タグ:映画 ( 60 ) タグの人気記事

その地図は多彩な色に満ち

「すべての物を失っても耐えられる心。
また出直せばいいと思える強さ。
何事にも動じない自分。そうした内面のしなやかさを持つことが、
幸せな人生を歩む上での糧になると私は思っています。」
   ----- 柳田邦男
       (日本人、作家、1936年6月9日生まれ)
   (※差し替えました、申し訳ありません!)


     IMG_3806

日本滞在中、Rogiさんと映画を観に行った後、映画館の地下にある、無印良品のカフェに行きました。
この時まで、無印がカフェを運営している、ということも知らなかったので、大層驚いた田舎モンでございます。


     IMG_3807

天井が高く、広々とした店内は、それこそ無印で販売されているに違いないテーブルや椅子、食器が揃えられていて。
女性のお客様も多かったのは、メニューの内容からも納得。
ガラスケースの中に並んだおかず類から数品選ぶ形の食事は、量より栄養バランスを考えるれでぃ達に、好評なのでありましょう。


こちらベイエリアでも、昨年サンフランシスコに、そして先日はサンノゼに店舗をオープンした、MUJI USA
円換算すると、どうしてもお高くなってしまう為、まだ訪問しておりませんが、
当分日本に行く予定もない今、恋しくなったら、買いに行ける距離にMUJIがある、というのは、大変ありがたいことでございます。


Café & Meal MUJI (新宿)
〒160-0022 新宿区新宿3-15-15 新宿ピカデリーB1F

* * * * *

【映画】

     IMG_3805

日本滞在記の最後は、Rogiさんと観に行った映画について、です。
新宿の映画館に行ったのですが、これがまた綺麗で清潔で、映画のみならず、そんなところにも感動した日でありました。

タイトルは、「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」
アメリカはNYに住むドロシーとハーブ・ヴォーゲル夫妻と、彼らのアートコレクションを追った、日本の佐々木監督による、ドキュメンタリー作品です。
厳密に言えば、こちらは実は、「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」という映画の続編にあたるそう。
各国の映画祭で様々な賞を受賞した前作ですが、無知な私は全く知らず。

なので、本来は前作を観てから、の方が良いのかもしれませんが、この作品だけでも、感動ポイントが沢山。
Rogiさんが誘ってくださったおかげで、素晴らしい作品に出会うことができました。(愛感謝)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-06-09 11:01 | Trackback | Comments(10)

近くて遠くて、また近く

「最初の教育者は空腹である」
   ----- マックス・ウェーバー
       (ドイツ人、社会学者、1864年4月21日生まれ)


料理ブログ読書ブログ、月イチ更新済みでございます。


     IMG_3479

今回の日本行きの飛行機で見た映画。
旧機体のユナイテッドは大変しょぼくてですね(暴言)、共有スクリーンで強制放映なので、好きなものを好きな時間に見る、というわけにはいかず。
特にめぼしい作品もなく、せいぜい「007 Skyfall」「Life of Pi」ぐらい。

しかし、この「Life of Pi」、良かったです。
切なくて苦しくて幻想的で、最後は、そうか、そっかあぁ、みたいな。

と、お嬢に再会してから話したら、彼女がひょい、と本棚から取ってきたのが、↑の本
えーっ、原作持ってたの!? と聞いたら、小3か小4ぐらいの時、ママが私に買ってくれたじゃん、と言われて、再び、えーっ!
そう言われれば、表紙の絵だけは見覚えがあるような。しかし家にあっても、英語だというだけで、私は手にも取らないし。(殴)

笑ったのが、お嬢が履修した英語のクラス、最初の教材が、なんとこの本だったそうで。先生、流行りものがお好きな模様。
テキスト買わなくて良かったね、と爆笑です。
が、その後の本が「蠅の王」だと聞いて、お嬢撃沈。前に読んだ時、トラウマになりかけたんだったよね……


ところで、飛行機の中の映画は、原語のままか吹き替えかを選ぶようになっておりまして。
最初「Skyfall」を英語のままで見始めたんですが、イギリス英語もわからねえぇ、と泣いて、途中から吹き替えで鑑賞。(負け犬)
「Life of Pi」も同じだろ、と吹き替えにしたものの、途中で原語も知りたくて切り替えたところ、
主人公パイのインド訛り英語が、かなり聴き取りやすくて、我ながら驚愕いたしました。

クイーンズ・イングリッシュより、インド英語や中国英語。
ベイエリアにいると、そんなものなんですよ。(おい言い切るな)

* * * * *

【レストラン】

     IMG_3412

ゆみたちさんから、近くに美味しいビルマ料理のお店ができたから、一緒に行こう、というお誘いをいただいた。
え、え、ビルマ料理、大好きです。
でも、あのお店はサンフランシスコオークランドで遠いので、バーリンゲームのあちらに、たまに行くのが楽しみだったんだけど。
近くにできたのなら、すごく嬉しい、嬉しいなあ。

お店の場所は、あのエチオピア料理のお店の隣。
ゆみたちさん、Mikaさん、Sちゃんと、4人でいそいそと、女子会@ビルマレストラン、だよー。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-04-21 10:48 | Trackback | Comments(8)

それでも明日への歌を持て

「純粋さとは、汚れをじっと見つめうる力である」
   ----- シモーヌ・ヴェイユ
       (フランス人、哲学者、1909年2月3日生まれ)


「映画とは国と国の垣根をなくすことね。
映画とは世界の言葉を持っていることね。
映画とはみんなが見るものね。
映画とは人間を知ることね。
これほど人間について教えてくれるものはないのね」

映画評論家の淀川長治さんのお言葉です。
氏の、あの温かく、ちょっと舌足らずな言い方で、頭の中で再現してみるのです。

* * * * *

【映画】

     les_miserables_ver11

映画「Les Miserables」を観に行って参りました。
昨年8月に観た舞台の感動の余韻が、まだ仄かに残っているような。
そんな時だったので、ちみっと心配もしていたのですよ。舞台と比べて、アレコレ思ってしまうのではないかと。

ですが、そんなセコい心配はどこへやら、の大感動をもたらしてくれちゃって、本当に良い映画でありました。
ティッシュを何枚使ったかなー。(ぢーん!)

続きの戯言(ネタバレ注意!)
[PR]
by senrufan | 2013-02-03 05:03 | Trackback | Comments(6)

ぶれることなく本道を

「高く堅固な壁と卵があって、卵は壁にぶつかり割れる。そんな時に私は常に卵の側に立つ」
   ----- 村上春樹
       (日本人、作家、1949年1月12日生まれ)


前回日記で宮崎駿氏の話を書いた翌日かな、日本では、ジブリの「コクリコ坂から」が、TV放映されたのですね。

こちらの原作、高橋千鶴さんのマンガは、実はリアルタイムで読みました。はい、年寄りです。
あの頃は高橋さんが好きで、結構読んでいたのですよね。
なので、ジブリ作品ということで、見てみたくないわけではないのですけど、
どうしても原作のイメージが強くて、見てもきっと違和感を覚えるような気が。

それを言うなら、その前の「借りぐらしのアリエッティ」にしても、原作のメアリー・ノートンのシリーズ全作を愛読していた私には、なんともフクザツな思いがしたものです。
まあ、見たくても見られない海外暮らしなんですが。
でも、土曜に放映だったONE PIECE映画は、母に録画を頼みました。(聞いてねえよ)

「ハウルの城」にしても「ゲド戦記」にしても、やっぱり原作贔屓になってしまうワタクシ(大迷惑)、
宮崎駿氏作品が好きな理由には、オリジナルストーリーであるという点も、決して無視できない要素なんだろうなあ、と思います。


今夜金曜ロードSHOW「コクリコ坂から」に宮崎駿と宮崎吾朗の熱いぶつかり合いを見よ

しかし、その宮崎氏の下で監督をまかせられた宮崎吾朗氏にとっては、そんなことまで聞いてられるか!って感じなのでありましょう。
親御さんが偉大なことは、幸いであり、また試練でもあり。
これがただの老害だと、もっと辛いだろうなー。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_2629

SKETCHTRAVEL展を堪能した後は、ユニオンスクウェア付近をうろうろと。
巨大ツリーを中心に、この時期のイルミネーションと街の喧騒を楽しんで。

お嬢が、大学合格祝いにはUbuntuに行きたい、とずっと言っていたのだけど、なんと、かの名店は、どうやら閉店してしまったらしく。
これはお嬢も私達も、大ショック。ほんとに、ほんとに、素晴らしいお店であったのに……(さめざめ)

次候補として予約したのは、とっても久しぶりのベジタリアン・レストラン、Millennium
Ubuntuは大層残念だけど、こちらを再訪できるのは、正直嬉しいよ。
ユニオンスクウェアから数ブロックの距離を、のんびり歩いて行ったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-01-12 11:28 | Trackback | Comments(0)

胸に響くは彼の調べ

「痛みは一時的なものだ。その痛みは1分続くかもしれない。1時間続くかもしれない。1日続くかもしれない。1年続くかもしれない。でも、最終的には痛みは治まり、別のものがそれに取って代わるだろう。だが、ここで諦めたら、それは一生涯続く」
   ----- ランス・アームストロング
       (アメリカ人、サイクリスト、1971年9月18日生まれ)

* * * * *

【映画】
b0059565_5525597.jpg

映画「Fiddler on the Roof (屋根の上のバイオリン弾き)」を観に行って来ました。
公開が1971年のミュージカル映画で、上映時間が179分という大作、アカデミー賞3部門受賞。
元々はどなたもご存知の通り、NYで舞台化された人気ミュージカルで、日本でも森繁久彌主演で900回上演という記録を作り、現在でも上演が続いているのですね。

それだけの人気作でありながら未鑑賞だった私、最初は舞台を観に行こうと思ったのですが、ちょうど上映会の知らせを目にしたので、お嬢と一緒に訪れてみたわけです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-09-18 07:50 | Trackback | Comments(6)

さては胡蝶の見る夢か

「君子は幅広く読書して、礼によって身を修めれば、道に迷うことはない」
   ----- 孔子
       (中国人、思想家、紀元前551年8月28日生まれ)


エキサイトブログでは現在、「アクセスアップ講座」というのを連載(?)でやっています。
ただ今アップされているのは、
「第2回 アクセスアップ講座:アクセスされやすい日記タイトルのつけ方」

■具体的な記事タイトルをつけよう!

例)
× 花火に行ったよ!
○ 隅田川花火大会に行ったよ!
「花火に行ったよ!」だと検索エンジンで「花火」で検索された方に見てもらうチャンスはありますが、「隅田川 花火」で検索された方には訪問チャンスを失う可能性があります。

■アクセスを誘う記事タイトルをつけよう!

例)今年の夏休み1番の思い出は?
「夏休み」など検索数の多い文言を盛り込みつつ、?で終わらせると、ついつい読んでしまいたくなるブログ記事になります。
具体的な「隅田川花火大会」などの具体的なキーワードは、記事中に入れるのは是非おこなってください。


……私の日記タイトル、史上最低見本の自信ある。

* * * * *

【映画】
b0059565_849812.jpg

映画「Inception」を観に行って来ました。
夏休みで日本から遊びに来てくれた、Rogiさん母娘と一緒に。(歓喜)

例によって例のごとく、何の下知識も持たない鑑賞だったのですが、今回は珍しくそれを後悔しましたですよ……
勿論、英語がわかんねええ、という不治の病もあったんですが、それ以上に、なんじゃあこらあ!! (by松田優作)と叫びたくなるほどの複雑怪奇っぷりの内容に、あとで入ったレストランで、娘達の解説を一から仰ぐ羽目になりましたです。うう、不甲斐ない母ちゃん達を許して。
こんなことなら、ネタバレ歓迎で色々漁ってから行けばよかったよー。

しかし娘達はさすがというか、全く白紙で行ったにも関わらず、すごく楽しんでいた模様。
お嬢は、友達から勧められていた通り面白かった、とご満悦。ちくそう。

続きの戯言(ネタバレあり、注意!)
[PR]
by senrufan | 2010-08-28 12:09 | Trackback | Comments(14)

背負う景色は無限大

「征服するのは山ではない、我々自身だ」
   ----- エドモンド・ヒラリー
       (ニュージーランド人、登山家、1919年7月20日生まれ)

* * * * *

【イベント】

     IMG_0407

夏至は過ぎたとはいえ、まだまだ日の長いこの季節ならでは。
夜の野外での映画上映会に行ってまいりました。

場所は、地元の誇り(と言っておこう)・スタンフォード大学
構内に、お嬢と私のお気に入りの美術館があるのですが、そちらの庭での上映だったのですよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-07-20 11:58 | Trackback | Comments(10)

織り成す模様に目を凝らし

National Day (U.A.E.)
Independence Day (Laos)


ありえないもの。
ベジタリアンの吸血鬼

映画「The Twilight Saga:New Moon」の広告を見ながら思ったタワゴトです。


お嬢は学校の友達に、
「これを観に行って、思いっきり笑ってこよう!
と、誘われておりました。
……どおゆう位置づけなんだ、この原作&映画。

* * * * *

【レストラン】

DSCF1565

時はすでに12月。なのに、私が書くのは10月の(あああああ)
でも書くのだ、めげないのだ。
だって、大好きな先輩ママさん・やまばとさんとの逢瀬だもん。

夏にご一緒させていただいた時は、南の市のビストロでのディナー。
その時に、次回はここの近くにある、別なビストロで、と約束してたのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-12-02 11:19 | Trackback | Comments(8)

All you need is Love

Anniversary of Independence from Spain (Panama)
Eid al Adha (Islamic)


感謝祭(Thanksgiving Day)の連休でございました。
えーと、旦那は日本出張で不在でした。(……)

この連休に、LAからこちら方面に遊びにいらっしゃったアヤコさんとお会いすることができました。(大歓喜)(ハレルヤ)
ブログ上で知り合って以来、いつかお会いできたら、と願っておりましたが、それがこの時に実現しようとは。嬉し涙にむせんだことは、言うまでもありません。
実際にお会いできたアヤコさんは、背の高い、優しい笑顔とお声の素敵な方でいらっしゃいましたよ。ぢまん、ぢまん。

お会いできるだけで幸せだったのに、素敵なプレゼントまでいただいてしまって。
袋一杯の庭生りのレモン・柿・オレンジと、素敵なチョコレート。思わず拝んでしまいましたとも、ええ、真剣に。

        DSCF1746

LAで有名なスイーツショップ、Jin Patisserieのチョコレートです。(じ~~~ん)
こちらのチョコレート、実は以前、frogfreakさんの御宅でいただいたことがあったのですが。
その時に、シェフはアジア出身(シンガポール在住韓国人?)であること、
私達には嬉しい、アジアンテイストのスイーツを作ってること、
を聞いたのが、印象に残っていたのですね。
しかも後から知ったことでは、全日空のフライトアテンダントだった方、だとか。

その時も、珍しい、でも穏やかで美味なチョコに感心したのですけど、
改めて今回いただいてみたら、くーーっ、やっぱり美味しい! しかも美しい!
眼福・口福揃った贈り物に、しみじみ感動いたしましたです。パンもチョコレートも、Artisanってすばらしいなあ。

オンラインで知り合った方とお会いするのは、すごく楽しみであると同時に、むちゃくちゃ緊張することでして。
小心者の私は寸前になって、ああああ整形したいいいい、などとみっともなく慌てふためくのが常でございますが。(赤っ恥)
それでも、写真や言葉から思い描くお人柄と、実際にお会いして受ける印象とが結びついて、自分の中に、その人の”形”が出来上がるのが嬉しくて。
オンラインだけで、スマートにお付き合いするのも良いのですけれど、根本的に不器用なもので、叶うならオンとオフの双方で知り合えたら、と願ってしまうのです。

その分、こちらもアレコレと晒さなければならない、というイタタマレナサと引き換えではあるのですが……!(くっ…)


アヤコさん、お忙しいスケジュールの合間にわざわざ立ち寄ってくださって、本当にありがとうございました!
全くの不束者でございますが、これからもどうかお付き合いいただけますよう、心から願っております。(三つ指ついて)

* * * * *

【映画】
b0059565_1428278.jpg
       
映画「Michael Jackson's This Is It」を観に行って来ました。
2週間限定公開、ということだったので、思わず我が身に気合いを入れていたのですが(出遅れ鑑賞がデフォルト)、大好評につき、あちこちで公開延長になったのは幸い。
あれだけ色々叩かれても、やはりマイケルはマイケルでありました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-11-28 09:01 | Trackback | Comments(6)

Bon appetit!

以前に、腐女子の進化について書きましたが。
お嬢から、更に上があった、という情報が。
腐女子
 ↓
貴腐人
 ↓
汚超腐人
 ↓
老腐人
 ↓
腐老腐死
 ↓
腐死鳥となって蘇る


そんなになってまで蘇りたいかどうかは別として。

* * * * *

【映画】

b0059565_9501469.jpg
映画「Julie & Julia」を観に行って来ました。

予告編を観た時から、とても楽しみにしていた映画でありまして。
まずは監督・脚本が、私の大好きな映画「You've got mail」のNora Ephronということから始まって。
公開が始まったら、これまた良い評判があちらこちらから。
とどめに、みかしゃんayuminさんが、それぞれ素敵な感想を書いてくれたので。

これは行くのが運命だ。BGMも「運命」だ。
とばかりに、いそいそと友人と行ってきたですよ。


続きの戯言(ネタばれあり、注意!)
[PR]
by senrufan | 2009-09-04 09:46 | Trackback | Comments(10)