タグ:読書 ( 266 ) タグの人気記事

海から生まれた僕達は

「私たちの最大の弱点は諦めることにある。
成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ」
   ----- トーマス・エジソン
       (アメリカ人、発明家、1847年2月11日生まれ)


今日読んだツイート。
マックで初めて「客は神様だろ!」って怒鳴ってる人見たんだけど、
その怒鳴られてる店員が即答で「他の神様の御迷惑になりますので」って言って
一瞬で論破してて思わず笑ってしまった

こおゆう人に、私はなりたい。

* * * * *

【読書】

IMG_3174

ずっと前に、「自分の食主義」みたいなことについて、書いたことがありました。
その後、コメントで、
川島栄養学に近いですね」
というお言葉をいただいた覚えがあって、検索してみたのですが、残念ながら見つからず。自分のブログが、一番わけがわかりません……

何にせよ、私が川島先生のお名前を教わったのは、その時だったと思うのです。

そして最近になって、マクロビ友のerinちゃんから、やっぱり同様に、川島栄養学と似てますね、と言われまして。
erinちゃんがちょうど本を持っているということで、貸していただいたのでございますよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-02-11 11:33 | Trackback | Comments(10)

若い葡萄の見る夢は (4)

「自分自身をコントロールすること。それは激情を抑えることではない。
激情を自分に起こさせない能力をいうのだ」
   ----- ジャック・ニクラウス
       (アメリカ人、ゴルファー、1940年1月21日生まれ)


「わずかな睡眠不足でも、飲酒運転と同じぐらい脳の働きを損なうおそれがある。酔いが深まるのと同様、疲労がたまるにつれて、人は進んで危険を冒すようになる」

「隠し場所はふつうでないほうが記憶に残ると一般に信じられているが、それはちがう。珍しさは隠し場所を覚えやすくしない。逆に忘れやすくするのだ」

「人の顔を覚えていたければ、はじめて会ったときに『この人は善良そうだ』とか『くせ者らしい』などと人格判断を下してみるといい」

「人間は、誤りを犯しそうなときは、むしろ『行動を起こさない』という誤りを犯すほうを選ぶ」

「人はなんらかの形で自分が不正をしていないことを証明すると、その後の作業でもっと不正をしやすくなる」

「重度の四肢まひをもつ人の93%は『生きていて良かった』と答え、84%が『自分の生活は平均以上』と考えている。重度の心身障害者も同じぐらいの幸福度だと答えている」

    ----- ジョゼフ・T・ハリナン著 「しまった! 「失敗の心理」を科学する」

Amazonのレビューでも、面白い分析が沢山書かれてて、うわー、読んでみたい、読んでみたい。

で、これを読んだら、少しでも失敗を減らすことができるのでしょうか。(そこが肝心)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_1662

続いて3軒目、Merry Edwards Winery
ちょっとした工場のような建物を周ると、オフィスとテイスティングルームの入り口が。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-01-21 04:41 | Trackback | Comments(6)

若い葡萄の見る夢は (1)

「無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、
或る経済大国が極東の一角に残るだろう」
   ----- 三島由紀夫
       (日本人、作家、1925年1月14日生まれ)


「幸せなふりでは唇の周りの筋肉がつりあがっているが、頬や目の周りの筋肉の変化は少ない。本当に幸せな時は、唇の周りの筋肉と頬の筋肉がつりあがり、目の周りの筋肉も外側に向かって動く」

「実際に性格が似ているか否かは結婚生活への満足度とはさほど相関を示さないのに対し、夫婦自身が似た者夫婦だと思っている度合いは、結婚生活の満足度と相関している」

「アメリカ人では、幸せと誇りとの相関関係が強かったのに対し、日本人では幸せは親しみなどの協調的対人的感情との相関が高かった」

「アメリカ人では「幸せ」から誇りなどの独立的感情が頻繁に連想されたのに対し、日本人では誇りよりも周囲の人間との調和などが頻繁に連想されている」

「『罪悪感』は、アメリカでは非常に嫌われている感情であるが、日本や中国では、望ましくはないが、必ずしも嫌われるべき感情とは見なされていない」

    ----- 大石繁宏著 「幸せを科学する 心理学からわかったこと」

「目が笑ってない」という言葉は良く聞きますが、なるほど、そおゆうことでありましたか。

* * * * *

【ベーカリー】

IMG_1600

みぎやを開くようになって、夜のお客様が増えて、となれば、お酒の消費量が上がるのだ。だって、大人だから。
ひいては、ワインの消費量が上がったのだ。だって、カリフォルニアだから。

ワインとは、ハイソな方々がグラスを傾け、このボディが、香りが、味わいが、と優雅に感想を言い合うという、教養色豊かな一幕が浮かんでくるのだけども。(貧想像力)
生来の味覚音痴に加え、酒飲みでもない私が、そんな世界に足を踏み入れられるわけがなく。
周囲にワイン好きな友人が何人もいる、という、ありがたい環境に在りながら、彼女達のお薦めワインをいただいたところで、美味しいと思うか、好きか嫌いか、は言えても、それ以上は薀蓄のカケラも吐けません……

まあ、それならそれで、その範囲内で楽しんだらいいんじゃね?
と、開き直ったわけではないのだが、ここに至ってようやく、ワイナリーツアーというものに行ってみることになったのだ。
今まで一度も行ったことがないわけではないけど(えーと2~3回……)、なんというか、少しは意識を持って出かけるのは、これが初めて。

ゆみたちさんという、すんばらしいガイドさんの案内の下、Dr. Hoshiご夫妻、ぷらす、旦那とアタシ、というメンバー。
Dr.の運転に甘えながら行った道中の、なんて楽しかったことったら。
あいにくのお天気であったけれど、車中でお店で、わはは・うはは、と笑いっぱなしの一日ツアーだったのだよ。


     IMG_1571

コースは全て、ゆみたちさんにおんぶに抱っこ。(愛)
ソノマエリアで、ワイナリー4軒にベーカリー3軒という、盛り沢山なツアーだよ。

まず1軒目のベーカリーで、週末ブランチとしゃれこんでから。
ここが、とっても美味しかった。どのぐらい美味しかったかとゆうと、後日、お嬢と旦那で再訪したぐらい。(それがなんだとゆうのだ)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-01-14 14:45 | Trackback | Comments(4)

繋ぐ旅路に果てはなく

「酒樽の栓が抜けたときに、誰しも慌てふためいて閉め直す。しかし底が緩んで少しずつ漏れ出すのには、多くの者が気づかないでいたり、気がついても余り大騒ぎしない。しかし、樽の中の酒を保とうとするには、栓よりも底漏れの方を大事と見なければならない」
   ----- 岩崎弥太郎
       (日本人、実業家・三菱財閥創業者、1835年1月9日生まれ)


ひっっっさびさに、読書&料理ブログ、更新しました。
料理ブログ : もろきゅう、あたりから
読書ブログ : 読書記録:2012年11~12月


読書といえば、前回日記で悦ちゃんがコメントをくださった中にある、「大笑い」の元は、こちら(↓)です。

 【これはすごい】福井県立図書館の「覚え違いタイトル集」が秀逸すぎる


読書って、想像力を養う為にも素晴らしいものですが、
そのプロでいらっしゃる司書さんは、正に想像力の限りを尽くさなきゃいけないお仕事でもあったのですねえ、としみじみ。
私もがんばろう。(ナニを)

* * * * *

【アクティビティ】

     IMG_2612

ようやく昨年10月分の日記が終わったところでございますが、年末に行った展覧会の記録を先に。
2月初旬までなので、もしかしてご興味のある方がいらっしゃるかもしれませんので。

お嬢がこちらに来たら、一緒に行こうと決めていたその展覧会は、小さな、小さな規模のもの。
しかしその中身には、71の作品、71名のアーティスト、12の国々、そして、4年半という月日が詰まってます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-01-09 11:33 | Trackback | Comments(10)

私を聴いて、私と歌って (8)

「主役とはどういうものか。ドラマでは条件が二つある。
一つはトラブル解決能力。もう一つは人生を持っていることだ」
   ----- ジェームズ三木
       (日本人、脚本家、1935年6月10日生まれ)


「必ず『正解』があるような教育を人々が求めるようになったとき、
『正解』も『誤り』もなく成立していた『知』が弱体化していったのである」
   ----- 内山節著 「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」より

大義名分に寄りかからなければ立っていられないという危うさと、
「どれが正解か」「どちらが上か」を常に気にしなければ立っていられない不安定さ。

どんなに気に入らない人でも、年長者は敬うこと。
食事は、「いただきます」で始まり、「ご馳走様」で終わること。
理屈ではなく、そう在るべき、と思うことは、特に子供時代にこそ、教えていきたいものでございます。

* * * * *

【雑事】

IMG_8790

ゆかさんが語る、Hand in Handの子育てシリーズ。
いよいよ、最後のまとめに入ります。

※ これから書いていく内容は、尊敬する友人であるゆかさんからの伝聞です。
ですが、一々伝聞形式で、「~だそうです」と書いていくのは限界がありますので、さも自分が言ったかのような断定調になりますが、どうか平にご容赦下さいませ。
そして、何か間違いなり、未熟な説明なりがあった場合の責任は、全て私にありますことも、どうぞお心に留めておいていただければ、幸いでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-06-10 14:13 | Trackback | Comments(10)

私を聴いて、私と歌って (7)

「私達の人生は、自分がどのように世界を見ているかで決まります」
   ----- シャーリー・マクレーン
       (アメリカ人、女優、1934年4月24日生まれ)


「正しい行ないをするうえで不可欠な前頭葉は、発育を終えて安定するのがかなり遅い。
完全に発達して精密に働きはじめるのは、20歳をかなり過ぎてからだ」
   -----  バーバラ・ストローチ著 
     「子どもの脳はこんなにたいへん!キレる十代を理解するために」

昔の子供に比べて現代の子供は、前頭葉が未熟だからキレやすい、という話は良く聞きます。
今では当たり前になった携帯ゲームですが、あれで例えば囲碁をやっても、実際に対面してゲームをするのとは違って、実は前頭葉を使っていない、らしいんですね。

前頭葉に損傷を受けると、人格が変わって大変怒りっぽくなったり、知的な作業ができなくなったり、といった症状が見られること。
過去、精神疾患の治療の為に行われたロボトミー手術などが思い起こされます。

子供の間に、脳をいかに健全に育てるか。
諸説色々ありましょうが、それだけ大切なことという認識は、共通です。

賢い子供に育てるには前頭葉を鍛えることが重要

* * * * *

【雑事】

     IMG_7220

ゆかさんが語る、Hand in Handの子育てシリーズ。
今回は、子供の脳のお話です。

※ これから書いていく内容は、尊敬する友人であるゆかさんからの伝聞です。
ですが、一々伝聞形式で、「~だそうです」と書いていくのは限界がありますので、さも自分が言ったかのような断定調になりますが、どうか平にご容赦下さいませ。
そして、何か間違いなり、未熟な説明なりがあった場合の責任は、全て私にありますことも、どうぞお心に留めておいていただければ、幸いでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-04-24 10:43 | Trackback | Comments(9)

背負う荷物は誰ゆえに

「軽い荷物にしてほしいと願ってはいけない。強い背中にしてほしいと願わなくてはならない」
    ----- フランクリン・ルーズベルト
        (アメリカ人、政治家・第32代大統領、1882年1月30日生まれ)


「自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う必要はありませんよ。サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中で咲かない。シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、誰がシロクマを責めますか」
          梨木香歩著「西の魔女が死んだ」より

いじめを受けて苦しんでいた主人公のまいに、おばあちゃまが言ってくれるこの言葉は、本当に胸に染みました。

ですが、この言葉を、素直に自分に言ってあげられない時があるのです。
逃げてない? 本当の問題から、目をそらしているだけじゃないと言い切れる?
楽になりたい、と思いながら、自分に問いかけてしまう時があるのです。

問題を直視せず、掘り下げることもせず。
それは、その時は楽になっても、結局先延ばししているだけで。
たとえば心の病の場合、治癒する為には、罹っていた時間の、倍の年数が必要なように。
先送りになればなるほど、問題は大きくなるばかり。

かと言って、それが本当に必要なことなのか。避けずに受けるべきものなのか。
まず考えるべきなのは、”避難”と”逃避”の間の線引き、だとしたら。

それは果たして、自分一人で判断できるものなのか、とも思い。
こういう時に相談できる友人がいることに、目を瞑って感謝して。
彼女達のことも背負えるだけの背中になりたい、と願うのです。


話は変わって、お嬢にルーズベルト(FDR)の言葉について話したところ。
彼女が忘れられないFDRの言葉とは、以下のものだそうですよ。
中学の修学旅行で行った、ワシントンD.C.にあるFranklin Delano Roosevelt Memorialに飾られた言葉です。

“I have seen war. I have seen war on land and sea. I have seen blood running from the wounded. I have seen men coughing out their gassed lungs. I have seen the dead in the mud. I have seen cities destroyed. I have seen 200 limping, exhausted men come out of line—the survivors of a regiment of 1,000 that went forward 48 hours before. I have seen children starving. I have seen the agony of mothers and wives. I hate war.”
          ― Franklin D. Roosevelt

* * * * *

【買い物】

IMG_6386

サンフランシスコで、「今、Missionエリアが熱い!」みたいに言われて、続々と新しいお店が建っているのは、エリア全体が再開発されているから、らしいのだな。
あのベーカリーあのカフェなど、好きなお店が何軒もミッションにあって、確かに何回も行きたくなるエリアであるのだな。

で、どうせなら、良い雑貨屋さんに会えればなあ、と思ったので。
Four Barrel Coffeeに行った時、ゆみたちさんにお付き合いいただいて、しばらくお散歩してみたよ。
一人でぶらぶらするのも好きだけど、大好きな人と一緒だと、もっと世界が輝いて見えるよね。(ぽっ)

以前のFilmoreHayesに引き続き、Valencia Streetの、ほんの一部(ここ重要)のお店の記録だよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-01-30 10:04 | Trackback | Comments(18)

滋養を込めた応援歌 (前)

「空気の前には道理が引っ込む」
    ----- 山本七平
        (日本人、評論家、1921年12月18日生まれ)


        かぜの科学 

ジェニファー・アッカーマン著 「かぜの科学―もっとも身近な病の生態」

お嬢の学校が、冬休みに入りました。
ぐっと寒さが増した昨今、被災地で避難所生活を送られている方々のご健康が、ますます気になるところです。

と思っていたところ、上記の本がふと目にとまったので、ちょっと検索させてもらったら、色々とオモシロ風邪情報がつまってるんですね。
Amazonでのレビューに加えて、以下の方々のご感想が、とても参考になりました。ありがとうございました!

 「本のキュレーターブログ」さん
 「新井文月ブログ アートで明るく」さん
 「君とぼくと一杯のコーヒー」さん


風邪にかからないようにする予防策として、
* 正しい予防策:睡眠をよくとる、控えめな飲酒、禁煙、手を洗う
* 誤った予防策:暖をとる、免疫力を高める、サプリメントやビタミンCの摂取
* 知られていない予防策:社会的ネットワーク(多様な人との接触)
が挙げられていたのですけど、この最後の「社会的ネットワーク」がわからないー。
「社会的ネットワークが広い人(婚姻や仕事、さらには地域・社会・宗教関係をとおしてさまざまな対人関係のある人)は、社会の輪が小さい人に比べて風邪をひくことが少ない」
のだそうですが、ネットワークが広い=外に出る機会が多い、と考えれば、ウイルスに罹患する率は高いんじゃないの?と思うんですが、一体どういう理由から。
せいぜい、そうやって沢山罹って、身体に記憶させて抗体を作る、ぐらいしか思い浮かびません。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_5989

菜食になって以来、家族でただ独り、風邪らしい風邪をひいていなかった私。
それが今年の冬は、数年ぶりに風邪症状。痰がからんだ咳が数日続き、今でも少々残ってる。
私でさえこうなんだから、激務の旦那や睡眠不足のお嬢は、更に大変だったことは言うまでもない。

こういう時こそ、家でのお手当て、と思うのに。そんな悠長なことはゆってられん、とばかりに、旦那はガンガン市販薬頼り。
仕方がないよなあ、と思いつつ、それを止めることができるほど、お手当てに自信もなし。自分だけだったらやってみるんだが、なー。

そんな時に、タイムリーにもマクロビクラブで、「風邪のお手当て」のワークショップが開催されたのだ。
主催者で講師のゆかさんの、さすがというほかない企画。
ぜひっ!とソッコーで参加申し込みして、先日行ってきたのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-12-18 10:29 | Trackback | Comments(4)

引き寄せたのには理由がある

「大人というものは、どんなに苦労が多くても、自分の方から、人を愛していける人間に、なることなんだと思います」
    ----- いわさきちひろ
        (日本人、絵本作家、1918年12月15日生まれ)


「石器時代にいちばん上手な繁殖行動をした人間の脳の配線が、現代の人類にも標準搭載された。この求愛回路は一般には『恋愛』と呼ばれている」

「女児は無表情に耐えられない。無表情を向けられるのは、自分が何か間違ったことをしたしるしだと受けとる。自分のすることが間違っていなければ、期待どおりの反応が返ってくるはずだと思う」

「コウモリがネコやイヌにも聞こえない音を聞きとるように、女児は男児よりも声の可聴周波数や聞きとれる音調の範囲が広い

「女性の悲しげな顔という微妙な信号を男性が読みとる確率はわずか40%だが、女性のほうは90%である」

「閉経期の女性たちはうつのリスクが通常の14倍に上る。閉経期の終わり、閉経の2年ほど前がとくにリスクが高い」

「男子が、十代になるとどうしてこんなに寡黙になるのか?脳が睾丸から放出されるテストステロン漬けになるためだ。テストステロンは会話や社交への関心を低下させる」

「十代の男子が大人と話をしたがらないのは、言葉のはしばしや表情から、心も身体も魂も性的な関心事に占領されていることを見すかされるに違いないと思っているからだ」

「女児の場合、目を合わせ、相手の表情を見つめる力は、生後3ヶ月あまりで400倍にも成長するが、この間、男児が相手の表情を見るスキルはまったく向上しない

ローアン・ブリゼンディーン著、「女は人生で三度、生まれ変わる―脳の変化でみる女の一生」からの抜粋、を読みました。
この本、読んでみたーい!(色々とウケてます)

* * * * *

【レストラン】

IMG_5697

前回に引き続き、1ヶ月前の日記から。(開き直り)
frogfreakさんとご一緒した、とあるカフェの話をね。

以前に行ったオークランドのフードフェスティバルで、運良く巡り合えた、Starter Bakery
名物と聞いていたKouign Amannが、実際美味しかったので、他のも食べてみたくなり。
こちらのカフェに卸しているそうなので、美味しいコーヒーも求めて行ってみたよ。
このカフェ、Los Gatos店には行ったことがあるのだけど、日記には書いてなかったなー。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-12-15 13:20 | Trackback | Comments(8)

互いに出す手と、受け取る手

「雄弁は銀なり。沈黙は金なり」
    ----- トーマス・カーライル
        (イギリス人、思想家、1795年12月4日生まれ)

読書ブログ更新 : 「シブミ」(上・下)

あまりにあまりのお久しぶりっこ更新に、すでに書き方さえも忘れてしまったです……

タイトルの「シブミ」は、文字通り、日本語の「渋み」を指しています。
主人公に対し、育ての父である日本人将校が、”渋み”とは、”渋み”を備えた人間とは、ということについて、語るシーンがあるのですね。
以下、アレンジした抜粋を。

「シブミという言葉は、ごくありふれた外見の裏にひそむ、きわめて洗練されたものを示している。この上なく的確であるが故に目立つ必要がなく、激しく心に迫るが故に美しくある必要はなく、あくまで真実であるが故に現実のものである必要がないことなのだ。
シブミは、知識というよりはむしろ理解をさす。雄弁なる沈黙。人の態度の場合には、はにかみを伴わない慎み深さ。(中略)そして、人の性格の場合には……なんといったらいいか? 支配力を伴わない権威、とでもいうのかな? なにかそのようなものだ」
「人はどのようにしてそのシブミを達成するのですか?」
「達成するものではない……発見するのだ。それに、発見しうるのはごく少数の最高度に純化された人々だけだ。
知識を通り抜けて単純素朴な境地に到達しなければならない、ということなのだ」

日本人でありながら、”渋み”にここまでの意味を考えたことはありませなんだ。
脳裏に浮かぶのは、高倉健さんです。って、全て台無し発言。

* * * * *

【イベント】

IMG_5564

感謝祭の時にいただいた、ゆみたちさんの美味しいワイン。
どこで購入させてもらったかというと、実は楽しいプライベートマーケットにて、なのだ。

マクロビオティッククラブ主宰のゆかさんが、またまた素敵な企画を立ててくださって。
「おすそわけ」をコンセプトに、自分が作ったものを他の方にお分けして、そして自分もいただくという、機会と場所の提供を。
だから最初は、品物を”購入する”のではなく、自分が出すものとの”物々交換”を行う予定であったのだ。

以下、ゆかさんのお言葉から引用。
「内山節さんの著作に、農村の習慣である贈答とお返しは、各自の畑によって作物が違うのだが、多く獲れた作物を『おすそ分け』していくうちに、集落内の各家庭に全種類の作物が平等に行き渡るようになる、うまい仕組みだと書いてありました。
いわば物々交換ですから、貯金は増えません。でも、生活は豊かになります。食材の種類が増えるし、その野菜の向こうには作った人の顔が見えます。食卓の上に並ぶおかずから、共同体に所属している安心感を得られます」

日常で、自分が手作りしているものを持ち寄って。
皆さんの素敵な品々、ぜひ欲しい。だったら、自分も何か出さなくちゃ。
そう思って、うんうん悩んで、ささやかなものを出すことにしたんだが。
他にもそう思われたメンバーも多かったようで、商品を出さない人でも購入できる、という形に変更に。
但し、あくまでメンバー限定のプライベートセール、そして基本は、事前予約のあった注文のみ、ということでね。

商品提供メンバーは、私も含めて8人。
マーケット開催日の数日前に、ゆかさんがニュースレターを通じて、クラブメンバー全員に、注文予約の呼びかけを。
集まった注文分+αを用意して、開催場所のゆかさん宅に集合したのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-12-04 12:58 | Trackback | Comments(12)