タグ:旅行 ( 230 ) タグの人気記事

翼の下で眠らせて

「隣人を愛するというのは、神がそれを要求するがゆえに正しいのではなく、
むしろ、それが自然として正しいことであるからこそ、神がそれを要求するのである」
   ----- フランツ・ブレンターノ
       (オーストリア人、哲学者、1838年1月16生まれ)


     IMG_6686

実家滞在も、もうじき1ヶ月になろうとしておるです。
大抵10日、長くても2週間弱が通常だった私にとって、これは今までの最長記録だな。(どーでもいい)
それもあと2日ぐらいで、一旦ベイエリアに戻る予定にしております。
……帰った日が、オバマ大統領の最後の日、かー……

これだけ長くいたにも関わらず、ほとんど外出らしい外出はせず。
できるだけ両親のそばにいたかったので、友達の誰にも連絡してませんし、お嬢は卒論の追い込みでゾンビになっていましたしね。
せめて運動不足を少しでも解消すべく、時々散歩ぐらいは。
つーても、4~5kmですけどね。(ショボい)

お嬢が卒論を提出した後、1泊2日で泊まりに来たので、その2日だけ、母ちゃんと遊んでくれたです。
1日目は鳥カフェでヨダレまみれになり(おい)、2日目は一緒に映画に行ったです。
付き合ってくれて、ありがとねえ。

ずっと家にいるわりに、相変わらず、じぇんじぇん日記を書かない生活。
せめて記憶が新しいうちに、鳥カフェ日記を書いておくですよ。

* * * * *

【旅行】

     IMG_7017

お嬢と私の大きな共通点、それは”鳥命(とり・いのち)”
まあ、私はお嬢ほどクレイジーじゃないけどね。(自己申告)
今まで2人で、あんなカフェあんなカフェで、うはうは・きゃあきゃあと熱狂したもんだ。

お嬢がずっと格闘し続けた卒論を提出し終わった翌日、うりゃああ遊ぶぞおおおお!! という彼女と一緒に、癒しの殿堂に行ったのさ。
最初はこちらに行こうかと思ったのだが、お嬢は以前行って、2時間並んだと聞いて。
ちょうど寒波が来ると言われてた日に、それは無謀というものだ。

で、ほかのカフェを探してみれば、お、前に行ったお店の別店舗、ネット予約ができるじゃないですか。
見るだけじゃなくて触れ合えるそうだし、これはこちらに決定だ。
わーい、久しぶりに鳥にまみれてきちゃおうぜー!(ヘンなニホンゴ)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-01-16 21:44 | Trackback | Comments(0)

さえぎるものがない場所で (6)

「普通の人が懐疑家だとか無信仰者だとか自称する時は、たいていの場合、
何事でも最後まで考え抜く気持ちのないことを覆い隠すただのポーズである」
   ----- トマス・スターンズ・エリオット(T.S.エリオット)
       (イギリス人、詩人・劇作家、1888年9月26生まれ)


Loma Fire: Wildfire In Santa Cruz Mountains Grows To 1,500 Acres

昨日は日本に戻るお嬢を空港まで送った後、やっぱりどうしてもこう、ぼけ~~っ……としてまして。
まあ、また1~2ヶ月以内に会えるはずなんですが。

山火事のニュースは途中で入ってきたものの、きちんと場所を確かめず。
そしたらなんと、tamachan宅の近くだということを、お友達からの連絡で知りました。
一体なにやってんだろ自分、と愕然です。

お友達のおかげでtamachanの無事を知り、ほっと一安心でありますが、まだまだ山火事は収まる気配がなく。
このエリアにお住まいの方々は勿論のこと、消防士の皆さんのことを思うと、胸が痛くてたまりません。
この国で消防士は大変尊敬される職業であることを、改めて深く納得する思いです。

山火事は、例えば松が種を飛ばす為であったり、何かの再生の印であるかのように、畏怖の念を抱くこともありますが。
大変ちっぽけな私の場合、それが何らかの命に被害を与えうるものである限り、やはり無事を祈らずにはいられません。
何かの意味がある、と言われても、それは全てが終わった後、様々なものが落ち着いた頃に、ようやく考えられることなのでは、と思うので。

とにかく、これ以上の被害が出ないよう、ひたすら祈るばかりでございます。
ほんと、情けないなあワタシ……

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

IMG_2176

Paw Holeを出て、またまたガッタガタの道を、ジープチェロキー君に揺られて進みます。
今度はCottonwood Coveという、South Coyote Buttesの北東側のポイントに車を停めて、誰もいない、トレッキングルートも目印も何も無いエリアを、さくさくと雪と砂を踏みしめながら進むのです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-09-26 09:57 | Trackback | Comments(0)

さえぎるものがない場所で (5)

「人の巧を取って我が拙を捨て、人の長を取って我が短を補う」
   ----- 木戸孝允(桂小五郎)
       (日本人、政治家、1833年8月11生まれ)


     IMG_4447

新しいおもちゃが来ました。
ご存知の方も多いと思いますが、Water Flosser、つまり、水で口の中を掃除する機械でございます。

先日、歯のクリーニング&チェックアップがあったのですが、その時に歯科衛生士さんから勧められたのですよ。
実家の両親も使ってますし、友人から、いいよ、という話も聞いていたので、
使ってみるべーか、と、Amazonでぽちっ。

スイッチを入れると、どりゅりゅりゅりゅ、という、ドリルか!?という音がスタートするので、
歯を掘削されんじゃないかという怖れを覚えるのですけど、
口に含んでスイッチを入れると、その音が消えるのが面白いところ。
(追記:嘘でした、消えません……年寄りの難聴……)
びしゅーーーっ、と鋭い水を歯の根元にあてれば、歯間とポケットのお掃除をしてくれるんですね。
ちなみにお掃除の間、口はかなり閉じてないと、洗面所がとんでもないことになるですよ。

歯科衛生士さんによれば、最初に糸フロス→歯磨き→水フロスの順にやるのがお勧め、と。
最後に水フロスをやると、糸ではとれなかった汚れがいっぱい出てきて驚くわよ、と言われましたが、いや、そんなに出たら、それはそれで問題だろう。

めんどくさい時には、糸フロスをさぼって、歯磨きと水フロスで。(おい)
新しい相棒、良い子です。

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

IMG_2109

いよいよ、South Coyote Buttesを訪れる当日になりました。
前夜に泊まったPageの町から、2時間ほどかけて、到着したのは朝9時半。

誰もいない、ガタガタの雪道を、ジープチェロキー君でえっちらおっちらと走って、まずはPaw Holeというところに停車しました。
2WDだと、その手前のLone Treeというところに車を停め、そこから数km歩いてくるのですが、
4WDなら、ここまで車で来ることができるのですね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-08-11 07:37 | Trackback | Comments(0)

さえぎるものがない場所で (4)

「物事は不確実で人間は必ず間違う。
だからその間違いを認めて、それを常に修正していくことが必要なんだ」
   ----- カール・ライムント・ポパー
       (オーストリア→イギリス人、社会学者、1902年7月28生まれ)


     IMG_4420

むらさきちゃん宅でご馳走になった、のり豆です。
青大豆の一種で、鞍掛豆(くらかけまめ)とも言うそうです。

初めて見た&食べたのですが、確かに海苔の風味がして、すごく美味しいのですよー。
枝豆の海苔和え的な旨さといいましょうか。

また、むらさきちゃんの炊き方が絶妙で、適度な歯応えが残っていたので、更に旨し。
止まらない、ヤバい、と言いながら、皆でうまうまといただきましたです。
ご馳走様でした!

私も、日本に行くことがあったら買ってこよう。そうしよう。

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

IMG_1976

ガタガタ雪道を鉄製ジープチェロキー君で走った先に、White Pocketがありました。
Coyote Butteは許可証がなければ入れませんが、その北北東側にあるこちらは、許可証がなくても入れるのですね。

そういう場所なので、到着した駐車場には、すでに何台もの車が停まっていて。
私達も車から降りて、前の人達がつけた足跡を辿りながら、遠くに見える岩山を目指して歩き始めましたですよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-07-28 02:07 | Trackback | Comments(2)

さえぎるものがない場所で (3)

「己の出来る事は出来ると認むるのが当然であって、
出来る事を出来ると認めねば出来る事も出来なくなる」
   ----- 三宅雪嶺
       (日本人、評論家、1860年7月7生まれ)


Dallas police shooting: Five officers killed, seven wounded by gunmen

停電してました。
7日の午後2時半から、8日の午後1時半までの、約23時間。
今年の七夕の夜は、電気なしで星空を見上げることができました、なんつって。

当然家では、ネットもTVもNG。
車を走らせている時に、ラジオでダラスのニュースを聞きました。

肌の色が黒いというだけで、日々耐えねばならないプレッシャー。
どころか、命の危険までも。
私自身、この国では移民という立場でありますが、どれだけ努めても想像しきることはできません。

ようやく復旧したネットで、オバマ大統領のスピーチ動画を視ながら、
改めて彼のすごさに思いを馳せました。
8年間という短くない任期を、スキャンダルなしで乗り越えようとしている大統領。
慎重すぎる姿勢に批判はありますが、そうでなければ些細なことで足をすくわれてしまう確率が、
歴代大統領の誰よりも高いであろうこと。
政策に関しては色々あれど、少なくとも人間的に尊敬できる人として、
国の子供達の前に在ってくれたことは、親の一人として、本当にありがたく思います。

だからこそ、その8年間の彼の努力が、別な闇を引き出してしまう一因になったかのような現状に、
胸が痛んでなりません。

こういう日は、風と、自分がたてる音しか聞こえない、そんな場所に行きたくてたまらなくなるのです。

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

IMG_1963

抽選で当たったのは12月30日の許可証で、前日の29日は、下調べを兼ねて、許可証のいらないエリアを探索することにしたですよ。
レンジャーさんからもらった地図とGPSを頼りに、レンタルしたジープチェロキー君で向かいます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-07-07 13:54 | Trackback | Comments(0)

備えあれば待ち遠し

「幸福とは蝶のようなものだ。
追い求めている時には、掴もうとしても逃してしまう。
しかし静かに座っている時には、自ずから近寄ってくる」
   ----- ナサニエル・ホーソーン
       (アメリカ人、作家、1804年7月4生まれ)


     IMG_4322

独立記念日の連休でございましたね。
こちらの皆様、楽しくお過ごしになられたことと思います。

我が家はといえば旦那が、海が見たい、それも崖の上から海を見下ろせるところ、という大変具体的な希望を思い立ち、ポイントレイズ国定海岸に行ってまいりました。
遠くの国立公園は何箇所も行ったことがあるくせして、なぜか近場はあまりなく、こちらも初訪問だったんですよ。


     IMG_4313

でも、相変わらず思い立って、ふらっ、と出かけたので、こんなにガスってるとは露知らず。
風が強いとは聞いていたので、それは覚悟していたんですけどねー。

しかし、久しぶりのトレッキング、やっぱり楽しかったです。
いろんなすごい風景を見てきたので、ちょっとやそっとの眺めじゃ感動しなくなったという(エルク? それがどーした?)、地獄に堕ちろやテメエという傲慢さでありますが。
時期を選んで、再訪問してみたい場所でありました。
日帰りで行けるのが嬉しいですな。


Point Reyes National Seashore

* * * * *

【アクティビティ】

     IMG_4010

夏休み前の最後(?)のハーブクラスは、5月に開催。
今回も楽しみなメニュー揃いで、日焼け止め作りなんかもしちゃったよ。(えへえへ)

おまけに、今回のクラスから、大好きなerinちゃんが加わってくれたのだ。
Yさんと並んで、私のハーブ&アロマのお師匠様だからね、こんな心強いことはないのだな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-07-04 12:27 | Trackback | Comments(0)

さえぎるものがない場所で (2)

「幸せとは、成長のことである。
人間は成長しているときこそ、幸せなのだ」
   ----- ウィリアム・バトラー・イェーツ
       (アイルランド人、作家、1865年6月13生まれ)


     IMG_4005

この前、お友達と行ったお店で、2人とも抹茶ラテを頼んだのですよ。
そしたら、作った分が余ったから、小さなカップに入れましょうか?と可愛いお姉さんが聞いてくれまして。
お得感アリの嬉しいお茶タイムとなりました。いいですねえ、こおゆうの。

但し、抹茶が溶け切れないで、ダマになってましたけどね……(遠い目)
抹茶ラテがいろんなお店で飲めるようになってきたのは喜ばしいのですが、
今のところ、5割の確率で、ダマダマ抹茶に当たってます。悲しい。

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

IMG_1954

ダメモト、という4文字を大きく背負って(比喩的表現)、朝方ホテルを出発して、ビジターセンターに向かいました。
向かった先は、↓です。

Kanab Visitor Center
745 E. Highway 89
Kanab, UT, 84741

こちらで、The WaveことNorth Coyote ButteSouth Coyote Butteの、翌日分の許可証の抽選が行われるのでございますよ。

NorthとSouthの抽選は別々で、基本、Northは朝8時半から受付開始→9時に抽選スタート、
Southは9時半から受付開始→10時に抽選スタート、となっております。

Northはすごい競争率と聞いていたので、争う前から諦めて(根性なし)、Southの抽選時間を目指して出発したのですが、あら、9時前に着いちゃったじゃん。
んでもって、ひえええ、すごい人。
これでもきっと、夏場よりは少ないんだよね。なんちゅう人気ですか。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-06-13 12:13 | Trackback | Comments(0)

さえぎるものがない場所で (1)

「『何かをやろう』ということじゃなくて、
普段『何を思って生きているか』『何を感じて生きているか』がキーだと思う」
   ----- ヒロ・ヤマガタ
       (日本人、洋画家、1948年5月30生まれ)


     kumamoto-sale

三連休、いかがお過ごしでしたでしょうか。
このお休みに、熊本地震復興支援チャリティーを開催された皆様、
本当にお疲れ様でした、ありがとうございました!

今週末の土曜にも、クラフト&フードのチャリティーセールが開かれますので、ご案内です。

・日時 : 6月4日(土)午前11時~午後2時
・場所 : Prairie Queens Quilt Shop
     14922 Camden Ave, San Jose, CA 95124
・連絡先 : kc@kcottonstudio.com

手作りの布小物、アクセサリー、パンやスイーツなど、にぎやかなセールになりそうです。
私もわずかですが、お手伝いさせていただくことになりました。

お時間がおありでしたら、ふらっとお立ち寄りいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

* * * * *

【旅行】

IMG_2507

さてさて、いい加減に年末(昨年のな)&年始の旅行の記録を始めねば。
いつも楽な日記に逃げてばかりいるので、こうやってツケが回ってくるのです。因果応報(違)

ええと、概略だけは年頭に書いてはいたんですな、どうやら。
そうなんです、この旅行、予定してたところに行けず、予定してなかったところに救いの神。
結果として、すごく嬉しい旅行になったのですね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-05-31 12:19 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(0)

癒しと清めの水の下

「人間が生きるということはどういうことかといつも考える。
すると死ぬことだということに帰着する。
死ぬとわかれば今日この一日を十分に生きねば損だと思う」
   ----- 淀川長治
       (日本人、映画評論家、1909年4月10生まれ)


     IMG_3673

Yokoさんから、春の蓬をたくさんいただきました。(歓喜)
昨年いただいた苗も、おかげさまで元気に育っているのですが、
葉っぱを摘んで加工すると、意外と少ないよなあ、どうしようかなあ、と思っていた矢先。
これだけあれば!と腕まくりして、いそいそと乾燥ヨモギ作りに取り掛かりましたとも。

本来なら葉っぱだけをとって、なのでしょうけれど、お茶としても飲みたかったので、茎もある程度残しつつ。
きれいに洗って、蒸し器で蒸して、それから外干し……の予定だったのですが、天気が悪くて、1日で断念。
あとは、ディハイドレーターのサヴァ君にがんばってもらいましたです。

乾いた後は、フードプロセッサーで細かくね。
不思議と、ふわっ、ふかっ、という感じに仕上がるんですね。

ヨモギには沢山の種類があり、こちらではMugwortという名の乾燥ハーブを購入して、時々ハーブティーに入れているのですが。
今回出来上がった乾燥ヨモギは、それとは香りが全然違って、正に春の野草の香りでうっとりです。

お茶に入れたり、水で戻して葛練りやお団子にしたりと、作りたいもの・食べたいものがてんこ盛り。(わくわく)
Yokoさん、本当にありがとうございました!!>私信

* * * * *

【旅行】

IMG_9302

そろそろ、年末年始に行った旅行の記録を、と思ったところで、まだまだ書いてない旅行記録が幾つもあったということに気づきまして。(虚)
さくっ、と無視しても誰も困らないのですが、せめてこれぐらいは、というのが1つあり。

それは、昨年の5月の半ばのこと。(……)
ハーブの先生・Yさんのシャスタの別宅に集まって、シャスタ女子会しよーよ、という、大変魅力的な企画が持ち上がったのでございますよ。

って、少しは書いてたんですな自分。
……記録を追加したい、とかも書いてるわ。
そんなこと言ったのはこの口か!(ねじりあげながら)

一泊二日という限られた時間でありましたが、YさんとMさんというシャスタの達人が揃っていたので、シャスタ初めてのKumiちゃんも私も、存分に楽しませていただきました。
温泉やお散歩は勿論のこと、夜の宴会の楽しかったことったら。
これぞ女子会の醍醐味です。

で、今回私が初めて連れて行ってもらったのが、Mossbrae Falls(モスブレーの滝)です。
映画「スタンド・バイ・ミー」のロケ地として有名になった線路、あそこをずっと歩いて辿り着く美しい滝は、ご存知の方も多いことでしょう。
が、訪問者の車で溢れかえった近隣住民の方々の苦情が増えていたのに加えて、電車に轢かれて人が亡くなられるという悲劇が起こったことで、立ち入り禁止となってしまったそうでございます。

しかし、Yさんやシャスタにお住まいの方々によれば、
なるべく人の少ない時間帯に、近隣の方々の迷惑にならない場所に車を停めること、
線路を歩く時に極力注意すること、
を心がけていけば、訪問すること自体は可能であると。

Yさんにリードしていただいて、朝早くに現地に向かったのでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-04-12 12:07 | Trackback | Comments(0)

異国情緒の空の下 (4)

「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。
大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである」
   ----- アルベルト・アインシュタイン
       (ドイツ→アメリカ人、物理学者、1879年3月14生まれ)


        IMG_3402

2月末から3月12日までの2週間、大学の春休みを利用して、お嬢が帰省しておりました。
2013年の9月以来ですから、1年半ぶりの里帰りでございます。

その間、中欧旅行があったり、私が11月に日本に行ったりしたので、全く会ってなかったわけではないんですけどね。
日本出張が多い旦那など、そのたびに会っていますからねー。……憎い。(ぼそっ)

でも、その間、実家に帰りたい、と何度も言っていた彼女は、別に私達に会いたくてそう言っていたわけではなく。(くそう)
実家という、なんというか、「自分が無条件で守られながらリラックスできる場所」に帰りたかった、ということなのでありますね。

残念ながら、こちらの大学とは休みがずれているので、ハイスクールの友人達には会えなかったものの、
ずっと恋しかったあれこれを食べに行ったり、お土産や服を買いに出かけたり、専攻の為の資料集めで図書館に通い詰めたりして、それなりに充実したお休みだったのでは、と思います。

そして今回の帰省では、ようやく堂々と、レストランでお酒が飲めるようになりましたぞ。
これ幸いと、当たり前のようにビールを飲む彼女の横で、なんで私がKombuchaを飲んでるの。
しかも父ちゃん似で、えらく強いしな。
あまりに堂に入ったオーダーぶりに、大学生活に一抹の不安を覚えた母でありました。

一緒に出かけたあれやこれやに関しては、また後日記録です。

* * * * *

【旅行】

福岡・長崎旅行、3日の最終日。
飛行機が夕方だったので、ぎりぎりまで福岡観光です。
つか、この日に一番のお目当てに行ったのでした。忘れるなよ自分。


1. 太宰府天満宮 (HP

IMG_1594

元々、お嬢が太宰府天満宮に行きたいと言ったことで決まった、福岡旅行。
満を持して、最終日に訪問です。あ、参拝です。
朝早めに行ったので、表参道沿いのお店はほとんどが閉店中。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-03-14 11:32 | Trackback | Comments(0)