タグ:個人的事情 ( 488 ) タグの人気記事

心身安定効果あり

「ええか。やっぱり最後は人間やで。人柄や。
どんな上手くなっても、どれだけ売れても、人間が大事やねん。
これは落語だけと違う。踊りやってる人も、音楽やってる人もみんな言うてる。
人間性やて。そやさかい人間を磨いていかなあかんのや」
   ----- 三代目 桂米朝
       (日本人、落語家、1925年11月6日-2015年3月19日)


     IMG_6417

遠方のお友達が、日本からの帰り道にサンフランシスコ空港を経由してくれたので、
乗り継ぎ時間を利用しての感動(当人視点)の再会となりました。

国際線出発ロビーにあるカフェテリアでのーんびりして、名残惜しくお別れした後は、
セキュリティーゲート前の展示スペースで行われていた、ハリウッドスターの宝石展を鑑賞です。


    sfo

マリリン・モンロー、エリザベス・テイラー、グレース・ケリー、マレーネ・ディートリッヒなど、ハリウッド黄金期を代表する、数々の名女優。
彼女達を更に美しく引き立てた名脇役の一つが、Eugene Joseff氏がデザインしたアクセサリーです。

映画でも舞台でもTvでも、その背後には、一体どれだけのすごい人達が関わっておられるのか。
考え始めると、また自分の無知さを思い知らされて、気が遠くなりそうになる……
ので、考えないようにしちゃうんですよねー。ダメダメじゃん。


Joseff of Hollywood: Jeweler to the Stars
Departures - Level 3 - Pre-Security
January 2015 - July 2015


* * * * *

【個人的事情】

IMG_6478

閑話休題的な話題をひとつ。
前に、自分で買ったドライハーブ云々、と書いたのに、書いてなかったんで。

Yさんのハーブクラス、月イチぐらいのペースで、順調に進んでる。
ためになる内容で、メンバーも良い方ばかりで、毎月の知的娯楽になってます。

クラスごとにYさんが選んでくださるハーブティーも、毎月楽しみで。
これは家でも習慣にしたいよね、というメンバーも多かったので、
先日Kumiちゃんが音頭をとってくれて、みんなでドライハーブを共同購入したんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-03-19 13:02 | Trackback | Comments(0)

未完成なやわらかさ

「Empowering Women, Empowering Humanity: Picture it!」
   ----- 2015年3月8日 国際婦人デー(International Women’s Day)のスローガン


HB

すみません、こんなところで言うのはアレなんですが、誕生日だったんですよ。

そしたら、その日のGoogleのロゴが、こんな風になっていて、びっくり仰天です。
えーっ、えーっ、こんなの、前からやってましたっけ?
思わず、記念にスクショを撮ってしまいましたです。

検索エンジンは断然Google、ブラウザはGoogle Chromeを愛用するという、
かなりぐーぐる寄りを自認するワタクシ。
きっと、ほとんどの個人情報を提供しちゃってると思うんですが、
それさえも悔いはない、どころか、もー、私の全てを持ってってーっ、となっちゃうぐらいに、
またまたぐーぐるさんに惚れました。
IT音痴って、これだから。

* * * * *

【読書】

IMG_6258

さて先日、暑っ苦しく語ってしまった、池谷裕二博士のご本
貸してくれたお友達に、これまた暑っ苦しくカンドーを伝えましたら、なんと更に3冊の本を貸してくれたんですよ。
もー、嬉しくて嬉しくて嬉しくて。(感謝の嵐)

貸してくれたのは、「海馬」「ゆらぐ脳」、そして「和解する脳」
本を渡してくれる時に彼女が、池谷さんの研究姿勢に変化があるので、発行年順に読んだ方がいいよ、とアドバイスしてくれたんですよ。
なので、↑の順に読んだのですが、これがほんとにアドバイス通り。
「海馬」では、海馬を専門として研究する研究者として、高度な内容を平易な言葉で糸井重里氏と読者に対して説明してくれるという、わかりやすい本だったのですが、
それが「ゆらぐ脳」では、インタビュー形式で、自分がそういう研究姿勢を根本から見直しつつある、模索している最中であることを語っておられるんですね。

「和解する脳」は、コメントでノンノンさんが薦めてくださった通り、本当に面白かったです。
これまた、各章ごとに全部感想を書いてしまいたいぐらい。できませんけど。(万年無能)

ですが、今回の日記では、「ゆらぐ脳」から学んだことに絡めて、うだうだと。
これまた、前々から悶々と思っていたことに加えて、タイムリーに考えさせられるニュースが入ってきたことに、博士が書かれたことが当てはまってるように思えましたので。
まーた長くて、まとまりもないので、以下はお進みにならないこと推奨です。

今回も、何にも画像がないのも寂しいので、12月のサンフランシスコの風景でも。
……天気が悪くて、更に寂しさ倍増の画像でありますが。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-03-08 15:05 | Trackback | Comments(2)

私の器を作るもの

「世界を造り替えることはできない。
自分自身をすら、真の意味では造り替えられない。
新に造り直せるのは、行動だけである」
   ----- アリス・ウォーカー
       (アメリカ人、作家、1944年2月9日生まれ)


     B828fXKCEAAfrYz

米国では、2月はBlack History Month(African-American History Month)
アフリカ系アメリカ人の歴史を振り返る月として制定されています。

なんで2月?ということについては、Wikiさんに説明がありましたので、こちらを。
リンカーン元大統領などの誕生月で、President Dayという祝日もある2月ですが、
Martin Luther King, Jr. Dayがある1月でも良かったんじゃ、と思いきや、
なるほど、キング牧師が生まれるずっと前に、元々のNegro History Weekが提唱されたから、なんですね。

そして25年前の2月6日には、ハーバード・ロースクールの学生であったオバマ大統領が、
ハーバード・ロー・レビューの編集長に、初の黒人学生として選ばれたことを紹介する記事が、NY Timesに掲載されたということを、先日教わりました。

First Black Elected to Head Harvard's Law Review

この役職に選ばれるということが、どれほど名誉ですごいことか。
それこそ、最高裁への登竜門的なポジションだそうですね。
若かりし頃から、どれほど頭の良い方だったかということがうかがい知れる経歴の一つです。

その記念すべき(?)2月6日に、もう一つ、オバマ大統領関連のニュースを読みました。

Obama draws ire for comparing Isil to Spanish Inquisition and Ku Klux Klan


ISILの暴挙、神への信仰を大義名分として人を殺すことを非難するのであれば、
同時にクリスチャンは、その歴史において、十字軍の名で行った虐殺や蛮行、奴隷制度、
黒人差別やKKKを忘れてはいけない、という言明。

なんて真っ向からの、正論中の正論。
米国大統領の地位にある人が、こういうことを口にするのが、どれほどのことか。
予想通り、この後、相当な反響&反感を呼んだ模様です。


ISIL(Daish、ダーイシュ)とは国家ではなく、民族でもなく、テロリズムというイデオロギーの信奉者の集まりだと思ってます。
それでも、少しでも彼らについて知ろうと思えば、
十字軍からイラク戦争にかけての歴史を振り返ることを避けては通れない、とも思ってます。

オバマ大統領への批判は、アルプス山脈ほどあることを知りつつ、
アメリカという国について、好悪取り混ぜての思いを抱きつつ、
私は、彼のような人が大統領であるアメリカという国を、素直にすごいと思います。

多文化を受け入れること、尊重して共存すること、差別をなくすこと。
どれも理想論であって、それがどれほど難しいことかを、遥か昔から証明しながら、
それでも尚、それを理想として揺るがない人達が確かにいることが、アメリカの何よりの強みなのかもしれない、と思うのです。

* * * * *

【読書】

          脳には妙なクセがある

お友達が、すごく面白い本を貸してくれました。
脳研究者の池谷裕二博士が書かれた、「脳には妙なクセがある」という本でございます。

池谷氏のお名前だけは存じていたのですが、書かれたものを読むのは初めてで。
第一線の研究者であられるのに、こんな猿と紙一重レベルの私にさえ理解できる、
平易な言葉を使っての、優しく楽しい、最新の脳研究の内容についてのエッセイ。
むっちゃくちゃ面白くて、かなり長い間借りてしまったです。許してーー。>私信

全26章で、各章ごとに、面白い脳の”クセ”について説明されていまして、
そらもう、一章ごとに一つずつ感想が書きたいわ、ぐらいに思ったんですが、
冷静に考えれば、そんなことできっこないだろう。(つまり無能)
なので、とある一章についてだけ、前から思っていたことや最近の体験などに絡めて、書いておこうと思うです。

なんにも画像がないのも寂しいな、っつーことで、オークランドのBlue Bottle Cafeの写真でも。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-02-09 15:39 | Trackback | Comments(12)

天然素材の恩恵に

「Even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream.
(たとえ今日も明日も困難が待ち受けていようとも、それでも私には夢がある)」
   ----- マーティン・ルーサー・キング・ジュニア
       (アメリカ人、牧師・公民権運動家、1929年1月15日生まれ)


阪神・淡路大震災20年 各地で黙とう

阪神・淡路大震災発生から、20年が経ちました。
今でも覚えているのですが、あの朝、生まれて4ヶ月のお嬢が寝ている傍らで、アイロンがけをしていたところ、実家の母から電話があったのですよ。
ニュースを見てないでしょ、と言われ、なんのことかとTVをつけて、そこに広がった光景に、正に言葉を失ったのでありました。
その電話で、尼崎に単身赴任していた父の無事を聞いたのが、本当にありがたかったことでした。

お嬢が生まれたのが、1994年。
彼女が成人式を迎えた今年、2015年は、
阪神・淡路大震災から20年、
オウム関連事件からも20年、
日航機墜落事故から30年、
そして、第二次世界大戦の終戦から70年目にあたります。
成人という節目に、彼女なりに色々考えてくれればいい、と思っているのです。



でも今、後期試験の真っ最中で、そんな余裕はない、って母ちゃんは知っている。

* * * * *

【買い物】

IMG_3992

実はここ数年、冷えとり靴下を愛用しております。

と、始める前に、この「冷えとり」って、商標とかあるんかなあ。
いろんなお店が使ってて、一体どちらが始められたのか知らないので、この際、ちょっと検索してみるか。

と、やってみたら、進藤義晴さんという方のお名前を見つけることができました。
「冷えとり」を提唱したご本を色々出されていらっしゃるのですね。
以下のサイト様での連載がわかりやすかったので、勝手ながらリンクさせていただきます。(ありがとうございます!)
ご興味のある方は、以下の第一回のリンクから進んでお読みくださいませ。

はっきりいって、からだの奥からきれいになりたいのだ:第一回 冷え取りが大人気!


つまり「冷えとり靴下」とは、絹製の五本指靴下を一番下として、
絹、もしくは綿かウール製の靴下を数枚重ねばきして、冷えている足元を暖めると同時に、
体内の”冷え”を外に出す働きのある靴下のこと、
なんて説明で大丈夫でしょうか……(はらはら)
”デトックス”とか”排毒”という言葉と共に説明される健康法でございますね。

ぶっちゃけ、私が始めた目的は、デトックス効果云々より、しもやけでございます。
前に住んでいた家が、ヒーターが効かなくて、家の中で吐く息が見えるぐらいだったりしたせいか、
足指のしもやけが始まってしまって、これが辛いのなんのってもう。
手の指なら掻けるんですが、出かけている時とか運転している時に、靴の中の足指がかゆくなったって、どないせーっちゅーんじゃ!(正しい逆ギレ)

これが、冬に日本に行くと、きれいさっぱりなくなるんですよねえ。
暖房ぷらす、お風呂の効果だと思うんですけど。関東の方が気温が低いのに。
これもあって、冬はほんとに日本のお風呂が恋しいのであります……

と、脱線から戻りまして、つまり足のしもやけをなんとかしたくて、冷えとり靴下を始めたのでございます。なんて長い前置きなんだ。
そして今回の本題は、日本で買っていたシルク製冷えとり靴下が、ありがたいことにこちらでも買えますよ、という話です。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-01-15 16:39 | Trackback | Comments(4)

香りがもたらす効能は

「一日に十里の路を行くよりも、十日に十里行くぞ楽しき」
   ----- 桂太郎
       (日本人、政治家、1848年1月4日生まれ)


     IMG_5722

大変個人的な一大事件。
とうとう、スマホを持つ身になりました……きゃあああ、とわけもわからず走り回りたい気分です。
つか、今まで持ってなかったんかい、というツッコミが多方向から。

ずーーっとずっと、スマホを持つか、今持ってるタブレットで契約するか、悩み続けていたのですよ。
このエリアにいる限り、Free Wifiがあちこちにあるので、強い必要性を感じることがなく。
電話としては、ガラケーの方が使いやすいですし、
お出かけする時は、友人がほぼ全員スマホユーザーなので、それに甘えきっていましたし。(死んでよし)

とうとう見かねたのか、お友達がiPhone5から6+に移行するにあたり、使わなくなった5を譲ってくれたのでございます。
そうでもなければ、まだぐずぐず考えて、ヘタしたら来年まで持ってなかったに一万点。
手にした時は、うわあぁ、と動揺して、お手玉しそうになりました。ありがたや、と感動の号泣です。

まだまだまーだおっかなびっくりですが、とりあえずLINEは入れました。
実はスマホを持ちたい理由の一つが、LINEでございまして。
なんというか、お嬢の生存確認が一番しやすいのが、これかなー、と。
メールは読んだかどうかわからないし、SKYPEやGoogleトークも、なかなかリアルタイムとはいかないし。
学校やバイト関連のメールにはさっさと返事するくせして、親への返信は72時間以後で良し、という勝手なマイルールで動いているヤツですからして。(額に青筋)

危ない国に10日ほど滞在していた彼女ですが、なんとか帰りの飛行機に乗った模様。
帰ってきたら、LINEであれこれお説教してやるから、首を洗って待っておれ。(びしっ!)



でも、IDを教えてくれなかったら、どうしよう。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_2577

さてさて、溜まりすぎてる昨年の日記、一体どこから始めればいいのやら。
うむ、まずは大好きなHerbal Medicineのワークショップの記録だな。

第一回目のクラスがとても楽しくて、また興味のあるテーマのクラスがあればぜひ、と思っていたところ。
タイムリーに、一番教わりたかったハーブティーのブレンドがトピックの一つになっているクラスのお知らせがあったので、ソッコーで申し込みましたとも。
行ってみたら、直前の告知であったにも関わらず、総勢10名と多くて、皆さんの関心の高さがうかがえる。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-01-04 14:20 | Trackback | Comments(0)

光は周りに、その先に

「与えることと受けることは結局同じことで、
その人が開かれた生き方をしているか閉じた生き方をしているかによる」
   ----- ヘンリー・ミラー
       (アメリカ人、作家、1891年12月26日生まれ)


     IMG_4863

クリスマスはいかがお過ごしでしたでしょうか。
私はというと、嬉しいことに友人が招待してくれたので、いそいそとおじゃましてきましたです。
センス抜群&お料理上手な彼女のおもてなしは、最初から最後まで、驚嘆と眼福と口福に満ちたものでありました。あああ、幸せ……(思い出しうっとり)

しかし実は、うちの家族はばらばらというか。
日本出張だった旦那は、予定が延びて、帰宅はクリスマス当日でしたし、
お嬢はええと、ええと、ちょっと過去を振り返る旅に……大丈夫かなあ……(涙目)

人の温かさが、殊に身に染み渡る季節。
何かをむぎゅーっ、としたくなるのですが、お嬢もいないし、ペットもいないので、
とりあえず枕とかクッションとかを手に取って、
……やだ、冷えてる。

* * * * *

【個人的事情】

IMG_4727

2014年最後の日記は、お友達との楽しいクリスマス会の記録だよ。
Sちゃんが場所を提供してくれて、蕎麦花さん・むらさきちゃん・サンドラさんと、
5人で集まった、れでぃーす忘年会。

これまたセンス抜群で有名なSちゃんの手によるセッティングは、
どこの雑誌の写真?と真顔で聞かれてしまうような。
持ち寄ったお料理も絶品揃いで、今回は最初から最後まで、友人自慢一筋の記録となるですよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-12-26 14:23 | Trackback | Comments(4)

選択の自由に感謝あり

「こけたら、立ちなはれ」
   ----- 松下幸之助
       (日本人、経営者、1894年11月27日生まれ)


世界のミルクを日本へ☆USA発☆ 公式ブログのお知らせ

東日本震災から1ヶ月後に書いたので、ええと、3年半前ぐらいの記事。
なんですが、しばらく前から、なぜかアクセス数が上がってて、なんぞやと思ったら、
日本でベビー用液体ミルクの製造をお願いする署名運動が行われていたと知り。
なるほど、それで検索して、こんな僻地まで辿り着かれた方がいらっしゃったのですね。

お出かけや災害の時に赤ちゃんがすぐ飲める乳児用液体ミルクを、日本でも製造・販売してください!


日本に液体ミルクを届ける運動は終了しておりますが、この運動に関わった様々な方々のご尽力のおかげで、液体ミルクの認知度が上がったのかな、と思ったら、
改めて皆様のご努力に心からの敬意を覚えます。
数年前の記事でありますが、私個人の意見に変わりはなく。
品質管理に定評のある日本で、製造販売が認められればありがたいことですし、
子育て中のお母さんの選択肢の一つとして、母乳、粉ミルクと並んで、
液体ミルクが入手できるようになれば、助かる親御さんもいらっしゃることでしょう。

前にも少し書きましたが、どういう子育てをするかは、あくまで各ご家庭の選択で。
少子化対策云々で、あれこれ識者の方が述べておられますが、少なくとも第三者のできることは、
自分達が思うことの押し付けや決め付けではなく、親御さんが良く考えて選べるように、
チョイスを増やしてあげること、だと思うのです。

繰り返しになりますが、どうか楽しい子育てを。
署名サイトを立ち上げられたスエナガ様、陰ながら応援させていただきます!




署名運動サイト、私も署名しようとよくよく読んだら、なんとリンクされていたんですね……
うわああああ  全方向に土下座して回りたいいいいい


* * * * *

【個人的事情】

IMG_4079

Happy Thanksgiving!
の、楽しい連休の真っ最中。
今年の当日は、Sarahさんご夫妻にお招きいただいて、旦那と2人で、わくわくとおじゃましてきたんだよ。

類は友を全く呼ばずに、私のお友達はお料理上手な人ばかりなんだけど、
中でもSarahさんは、味は勿論のこと、盛り付けや彩りに至るまで素晴らしく。
およばれの時は、旦那も私も毎回楽しみでならないの。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-11-27 12:52 | Trackback | Comments(4)

出たとこ勝負の道行きは (8)

「鳥は頭を向けた方に飛んでいくが、方向を決めるのは尾っぽである」
   ----- 井上ひさし
       (日本人、放送作家・劇作家、1934年11月16日生まれ)


     IMG_3946

お友達の息子さんが、ハイスクールのフットボールチームに入っているのですけど、
先日、Seniorの彼の最後の試合を、フットボールファンの友人夫妻と観に行ってきたですよ。

私のフットボールの知識ときたら、マンガ「アイシールド21」を読んだだけというレベル。
しかも読んだのって、5年ぐらい前じゃなかろうか。(虚)
マンガは途中までは面白かったんですけど、どうしてアメリカという国だけで、こんなにアメフトが人気なのか、イマイチわからなかったりしたんですな。

それが、今回の試合を観に行って、そらもうオムツ姿から知ってる子の(ごめんな)ひたむきなプレーを見ていて、わからないなりに、心に訴えかけてくるものがありまして。
試合後、ご夫妻とご飯を食べている時に、フットボールがいかに頭脳ゲームなのかをわかりやすく説明していただいて、目からウロコがぼろぼろと。
やっぱり、知識豊富な方から教われるというのは、ほんとにありがたいことでございます。

来年には大学に進学する彼が、何かの形で、これからもフットボールに関わっていくのかどうか。
なんにせよ、ハイスクール時代に打ち込んだものがあるということが、これからも彼を支えていく石の一つになってほしい、と願っておるですよ。

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

4. Star Pond

IMG_2137

IMG_2136

素晴らしかった日本庭園を出て、階段を下りていくと、そこには星型の池があり。
赤いダリアやベゴニアに囲まれて、きらきらと地上で輝く星ですな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-11-16 12:28 | Trackback | Comments(0)

眺めるだけでは物足りず

「戦争は仲直りする気のない喧嘩だからタチ悪いねんね」
   ----- 松本人志
       (日本人、タレント、1963年9月8日生まれ)


     IMG_2654

十五夜、中秋の名月、スーパームーン、Harvest Moon。
まだまだいろんな呼び方があるんでしょうなあ。
なんにせよ、眼福な夜空でありました。
「中秋」と「仲秋」の違いを知った夜。はい、今まで知らなかったんです……(馬鹿)

昼はお気に入りのカフェで、お友達と会っていたのですけど、
そういえば店名にMoonが入ってたな、と月を見ながら思い出しましたです。

          IMG_2637

* * * * *

【レストラン】

IMG_0742

今まで、それなりの数のベジタリアンレストランに行かせてもらって、リピートさせてもらったお店も何軒か。
高級店からファストフード系まで、種類の多さはさすがのベイエリア。

Sarahさんとバークレーで会おう、ってなって、どこか行ったことのないベジィなお店はないかな、と探していたら、見つけた名前が、あら、あのサンフランシスコのお店じゃん。
カジュアル&ジャンクなメニューがベジィで仕立てられているこちら、前に行って気に入って、お嬢を連れて行ったら、彼女も喜んだというお店。
行きたいです、とSarahさんにお付き合い願ったの。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-09-08 11:19 | Trackback | Comments(2)

絵筆が描く美味しさを

「言論の自由を呼号するのは、それを乱用しようとする人間のみである」
   ----- ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
       (ドイツ人、詩人、1949年8月28日生まれ)


ちょっと旅に出ておりました。

お嬢が帰省している間に、家族旅行に行きたいね、なんて旦那と話していたのですけど、
なんせ一番の目的であるBiometricの日程の連絡がない限り、予定の立てようがないわけで。
ようやく連絡が来たのが、お嬢が来る直前だったこともあって、もう旅行はないかなー、と思っていたのですよ。

ところが、そうは問屋=旦那が卸さない。
結局、飛行機などを予約して、その3日後に出発したという、準備?それナニ?みたいな旅となりました。(くらっ)
ちなみに行き先は、カナダのバンクーバー。が、まあ、なんというか、ごにょごにょごにょ

色々とトンデモな点がいっぱいでしたが、楽しい小旅行でございましたよ。
旅行記録はいずれ、ということで、とりあえずシアトルに降り立つ前に見た、夜のMt. Rainierの姿など。


IMG_1652

* * * * *

【個人的事情】

     IMG_0061

さてさて、5月のtamachanレストラン訪問記録なり。
この月は、豪華なバラの花束から始まった。
ちょうどtamachanがお誕生日で、贈られたバラの美しさに、私達まで幸せのおすそわけをいただいたの。
そんな日に働かせてしまって、私達ったら。と、反省は形だけ。

4月が和食だったので、5月は洋食で。
またまた色鮮やか&ちょー美味なメニューが並んだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-08-28 15:21 | Trackback | Comments(2)