「ほっ」と。キャンペーン

タグ:レストラン ( 447 ) タグの人気記事

ほんのさわりの挨拶を

「我々はそれぞれ、違う温度で沸騰する」
   ----- ラルフ・エマーソン
       (アメリカ人、思想家、1803年5月25生まれ)


   ハナマサ

お嬢が送ってくれた写真。
肉のハナマサに貼ってあったそうです。

「食品衛生上、生物冷凍品の返品はお断りします。

 On the food hygiene I'll decline return of a creature frozen commodity.

くりーちゃー、って……!(ぶるぶる)

* * * * *

【レストラン】

IMG_3522

美味ブランチの後は、ユニオンスクウェア近辺でお買い物。
まだちょっと時間があったので、最後はお茶で締めくくり。

ちょうどすぐそばに、新しめの気になるカフェがあったので、皆で訪問してみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-05-25 14:29 | Trackback | Comments(0)

良き一日の始まりは

「宗教家は宗教を、道徳家は道徳を、主義の人は主義を私する。
それでは宗教も道徳も主義も栄えようがない」
   ----- 中勘助
       (日本人、作家・詩人、1885年5月22生まれ)


     IMG_3998

おかげさまでチャリティーセールが無事終了し、その後は1ヶ月ぐらい冬眠、
といきたかったのですが、そうは問屋が卸さない。
老体にムチ打ってやったのは、今年の梅仕事でございます。

お友達が、わざわざ遠くの梅林で、沢山梅をとってきてくれまして。(感涙)
梅干、ハチミツ梅、梅酵母を仕込んでみたですよ。

実はお恥ずかしながら、梅干に挑戦するのは生まれて初めてなんですよ。
毎年、母が作る梅干を分けてもらっていたので。
なぜか、杏干は作ったことはあるんですけどね。

しかし母が元気なうちに、きちんと教わって、身土不二の梅干を作ってみなきゃいかんだろう自分。
いい歳して、いつまでも頼ってるんじゃありません。

ということで、どきどきしながらやってみました。
この写真の時から1週間ほど経過して、今ではいっぱい梅酢が上がってきており、ほくほくです。
赤紫蘇が手に入らないかもしれないので、白梅干になるかもしれませんが、この際良しとする。

うまくいきますようにーーー(祈)
つか、実は梅酵母が一番心配かも……

* * * * *

【レストラン】

     IMG_3488

嬉しいことに、恒例行事と化した感のある、女子5人での遠足。
4月はサンフランシスコで、パン屋さんに行って、ブランチして、買い物して、お茶して、というフルコースでの一日となったのね。

運転してもらって、車内では思いっきりおしゃべりして、普段来られない場所におじゃまする。
楽しくて楽しくて、いつも待ち遠しい限りの行事なの。

この時に訪問したカフェも、とっても良かったよ。
流行りの、と言ってしまえば、確かにそんなお店ではあるのだけど、雰囲気も味もなかなかで。
そう思う人が多いのか、早めに行ったにも関わらず、結構な時間、外で待ちました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-05-22 13:00 | Trackback | Comments(0)

Ready-to-Eatの拡張形

「祈りは神を変えず、祈る者を変える」
   ----- セーレン・キルケゴール
       (デンマーク人、哲学者、1813年5月5生まれ)


     BAH Flyer

Bay Area HEART 東日本震災復興支援チャリティーセール、開催まで1週間になりました。

日時 : 5月14日(土) 午前11時~午後1時    
     (これまでとセール開始時間が異なっています。ご注意ください)
セール会場 : Santa Clara Valley Japanese Christian Church
             40 Union Ave. Campbell, CA 95008

寄付先 : 青空保育たけの子いわき放射能市民測定室たらちね
連絡先 : bayareaheart@gmail.com


今年も、皆様の温かいお心が、出品&ボランティアのサインナップという形で、続々と集まってきております。
スタッフ一同、すでに感動の涙にくれております。

また例年通り、セール前お知らせをこちらで行いたいと思っております。
老体にムチ打って、どこまでできるか試……す前に討ち死したらどうしよう。(現実)

Facebookページも日々更新しております。
お時間のある時に、どうぞご訪問くださいませ。

Bay Area HEART

* * * * *

【レストラン】

IMG_3463

セール前になると、日記更新が手抜きになるというワナ。
つーことで、レストラン記録が続きます。(え)

わくわくさんとのデートの時、ご提案いただいた新しいお店。
え、え、ここって、あのお店の最新支店ってことですか。

某社のおかげか、バブリーさを増している街にできた、ゴージャスなモール。
賃貸料も、えらく高額だという噂を聞いたです。
そんなモールの一角にできたっつーことは、お店は好調なんですね。良きかな、良きかな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-05-05 11:19 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(0)

更に魅せたいものがある

「政府の最良の形態とは、最大量の悪を最も防止できそうな政府である」
   ----- ジェームズ・モンロー
       (アメリカ人、政治家・第5代合衆国大統領、1758年4月28生まれ)


久しぶりに熱を出しました。

いつもだと、風邪?という予兆を感じた時に、できるだけ早く、
抗菌作用のある漢方茶やハーブ類を摂ることで、大体抑えられるのですが、
今回はその予兆が、遠方に出かけている時に訪れてくれやがりまして。
帰宅してからソッコーで摂ったものの、時はすでに遅し。
翌日から喉が痛くなり、その夜には発熱しておりましたです。

で、明け方に、気持ちが悪くて目が覚めたんですよ。
寝返りをうって姿勢を変えても気持ちが悪くて、うーうー唸ってたんですが、
はたと気づいて水をごくごく飲んでみたら、ぴたっ、と収まりました。
なんのこたーない、脱水症状を起こしていたんですな……
実は長い人生で、ほぼ初めてかもしれません。

熱を出すこと自体は、それでデトックスにもなるので、たまになら良いのですが、
少々の熱でも脱水症状を起こしかねない、干からびた老体なんだよテメエは
という自覚をしっかり持たなきゃいけない、という学びを得た体験でありました。
ダイジョブ、泣いてません。

風邪は、8時間以内で治すこと。
以前、風邪のワークショップで教わったことに、大いに助けてもらっておるですよ。

* * * * *

【レストラン】

IMG_3754

以前、カラークラスの仲間達と、ランチに訪れた和食レストラン
ディナーのメニューをその時拝見したら、色々と美味しそうなものばかりが並んでて。
夜しか食べられないという手打ち蕎麦にも、大いに興味アリ。

じゃあまた皆で、という話になって、後日ディナーに訪れてみたんだよ。
もちろん事前に予約して、その時にお蕎麦の予約も入れました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-04-28 14:16 | Trackback | Comments(4)

創作意欲の源は

「人間の現実社会は、他者の群れのなかに、
なんとか多数派である自分の姿を見つけようとするゲームだ」
   ----- ジャック・ラカン
       (フランス人、精神科・哲学者、1901年4月13生まれ)


熊本地震で被害に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。
まだ余震がしばらく続く見込みということですが、
避難されておられる方々が、どうか一日でも早くご自宅に、そして日常に戻られますように。

災害が起こった時、何もできないのに気持ちばかりが逸るのは、もう何度経験したことか。
今はまだ現地でも、寄付や救援物資を受け取るルートは確立されていないでしょうから、
取り急ぎ、Yahoo!募金に心ばかりの寄付をして、追ってまた、何かを探したいと思っております。

Yahoo! JAPANによるマッチング寄付で、寄付額が倍になります。
ありがたいことです。

【あなたの寄付が2倍】熊本地震災害緊急支援募金

* * * * *

【レストラン】

IMG_3215

お嬢が帰省していた時、どこか行きたいお店はある?と聞いたら、真っ先に答えたのが、サンフランシスコの老舗ヴィーガンレストラン、Millennium
昨年4月末日をもってSFの店舗を閉じ、夏から心機一転、オークランドの新店舗で営業してるのね。

私達はまだ行ったことがなかったんだけど、Sarahさんご夫妻から、新しいお店もすごく良いよ、と聞いていて。
よっしゃ、行ってみるか、と予約して、いそいそと訪問だ。
お嬢が会いたがっていたので、Sarahさんご夫妻も拉致お誘いした。

この日、Sarahさん旦那様もうちの旦那も、国外出張からの帰宅翌日。
時差ボケは、体調はダイジョブですか、と、ちみっとはらはらしながらのディナーでありました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-04-14 13:47 | Trackback | Comments(6)

陽気な色と味わいを

「苦労から抜け出したいなら、肩の力を抜くことを覚えなさい」
   ----- 斎藤茂太
       (日本人、精神科医・エッセイスト、1916年3月21生まれ)


知らなかった! 納豆のフィルムの画期的な外し方がTwitter上で紹介される



いやー、ほんとに知らなかったですわ。
いつも、容器の縁にこすりつけるようにしてたんですけど、
これならわりばしも汚れないままだし、納豆専用として一本常備しておくのも良いかもです。

最近は自家製納豆がメインになったので、こおゆう苦労もなくなったといえばなくなったんですが、
やっぱり納豆のセールのお知らせを見ると、ついつい買い物カゴに入れてしまいたくなるのはなんでなの。すでに本能なの。

* * * * *

【レストラン】

IMG_3088

お楽しみ月例行事、美女達4人との2月の遠足の巻。
むらさきちゃん、蕎麦花さん、Sちゃん、サンドラさん、いつもお世話になっておりまする。(へへーっ)

今まで向かったのは、北か東方面が多かったけど、今度は初めて南行き。
暖かい方面で、しかも夏かというような暑い日に、暑い国の料理を食べに行ったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-03-21 11:22 | Trackback | Comments(0)

まずは一杯、もう一杯

「不運や失望に直面する勇気と、無謀な冒険を抑制する臆病さが必要だ」
   ----- ボビー・ジョーンズ
       (アメリカ人、ゴルファー・弁護士、1902年3月17生まれ)


カリギュラ効果ほか誰もが経験した「あの現象」の名前

うおお、あんなことやこんなことまで、ちゃんと名前と背景があったとは!

とりあえず私の毎日は、セルフハンディキャッピングで明け暮れております。
仕事も掃除もせずに、本だけ読んで暮らしたい。(心から)

* * * * *

【レストラン】

IMG_3032

昔はあの苦さが好きになれず、最初の一口しか美味しいと思わなかったビール。
それが今になって、ワインよりむしろ好きかも、になったのは、これもモナリザ症候群とか。(多分違う)
お料理も美味しい、そしてお手軽価格なビアレストランが近くにあったらいいなー、と思っているんだけど、そのわりには探検してないんだよね。

という時に、Kさんと旦那様が良く行かれているというお店についてお聞きして。
ちょうど、Kさんご夫妻とうちのダブルデート(もしかして死語ですか)しようという話が持ち上がった時であったので、ではではそちらにおじゃましましょう、そうしましょう。

って、うちの旦那に言ったら、以前何回か行ったことがあるというじゃないですか。
だったら、なんで早くに言わんのだ。(言いがかり)

場所は、山の景色の市のダウンタウン。
最近ますます混み具合がハンパじゃなく、週末は駐車難民になることも頻発なので、かなり早めに待ち合わせとなったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-03-17 10:02 | Trackback | Comments(0)

こんな私は美しい

「子どもたちよ 子ども時代を しっかりと たのしんで ください。
 おとなになってから 老人に なってから
 あなたを 支えてくれるのは 子ども時代の『あなた』です」
   ----- 石井桃子
       (日本人、児童文学作家・翻訳家、1907年3月10生まれ)


2011年3月11日から、5年が過ぎました。
忘れてはいけない、と思う方。
忘れたい、と思う方。
それぞれの消化の仕方があること、それはそれで良いと思うのです。

激するわけではなく、泣いて落ち込むわけではなく。
ささやかでも、できること。
そんな風に続けてきた、震災復興支援の為の小さなグループ、Bay Area HEARTもまた、
第5回目となるチャリティーセールを開催いたします。

開催日 : 2016年5月14日(土)
開催場所 : Santa Clara Valley Japanese Christian Church
        40 Union Ave., Campbell, CA 95008


つきましては、フード&クラフトを出品してくださる方を、絶賛募集中でございます。
勿論、当日のボランティアをお願いできる方も同様に。
以下のFacebookページから、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

Bay Area HEART

* * * * *

【レストラン】

IMG_3121

Rさんとの2月の夜デートも、Palo Altoのダウンタウン。
雨が降りしきる中、探し当てたお店は、え、オフィス?みたいなクールな外観でありました。
写真が最悪の出来だったので、お見せできないのが残念です……(阿呆)
yelpの写真をお楽しみくださいませ、しくしくうううぅぅ

ということは置いといて。
お店のオサレな外観、California & Japanese Cuisineという謳い文句から、想像していた雰囲気と料理、そのままの体験だったよ、という話。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-03-10 09:04 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(2)

会話も味わう佇まい

「道にこだわりすぎるものは、かえって道を見失う」
   ----- 安部公房
       (日本人、作家、1924年3月7生まれ)


マンガ命なわりにちょー偏食な私が大好きな、羽海野チカさんの「三月のライオン」
将棋界がメインの舞台でありつつ、同時に主人公の零君とその周囲の人間模様が、すごくきめ細やかに描かれていて、
読むたびに毎回きゅんきゅん(死語)して、びちびちっ!びちびちっ!と、外に出た金魚のごとく跳ね回ってしまうんですよ。ええ、変態です。

その零君にとても近い家族が、三日月堂という和菓子屋さんであるという設定なのですが、
昨年、「三月のライオン」と西武・そごうがコラボして、作中に出てくる和菓子を再現して販売する、という企画をやったのですね。
当然のようにソッコーで完売したところ、ファンの声に応えて、
もう一回生産販売してくださったものの、更にそれもソッコーで完売……
まあ、元々海外住まいじゃ、買えるはずもなかったんですけど、ねー。(ぐしっ)


     IMG_3007

それが、なんと! なんと!
貴重なマンガ友達のKさんが、日本に行かれた際に、らくがん詰め合わせの「ふく福たから箱」を購入され、しかもご馳走してくださったのであります。(激感涙)
可愛くて食べるのがもったいないらくがんでしたが、拝みながらいただきましたです。

らくがんも、お菓子中毒だった子供の頃より、甘いものに弱くなった今の方が美味しくて嬉しいんですよねえ。
不思議な幸せです。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_3015

月イチペースで続いている、麗しのRさんとの夜デート。
1月・2月と行ったお店がなかなかだったので、続けて2軒の記録、いってみよー。
問題は、暗い店内での撮影がヘタでヘタでヘタ過ぎて、写真がどうしようもないってことだがね……(もう死んだ)

2軒とも、Palo Altoのダウンタウン。
結構なペースでお店が替わる場所なので、とてもウォッチしきれない。(くらっ)(ヘタレ)
Rさんが見つけてくださらなかったら、いつまでも知らなかったであろ。

1軒目なんて、何度も前を通っているのに、隣のクリーニング屋さんしか見てなかったです。
フレンチビストロ、なお店だよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-03-07 14:04 | Trackback | Comments(0)

まだまだ昇る余地がある

「すべての歴史は『現代史』である」
   ----- ベネデット・クローチェ
       (イタリア人、哲学者、1866年2月25生まれ)


     IMG_2948

昨年3月から始めた美色コーディネート講座、7回の初級編の後、4回の中級編を無事に修了いたしました。
先生は勿論のこと、メンバーに恵まれて、本当に毎回、楽しさいっぱいのクラスでありました。
終わっちゃって、かなり寂しいです……(ぐすん)

中級の最後では、先生のSeikoさんが診断された「パーソナルカラー見本」を、個別に配布してくださったのですよ。
パーソナルカラーをSpring・Summer・Autumn・Winterの四季で分類する方法で、メンバー4人がきれいに各シーズン担当になったという珍しいグループだったのですが、
その1st Seasonのみならず、2nd Seasonまで診断。
より一層細やかに、「似合う色」を教えていただけて、本当に感激でございました。

あとは、教えていただいた知識を、いかに日常に生かすか、ということのみ。
がんばれ自分。がんばれ俺。


Seikoさんの美色クラスは、初級・中級だけでなく、診断士養成コースもご用意されています。
更には、カラー診断のモデルの募集もあるとか。
ご興味がおありの方は、どうぞご連絡をば、ですぞ。


Seikoさんのブログ:
    カリフォルニア・シリコンバレーでカラーを楽しくオシャレに活用♡have a nice colorful day♪


* * * * *

【レストラン】

IMG_2950

さて、その最後のカラークラスの日、せっかくだからみんなでご飯でも、ということになって。
どこにしようかと相談した時、新しい和食レストランは?という案に、全員一致で賛成した。

長年営業されて、惜しまれながら閉店となったお店の後、また新しく和食のお店がオープンして。
なんと、手打ち蕎麦が食べられるらしい、という話は、友人達から聞いていた。

私達がうかがうのはランチタイムで、ディナーオンリーのお蕎麦は残念ながらいただけないのだけど、それ以外のお料理も美味しそう。
クラスの後、いそいそと訪問してみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-02-25 06:33 | Trackback | Comments(0)