やたら酸味が強いのが多かったのですが、これはマイルドでとても良かったです。


IMG_8129

買いたかったのですけど、この大きさで$12か……
と、しょんぼりして、とりあえずラテを買いましたら、添えられてたチョコクッキーが、またさっくりして美味。
これだけ売ってないの?と聞いたのですが、残念ながら非売品でございました。(舌打ち)


IMG_8162

チョコと言えば、やはりフェリービルディング内のMiette Patisserieに売っていた、こちらのチョコレート。
お嬢が、あ、これ、日本のコンビニでも売ってるんだよ! すごく美味しくてお勧めだよ、と言った後にお値段を見て絶句。
日本だと通常値段が600円ぐらいで、たまにセールで198円になるから、その時に買ってたんだけど……
その差はどこからどう来るのか、知りたいものですな。

* * * * *

【レストラン】

img_8071_35697209965_o

冷麺好きなお嬢に、美味しい冷麺が食べたいと言われたのだけど、どこが美味しいのかわからなくってね。
前に好きだったお店は、別のお店に変わっちゃったし、とりえあえず入ってみたお店はイマイチで。

で、お友達に聞いたところ、薦められたのは、サムゲダンと冷麺のお店だと。
わーい、サムゲダン、食べたことないから、ぜひ行きたい。教えてくれてありがとう!
同じモールに、日本から出店のお好み焼き屋さんがあるのに、そちらに行かずに冷麺へ、家族でGO。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-08-16 15:36 | Trackback | Comments(0)

肩の力を抜ける場所

「すべての大きな過ちにはいつも中間点となる瞬間があるのだ。
その過ちを取り消し、あるいは正すことのできる瞬間が」
   ----- パール・バック
       (アメリカ人、作家、1892年6月26生まれ)


     IMG_8040

我が家の庭にあるフェイジョア(パイナップルグアバ)の木。
今年の春も、いっぱい花をつけてくれました。
実が生るのが楽しみで楽しみで。

で、この木に良く来る鳥がいましてですね、どうやら花を食べてるっぽいんですな。
へー、好きなんだ、ぐらいしか思ってなかったんですが。

ファーマーズマーケットで、とあるフルーツ屋台に寄ったところ、この花をいっぱいカゴに入れていて、買い物客に配ってるんですよ。
何かと思って寄っていったら、
「この花の花びらを食べてみて! 美味しいわよ」
と言われまして、ですね。
ほえ、と思って口に入れて噛んでみたら、ええええ、すっごく甘いじゃん!

何年もこの花を見ていたのに、なんということだ。
私は宝の山を目の前にしながら、見逃していたということか。(愕然)

しかし、家に帰って、庭にある木を前にして。
私がこれを食べたら、生る実の数が減ってしまうのではなかろうか、という疑いが。
植物知識にもめっちゃ暗いので、それが当たってるかどうかはわかりませんが。

とりあえず、鳥が食べる分には良し、でも人間は、ちと我慢。
今年の花は終わりましたが、来年の花は、少しだけ食べようと思ってます。

* * * * *

【レストラン】

IMG_8063

さて、最近出会った、もう一軒の新しい私的立ち寄り所。(別名:カフェ)
前に良く行っていたあのカフェ、随分ご無沙汰してたのだけど、先日前を通りかかった時、げ、お店が変わってる、と発見したのだよ。

好きな場所だっただけに悲しみを覚えつつ、一回訪れてみないといかんな、と思っていたところ。
Eちゃんがこちら方面に来る用事がある、と聞いたので、ここでのデートをお願いしてみたんだよ。
年寄りって、ほんと好き勝手ゆうんで、若者は困るよね。(他人事)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-06-26 13:49 | Trackback | Comments(0)

誰かさんが見つけたら

「自分がどんなに駄目か、どれだけチームに迷惑をかけているか、誰も自分には教えてくれない。
だから、自分で決めるしかない」
   ----- ルー・ゲーリッグ
       (アメリカ人、野球選手、1903年6月19生まれ)


久しぶりに、暑くて死ぬ、と思った日曜でした。
クーラーなしの103F(39.5℃)ってなんなの、それ地獄なの。(ビンボー)

さて、夏になると気になるのが、日焼け止め。
去年のハーブクラスで、手作り日焼け止めを教わったのが懐かしいでございます。
ビタミンDも気になるし、できたら塗らないで、ビタミンDの分だけ日に当たることができたらいいんですけどね。
そんなに世間ならぬ太陽は甘くないのです。



なので、毎年夏が近づくと、去年のが十分残っているのにも関わらず、新しい日焼け止め、しかもなるべく肌に負担が少ないヤツ、と探してしまうのですが。
そんな時に目にしたのが、↑の記事でございます。

色々自然派案も考えつつ、結局買うことになったら、こちらを参考にしようと思っておるですよ。

* * * * *

【レストラン】

IMG_8041

時間のない時のレストラン記録頼み。
俺、もうダメだ。(断言)

と言っても、久しぶりのayuminさんとのデートだったので、自分的にはすんごく大切な。
しかも、教わったカフェがなかなかだったので、更に嬉しかったのでありました。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-06-19 13:48 | Trackback | Comments(0)

いつでも僕だけ見つめてて

「決心によって正しくあるのではなく、習慣によって正しくなり、
単に正しいことが出来るのみではなく、正しいことでなくてはやれないようにならねばならない」
   ----- リヒャルト・ワーグナー
       (ドイツ人、作曲家、1813年5月22生まれ)



34458062286_6460328011_o

熱波~~~~
なベイエリアの毎日ですが、皆様、ご無事でいらっしゃいますか。(ぐだーり)

せめて、写真で涼をご提供。
先日Whole Foodsに行きましたら、なんと量り売りのMochiアイスコーナーが。
雪見だいふくぐらいの大きさで、1個$2とお高いですが、
フレーバーが色々あるのが嬉しいところ。

もちアイス、すっかりアメリカンスイーツに定着した感ありです。
って、これもまたベイエリアだけなのか?(田舎モン)

* * * * *

【旅行】

IMG_7365

美味しいベジカフェを出て、のんびりおしゃべりしながら向った先は、もふもふの。
私が喜ぶ、お嬢はもっと喜ぶ、またまた小鳥がいる場所でありますよ。

お嬢が前に行って、2時間並んだという人気店。
覚悟して行ったら、え、店内とっても空いているんですが。
ラッキー、と友人Sさんと入って、すぐにお嬢が合流。
ことりカフェも、人気が一段落したのかも。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-05-22 13:22 | Trackback | Comments(0)

儚く泡と消える身も

「深い悲しみと失望が怒りを生み、怒りが妬みを、
妬みが恨みを、そして恨みが再び深い悲しみを生む。
それらがすべての循環の完結するまで尽きることはない」
   ----- デイヴィッド・ヒューム
       (イギリス人、哲学者、1711年5月7生まれ)


IMG_7556

お嬢が帰宅しました。
って、あれ、こっちの日記では書いてなかったっけ。
3月下旬に大学を卒業し、9月に大学院進学の為に渡英するまで、しばらく実家にいるのでございますよ。
大学4年+受験の為の1年の合計5年間の日本生活についての感想は、機会があればまた。

で、お嬢がお土産に持ってきてくれたのが、写真のお菓子。
グリコのビッテと「ベルサイユのばら」の特別コラボ、「愛のビッテスタイル」だそうですよ。
見るなり爆笑、並べて爆笑、オスカルー! アンドレー! と叫んで、また爆笑。
青春時代の黄金の名作が、年数が経って、これほどの笑いの対象になろうとは、あの頃は思いもしませんでしたがな。


IMG_7563

個包装が、また秀逸。
全部で12種類だそうですが、いろんなカップルが、
「壁ドンビッテスタイル!」、「船上ビッテスタイル(タイタニックのアレ)」、
「はい、あ~ん、ビッテスタイル!」、「なろ抱きビッテスタイル!」、
「耳つぶビッテスタイル!」(ぶるぶる)(笑いが止まらねー)
なろ抱きってナニ!  あすなろ抱きってゆうんだよ。
耳つぶって!  耳元でつぶやくこと。
いまや立派に日本の若者文化に馴染んだお嬢が解説してくれたです。
こおゆうことを、そばで一緒に盛り上がれるのっていいなあ。
そんなことで娘の帰宅を実感してどうするワタシ。

味も、特にアイボリーの方が、濃厚でなかなか、と思ったら、発酵バターを使ってるんですね。
ベジィになる前は乳製品フリークだった私、濃厚乳製品風味、いまだに大好きです。


もう一つ、ちょっとだけ写真に写っているのは、茶の輪というところの抹茶わらび餅。
とにかく抹茶味が大好きなお嬢と私、Sちゃんからもらったお濃い抹茶さくろーるがいたく気に入って、日本滞在中にいそいそと買い求めたんですよ。
都内では日本橋の三越にしか店舗がないので、田舎からわざわざ行ったですよ。
と思ったら、お嬢が今回羽田で売っているのを発見して(ええええ)、わざわざ買ってきてくれたです。良くやった。(親指立て)

ベイエリアでも、Green TeaやMatchaのドリンクなどがメジャーになりつつありますが、いかんせん、我々の好みからすれば、絶対的に抹茶風味が足りなさ過ぎ。
Peet'sのMatcha Latteは、いつもワンスクープ余分に抹茶を足してもらってます。が、まだ足りない。
日本の抹茶スイーツは、きちんと抹茶風味が味わえるのが嬉しいでありますな。
ビッテでも抹茶味、出してくれないかなー。

* * * * *

【イベント】

IMG_7471

最新日記を先に、となると、先週末のビアフェスティバルの記録かな。
Sarahさんご夫妻にお誘いいただいて(大感謝)、うちから3時間ぐらい北上したところにあるMendocinoのBoonvilleという町まで行って、にぎやかに泡と屋台メシの祭典を楽しんできたですよ。

メンドシーノって、何回か聞いたことがあるのですけど、確かかなり健康意識の高い市だったような。
ローフードの先駆者的な学校の近くの町で、生徒さん達はこちらに週末お出かけしたりして、学校内でも学校外でも、安心してオーガニックフードを楽しめるとか何とか。
誤情報だったらすみません。

ってなわけで、一度行ってみたいと思ってた町に、まさかビール祭りで行くことになるとはなあ。
人生、何が起こるかわからないもんですな。(なんのことやら)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-05-07 01:35 | Trackback | Comments(2)

素材第一ではあるけれど

「人間が人間である中心にあるものは、
科学性でもなければ論理性でもなく、理性でもない、情緒である」
   ----- 岡潔
       (日本人、数学者、1901年4月19生まれ)



     IMG_7135

もう随分前のことになりますが、Stanford Shopping Center内に、源吉兆庵がオープンしましたね。
サンフランシスコ店がオープンしたのは、何年前だったかなあ。
結局行ったことはなかったのですが、南に進出してくれたおかげで、訪問することができたです。

が、どら焼き2個セットが$8.60とか。
小さな桜餅が、1個$3.60とか。
値段はうろ覚えですけど(衝撃のあまり)、美しい姿に見合った、いや、それ以上のお値段に、ビンボー人の目はチカチカするばかりでございましたよ。

どういう人が買っていくんだろうなあ。



* * * * *

【レストラン】

IMG_7383

スタンフォードショッピングセンターの話が出たので、そのまま、新しいカフェの訪問記録を、2件続けていっちゃうよ。
前に行ったあのお店を含む一帯が、なんというか新規拡張された感じになったんだよね。

あのお店が野菜多めなら、もう一軒は名前からしてグリーンだよ。
今度も、大好きなKさんと一緒に、トライしてみたんだよ。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-04-19 15:50 | Trackback | Comments(0)