タグ:学校 ( 120 ) タグの人気記事

一瞬前の自分さえ

「地上にひらく一輪の花の力を念じて 合掌す」
   ----- 石牟礼道子
       (日本人、作家、1927年3月11日生まれ)


3月11日、午後2時46分。
今年もまた、合掌させていただきました。

震災から3年経って、忘れられることへの危機感が、メディアなどで訴えられていましたが。
自分だけに限って思うのは、むしろ自分の中に定着した感の方が強いように思います。

9.11を経験して、3.11があって。
生活の中で、例えば次のチャリティーについて考えることや、Animals Goさんにボトル類を持っていくことなどが、当たり前の一部になってきたのでございます。

忘れられる、わけがない。
知ったからには、その前には戻らない。

知らなかったことへの罪悪感や後悔、自分ができることがあまりに限られていることへの遣り切れなさ。
そんな苦い感情も、全て静かに、自分の中の一部になっていることを実感するのです。

* * * * *

【個人的事情】

     IMG_8296bw

さて、過去日記を差し置いてのグダグダ戯言です。
なので、お読みにならないことを強くお薦め以下いつもの通りです。




しばらく前からじわじわと上がってきていた、STAP細胞論文に対する疑惑、めいたもの。
とうとう先日、小保方さんが博士論文で盗用したのではないか、という記事が出ましたね。

 STAP論文、取り下げ勧告も 理研、小保方氏「すみません」 

 小保方晴子さんの博士論文、アメリカのサイトの文章と酷似 冒頭の20ページ 

検索すれば色々とニュースが出てくるのですが、中にはこんなサイトもあったりして、かえって怖いというかナンというか。

で、当然私@あっぱらぱーには、実際はどうなの?なんてことがわかるわけがありませんので。(開き直り)
あくまで、これに関連して思い出したことなどを、ぐちぐちとつぶやいてみるですよ。
震災から一年経った時、日記に書いたこと。
キーワード(……)は、「知らない」、でございます。

 東日本大震災より、一年を経て

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-03-11 22:43 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(8)

小さな足が、海を越え (7)

「我々は正義と悪、やること・やらないことのリストは必要としない。
我々に必要なのは本、時間、そして静謐だ。
『汝、~べからず』はいずれ忘れられるが、『昔々~』は永遠に続くのである」
   ----- フィリップ・プルマン
       (イギリス人、児童文学作家、1946年10月19日生まれ)


料理ブログ読書ブログ、月イチ更新済みです。

週末になると頭をよぎる、以前目にしたTweet。

「【休みの定義】「休む」というのはただゴロゴロしたり寝たりするだけじゃなく、
やりたいことをやり、やりたくないことをやらないことです。
一番難しそうなのが「やりたくないことをやらないこと」。
けど、そうしないと本当に休んだことにはならないのです。。。」

だから週末になると、料理したくなーい!の気分に襲われるのでありました。(つまり言い訳)

* * * * *

【雑事】

IMG_5055

実はまだ続いておりました、お嬢シリーズ。
そろそろ、ちゃんと自分で整理しなければなりません。ということで、タグも変更です。

帰国子女受験の為の予備校生活を通して、10数年ぶりに触れた日本の教育事情。
その過程で考えたこと・感じたことは、改めて自分が、どういうことを願ってお嬢を育ててきたのか、ということを考え直す、良い機会を与えてくれました。
日本の学校に通うのは初めてのお嬢の感想が、一々新鮮で面白かったのもあるのですけど。
その中で育った私が、それを聞いて、当事者(?)の一人としてどう思うか、と自分の中を探ってみる。
これは、子育て全般において行うことと、全く同様のことでもありますね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-10-19 13:24 | Trackback | Comments(15)

小さな足が、海を越え (6)

「『地球市民』などは机上の空論だ。家族愛、地域愛、祖国愛があって、その上での地球愛だが、日本では、前提となる3つの愛が消滅しつつある」
   ----- 藤原正彦
       (日本人、数学者、1943年7月9日生まれ)


少し前にも載せましたが、再びこちらでお知らせをば。
震災復興支援チャリティーコンサート、この週末の2日間に渡って開かれますですよ。

・The Heart Sutra 般若心経 (Web
   7月13日(土) 午後2時~、San Mateo Buddhist Temple (FB
   7月14日(日) 午後2時~、Berkeley Piano Club (FB

  
  ・チケット:一般 $20/5~18歳 $10
  ・収益金は、宮城県南三陸町の曹洞宗津龍院に送られます
  ・お問い合わせは、friendsofasako@gmail.com まで


ちょっとしたご縁で、土曜の方で、少しお手伝いさせていただくことになったのですが、
今までインド舞踊やコンサートって、全く生で接した経験がありませんで。
そんな無知な私に、こんな感じですよ、と教えてくれる為もあって、
Kumiさんが、とあるインド舞踊の発表会に連れて行ってくださったのですよ。

インド舞踊といえば、あの首を左右に動かす振りを思い浮かべてしまうのですが、
さすがに先生方の動きは素晴らしく。
Kumiさんのお友達で、今回のチャリティーの中心メンバーであられるHさんもご出演されてて、
見事なダンスを披露してくださいましたです。


     IMG_4033

発表会では先生方が、それぞれの振りが持つ意味を色々説明しながら進んでいったので、素人にもわかりやすく。
一挙手一投足に意味が、言葉が、思いが託されたインド舞踊。
本当にスピリチュアルなダンスなんですよ、というHさんのお言葉に、なるほどなあ、と頷いたのでありました。

本格・生インド舞踊、そして音楽に触れてみたいと思われる皆様、
ぜひ土日のどちらかのコンサートにお出でいただければ、幸甚至極にございます。
会場では、Cutie Clippieさんのヘアアクセサリー、チャリティーTシャツ&エコバッグ(土曜のみ)の販売もございますですよー。


東日本大震災の為のチャリティー@ベイエリア

* * * * *

【学校】

IMG_4037

まだまだ続く、ぐだぐだシリーズ。
今回は、↑の発表会で撮った写真と共にお送りいたします。
愛らしい少女達が、互いの衣装姿や髪型について、きゃあきゃあと笑いさざめいている様子は、ほんとに微笑ましゅうございました。

大まかなテーマが終わったので、今回は瑣末な事柄を。
大したことではないのですけど(いつもだ)、教科書と図書館利用について、です。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-07-09 12:24 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(6)

小さな足が、海を越え (5)

「われわれは、長く生きるほどに、何とわずかなことしか知らないのか、と教えられる。
成長して年を重ねるということは面白い冒険であり、驚きにみちている」
   ----- エリク・H・エリクソン
       (ドイツ→アメリカ人、精神分析学者、1902年6月16日生まれ)


料理ブログ読書ブログ、月イチ更新しております。


     IMG_4136

コーヒー人気のサンフランシスコで、ベスト・ブレンドコーヒーの店に選ばれたこともある、Philz Coffee
南に下って、こちらこちらに店舗を開いてくれましたが、更に南の市にも、先日オープン。
早速、友達2人と行ってきたですよ。

なんせドリップ式なので、どうしても行列が長くなるのは、こちらの店の特徴というか。
でも、それもまた楽し、なのが、コーヒーカフェ。
待っている間に、のんびりメニューを眺めて、今日は何にしようかと考えたり、前後の人達と短い会話を交わしたり。

こういう、「待ち」の時間を楽しむことも、カリフォルニアに来てから学んだなあ、と思います。
日本から来てしばらくは、スーパーなどの列に、よくイライラしていたんですよ、お恥ずかしいことに。
お客さんや同僚と話しながらののんびりレジや、キャッシャーにクレームをつけて、平気で時間をかけるお客さん。
ちっとは後ろに並んでる人達への気遣いはないんか、とむかむかしていたものでした。

それが今では、日本に行った時、礼儀正しくテキパキ仕事をこなしてくださるレジの人に、
え、そんな急がなくても、なんかこう、会話とかしませんか、なんて考えるようになっちゃって。

どちらがどう良い、という話ではなく、いろんなやり方と価値観があるんだよ、って。
言葉にすれば、それだけのことなのですけど、それを本当に理解しているかどうかで、随分と感情も行動も変わってくる、ということも、学んだことの一つです。


Philz Coffee
20686 Stevens Creek Blvd
Cupertino, CA 95014

* * * * *

【学校】

IMG_4137

さて、ぐだぐだシリーズの続きは、そのPhilz Coffeeの写真と共にお送りいたします、なんつって。
ああ、これでまたブログのネタが減る……(え?)

今回は、お嬢の目から見た日本の相対評価について、少しだけ。
でもってまたもや、少しだけ、にならない気がひしひしと。(負け犬宣言)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-06-16 10:30 | Trackback | Comments(6)

小さな足が、海を越え (4)

「人生はマラソンなんだから、100メートルで一等をもらったってしょうがない」
   ----- 石坂泰三
       (日本人、経営者、1886年6月3日生まれ)


     IMG_4228

庭にあるフェイジョアの木に、白とピンクの花が咲きました。
こちらだと、パイナップルグアバと呼ぶほうが一般的かな?

花に気づいて、へえ、初めて見た、と思った後で、あれ、なんで初めて? と考えるに、
そうでした、ちょうど一年前に、この家に引っ越してきたのでした。
入居した時に咲いていたのかもしれませんが、引越し・お嬢の卒業・日本行き、と怒涛のような日々で、庭をのんびり眺める暇もなかったのですね。

帰国子女受験の始まりから、一年を経て。
終わった後で、なんでここまで、と自分でもイヤになるほど、色々考えては、ぐるぐると周ってしまっているのです。

* * * * *

【学校】

IMG_3984

ぐだぐだシリーズ、第4回。
えーとえーと、今回は……面接について少し、だけ。
踏み込むと、これまた泥沼なテーマです……

さて、帰国子女受験では、面接を入試項目に挙げている大学が多いわけですが。
日本の大学で面接、と言えば、推薦入試やAO入試などぐらいかなー、と思っておりましたら、今では国公立でも行われているんですね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-06-03 12:29 | Trackback | Comments(4)

小さな足が、海を越え (3)

「物語の知られざる側面を明かすとき、
崇高な道徳心が最高の知恵であることに気付くであろう」
   ----- アーサー・コナン・ドイル
       (イギリス人、推理小説作家、1859年5月22日生まれ)


IMG_3798

日本滞在中、母娘デートを楽しんだのは、お嬢とだけじゃないのです。
久しぶりに母と私で、代官山デートもしたのでございます。

TSUTAYAさんのお名前、良く聞くなー、と田舎モンは思っていたですが、
こういう本屋&その他の施設まで営業していらっしゃるとは、全く知りませなんだ。
本やCDなどが買えて、店内での鑑賞もゆっくりできて、カフェやレストランまで提供されている。
本屋とカフェの合体は、それこそ米国では珍しくありませんが、日本でここまでの規模でやってらっしゃるというのは、いいですねえ。(感嘆)(羨望)

本屋内のカフェでランチをとったのですが、メニューはiPad。
雑誌のバックナンバーに囲まれたラウンジで、昔の記事を楽しみながらいただいたご飯は、美味しゅうございました。
あああ、近かったら、毎日のように通いたい……立ち読みならぬ、居座り読み。


代官山T-SITE
蔦屋書店:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5
GARDEN:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15

* * * * *

【学校】

IMG_3796

さて、ぐだぐだシリーズの次は、その蔦谷書店の写真と共に。
店内は撮影禁止だったので、大した写真もないのですが。

えええと、今度は何にしようかな……
前回が学部のブランド志向なら、今回は大学のブランド志向、でも?(なぜ疑問形)
まあ、目新しい話でもないのですけども。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-05-22 07:30 | Trackback | Comments(6)

小さな足が、海を越え (2)

「尊敬すべき幸福な人は、
逆境にいても、つまらぬことはくよくよせず、
心配しても始まらないことは心配せず、
自分の力のないことは天に任せて、
自分の心がけをよくし、
根本から再生の努力をする人である」
   ----- 武者小路実篤
       (日本人、作家、1885年5月12日生まれ)


チャリティーガレージセール、おかげさまで無事に終了いたしました。
晴天の下、沢山のお客様に来ていただけた上、大物は大多数がお嫁入り、ほかの商品も予想以上に売れまして、スタッフ一同、ハイファイブ。

今回はガレージセールということで、現地の方々にふらりと来ていただいて、買い物してもらえたら、という思いがありまして。
加えて、せっかく皆さんに寄付していただいた品々ですから、1つでも多く、誰かの手に渡ってくれたら、という願いもありまして。

結果、テキーラの国の方々でさえびっくり、という安いお値段設定に。これ、自慢することですか。
おかげで、セール名物の値切りもほとんどなく、一回買い物された後、また来られる、というお客様も何人か。
ありがたや、ありがたや、でございます。

助成金がおりないという困難の中、明るくがんばっていらっしゃる「おだってばりぃで」のお母ちゃん方に、皆さんのお心を届けさせていただきます。
ありがとうございました!!


また今回、大人気ブロガーのchiblitsさんに、多大なるご支援をいただきました。
毎日数千人の方々が訪れるchiblitsさんのブログで、毎回お知らせを載せてくださったことで、
今回はひっそりと小規模で、と思っていた我々は、思いがけない喜びと励みをいただくことになりました。

ご本人様からも物品寄付のみならず、当日の温かい寄付までいただき、ますます募るファン心。
一同、心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました!(三つ指ついて)


Bay Area HEARTの次については、まだ白紙に近い状態でございます。
ですが、こういった形の有志メンバーによる小規模イベントやリサイクル品集めなど、細々と、でも出来る限りの長さで、続けていきたいと思います。

お知らせについては、今後ともFacebookのページにて。
また皆様にお目にかかれる機会を楽しみにしております。

Bay Area HEART

* * * * *

【学校】

     IMG_3944

思いっきりぐだぐだ拡散シリーズ、第2弾。うん、定義、間違ってません。
今回は、ううううむ、学部選択の話、とか。

お嬢は現時点で、ですが、将来やりたいと思っている仕事がありまして。
その為には、大学で歴史か考古学を専攻し、その後、修士以降に進もう、という希望があるのですね。
なので日本の大学受験でも、文学部一本やりであったのです。

ところが、前にもちらっと書きましたが、日本の大学の帰国子女受験においての、文学部の地位の低さに、心から驚いたのでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-05-12 11:16 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(6)

小さな足が、海を越え (1)

「大地は、できるだけ多く者を養うために人類に与えられたのであり、ある民族や国民が自らの生活と安らぎのために必要とする以上に他者が欲するものを抑制する権利などない」
   ----- ジェームズ・モンロー
       (アメリカ人、政治家・第5代米国大統領、1758年4月28日生まれ)


日本の大学のHPで、英語のインフォメーションがアップされている学校もありますよね。

例えば、日本語ならごく一般的な、学部名。
専攻によって分かれる前の、法学部とか理工学部とか、あの大きなくくりの表現が、
英語ではこう表現するんだー、と興味深かったりします。

が、お嬢の志望する文学部の英語訳で、こんな表現がありました。

「Faculty of Letters」

英語ダメダメな私ですら感じる、すんごおおおおい違和感。
なんか違うなんか違うなんか違うなんか違うなんか違うなんか違う………

* * * * *

【学校】

     IMG_7577

3月分の記録が終わりました、ので。 ので。
そろそろ、帰国子女受験体験について書きたいのです、けど。 けど。

どーーーーしても気が乗らないというか、気が進まないというか。
や、残しておきたい気は満々なのですけどね。

正直、上手くまとめられる自信がゼロ、なんですよ……無理むり、オレにはムリー、みたいな。
そんなグズグズ感を少しでも払拭すべく、トップに可愛い犬の写真を(意味ねえええぇ)

無理感いっぱいなのは、どこから切っても、どこから手をつけても、
それが四方八方に波及してしまう、というか、日本とは・アメリカは、みたいになってしまうというか。
ただでさえ思考散漫型であるのに、これはもう、どうしようもなく広がってしまうだけで。
しかも、結論があるわけではない上、白黒さえはっきりつけられない、グレーだらけな思いのみ。

かと言って、お嬢がその時々に話してくれたことなど、自分的に残しておきたいものも、色々ありますから。
ぐだぐだぐだぐだの羅列であっても、あとで読み返した時に頭を抱えるようなものであっても、
少しずつ書いて残していくしかないのかなあ、と。

そんな感じですので、どうかお許しくださいませ。
って、誰に何を謝ってるんだ、っつー話なんですが。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-04-28 14:09 | Trackback | Comments(6)

六月の空を忘れない

「成功とは、自分の人生を自分の力で動かしている実感があることだ」
   ----- トーマス・マン
       (ドイツ人、作家、1875年6月6日生まれ)


こんなことをやりながら、5月末に無事引越しを終了した我が家。
いやもう、情けないですが、ほんとーーーーに大変でございました……(げっそり)

お嬢が日本に行ってしまうので、夫婦2人になるし、学区も関係ないし、もっと小さくて家賃のお安い家に移ろう、と思い、良いおうちとご縁ができたのは幸運だったのですが。
収納力のある家に10年間、ということは、溜め込んだ荷物の量がハンパじゃない、ということで。

荷物を半減させることから始まって、お嬢の日本行きの為のグリーンカードの延長手続きや、
学校関係の書類の用意、クレジットカードのあれこれ等々、
これでもか、と言わんばかりに、次々に押し寄せてくる大波小波。

おまけに引越しの週が、正にお嬢の学校のファイナルであったので、
テストを2つ、プロジェクトを7つ抱えた彼女は、周囲のお友達から、
「こんな時に引越しなんて、お前の親は何を考えてるんだ
と、散々同情を集めたとか。ったく、とんでもない親だよね。

おかげで、引越しの3週間ほど前から、睡眠は平均4~5時間。
引越し後も、なんやかんやで用事が重なり、いまだその状況は変わっておりません。
それでも乗り切れていられるのは、毎日のグリーンスムージーのおかげです。(大真面目)

でも、卒業式という山場を越えたので、これでようやく、もう少し寝られるようになりそうな。
物理的な用はまだまだ続きますが、精神的に、ちょっと楽になりました。

お嬢の日本行きまで、あと1週間ほど。
最後まで、元気に駆け抜けていけますように。(老女の祈り)

* * * * *

【学校】

IMG_8901

お嬢は2歳10ヶ月の時に渡米したので、学校教育は全て米国産。
なので、幼稚園も小学校も中学校も、卒業式はアメリカしか経験しておらず。
よって、「仰げば尊し」も「蛍の光」も、当然流れるわけがなく。あの、ハンカチが手放せない、日本流の式を知らないままである。

それがまさか、高校まで続くとは、だあれも思ってなかったなあ。(しみじみ)
あ、今までの彼女の歩みについては、こちらの日記にて。3年前のだけど。

そんなアメリカ育ちの子供達にとって、卒業式とはイコール、「パーティ」&「お祭り」
数日前に渡されたガウンや帽子に、色々アートしちゃったり。
家族側も大いに楽しみで、親戚や友人と連れ立って。
カリフォルニアらしい晴れやかな太陽の下、さあ、一生一度のお祭りに出かけよう。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-06-06 15:27 | Trackback | Comments(11)

さようならを言う前に

「自分とは直接係わりのない、まだ見たことも出会ったこともない人々のことも、少しは考えていられる人間でありたい」
   ----- 和田勉
       (日本人、演出家、1930年6月3日生まれ)


Gunn High School Paper Toss 2012



ほかの学校と同様、お嬢の学校でも、シニア(4年・最終学年)ならではの行事が幾つかあるんですよ。
例えば先日は、Senior Cut Dayというのがありまして。
この日に限り、シニアは堂々と学校をサボって良い、という日だったんですね。
4年間で1回だけ使える切り札、みたいな。

中でも、特にお嬢達が楽しみにしてたのが、このPaper Toss(ペーパートス)。
見たいよぉぉ、と騒いでた私の気持ちをくんでくれたのか、誰かが動画をアップしてくれておりましたです。ありがとう、ありがとう(愛)

4年間で溜まりに溜まったノート類や宿題を、カウントダウンの後、一斉に空に投げ上げる、という、この行事。
お嬢は、今までで一番の悪夢を見た、Chemistry Honorsのノートをトスしたそうです。
そしてそのまま、思いっきり踏みにじったに違いない

* * * * *

【学校】

IMG_8285

お嬢の高校で、生徒数人が続けて自殺したという悲劇が起こったのは、2009~10年のこと。
以来、お嬢が高校名を言うと、「ああ、あの自殺の」と言われるようになってしまいました。
そこにつけこむように、とある宗教団体がやって来たことも。
ちょうどお嬢の恩師が亡くなった頃と同時期なのですが、あの時から、すでにそんなに経ってしまったのですね。

でもね、大勢の子供達が、本当にこの高校を誇りに思ってるのです。
アイビーリーグを始めとする名門大学に、当たり前のように何割も進学するこの高校を、「大好き」と言う子供達が、確かに何人もいるのです。
つい先日、この学校がある街自体を離れた私達が、この市をいつまでも素晴らしいと思うと同様に。

街から、学校から、離れようとしているお嬢に、改めて思いを話してもらいました。
先月のSenior Promの写真を挟みながら、彼女の言葉を綴ってみたいと思います。
なるべく顔を出したくないので、足元写真ばっかりですけど(爆)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-06-03 14:49 | Trackback | Comments(5)