タグ:旅行 ( 234 ) タグの人気記事

見せたい顔と見えた顔 (その1)

「満足の泉はその人の心に湧き出るものでなければならない。
自分自身の人格以外のものを変えることで幸福を求める愚かな人は、
実を結ばない労力に人生を浪費し、避けようとしている悲しみを倍増させるに違いない」
   ----- サミュエル・ジョンソン
       (イギリス人、詩人・批評家、1709年9月18生まれ)


IMG_8866

お嬢、イギリスに発ちました。
5月初頭にこちらに帰ってきてから、約4ヶ月半のニート生活(本人言)を終え、
全くの新天地での大学院生活の始まりです。

高校卒業後、こんなに長く一緒にいたのは初めてだったので、Empty nest syndrome 再びか!? と警戒していたのですが。
さすがにもう慣れたというか、悲しいのは悲しいものの、心の中の一度割り切った部分は消えてなかったようで、それなりに日常に戻りましたです。

彼女がいる間、いろんな、本当に色々な話をして。
改めて思ったのは、彼女は今のところ、自分のアイデンティティについての問題が消えない環境にずっと居続けているのだなあ、ということですね。
アメリカにいる間は、母国を知らないことにずっと葛藤を抱えてて、
いざ母国に行ってみれば、今度は帰国子女という目で見られ続け、
イギリスに到着して、まだ2~3日しか経ってないのに、今度は完全に日本人という側面だけで見られることに、違和感を覚えている様子。

自意識過剰なのかもしれないけれど、相手にとっては無意識でも、自分には刺さることがある。
自分も人に対して、そういうことをしてしまっているかもしれないから、気をつけなきゃ、という戒めでもある。
10代前半の頃のような、泣きたいほどの遣り切れなさはもうないけれど、
自分は今までの経験が形作った、自分という人間でしかないのだ、という気持ちを、
いつになったらカケラも揺らがずに持てるようになるか、というのは、
彼女のまだまだ続く課題であるようです。


見送りの際、空港のフードコートでしばらくうだうだした後、セキュリティーゲート前でお別れ、というのが定番。
そしてこの時だけ、ほんとに、このわずかな時間だけが、
彼女が唯一、「実家にずっといたい」と涙をこらえて言う時でもあるのです。

父ちゃん母ちゃんといたいということではなく、や、それも勿論あるのでしょうけれど。(希望的観測)
意地っ張りで、誰からもしっかり者と思われがちなお嬢が、一番力を抜いて、弱いところも平気で見せられる場所なのかな、と勝手に思っておりまして。
なのでお嬢が、離れたくない、と言うたび、たまらなくかわいそうになると同時に、
まだ娘にそう思ってもらえる場所であったことに、良かった、と思う気持ちが、ほんのわずかですが混じります。

辛かったら、いつでも帰ってきていいんだよ。
言葉で、態度で、そう伝えることが、決して甘やかしになるとは思いません。
まあ彼女が、それに甘えて、簡単に投げ出す子ではない、という信頼もありますが。

私は、彼女の勉強を助けることも導くこともできませんし、将来の仕事にしたって、私の頃とは時代が違うので、ヘタな口出しは邪魔にしかなりません。
ですのでせめて、彼女が休める場所、弱音を吐き出せる場所になりたいなあ、とだけ思うので。
KYどころか、AKY(あえて空気読まない)の最たるものであるワタシが、
彼女にだけは、乏しいアンテナを立てていかなきゃいかん、と思う次第でございます。


それにしても。
空港で涙の別れの後、雑用を済ませて家に帰ったところ、
すでに離陸時間であるのにサイトでの「1時間5分の遅れ」という表示と、
そのすぐ後のお嬢からの、「1時間の遅延☆」というLINEメッセージ。

哀愁に満ちたあのシーンを全て台無しにしてくれるのが、まっこと安定のUnitedクオリティでございました。

* * * * *

【旅行】

IMG_8497

さて、記憶が薄れないうちに、お嬢と行った、オレゴン州のポートランド旅行について記録しておかねば。
もっと記憶が薄れているコーヒーの淹れ方講座とかあのレストランとかには、目をつぶり。

と言っても、ぶっちゃけ、それほど書くことがないのでございますよ。
つーのは、お目当ての一つだったエリアが、山火事で行けなくなってしまったので。(しくしく)

2泊3日で、初日と最終日は市内をうろうろ、
中日はColumbia Riverに沿って、のんびりドライブしつつ、あちこち散策、
という予定を組んでいたのですが、その目的地だったColumbia River Gorgeで山火事が発生した為、当然のように道路はシャットダウン。
どころか、それなりに距離のあるポートランドのダウンタウンエリアにまで灰が降り、
煙混じりの空気を少しでも避けるべく、防塵マスクをしていた人も結構見かけましたです。

かなりの数の住民が避難を余儀なくされたこと、本当にお気の毒でなりません。
私達が訪れた時から2週間が経過して、今ようやく恵みの雨の助けが得られたようですが、完全収束にはまだ時間がかかる様子です。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-09-18 12:56 | Trackback | Comments(0)

貴方と私の交差点

「あなたを心配させるものが、あなたを支配する」
   ----- ジョン・ロック
       (イギリス人、哲学者、1632年8月29生まれ)


36756166152_834438af54_o


Whole FoodsがAmazonの傘下に置かれることが決定したニュースが発表された時、正直すっごくほっとしたんですよ。
丸ごと食品が前々から買収先を探しているのは耳にしていたのですが、
その候補として挙がっていた企業が、どう見てもコンセプトが違うんじゃね?というところが多く、
お店の方針ががらっと変わりかねないのでは、と心配していたところだったので、
Amazonならとりあえず大丈夫だろう、と安心したんですね。
まあ、私の二大依存先が一緒になることがあろうとは、みたいな感慨もありき。

そして、その正式スタートの第一日目。
15品目が定価を値下げして販売されることになったです。きゃっほーい!

うちは青果はほとんどファーマーズマーケットで買うので、丸ごと食品で買うのはそれ以外の食品なのですが、
それでもオーガニックのアボカドやりんごの値下げは、大変嬉しゅうございます。
特にオーガニックのFujiりんご、$1.99/lbなら、マーケットより安いじゃないですか。

このニュースに対して、今までどんだけぼってたんだよ、という類のレスも見受けられ、
オーガニックムーブメントを含むあれこれへの批判を背後に感じたりするのも、
また興味深いところでございます。なんつってなー。

* * * * *

【家庭内事情】

IMG_8377

さて、お嬢と一緒に2泊3日で、サンディエゴのfrogfreakさん宅に行ってまいりましたです。
お嬢は国際免許は持ってきたものの、高速は未経験なので、運転手は私一人。
460マイル(740km)の道のり、一体何時間かかるかなー、でしたが、
蓋を開けてみれば、往き帰りとも1回ずつのランチ休憩を入れて、7時間半と8時間で終了したので、まあまあだったかな。

これはお嬢のおかげも大きくて、ですね。
助手席でほとんど眠らないまま、ずっと私とおしゃべりしてくれたので、あまり眠気を感じることなく、退屈することもなく、運転を楽しめたのですよ。
親孝行な娘でございます。
まあ、ヤツも自分の命がかかってましたからねー。(身も蓋も)

で、どんなことを話したかって、そりゃもうあれもこれもそれもいやどれだよってなぐらいにとりとめもなかったんですが、
そのうちの一つについて、ちらっとだけメモしておくですよ。
つーでも、絶対うまくまとめられない話題なんですけどね。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-08-29 16:17 | Trackback | Comments(4)

いつでも僕だけ見つめてて

「決心によって正しくあるのではなく、習慣によって正しくなり、
単に正しいことが出来るのみではなく、正しいことでなくてはやれないようにならねばならない」
   ----- リヒャルト・ワーグナー
       (ドイツ人、作曲家、1813年5月22生まれ)



34458062286_6460328011_o

熱波~~~~
なベイエリアの毎日ですが、皆様、ご無事でいらっしゃいますか。(ぐだーり)

せめて、写真で涼をご提供。
先日Whole Foodsに行きましたら、なんと量り売りのMochiアイスコーナーが。
雪見だいふくぐらいの大きさで、1個$2とお高いですが、
フレーバーが色々あるのが嬉しいところ。

もちアイス、すっかりアメリカンスイーツに定着した感ありです。
って、これもまたベイエリアだけなのか?(田舎モン)

* * * * *

【旅行】

IMG_7365

美味しいベジカフェを出て、のんびりおしゃべりしながら向った先は、もふもふの。
私が喜ぶ、お嬢はもっと喜ぶ、またまた小鳥がいる場所でありますよ。

お嬢が前に行って、2時間並んだという人気店。
覚悟して行ったら、え、店内とっても空いているんですが。
ラッキー、と友人Sさんと入って、すぐにお嬢が合流。
ことりカフェも、人気が一段落したのかも。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-05-22 13:22 | Trackback | Comments(0)

その構成が懐かしく

「悲観的になるのは、自分のことばかり考えているから」
   ----- 斎藤茂吉
       (日本人、詩人・歌人、1884年5月14生まれ)


Peets Coupon

先週、Peet's Coffeeで、
Sip FREE this Friday at your local Peet's!
というのがあったんですよ。
これがスタバなら行かないですが(おい)、Peet'sなら行くであろう。
お嬢と一緒に、近くの店舗にいそいそと。

行ったら、まあ予想はしてましたが、店の外まで続く行列が。
そして皆さん、当たり前のようにLサイズを頼むのね。
そこまではいらないので、Mサイズのソイ抹茶ラテの抹茶増量を頼んで、お嬢のクッキーと私のサラダ(腹減り)で、そちらはちゃんとお会計。


33826696223_08e43ea5c2_o

そこから待って、待って、待って。
ドリンクが出来上がって名前を呼ばれても、誰も取りに現れないことも数回あったのは、お仕事に戻らなきゃ、という人だったのかも。

で、待ってる間、とにかくお店の方々に感心しきり。
激忙しいにも関わらず、ずっと笑顔を絶やさず、ドリンクを渡す時には、待ってくれてありがとう、と笑顔で声をかけ。
あと、スイーツやサンドイッチなどのサンプルを頻繁に配ってくれるし、1杯頼めば1杯タダのカードもくれるしで、
もういいから! 気にしないでいいから! とハグしてあげたくなったです。(迷惑)


34506003401_d7fe227579_o

45分後に手にしたドリンクを美味しくいただきながら、
この1杯の為に長く休憩したとしたら、その時給とこの1杯の値段は釣り合うのだろうか、
という資本主義の命題について、お嬢と語り合いながら帰路につきました、
ということは全くありませんでした。

うちの近くのPeet's、親切な店員さんばかりですぞ。

* * * * *

【旅行】

IMG_7305

昨年12月から3月末まで、2/3以上は日本にいたのかな。
12~2月までは、ずっと実家にいて、友人達にも連絡しないままだったけど、3月に行った時には何人かと遊んでもらえて、すごく癒しをもらったよ。
なのに落ち窪んだ目のやつれ顔で、ほんとにすまんこってした。

で、その中の一日は、もう20年来の付き合いの友人と。
行きたかったベジタリアンカフェに付き合ってもらって、それからもふもふの殿堂へと。
まずはカフェの訪問記録から。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-05-14 14:13 | Trackback | Comments(0)

翼の下で眠らせて

「隣人を愛するというのは、神がそれを要求するがゆえに正しいのではなく、
むしろ、それが自然として正しいことであるからこそ、神がそれを要求するのである」
   ----- フランツ・ブレンターノ
       (オーストリア人、哲学者、1838年1月16生まれ)


     IMG_6686

実家滞在も、もうじき1ヶ月になろうとしておるです。
大抵10日、長くても2週間弱が通常だった私にとって、これは今までの最長記録だな。(どーでもいい)
それもあと2日ぐらいで、一旦ベイエリアに戻る予定にしております。
……帰った日が、オバマ大統領の最後の日、かー……

これだけ長くいたにも関わらず、ほとんど外出らしい外出はせず。
できるだけ両親のそばにいたかったので、友達の誰にも連絡してませんし、お嬢は卒論の追い込みでゾンビになっていましたしね。
せめて運動不足を少しでも解消すべく、時々散歩ぐらいは。
つーても、4~5kmですけどね。(ショボい)

お嬢が卒論を提出した後、1泊2日で泊まりに来たので、その2日だけ、母ちゃんと遊んでくれたです。
1日目は鳥カフェでヨダレまみれになり(おい)、2日目は一緒に映画に行ったです。
付き合ってくれて、ありがとねえ。

ずっと家にいるわりに、相変わらず、じぇんじぇん日記を書かない生活。
せめて記憶が新しいうちに、鳥カフェ日記を書いておくですよ。

* * * * *

【旅行】

     IMG_7017

お嬢と私の大きな共通点、それは”鳥命(とり・いのち)”
まあ、私はお嬢ほどクレイジーじゃないけどね。(自己申告)
今まで2人で、あんなカフェあんなカフェで、うはうは・きゃあきゃあと熱狂したもんだ。

お嬢がずっと格闘し続けた卒論を提出し終わった翌日、うりゃああ遊ぶぞおおおお!! という彼女と一緒に、癒しの殿堂に行ったのさ。
最初はこちらに行こうかと思ったのだが、お嬢は以前行って、2時間並んだと聞いて。
ちょうど寒波が来ると言われてた日に、それは無謀というものだ。

で、ほかのカフェを探してみれば、お、前に行ったお店の別店舗、ネット予約ができるじゃないですか。
見るだけじゃなくて触れ合えるそうだし、これはこちらに決定だ。
わーい、久しぶりに鳥にまみれてきちゃおうぜー!(ヘンなニホンゴ)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-01-16 21:44 | Trackback | Comments(0)

さえぎるものがない場所で (6)

「普通の人が懐疑家だとか無信仰者だとか自称する時は、たいていの場合、
何事でも最後まで考え抜く気持ちのないことを覆い隠すただのポーズである」
   ----- トマス・スターンズ・エリオット(T.S.エリオット)
       (イギリス人、詩人・劇作家、1888年9月26生まれ)


Loma Fire: Wildfire In Santa Cruz Mountains Grows To 1,500 Acres

昨日は日本に戻るお嬢を空港まで送った後、やっぱりどうしてもこう、ぼけ~~っ……としてまして。
まあ、また1~2ヶ月以内に会えるはずなんですが。

山火事のニュースは途中で入ってきたものの、きちんと場所を確かめず。
そしたらなんと、tamachan宅の近くだということを、お友達からの連絡で知りました。
一体なにやってんだろ自分、と愕然です。

お友達のおかげでtamachanの無事を知り、ほっと一安心でありますが、まだまだ山火事は収まる気配がなく。
このエリアにお住まいの方々は勿論のこと、消防士の皆さんのことを思うと、胸が痛くてたまりません。
この国で消防士は大変尊敬される職業であることを、改めて深く納得する思いです。

山火事は、例えば松が種を飛ばす為であったり、何かの再生の印であるかのように、畏怖の念を抱くこともありますが。
大変ちっぽけな私の場合、それが何らかの命に被害を与えうるものである限り、やはり無事を祈らずにはいられません。
何かの意味がある、と言われても、それは全てが終わった後、様々なものが落ち着いた頃に、ようやく考えられることなのでは、と思うので。

とにかく、これ以上の被害が出ないよう、ひたすら祈るばかりでございます。
ほんと、情けないなあワタシ……

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

IMG_2176

Paw Holeを出て、またまたガッタガタの道を、ジープチェロキー君に揺られて進みます。
今度はCottonwood Coveという、South Coyote Buttesの北東側のポイントに車を停めて、誰もいない、トレッキングルートも目印も何も無いエリアを、さくさくと雪と砂を踏みしめながら進むのです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-09-26 09:57 | Trackback | Comments(0)

さえぎるものがない場所で (5)

「人の巧を取って我が拙を捨て、人の長を取って我が短を補う」
   ----- 木戸孝允(桂小五郎)
       (日本人、政治家、1833年8月11生まれ)


     IMG_4447

新しいおもちゃが来ました。
ご存知の方も多いと思いますが、Water Flosser、つまり、水で口の中を掃除する機械でございます。

先日、歯のクリーニング&チェックアップがあったのですが、その時に歯科衛生士さんから勧められたのですよ。
実家の両親も使ってますし、友人から、いいよ、という話も聞いていたので、
使ってみるべーか、と、Amazonでぽちっ。

スイッチを入れると、どりゅりゅりゅりゅ、という、ドリルか!?という音がスタートするので、
歯を掘削されんじゃないかという怖れを覚えるのですけど、
口に含んでスイッチを入れると、その音が消えるのが面白いところ。
(追記:嘘でした、消えません……年寄りの難聴……)
びしゅーーーっ、と鋭い水を歯の根元にあてれば、歯間とポケットのお掃除をしてくれるんですね。
ちなみにお掃除の間、口はかなり閉じてないと、洗面所がとんでもないことになるですよ。

歯科衛生士さんによれば、最初に糸フロス→歯磨き→水フロスの順にやるのがお勧め、と。
最後に水フロスをやると、糸ではとれなかった汚れがいっぱい出てきて驚くわよ、と言われましたが、いや、そんなに出たら、それはそれで問題だろう。

めんどくさい時には、糸フロスをさぼって、歯磨きと水フロスで。(おい)
新しい相棒、良い子です。

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

IMG_2109

いよいよ、South Coyote Buttesを訪れる当日になりました。
前夜に泊まったPageの町から、2時間ほどかけて、到着したのは朝9時半。

誰もいない、ガタガタの雪道を、ジープチェロキー君でえっちらおっちらと走って、まずはPaw Holeというところに停車しました。
2WDだと、その手前のLone Treeというところに車を停め、そこから数km歩いてくるのですが、
4WDなら、ここまで車で来ることができるのですね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-08-11 07:37 | Trackback | Comments(0)

さえぎるものがない場所で (4)

「物事は不確実で人間は必ず間違う。
だからその間違いを認めて、それを常に修正していくことが必要なんだ」
   ----- カール・ライムント・ポパー
       (オーストリア→イギリス人、社会学者、1902年7月28生まれ)


     IMG_4420

むらさきちゃん宅でご馳走になった、のり豆です。
青大豆の一種で、鞍掛豆(くらかけまめ)とも言うそうです。

初めて見た&食べたのですが、確かに海苔の風味がして、すごく美味しいのですよー。
枝豆の海苔和え的な旨さといいましょうか。

また、むらさきちゃんの炊き方が絶妙で、適度な歯応えが残っていたので、更に旨し。
止まらない、ヤバい、と言いながら、皆でうまうまといただきましたです。
ご馳走様でした!

私も、日本に行くことがあったら買ってこよう。そうしよう。

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

IMG_1976

ガタガタ雪道を鉄製ジープチェロキー君で走った先に、White Pocketがありました。
Coyote Butteは許可証がなければ入れませんが、その北北東側にあるこちらは、許可証がなくても入れるのですね。

そういう場所なので、到着した駐車場には、すでに何台もの車が停まっていて。
私達も車から降りて、前の人達がつけた足跡を辿りながら、遠くに見える岩山を目指して歩き始めましたですよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-07-28 02:07 | Trackback | Comments(2)

さえぎるものがない場所で (3)

「己の出来る事は出来ると認むるのが当然であって、
出来る事を出来ると認めねば出来る事も出来なくなる」
   ----- 三宅雪嶺
       (日本人、評論家、1860年7月7生まれ)


Dallas police shooting: Five officers killed, seven wounded by gunmen

停電してました。
7日の午後2時半から、8日の午後1時半までの、約23時間。
今年の七夕の夜は、電気なしで星空を見上げることができました、なんつって。

当然家では、ネットもTVもNG。
車を走らせている時に、ラジオでダラスのニュースを聞きました。

肌の色が黒いというだけで、日々耐えねばならないプレッシャー。
どころか、命の危険までも。
私自身、この国では移民という立場でありますが、どれだけ努めても想像しきることはできません。

ようやく復旧したネットで、オバマ大統領のスピーチ動画を視ながら、
改めて彼のすごさに思いを馳せました。
8年間という短くない任期を、スキャンダルなしで乗り越えようとしている大統領。
慎重すぎる姿勢に批判はありますが、そうでなければ些細なことで足をすくわれてしまう確率が、
歴代大統領の誰よりも高いであろうこと。
政策に関しては色々あれど、少なくとも人間的に尊敬できる人として、
国の子供達の前に在ってくれたことは、親の一人として、本当にありがたく思います。

だからこそ、その8年間の彼の努力が、別な闇を引き出してしまう一因になったかのような現状に、
胸が痛んでなりません。

こういう日は、風と、自分がたてる音しか聞こえない、そんな場所に行きたくてたまらなくなるのです。

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

IMG_1963

抽選で当たったのは12月30日の許可証で、前日の29日は、下調べを兼ねて、許可証のいらないエリアを探索することにしたですよ。
レンジャーさんからもらった地図とGPSを頼りに、レンタルしたジープチェロキー君で向かいます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-07-07 13:54 | Trackback | Comments(0)

備えあれば待ち遠し

「幸福とは蝶のようなものだ。
追い求めている時には、掴もうとしても逃してしまう。
しかし静かに座っている時には、自ずから近寄ってくる」
   ----- ナサニエル・ホーソーン
       (アメリカ人、作家、1804年7月4生まれ)


     IMG_4322

独立記念日の連休でございましたね。
こちらの皆様、楽しくお過ごしになられたことと思います。

我が家はといえば旦那が、海が見たい、それも崖の上から海を見下ろせるところ、という大変具体的な希望を思い立ち、ポイントレイズ国定海岸に行ってまいりました。
遠くの国立公園は何箇所も行ったことがあるくせして、なぜか近場はあまりなく、こちらも初訪問だったんですよ。


     IMG_4313

でも、相変わらず思い立って、ふらっ、と出かけたので、こんなにガスってるとは露知らず。
風が強いとは聞いていたので、それは覚悟していたんですけどねー。

しかし、久しぶりのトレッキング、やっぱり楽しかったです。
いろんなすごい風景を見てきたので、ちょっとやそっとの眺めじゃ感動しなくなったという(エルク? それがどーした?)、地獄に堕ちろやテメエという傲慢さでありますが。
時期を選んで、再訪問してみたい場所でありました。
日帰りで行けるのが嬉しいですな。


Point Reyes National Seashore

* * * * *

【アクティビティ】

     IMG_4010

夏休み前の最後(?)のハーブクラスは、5月に開催。
今回も楽しみなメニュー揃いで、日焼け止め作りなんかもしちゃったよ。(えへえへ)

おまけに、今回のクラスから、大好きなerinちゃんが加わってくれたのだ。
Yさんと並んで、私のハーブ&アロマのお師匠様だからね、こんな心強いことはないのだな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-07-04 12:27 | Trackback | Comments(0)