タグ:個人的事情 ( 492 ) タグの人気記事

心身共に染み渡り

「老化は若さを失うことではなく、新たな機会と強さのステージなのである」
   ----- ベティ・フリーダン
       (アメリカ人、女性解放運動家、1920年2月4生まれ)


IMG_9687

寒いですね~。
と言いたいところですが、なぜか急に気温上昇のベイエリア。
しかし、やはり冬には鍋だろう。

ここ最近、2回の鍋パーティに参加させてもらいまして。共に女子会で。
1回目はCさん宅で、タイ鍋パーティ。
Cさん製の豚骨ブロスに、Naokoさんの自家製タイ風タレ。
もーー、激ウマ、激ウマ。


IMG_9810

続けて、Sちゃん宅にて、むらさきちゃん製の手羽ブロスをベースにした鍋。
王道の具が揃って、皆ではふはふといただきましたです。うまうまーっ。
詳しくは、サンドラさんのブログをご覧くださいませ。(他力本願)
サンドラさんのあんみつが最高の締めとなったパーティでございました。


ここ最近、ボーンブロスが気になっているワタシにとっても、良い機会となったです。
家の食事はヴィーガンに近いんですが、別に動物性のものを摂らないということではなく。
昔は、この足りない頭で考えた諸々もあったんですけど、今になっては、
肉・魚を料理して後片付けするのがメンドクサイ、という理由も加わってしまいました。(死んでこい)
野菜だけだと楽なんですよ……料理も後片付けも。ほんとなんだってば。

そんな私が、なぜかボーンブロスは、なんか良さそう、みたいに思ってまして。
ちょうど、こんな美味しいものを2回もいただいてしまったら、尚更に。
それこそ、調理も後片付けもむっちゃ大変そうですが、一度トライしてみるべーか、みたいに考えてるところです。
バカの考え、休むに似たり。
あとは、どこで良い骨を買ったらいいのかな、ってことですね。


ちなみにNaokoさんは、豚骨をまとめ買いしては、ボーンブロスを頻繁に作っておられるそうですよ。
お忙しい中、それはすごい!と感心したら、なんと愛犬の為でありました。
犬のご飯まで、全て手作りですとーーーー!?
ちゃんと骨で出汁までとってーーーー!?

ワタシはNaokoさん宅の2匹目の犬になりたい……

* * * * *

【映画】

     Beauty and the Beast

旅行記録の前に、乗った飛行機で観た映画の記録をば。
なんでやねん、と思われたらすみません。
実は単に「Beauty and the Beast」への愛を書いておきたかっただけにすぎません。(先に告白)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-02-05 11:27 | Trackback | Comments(0)

貴方の得意分野から

「自分の力を発揮できるところに、運命は開ける」
   ----- 福澤諭吉
       (日本人、啓蒙思想家、1835年1月10生まれ)


2018年になって、すでに10日も過ぎていたらしいです。
今年は喪中ゆえ、新年の挨拶も割愛だし、と油断してたら、やられました。(何に)

年末に日記を書いた時、具合悪いな、旅疲れだよな、と思って、ちょっとベッドに行ったら、そっからしばらく起きれなくなりまして。
熱出てる、こら出てるわ、と寝込み、そのまま年越しですよ。(ふっ…)
翌元旦には熱は下がっていた(体感)のですけど、しんどくてそのまま。
2日には起きなきゃ、と思いつつ、最低限の用事だけで、やっぱりそのまま。

なんてことをやって3日になってから、もしかしてインフルエンザだったのではないかと思い当たりました。
関節痛があったな、そういえば、って遅すぎだよ……
そっから念には念を入れて、6日の土曜までは一切外に出ず、7日の日曜に初外出となりました。
だって、人にうつしたらマズいですからね。

旅行中から、免疫力落ちてるサインがあったのですけど、それで飛行機やら長距離列車やら、でしたからねー。
あまりひどくなかったのと、とりあえず人様には迷惑をかけずにすんだっぽいことが救いです。


という感じで、ワタシの2018年1月は、8日から始まりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9010

さて、2018年の始めは、2017年に書き残した日記がなかったかどうかから。(すでにダメ)
気になっていたカフェのメニューを試しに、わくわくさんにご一緒していただいたので、それは書いておこう。

前に行った時、フードメニューを見て、一度食べてみたいな、と思っていた中近東系のカフェ。
アメリカンなドリンクやペストリー類より、そっちの方に興味が引かれたのでな。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-01-10 08:58 | Trackback | Comments(0)

等身大の視点から

「何かを始めることは優しいが、それを継続することは難しい。
成功させることはなお難しい」
   ----- 津田梅子
       (日本人、教育者、1864年12月31生まれ)


IMG_9354

おかげさまで、無事に旅行から帰ってまいりました。
アメリカ時間で18日に出発して、30日に帰宅。
しみじみ思いましたが、おうち大好き老婆が10日以上の旅行というのは、
さすがにもう無理っぽいでございます……

や、一箇所にじっくり留まって、という旅行なら別ですが、
目まぐるしくあちこち行きまくる旅だったのと、
最後の3日間が雨で、更にその中で1時間の行列待ちとかしたもんで。
それでも、帰宅までは全然元気だったのに、大晦日の今日、結構キております。
ギブミーハーブ、ヤク用ハーブ……(誤解を招く表現)

旅行中、一度ぐらいは日記を書きたかったのですけど、全然時間がなかったのと、
ホテルによっては、えっらいネットが遅いところもあり。
おけげで、写真をWebアルバムにアップロードすることもできなかったので、
今日はそれも、ぜーはー言いながらこなしたり。
まあ、お節を作らないで良いので、それは嬉しゅうございます。


さてさて、本年も各方面に、大変お世話になりました。(三つ指つき)
父の逝去という、自分史的に今までで最も悲しい出来事があった為、
一年の前半は、どこか感情が朧になっていて。
お嬢の滞在や母の見舞い的意味合いでの日本行きなど、
自分と家族の傷の癒しの為、開き直って完全内向きに過ごしておりました。

それなのに、どうしてもシャットアウトできない、米国WH事情を始めとする世相諸々。
毎日がオワタ感、とは良く言ったものでございますな。

そんな中で、日々嬉しさを与えてくれるのは、やっぱり身近な人達の温かさ。
感謝してもしきれない、言葉にしきれない、積もるばかりの思いです。
こんな一言に凝縮できるものではございませんが、それでもやはり、
「心からありがとうございました」。

来年がどうなるやら、全く見当もつきませんが、
まずは自分も含めて、家族が心身共に健やかに過ごすこと。
その為には、自分自身のバランス感覚が、より一層重要になってくる、
と改めて言い聞かせる次第です。


旅行中、またお嬢と色々話すことができたので、いずれまとめられたら、とはずっと思っているのですが、ねー。
とりあえず彼女に送りたい、「娘に伝えたい10か条」。

キャプチャ


環境のみならず、年齢とか性別とか人種とか。
自分で選択できないものについて悲しい思いをする人が、どうか一人でも少なくなりますよう。
辛い思いを抱えている人には、その倍以上の良いことが起こりますよう。
幸せを噛み締めている人には、その喜びがずっと続きますよう。
どうか笑顔が溢れる一年になるよう、心から祈る大晦日でございます。

良いお年をお迎えくださいませ。

[PR]
by senrufan | 2017-12-31 10:36 | Trackback | Comments(0)

くぐる暖簾を掲げたら (18)

「明日、起こる大人の問題を解決できるかどうかは、今日の子供たちの成長を、
どれだけ大きなスケールで測ることができるかにかかっている」
   ----- マーガレット・ミード
       (アメリカ人、文化人類学者、1901年12月16生まれ)


IMG_9018

     IMG_9039

遠足仲間が集まって、毎年12月に行うクリスマス会
今年も、すっごくすっごく、楽しい会となりました。
参加させてくれた友人達に、心から感謝でございます。

去年まではポトラック&プレゼント交換という形でしたが、今年は趣向を変えて、
皆のお気に入りのDishdashで美味しいランチをいただいた後、
サンドラさん宅におじゃまさせてもらって、にぎやかにプレゼント交換を。


     IMG_9056

メンバーの一人、むらさきちゃんの誕生日祝いも一緒に。
サンドラさんお手製チーズケーキ、スーパー美味ーーー!


今年は、日記での記録は諦め……
サンドラさんが素敵なブログ記事を書いてくださってますので、
ぜひぜひご訪問くださいませませ。

* * * * *

【料理】

IMG_9036

うわーん、もう年内、日記を書く時間があまりに足りないよーっ!
と、数年前から毎年同じ叫びを書いてる気がするが、今年はほんとにヤバいって。
だって、明日から旅行だもん。(蒼白)

ええと、ええと。久しぶりに「みぎや」を開催できたので、その記録は書いておく。
いつもそうだけど、今回もメンバーが最高だったので、むちゃくちゃ楽しかったからね!
日記は料理だけで短いけどな!(ヤケ)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-12-16 15:41 | Trackback | Comments(0)

季節の味の存在を

「最後の一歩というのが実はそれまでの千万歩より幾層倍むつかしいという場合が
何事によらずしばしばある」
   ----- 寺田寅彦
       (日本人、物理学者、1878年11月28生まれ)


IMG_8975

2017年の感謝祭の連休、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか。
我が家はまた友人宅におじゃまして、数々の絶品料理と、パンチの効いたおしゃべりを、
目一杯楽しんでまいりました。

ここ数年、毎年同じ友人宅におじゃまさせていただいてるのですが、毎年、
今年のお料理が今までで最高!と思うんですよね。
本当に嬉しくありがたく、文字通り感謝でいっぱいの一日をいただいております。
ありがとう、ほんとにありがとねえ。


IMG_8979

諸事情により、今年は「みぎや」開催が随分減ってしまいましたが、
やりたいなあ、とは思ってるんですよ。
今週末は久しぶりにお客様をお迎えする予定なので、久しぶりにどきどきしております。
食べられるものをちゃんと提供しなくてはーーー(基本のき)(つか人間の基本)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_8989

10月のハーブクラスの記録なり。
おしゃれな四つ割ローソク(おしゃれじゃない表現)の火を灯すところから始まった今回は、風邪予防や免疫力UPに効くハーブなどを勉強したんだよ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-11-28 07:51 | Trackback | Comments(0)

守りたいのは愛ゆえに

「ユーモアとは、相手に対する思いやりのこと」
   ----- アルフォンス・デーケン
       (ドイツ人、哲学者、1932年8月3生まれ)




ひいいい、もう8月ですって……!
いやいや、もう葉月ですって、と言ってみよう。(悪あがき)

で、8月になるまで、あまりにあまりなほど日記が書けなくて、いくらなんでもこれはないだろう。
と、オノレに愕然としたので、もう何でもいいから、思いついたことを書いてみよう、と思うです。
や、今までもそうだったんですけど、今まで以上に体裁無視というか。今までに体裁があったのというか。

要は、ますますタダのタワゴトになるので、よろしくう、つーことでございますね。
さーて、どこまで続くかなー。

* * * * *

【読書】





国民的マンガの「ONE PIECE」、7月22日に20周年を迎えたそうですよ。
そして7月22日を「ONE PIECEの日」として申請した認められたそうなので、これからは記念日カレンダーに記載されることになるみたいです。ひょー。

人生下り坂のババアですが、いまだにONE PIECEが大好きです。(力いっぱい)
どこがどう、って具体的に言えるようなものではないのですが、とにかく続きが気になって楽しみすぎるのと、何度読み返しても飽きないパワー。
このパワーが自分内基準になってしまったおかげで、他のマンガになかなかはまれなくなってしまったのは誤算でした……
ううう、前はもっと沢山、好きなマンガがあったのに。(ただの加齢という説)

つーことで、以下はワンピの一ファンのタワゴトなので、興味のない方のスルー絶賛推奨です。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-08-03 12:50 | Trackback | Comments(0)

会える場所はそこにある

「著者の死後、彼の日記を読むことは、彼からの長い手紙を受け取るようなものだ」
   ----- ジャン・コクトー
       (フランス人、詩人・作家、1889年7月5生まれ)


昨日、夕飯の支度していた時。
さつまいもの下ごしらえをしていて、ああ、そういえばtamachanのかぼちゃとか芋類の火の通し具合も絶品だったなあ、と思い出したんですよね。
甘さをきちんと引き出しつつ、ちゃんとほくほくしてて。
そんな具体的なことから始まって、それから言葉にならない思いが込み上げる。
もう会えない人のことを思い出す時は、そんな感じになるのです。

そうしたら昨夜、tamachanの遺灰がシャスタ山の上に撒かれた、とのお知らせをいただきました。
彼女が大好きだったシャスタで散骨を、という話は聞いていたのですが、そんな素敵な形があったのか、と驚きながら、
あの青い空と白い雲、白い山を思い出して、胸がいっぱいになったです。
また行く機会があれば、あの山に、空に、雲に、彼女の姿を見出すことになるのでしょう。


父もまた、もうすぐ新盆を迎えます。
実家の母とは、時々電話で話します。
話している最中、まだまだふとしたことで涙声になる母です。


17803568505_d8818e9520_o

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_7569

5ヶ月ぶりに、ハーブクラスに行ったんだ。
なんで半年近くも、というのは、昨年の12月にクラスがあってから、私が日本へ行ったり来たりになってしまい、そのまま開催されず仕舞いになっていたんだね。
皆さんに気を遣わせてしまい、情けなくもありがたく。

しかし、5月中にやっておかんと、6月からは日本に行くメンバーが多いので。
夏休み前に、と互いの予定を合わせて、無事、先生のYさん宅での開催が実現したのだよ。(じ~ん)

しかも今回は、コアメンバーが勢揃い。
Kanaちゃんと私が到着した時には、すでにAちゃんとerinちゃんが美しいにじみ絵を完成させるとこだった。
Aちゃんのちっちゃな天使ちゃんも、大いに手伝っていたですよ。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-07-05 13:38 | Trackback | Comments(0)

僕にもできる光合成

「相手を尊重することも大切です。
率直にものを言うここと傍若無人に振る舞うことは違います」
   ----- 堤清二
       (日本人、経営者・作家、1927年3月30生まれ)


IMG_7366

生きてます。大丈夫です、生きてます。
って、なんてデジャヴなご挨拶。
ひえええ、3月が終わるじゃーん!!!(真っ青)

30日に帰宅いたしました。
日本との往復生活も、これにて終了、というと、母のことを思って胸が痛くなりますが。
帰る間際に、母にLINEを教えてきて、帰るなりメッセージと電話でやりとりしましたよ。
できる限り、こまめに連絡をとっていかないと、一日中、誰とも話さない日が続きそうな母なので。

今日は、こちらの桜の写真を送ったです。
日本にいる間、一応桜の開花宣言は聞いたのですが、天気が悪い日が多く、河津桜などは見られても、ソメイヨシノは見られないままだったんですよね。

ところが帰ってみたら、近所にあるじゃないですか。
すっかり忘れてましたよ、この桜の木の存在を。(だってババア)
すでに葉桜になってましたが、ぱしゃっ、と撮って、母に送りましたです。


今回の滞在では、お嬢の卒業&引越しを中心に、数人の友人達とも会ってきたですよ。
12月から行ったり来たりしていたものの、ずっと実家におりましたので、誰とも会ってなかったんですよね。
今回は許してもらえるかな、と。
や、母に言えば、絶対行きなさい!と言ってくれるのはわかっていたんですが、なんとなく自分の気持ちがね。

で、こちらに帰ってきたので、またこちらの友人達にも会いたいのですが、もしかしてしばらくやめた方が良いかも、なの?(誰に聞いてる)
つーのは、日本で友人達と撮った写真全て、自分の姿に愕然としたもんで。

そらもう、思いっきり老けました
どっからどう見ても、老けました

この年で体重が減るって、ストレスがかかるって、そら恐ろしい老け効果でありますな……(言葉もない)


カリフォルニアに帰ってきて、何より嬉しかったのが、暖かい陽射しと青い空でございます。
しばしまったりと日向ぼっこを楽しみつつ、ゆっくりと元に戻れるといいなあ、と思ってます。
……でも、シワと白髪は戻らない予感が大ですな。(あああああ)


IMG_7384
[PR]
by senrufan | 2017-03-30 14:30 | Trackback | Comments(0)

貴女に捧げる花束を

「泣きな。いくらでも、気のすむまで泣いたらいいんだよ」
   ----- 渥美清
       (日本人、俳優、1928年3月10生まれ)

* * * * *

【個人的事情】

14215348703_7e74637b2b_o

悲劇とは、畳み掛けてくるものなのかもしれません。
おうちカフェの美味しいお料理で、ずっと皆を楽しませてくれてきたtamachanが、
3月7日、次の世界に旅立っていってしまいました。

最初に知ったのは、友人からのメッセージで。
ちょうど別な友人と一緒にいた時で、え、なんのこと? 何を言ってるの? と、
数瞬は信じられなかった、その知らせ。
段々と頭に、その言葉が形になってきた時、一緒にいた彼女が、落ち着いて、落ち着いて、
と何回も呼びかけてくれたのを、うっすらと覚えてます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-03-10 14:00 | Trackback | Comments(2)

春の陽射しが近づいて

「一人の人間の評価と価値は、心と意志のなかにある。
そこに人間の本当の栄誉が宿るのだ」
   ----- ミシェル・ド・モンテーニュ
       (フランス人、哲学者、1533年2月28生まれ)


気がつけば、2月が終わろうと。すでに終わってると。(愕然)
生きてます。大丈夫です、生きてます。

さすがに日記を書く気もなく、また、父の残した文の整理などに夢中になっておりましたら、あっという間に数週間。
少しだけベイエリアに戻ってきてますが、3月半ばから、また日本です。

戻ってから時差ボケもなんのその、また発つまでの間、ほぼ毎日、誰か彼かと会う予定になってます。
まだまだ会いたい人はいるのですけど、次に帰ったら絶対、と思って我慢の子。

大好きな人ばかりなので、ほんとに嬉しくてたまりません。
傷だらけの心に、皆さんから受け取る慈愛がゆっくりと染み渡っていって、
日々少しずつ元気になっていっております。

父のことで、いろんな人からメールやメッセージをもらいました。
温かい言葉だけが並んでいて、今でも読み返すと、涙が溢れてくるものばかり。
皆さんの言葉から、一片のわだかまりも恨みもないままに親を惜しんで泣けるということが、どれほど幸運であるかを知りました。

親への恩は大き過ぎて、到底返せるものではありませんので。
私にできるのは、せめてお嬢にとって、そういう親になること、に向けて、
最大限に努力していくことだと思ってます。

それでさえ、この世から旅立つ時まで、それが果たせたかどうかはわからないことですが、
それでも尚。
愛してるよ、と伝えられる存在があることに、感謝しない日がないように。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

IMG_7124

これだけだとナンなので、日本滞在中に、唯一外出らしい外出をしたことでも。
Twitterやブログを数年来フォローさせていただいている方のトークイベントに行ってきたですよ。

ボストン在住のエッセイスト・翻訳家・洋書レビュアーの渡辺由佳里さん
自称「政治オタク」でいらっしゃる彼女は、今回の大統領選では、党を問わず、
様々な候補者のイベントに参加して取材され、
ご自分では、ヒラリーの地上戦スタッフとしても活動されたんですね。

その模様をNewsweekなどで連載されていたので、欠かさず目を通していたのですが、
このたび、その総まとめ的な本を出版され、記念のトークイベントが、新宿の紀伊国屋で行なわれたのですよ。
急な開催で、急なお知らせをいただいて、慌てて駆けつけたのですが、
予定人数の倍以上の方々が集まるという、大変な盛況ぶりでございました。


IMG_7125

私が渡辺さんの書かれるものや言葉が好きなのは、地に足がついた、バランス感覚に優れた方だなあ、と常に感じさせられるから、ですね。
選挙までは、政治オタクという側面を知らずに、エッセイや訳書を楽しませていただいていたのですけど、
今回の選挙では、渡辺さんの冷静な分析や、フェアでポジティブな姿勢に感銘を受ける場面が多々あり、改めてファンになった次第です。

生渡辺さんも、とても快活で知性溢れる素敵な方でした。
ご著書にサインをいただく時、自分がシリコンバレー在住であることを告げましたら、
それは今回の選挙は、本当に大変だったでしょう、と言ってくださいました。
あの辛さ、あの恐怖感を、そうでない人に、一体どうやって伝えられるのか。
ほんの2~3分の間に、私に示してくださった共感に、大いに慰めをいただきました。

渡辺さんにはお嬢様が一人いらっしゃって、選挙の日の夜、泣きながら電話をかけてきたエピソードがご本で紹介されています。
私もあの夜、日本にいるお嬢から、全く同様の電話をもらったのですが、
図らずも2人の若者の言葉も、同じ内容でありました。

自分の言葉を伝えていこう、共感を広めていこう。
そして、決してあきらめない。

渡辺さんが書いてくださったエピソードに、どれほど力づけられたことか。
何よりも、その一言を言いたくて参加したイベント。
緊急帰国してくださった渡辺さんに、急遽企画してくださった紀伊国屋や出版社の方々に、そして父に。
感謝した一時でありました。


さーて、3月はもう少し頑張らねば。
もう少しだけ。だけ。(常に自分に甘く)
[PR]
by senrufan | 2017-02-28 12:57 | Trackback | Comments(0)