「ほっ」と。キャンペーン

タグ:料理 ( 231 ) タグの人気記事

名が通るのには訳がある

「ある選択をするということは、その選択によって生まれるはずのマイナスをすべて背負うぞということ」
   ----- 井上ひさし
       (日本人、放送作家・劇作家、1934年11月16生まれ)


     IMG_5741

茶色いね……という見かけの2品。
大きなコンテナの方がするめ麹で、小さな方がいか人参でございます。

tamachanカフェにおじゃました時、tamachanが冷蔵庫から取り出して、Yokoさんと私に味見させてくれたのが、するめ麹でして。
何この美味しいもの、お酒がむちゃくちゃ欲しくなるううぅぅ
な味に、一口惚れ。

早速レシピを教えてもらい、Yokoさんは韓国系スーパーでスルメをゲット、すぐに仕込まれたのに対して私は、買いに行かなきゃ行かなきゃ、と日々は過ぎてゆき、
結局、日本に一時帰国するtamachanに買ってきてもらったです。
ったく迷惑だよ! tamachanに!

ありがたく受け取ってから、早速仕込み。
食べられるまで、時々混ぜながら、8ヶ月寝かせておかなければならないというガマンの日々でございます。
しかし、混ぜた後のスプーンでほんのわずか味見するのが、また至福の瞬間なのでございますよ。(いやしんぼ)


余ってるスルメをどうしようかな、と思っていたところに、ふとネット記事で目に飛び込んできたのが、いか人参というお惣菜。
福島の郷土料理となっていて、福島出身の旦那に聞いてみましたら、え、そんなのあったかな、という答え。
ええい、もどかしい、と作って出してみたら、おー、これか、思い出した、ってなって、まったくもう。

両方共、スルメ・醤油・みりん・酒が共通してて、この組み合わせで美味しくないわけがない。
まだ残ってるスルメで、また作るですよ、いか人参。

* * * * *

【ベーカリー】

     IMG_4253

なんと、6月の記録を今頃に。
や、すごく良いベーカリーだと思って、また近いうちに再訪しようと思って、それから日記を書こうと思っていたら、結局なかなか再訪できないまま月日は過ぎていったもんで、ええと、ええと、ごにょごにょごにょ。
サンフランシスコではかなり有名で、Ferry Buildingにも出店があるので、すでにご存知の方も多いと思われるベーカリー。

いつもの遠足仲間は、クロワッサンに関心が高くてね。(え)
それぞれに求めるものを探して、たとえばあのベーカリーにも行ったりね。
で、こちらのベーカリーのクロワッサンも評判が高かったので、皆で計画して行ってみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-11-16 14:42 | Trackback | Comments(0)

緑の補充に立ち寄って

「幸福になる本当のコツ、それは、現在に生きることです。
いつまでも過去のことを悔やんだり、未来を思いわずらったりしないで、
今、この瞬間から、最大限度の喜びを探しだすことです」
   ----- ジーン・ウェブスター
       (アメリカ人、作家、1876年7月24生まれ)


     IMG_4430

土用に入って、ようやく梅を干しました。
仕込んだのは5月下旬だったのですが、赤紫蘇を入手するのに時間がかかったこともあって、ちょうど土用の時期になりました。
改めて、梅をとってきてくれた友人には、心から感謝です。(愛)

初めての梅干つくりは、母のやり方を教わりながら、だったのですが、
生の赤紫蘇がこちらで上手く手に入るかどうかわからないと言ったら、
これを使えばいいわよ、と、赤紫蘇の塩漬け(こおゆうの)を、旦那の日本出張の時に持たせてくれたのですよ。

持ち帰ってくれた日に瓶に入れ、あとは土用の入りを待って干しました。
無事、それなりの姿になってくれたので、ほっと一安心です。

これからまた瓶に入れて、食べられるのは来年の予定であります。
tamachanに教わったところでは、申年に作った梅干は、「悪いものが去る(申)」ということで、縁起がいいんですって。
母から、博識な友人達から学ぶ知恵は、いつでも嬉しくありがたいものでございますな。

* * * * *

【レストラン】

IMG_4401

諸事情により、あまり長くPCの前にいられないので、今日は手短日記をば。(今日も)
といっても、大好きなerinちゃんとの、貴重なデート記録なんだけど。

山景市のダウンタウンに、ベジタリアン&ヴィーガンのお店ができたというので、一緒に行ってみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-07-24 12:05 | Trackback | Comments(0)

良き一日の始まりは

「宗教家は宗教を、道徳家は道徳を、主義の人は主義を私する。
それでは宗教も道徳も主義も栄えようがない」
   ----- 中勘助
       (日本人、作家・詩人、1885年5月22生まれ)


     IMG_3998

おかげさまでチャリティーセールが無事終了し、その後は1ヶ月ぐらい冬眠、
といきたかったのですが、そうは問屋が卸さない。
老体にムチ打ってやったのは、今年の梅仕事でございます。

お友達が、わざわざ遠くの梅林で、沢山梅をとってきてくれまして。(感涙)
梅干、ハチミツ梅、梅酵母を仕込んでみたですよ。

実はお恥ずかしながら、梅干に挑戦するのは生まれて初めてなんですよ。
毎年、母が作る梅干を分けてもらっていたので。
なぜか、杏干は作ったことはあるんですけどね。

しかし母が元気なうちに、きちんと教わって、身土不二の梅干を作ってみなきゃいかんだろう自分。
いい歳して、いつまでも頼ってるんじゃありません。

ということで、どきどきしながらやってみました。
この写真の時から1週間ほど経過して、今ではいっぱい梅酢が上がってきており、ほくほくです。
赤紫蘇が手に入らないかもしれないので、白梅干になるかもしれませんが、この際良しとする。

うまくいきますようにーーー(祈)
つか、実は梅酵母が一番心配かも……

* * * * *

【レストラン】

     IMG_3488

嬉しいことに、恒例行事と化した感のある、女子5人での遠足。
4月はサンフランシスコで、パン屋さんに行って、ブランチして、買い物して、お茶して、というフルコースでの一日となったのね。

運転してもらって、車内では思いっきりおしゃべりして、普段来られない場所におじゃまする。
楽しくて楽しくて、いつも待ち遠しい限りの行事なの。

この時に訪問したカフェも、とっても良かったよ。
流行りの、と言ってしまえば、確かにそんなお店ではあるのだけど、雰囲気も味もなかなかで。
そう思う人が多いのか、早めに行ったにも関わらず、結構な時間、外で待ちました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-05-22 13:00 | Trackback | Comments(0)

癒しと清めの水の下

「人間が生きるということはどういうことかといつも考える。
すると死ぬことだということに帰着する。
死ぬとわかれば今日この一日を十分に生きねば損だと思う」
   ----- 淀川長治
       (日本人、映画評論家、1909年4月10生まれ)


     IMG_3673

Yokoさんから、春の蓬をたくさんいただきました。(歓喜)
昨年いただいた苗も、おかげさまで元気に育っているのですが、
葉っぱを摘んで加工すると、意外と少ないよなあ、どうしようかなあ、と思っていた矢先。
これだけあれば!と腕まくりして、いそいそと乾燥ヨモギ作りに取り掛かりましたとも。

本来なら葉っぱだけをとって、なのでしょうけれど、お茶としても飲みたかったので、茎もある程度残しつつ。
きれいに洗って、蒸し器で蒸して、それから外干し……の予定だったのですが、天気が悪くて、1日で断念。
あとは、ディハイドレーターのサヴァ君にがんばってもらいましたです。

乾いた後は、フードプロセッサーで細かくね。
不思議と、ふわっ、ふかっ、という感じに仕上がるんですね。

ヨモギには沢山の種類があり、こちらではMugwortという名の乾燥ハーブを購入して、時々ハーブティーに入れているのですが。
今回出来上がった乾燥ヨモギは、それとは香りが全然違って、正に春の野草の香りでうっとりです。

お茶に入れたり、水で戻して葛練りやお団子にしたりと、作りたいもの・食べたいものがてんこ盛り。(わくわく)
Yokoさん、本当にありがとうございました!!>私信

* * * * *

【旅行】

IMG_9302

そろそろ、年末年始に行った旅行の記録を、と思ったところで、まだまだ書いてない旅行記録が幾つもあったということに気づきまして。(虚)
さくっ、と無視しても誰も困らないのですが、せめてこれぐらいは、というのが1つあり。

それは、昨年の5月の半ばのこと。(……)
ハーブの先生・Yさんのシャスタの別宅に集まって、シャスタ女子会しよーよ、という、大変魅力的な企画が持ち上がったのでございますよ。

って、少しは書いてたんですな自分。
……記録を追加したい、とかも書いてるわ。
そんなこと言ったのはこの口か!(ねじりあげながら)

一泊二日という限られた時間でありましたが、YさんとMさんというシャスタの達人が揃っていたので、シャスタ初めてのKumiちゃんも私も、存分に楽しませていただきました。
温泉やお散歩は勿論のこと、夜の宴会の楽しかったことったら。
これぞ女子会の醍醐味です。

で、今回私が初めて連れて行ってもらったのが、Mossbrae Falls(モスブレーの滝)です。
映画「スタンド・バイ・ミー」のロケ地として有名になった線路、あそこをずっと歩いて辿り着く美しい滝は、ご存知の方も多いことでしょう。
が、訪問者の車で溢れかえった近隣住民の方々の苦情が増えていたのに加えて、電車に轢かれて人が亡くなられるという悲劇が起こったことで、立ち入り禁止となってしまったそうでございます。

しかし、Yさんやシャスタにお住まいの方々によれば、
なるべく人の少ない時間帯に、近隣の方々の迷惑にならない場所に車を停めること、
線路を歩く時に極力注意すること、
を心がけていけば、訪問すること自体は可能であると。

Yさんにリードしていただいて、朝早くに現地に向かったのでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-04-12 12:07 | Trackback | Comments(0)

充ちていくのは棚の中

「まことに、人間の遭遇ほど、味なものはない」
   ----- 折口信夫
       (日本人、文学者、1887年2月11生まれ)


     IMG_3059

スーパーボウルの日、実は朝から、玄米味噌を仕込んでおりました。
前日の土曜、尊敬するYokoさんから、すんばらしい手作り玄米麹をいただいたので、
早く使いたかったのでございます。ええ、ぢまんです。
味噌に使った残りの麹で、玄米小豆甘酒も作りましたですよー。美味ですよー。

麹作りって、聞けば聞くほど、かなりの気配りを必要とする、細やかな作業。
到底、私のようなザッパーに作れるものではありませぬ。
ご自分で麹を作って、その麹で様々な発酵食を作っておられるYokoさん&tamachanに、
改めて敬意を表する次第です。

仕込んだ玄米味噌が、どうかどうか無事に育ってくれますように。
そして来年のスーパーボウルは、具沢山の味噌汁と共に鑑賞を。(野望)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_1830

昨年最後の、Yさんのハーブクラス。
今回もすごく楽しくてためになったんだけど、メンバーのKeikoさんがこのクラスを最後に、
日本にご帰国でいらっしゃったので、その寂しさを思い出すと、辛いのな……

その涙を今は振り切って、クラスの内容を記録だよ。
今回も知らないハーブとの出会いがあって、それはいつも通りに嬉しいの。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-02-11 14:34 | Trackback | Comments(2)

開いた心が受けるもの

「開かれた生き方をしている人は媒体となり発信器となる。
そして川のように、人生を充分に生き、
命の流れとともに流れ、海として再び生きるために死ぬ」
   ----- ヘンリー・ミラー
       (アメリカ人、作家、1893年12月26生まれ)


     IMG_1884

今年も、レストランで、お友達のおうちで、そして「みぎや」こと拙宅で、いろんな方々とご飯をご一緒させていただきました。
その楽しい楽しい思い出も、クリスマス後に遠方より来てくれた友人一家を囲んでの宴会で、今年は最後となりました。
本当に各方面には、感謝の言葉しかありませぬ。

改めて振り返れば、以前はもっとポトラックや家飲みに対して、肩肘を張っていたなあ、と思います。
料理下手のもてなし下手ゆえ、集まるのは大好きでも、スマートとは程遠い要領の悪さ。

それが、なんとかなるさー、でやれるようになったのは、正に周囲の友人達のおかげ以外のナニモノでも。
いつも甘えさせてくれて、数多のドジを許してくれて(希望)、伝えたい御礼は無限回。

貯まっていくばかりの人徳貯金、来年は少しでもお返しを。
って、毎年言ってる、返す返す詐欺。

* * * * *

【個人的事情】

IMG_1769

去年の日記の最後は、楽しい楽しいクリスマス女子会の記録で締めたのだったね。
ほんとに楽しかったので、再び蕎麦花さん・Sちゃん・むらさきちゃん・サンドラさんと、
今年もやろうね! うん、やろうやろう!ってなって、
日程はいつにしよっか、
場所は、え、Sちゃん、また提供してくれるの? わーん感謝!
プレゼントはどうする? 持ってくるお料理、自己申告してー、
というにぎやかなメールのやりとりが、前日夜まで続いたの。

だけどね。

なんとサンドラさんが体調を崩されて、参加叶わず……
もう、泣いた。マジで泣いた。
でも、無理に出席されて、更に悪化したらいかんので。
この時点で、全員内心で、「仕切り直しの為に新年会開催」を心に期したとかしないとか。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-12-26 16:27 | Trackback | Comments(0)

くぐる暖簾を掲げたら (17)

「人生でいちばん大事なことは、愛をどうやって外に出すか、
どうやって中に受け入れるか、その方法を学ぶことだよ」
   ----- モリー・シュワルツ
       (アメリカ人、社会学者、1916年12月20生まれ)


        IMG_1880

日本滞在中、実家の最寄りデパートで、ちょうど「ムーミン展」が行われたんですよ。
ベイエリアでは非常に知名度が低いムーミンですが、日本ではずっとずっと、人気者。

母と出かけて、お互い色々買ったうち、私が自分用に買ったのが↑。
シリコンのマグカップカバーです。
トップについているのは、もちろんスナフキン。
私の友人で、スナフキンが初恋だという人が2人いるですよ。(うふふ)

一日に、ハーブティーだけでも1リットルは飲むワタクシ、
寒くなってきて、ますますマグカップは手放せませぬ。
カップカバーは正直、ちょっと邪魔かも、と思う時もあるのですが(おい)、
お茶を注いで、しばらく口をつけない時には、冷めるのを遅くしてくれたり、埃除けになってくれたりして。

お嬢が数年前にクリスマスプレゼントでくれたムーミンシリーズのマグカップとペアで使ったりしております。
ほっこり・まったりー。

* * * * *

【料理】

IMG_1717

うわーん、もう年内、日記を書く時間があまりに足りないよーっ!
せ、せめて、旅行記録はともかく、忘年会とクリスマス会の記録ぐらいは、年内じゃないとマズすぎるーーー(焦)

つーことで、前回が初めてにして、「みぞおち会」と名付けられた女子会の記録から。
再び旦那が出張の時を狙って、「みぞおち忘年会」の開催となりました。

前回メンバーのKさんがいらっしゃらないのが寂しいけれど、ほかのメンバーは無事集合。
皆さんの美味しいお料理&ワインをいただいて、ほっくほくの「みぎや」です。ホステスの自覚ゼロ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-12-20 09:07 | Trackback | Comments(0)

くぐる暖簾を掲げたら (16)

「富を分かち与えると、よりいっそうの多くの富を得るようになる」
   ----- ナポレオン・ヒル
       (アメリカ人、作家、1883年10月26生まれ)


ラップトップが壊れました。また。

お嬢とスカイプしていた時、急にぶつっ、と画面が真っ暗に。
そらもう、停電かと思ったぐらいに見事な落ち方で。

買って3年、これで3回目の故障なんですが、ぜーんぶ電源部分の損傷です。
じゃあ、そこのパーツだけとっかえればいいじゃん、と素人は思うのですが、
結局マザーボードごと交換になるので、部品代もかかるわけですねこんちくしょう。

とりあえず旦那のサブPCを借りて、しばらくしのぐことになりました。
ハードディスクは無事ですし、今はほとんどのデータをクラウドに入れてますし、
Google Chromeにログインすれば、ブックマークなども前と変わらず使えます。

が、実はこれだけ日本製のラップトップなので、キーボードが日本対応になってて辛い……
ブラインドタッチができません。タイポ連発で、うっがあああぁぁ
あと、コマンド系が日本語で出てくるのにも慣れない……年寄りは変化に弱いんだ。

修理するか、新しいのを買うか、買うにしてもどれにするか。
まだ決めてないので、当分お付き合い願うことになるラップトップ、
何はともあれ、キーボードをこちら仕様に換えてもらおうかと考え中でございます。ああ、ため息。

* * * * *

【料理】

IMG_1073

みぎやの記録は、イコール、楽しい宴の記録。
旦那が留守の間に、にぎやかに行われた、総勢7名の女子会記録だよ。

実はこの宴会、その1ヶ月ほど前に、同メンバー+数名で開かれたのだけど、
その時はアクシデントと私の不心得で、お料理が大変申し訳ないことになってしまい。
いただいたワインも余ってたので、こうなったら名目をワインの会に変更して、ぜひ仕切り直しといきませう。

その時のメンバーのNちゃん、ゆみたちさん、tamachan、Kumiちゃんに、みぎやに初招待のKさんとEmikoちゃんも加わってくれて、
美味ワインと皆さんの美味しいご持参料理、そしてたーーっぷりのおしゃべりで、いやもう、楽しかったのなんのって。
いつも通り、おしゃべりの内容は書けないにしても、お料理記録は残したい。
つーことで、ご無沙汰が枕詞の(……)みぎや記録、いってみよーっ!

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-10-26 07:19 | Trackback | Comments(0)

求める光の在り場所は (10)

「人間には現在はむろん大切ですが、どうせなら過去の結果としての現在より、
未来の原因としての現在をより大切にするべきでしょう」
   ----- 田中芳樹
       (日本人、作家、1952年10月22生まれ)


     IMG_1129

ひっさびさに仕込みました。
ウエダ家COBOの作り方による、ぶどう酵母でございます。
それってナニ、とおっしゃる方は、恥まみれの過去日記をご参照。

この写真時点で、すでに使える状態なので(ぶくぶく)、このまま飲むか、スムージーに入れるか、料理に使うか。
それとも実を取った後、発酵を進めて、ヴィネガーを作るか。

まだ決めてないところで、作ったよー、とFacebookにて発酵仲間に報告しましたら、
ワインにならないかな?というコメントをもらって、おおおお、となりまして。
果たして上手くいくかどうかは、発酵の神様の思し召し次第。
とりあえず、このまま暗いところで、数ヶ月放置してみることに決定です。
出来上がったら、仲間内で試飲会とかしてみたい。

一人あたり、おちょこ1杯ずつぐらいしか飲めないかも、な量ですけど。

* * * * *

【旅行】

IMG_8675

プラハ観光を終えて、今度はポーランドの首都、ワルシャワへ。
空港の名前が、Warsaw Chopin Airport。そう、あのショパンの生まれた国ですよ。
ちなみに、ついついワルシャワって言っちゃうんですけど、それでは英語では通じません。
ワルソォ、みたいな発音を、お嬢に何度か教わったんですけど、最後まで出来た気がしなかった。

プラハという観光都市からワルシャワに移った時の所感は、旅行記冒頭で書いた通り。
しかも、寒いのなんのって。
係官系の人達の塩対応と合わせて、心身共に冷え切りましたですよ。
だからこそ、合間合間に体験する親切な方からの温かいヘルプが、余計に染み渡るんですなあ。(しみじみ)

つーことで、順繰りにワルシャワ観光記録をば。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-10-22 07:43 | Trackback | Comments(0)

汲めども尽きぬ源泉で

「ある程度の反対は、人にとって大きな助けとなる。
 凧は風と一緒に上がるのではなく、風に向かって上がるのである」
   ----- ルイス・マンフォード
       (アメリカ人、社会学者、1895年10月19生まれ)


     IMG_0610

今年も作りました、トマト味噌ソース
毎年、Heirloom tomatoが沢山出てきたら、多めに買って作ります。
作り方は、って、過去日記に書いてたので、割愛です。

作り終わったら、小分けにして冷凍。
来年まで持たせられるかなー。(それもどーなんだ)

* * * * *

【レストラン】

     IMG_0874

うし、だいぶ現在に近づいてきたですよ、この日記。
……4月の旅行記は置いといて。

先日、お友達4人と一緒に行った遠足の行き先は、かの有名なシェ・パニーズ。
なぜか、日本でも人気のシェ・パニーズ。

今まで私がおじゃましたのは、3回だったかと。
といっても、メインのレストランの方ではなくて、2階のカフェの方ばかり。
最後に行ったのは、一体いつだったかなー。

正直に告白してしまうと、初回は大感激だったシェ・パニーズのカフェ、
2回目、3回目となるうちに、段々と、ううむ、ううむ。(察してください)
サービスや雰囲気は満点だし、野菜はすごく美味しいのだけど、
お肉やお魚メニューが、好みより脂っこかったり、しょっぱかったりしてね。
や、ただの個人の好みの話、なんですが。

ベイエリアのレストランのレベルが急速右肩上がりの中、良いお店が色々増えてきて。
2~3年前(うろ覚え)に、シェ・パニーズがミシュランの星を落とした時、即座に異議を唱えられなかったことを覚えてる。(誰にだよ)
つーても、私が行ったのは、カフェ部門だけだから。
いつかレストランに訪問できたらなあ、とは思いながら、でも予約が取れる気がしない……

そんな時、仲間内で次の遠足先を相談してた時、候補に挙がったのがシェ・パニーズ。
Sちゃんが未訪だったので、それならぜひ一度、とな。
数年ぶりに訪れたお店は、2013年の火事の前と全く変わらない佇まいで迎えてくれたのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-10-19 15:04 | Trackback | Comments(2)