タグ:レストラン ( 447 ) タグの人気記事

翼の下で眠らせて

「隣人を愛するというのは、神がそれを要求するがゆえに正しいのではなく、
むしろ、それが自然として正しいことであるからこそ、神がそれを要求するのである」
   ----- フランツ・ブレンターノ
       (オーストリア人、哲学者、1838年1月16生まれ)


     IMG_6686

実家滞在も、もうじき1ヶ月になろうとしておるです。
大抵10日、長くても2週間弱が通常だった私にとって、これは今までの最長記録だな。(どーでもいい)
それもあと2日ぐらいで、一旦ベイエリアに戻る予定にしております。
……帰った日が、オバマ大統領の最後の日、かー……

これだけ長くいたにも関わらず、ほとんど外出らしい外出はせず。
できるだけ両親のそばにいたかったので、友達の誰にも連絡してませんし、お嬢は卒論の追い込みでゾンビになっていましたしね。
せめて運動不足を少しでも解消すべく、時々散歩ぐらいは。
つーても、4~5kmですけどね。(ショボい)

お嬢が卒論を提出した後、1泊2日で泊まりに来たので、その2日だけ、母ちゃんと遊んでくれたです。
1日目は鳥カフェでヨダレまみれになり(おい)、2日目は一緒に映画に行ったです。
付き合ってくれて、ありがとねえ。

ずっと家にいるわりに、相変わらず、じぇんじぇん日記を書かない生活。
せめて記憶が新しいうちに、鳥カフェ日記を書いておくですよ。

* * * * *

【旅行】

     IMG_7017

お嬢と私の大きな共通点、それは”鳥命(とり・いのち)”
まあ、私はお嬢ほどクレイジーじゃないけどね。(自己申告)
今まで2人で、あんなカフェあんなカフェで、うはうは・きゃあきゃあと熱狂したもんだ。

お嬢がずっと格闘し続けた卒論を提出し終わった翌日、うりゃああ遊ぶぞおおおお!! という彼女と一緒に、癒しの殿堂に行ったのさ。
最初はこちらに行こうかと思ったのだが、お嬢は以前行って、2時間並んだと聞いて。
ちょうど寒波が来ると言われてた日に、それは無謀というものだ。

で、ほかのカフェを探してみれば、お、前に行ったお店の別店舗、ネット予約ができるじゃないですか。
見るだけじゃなくて触れ合えるそうだし、これはこちらに決定だ。
わーい、久しぶりに鳥にまみれてきちゃおうぜー!(ヘンなニホンゴ)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-01-16 21:44 | Trackback | Comments(0)

抗う対象を何とする

「なによりも自分で自分の生き方を創っていくということが大切。
他人が作ったレールに乗っかるのではなくて、自分の力で切り開いていくこと。
他人と同じである必要は無いんです」
   ----- 矢内廣
       (日本人、実業家・ぴあ創業者、1950年1月7生まれ)


     IMG_6662

実家にある、大昔からのカメラコレクション。
フラッシュや露出計まで揃ったお宝は、鳩サブレの特大の缶に入れられておりました。(……)

キャノン、NIKONに加えて、OLYMPUSのPENがあったことに驚きです。
ミラーレスでPENが復活した時、すんごく欲しかったんですよねえ。今でも欲しいですけどねえ。

一通り出して、ちょっと埃を払って、再び缶の中に。
新しい乾燥剤と取り替えて、一年に一回のお披露目は終了です。

鳩サブレコレクションに加えて、母が学生時代に使っていたNIKONもあるんですよ。
フィルムを入れて使ってみたいんですけど、きっと動かないんだろうなあ。
こおいうカメラは、一体どうすればいいのやら。
使えるものなら使ってやりたいと思うんですが、ねー。

* * * * *

【レストラン】

IMG_5923

大好きなKさんが、11月に(え)日本からほんの数日だけ戻ってこられたのだけど、そんな貴重な時間を、私の為に割いてくださって感涙。
両思い? これって初めての両思い? と、どきどきしたことを書いておく。(危)

で、どこで会いましょうか、となった時、Kさんがお友達から、最近スタンフォードショッピングセンターに、野菜多めのレストランが2軒できたらしいよ、と教わったそうで。
調べてみたら、おお、あの工事中だったスペースに、いろんなお店が建ったのね。
んでは早速、そのうちの1軒に行ってみましょうか。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-01-07 16:55 | Trackback | Comments(2)

声には出さないこだわりを

「戦場にいかなくても戦火のなかで子供たちがどうしているのか、
どうなってしまうのかよくわかるのです」
   ----- いわさきちひろ
       (日本人、絵本作家、1918年12月15生まれ)


ベイエリア式部会〜仮面心理学入門クラスとKIDSクラスのご案内〜

マクロビ仲間のeriちゃんが、素敵なクラスを企画されました。
ちょうど今日が、彼女との今年最後のデート日だったので、色々聞いてきましたよ。


   29015122123_7f26c1d979_o

いつも勉強熱心なeriちゃん、小さいお子さんがいてお忙しいのに、
常に学びと前進を続けていて、本当に頭が下がります。
彼女が探求する様々な学問やワークショップは、私が全く知らない世界ばかりで、
会っていると話を聞くのに夢中で、いつも全然時間が足りないんですよねえ。

で、次に出てきたのが、仮面心理学
ざっと内容を拝読すると、望診?と一瞬思いますが、
望診は顔立ちやパーツから体調を診断するものであるのに対して、
仮面心理学は人相から、その人の考えや感情、才能といったものを診断するものなのですね。

大人同士でも有益ですが、子供の講座では、子育ては勿論のこと、
教育関係のお仕事に携わる方にも大いに活用できそうな。
うちはもう大きくなってしまいましたから、無理ですけど。(ちっ)

私自身も大いに興味ありなので、まずはSkypeでの無料案内を受けようかどうしようか、
迷っているところです。
やはりご興味がおありの方は、どうぞeriちゃんに連絡を取られてみてくださいませ。

erin@neri.me

* * * * *

【レストラン】

IMG_6460

バター繋がりの2軒目は、麗しのRさんとのクリスマスランチデート先。
何年も前にサンデーブランチで訪問して、とても良い思い出になっているお店。
再訪したいと思いつつ、叶ってなかったわ、そういえば。

お店に着いた時は当然、ここでバターとの出会いがあると思っていたわけではなかったよ。
わかる能力があったら、今頃は。(妄想)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-12-15 12:30 | Trackback | Comments(0)

材料あっての味わいと

「浅薄で見識のせまい人びと、迷信ぶかくかっとなりがちな人びとは、
すべてに結論をだしたがるものです」
   ----- ギュスターヴ・フローベール
       (フランス人、作家、1821年12月12生まれ)


     IMG_5924

Chemexを使ってるお友達、多いです。
スタイリッシュでかっこ良く、コーヒー道に足を踏み入れたくなりますよね。

で、先日William Sonomaに寄った時、こんなChemex用のマシンを見たですよ。
へ? なんでマシンがいるん? 手でお湯を注げばいいだけっしょ?

後日調べてみたところ、適温のお湯を作る+お湯を注ぐ+保温のマシンみたい。
で、これだけで$350。
お、おう……、と言うしかありません。

まあ、朝の忙しい時に、ゆっくりヤカンで輪を描くように注ぐ、なんてやってられん、でも美味しいコーヒーがいい、という方には、ありがたいマシンだと思うです。
あと、5~8カップ対応なので、大勢の人に淹れたい時にも良さそうですね。


OTTOMATIC

* * * * *

【ベーカリー】

IMG_5984

いつもの通り、色々日記がたまっているのだけど、ちょっとバター繋がりで2件、書いてみるー。

数年前に一度、クロワッサン探索のその時の結果を書いたことがあるんだが。
あの時にしみじみわかったのは、私が求めているのは、フランスのバターを使ったクロワッサンらしい、ということで。
あれから6年ぐらい経ってしまって、一位に挙げたお店はオーナーも代わってしまったし、今なら全然違うラインナップになるんだな。

通な方なら焼き方とかクラムとか、そういうところに注目されるのだろうけれど、私はひたすら、あのバターとイーストが合わさった香りと風味がするかどうか。
で、先日ようやく巡り会った好みのクロワッサンのお店に、今度はランチで行ってみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-12-12 10:11 | Trackback | Comments(0)

爪先立ちで覗いたら

「”力への愛”に、”愛の力”が勝利した時、世界は平和を知る」
   ----- ジミ・ヘンドリックス
       (アメリカ人、ミュージシャン、1942年11月27生まれ)


     IMG_6034

皆様、思い思いの感謝祭を過ごされたことと思います。
我が家はまたまた、お料理上手&もてなし上手の友人宅に招んでいただき、
今年も感謝度MAXの一日を過ごしてまいりました。
才色兼備なお嬢様とも知り合えて、本当に素敵な一日でございましたですよ。


     IMG_6052

更にほかの宴会があったり、お仕事があったり、宴会があったりして、
そんなこんなで、すっかり日記をサボってました。
こんなに長くサボったのは、久しぶりですわ……悪くない、うん、全然悪くない。

* * * * *

【レストラン】

DSC_1542

サボってた後に、ずっと記録をサボってた日記を書く試み。
9月下旬にお嬢が里帰りした際、Sarahさんご夫妻と訪れた、オシャレなレストランの記録です。

9月頭に22歳になったお嬢、そのお祝いも兼ねて、美味しいお店に行きたい、ってなって。
この前のCentral Kitchenがすごく良かったので、そっちにしようか迷ったのだけど、もう一軒、友人に勧められたお店にしてみたよ。
お料理上手な彼女が、このお店のメニューは真似できない、と絶賛してたので、一度試してみたかったの。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-11-27 12:22 | Trackback | Comments(0)

心を込める一点は

「気力は眼に出る。生活は顔色に出る。年齢は肩に出る。教養は声に出る」
   ----- 土門拳
       (日本人、写真家、1909年10月25生まれ)


     IMG_5384

フムスと言えば、大好きなあのお店。
Palo Alto店Mountain View店に続いて、Cupertino店がオープンされたので、お友達と一緒に行ってきたですよ。


IMG_5386

        IMG_5385

前の2店より、ぐっとオシャレな雰囲気の店内。
店員さんがマメに声がけしてくれるのは、どの店舗でも変わりませんな。

今回、初めて知ったのが、ドリンクメニューの中にネスカフェ(Nescaffe)があったこと。
イスラエル産だそうですが、あの粉のだよね? うん、そうだよ、美味しいよ。
という、Mちゃんと店員さんの会話があって、腹筋がつりそうになりました。
お値段、$2.95なりを、高いと思うか、安いと思うか。


Oren's Hummus Shop
19419 Stevens Creek Blvd.
Cupertino, CA 95014

* * * * *

【個人的事情】

IMG_5222

遅くなったけど、9月のtamachanレストランの記録だよー。

和食の月で、今回は大人数。(当社比)
Yokoさん、Sさん、Aさん、そして、数年ぶりにお会いしたlizzycoさん。
にぎやかな食卓は、美味しいご飯を更に美味しくしてくれるものだよね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-10-25 03:13 | Trackback | Comments(2)

過ぎた薬味は受け取れず

「風はいつも、遠い日の記憶につながっている」
   ----- 森本哲郎
       (日本人、哲学者、1925年10月13生まれ)


「怒羅衛門」から「那戊怜怨」まで。難読の暴走族を一挙紹介

むかあし昔、私が高校生だった頃。(恐竜時代)
ツッパリとかリーゼントとかなめ猫が全盛期の頃、暴走族も大変日常でありました。

それがいつの間にかヤンキーという名前が出てきたり、漢字文化発展に貢献したりしてて、
あら、えらいじゃない。
でも、こんないかつい字面で、中身はなんて可愛いの……
今のキラキラネームの起源、と思っていいんだよね。

鉈出殺殺(なたでここ)、犯那殺多(ぱんなこった)に次ぐスイーツヤンキーネームを探す人々

* * * * *

【レストラン】

IMG_5010

楽しい楽しい街探索の合間に、もちろんランチもいただくよ。
同じPiedmont沿いにあるイタリアン。
前に、どこかの記事でほめてあったのを見たのでね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-10-13 12:19 | Trackback | Comments(0)

両手に余る材料を

「私は常に完全を求め、いつも失敗してきた。
だから、もう一度挑戦する必要があったのだ」
   ----- ジュゼッペ・ヴェルディ
       (イタリア人、作曲家、1813年10月10生まれ)


IMG_5368 

     IMG_5353

久しぶりに、Oktoberfestに行って参りました。
なんのこたーない、いつものあちらですが。
たまたまこの日、お友達とのランチで訪問したところ、夕方から開催されると知ったので、旦那が行きたがったんですよ。
前はちゃんと聴けなかったバンド演奏が聴きたい、ということで。


IMG_5341

     IMG_5336

前と同様に、まずはチケットを買って、ビールは2枚、メイン料理は3枚、といった風に、ちぎって渡す仕組み。
それほど広くない店内&屋外スペースは、常に満員の大賑わいでありました。
同じテーブルの方々とのおしゃべりも楽しゅうございました。

が、大変失礼ながら、演奏は良かったのですけど、歌が、ええとええと(ごにょごにょごにょ)
バンドのメンバーにビールが渡された時、お隣のおじさまが、
一杯飲んだら、もうちょっとマシになるかな?
と、にやっと笑ってウィンクされたのには、申し訳ないけど噴きました。

やっぱりこのお店、好きだわあ。


Esther’s German Bakery & Cafe
987 N. San Antonio RD.
Los Altos, CA 94022

* * * * *

【買い物】

IMG_5041

遠足仲間はクラフト仲間。
れでぃーす4人で、ビーズを求めて、オークランドまでお出かけしてみたよ。
って、私はほんとーーーに末席なんですけどね……(クラフトまでオンチ)

なぜか知らないけど、このエリアのビーズ屋さんがどんどん閉店していっててね。
私が来た頃はブームだったのか、何軒もあったのになあ。

で、ビーズ屋さん目当てで訪れた通りが、素敵なお店がいっぱいあったので、
久しぶりに、通り探索記録だったりするのだよ。
あれ、あのカフェがある通りじゃないですか、と行ってみて知ったのだ。(阿呆)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-10-10 11:09 | Trackback | Comments(0)

新たに始める一日は

「事態はいずれ好転すると確信することが希望ではない。
結果のいかんを問わず、理にかなうものはあくまでも理にかなっているのだという不動の信念こそ、希望なのだ」
   ----- ヴァーツラフ・ハヴェル
       (チェコ人、劇作家・政治家、1936年10月5生まれ)


     IMG_5373

私の愛車のカムリ君。
2002年1月初め、旦那がふらっと出かけたと思ったら、
今、車屋さんにいて、車買ったから、必要な書類を持ってきて、と言われて、
まだ小さかったお嬢と一緒に、慌てて駆けつけた。
セールスのお兄さんに、新しい車、嬉しいでしょ!? と笑顔で話しかけられた時、
前の車とのお別れが寂しい、と泣いて答えたお嬢だった。

一時期、呪われてるのか、と思うほどに何度も事故に遭い、
旦那とお嬢が東大寺で交通安全のお守りを買ってきてくれてから、ようやく収まった。(いやほんと)
それ以外は大きな故障は1回ぐらいで、何度かパーツを換えつつ、
ずっと元気に、飛ばし屋(私だ)の無茶に応えてくれていた。

お嬢がハイスクールの間、学校に迎えに行った足でスイミングチームの練習に行き、
一旦家に帰ってご飯を食べたら、日系の塾に連れて行き、という生活が続いて、
あの頃は1日平均50マイルを走ってた。
夜10時に帰宅してから、あとは宿題を片付けて寝るだけ、の生活だったので、
ほとんど、その行き帰りの車の中だけが、私達が話せるチャンスだった。

今日学校であったこと、楽しかったこと、辛かったこと。
スイミング前のエネルギー補給に、あれこれオヤツを作っては、車の中で食べさせた。
思春期の真っ只中には、言い争いも何度もしたし、一言も口をきかない時もあった時間。
最初はバックシートに、それから助手席に。
いつしか互いがそこにいることが、心も含めた、お互いの定位置になっていた。


お嬢が家を離れて、助手席が空いても、カムリ君と私の関係は変わらないままであったけど。
ああ、お互いに、年をとったなあ。
そう感じる機会が増えてきたのは、別れを覚悟することに繋がって。

14年と9ヶ月。
走行距離は、約188,600マイル。

最後に別れを告げる時の私は、カムリの前の車と別れる時のお嬢になっていた。


ばいばい、大好きな、大好きな、私の車。
長い間、私達を守ってくれて、本当にありがとう。





ってなことで、新しい車になりました。
ゆっくり、じっくり、仲良くなろうとしているところです。
それにしても、14年の間のテクノロジーの進歩、すごいですなあ。(嘆息)

* * * * *

【レストラン】

IMG_5374

なんかすでにエネルギーを使い果たしたので、軽くて楽しい日記をば。
わくわくさんとのデートだよー。(えへえへ)

前に、ほぼ同時に見つけた、アサイーボウルのフードトラック。
いつか一緒に試したいね、と言っていたら、いつの間にかお店を出していたのは、あのカフェに行った時に知ったこと。
いよいよあのお店に行っちゃうか?

うきうきしながら約束した日は、なぜかエアポケットのように、その日だけぐんと気温が下がってね。
いや全く、アサイーボウルにぴったりなお日和で。(……)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-10-05 07:55 | Trackback | Comments(4)

温故知新の精神で

「私たちには、子供に何を教えるか、子供の見ているところでどのような生活をするか、
ということをよく注意する必要があるのです」
   ----- ジェーン・アダムズ
       (アメリカ人、社会事業家、1860年9月6生まれ)


     IMG_5049

老眼が急速に進んでしまったせいか、夜には目に大変疲れを感じます。
PCに向かってのお仕事もあるので、夜になると、目がひりひりして涙が出ることも度々。
眼科での検査では、幸い異常はないそうなので、老化した目の疲れかと。

で、何かケアできるもの、と思って、あずきのチカラなるものを購入してみたですよ。
アイピローの中に小豆が入ってて、それを電子レンジで温めた後、
目にのせてリラックスさせるという、温アイピローですな。
小豆は我が家に欠かせない食材なれど、こんな使い方ができるとは露知らず。

600Wの電子レンジで30秒、となっているので、その通りにやってみましたら、
どうやらもっと強かったようで、ピローに、熱しすぎると出てくるという、「キケン!」の文字が浮き出てきちゃいましてね。
その文字がほとんど消えるのを待ってから、目にのせてのんびりしてみたですよ。

で、結論から言って、私の疲れ目にはあまり効果はなかったです。
じんわり、と温かいのは嬉しいのですけど、のせる前と疲れ度はあまり変わりませんでした。
悔しいので、もっとやってみる。

問題なのは、その香り。
なんせ小豆に熱を与えるので、非常に香ばしい香りが漂いまくるんですよ。
そらもう、
「大判焼き……タイ焼き……ぜんざい……」
な香りが! しかも夜に!

なにこれ、なんのゴーモンなの。
くそう、明日小豆を炊かずにおれないじゃないかこれ……(ヨダレ)

* * * * *

【レストラン】

IMG_4193

なぜかは知らないけれど、最近周囲に増えているのが、Poké(ポキ)のお店。
ハワイのソウルフード(勝手に)であるところのポキが、なぜ今頃、この辺りでブームになるのかな。

こんな記事があったけど、へえ、ほお、ふうん。
生魚なんてトンデモナイ的な昔のアメリカ食文化からは、ほんとに考えられないことだよねえ。(しみじみ)
つーても、まだまだLAとシリコンバレーぐらい、なんだろうけれど。

ポキのお店について最初に教えてくれたのは、Hit Meさん。
お店で食べることもできるし、TO GOもできるんだって。
んでは、お仕事の合間のランチでご一緒しませんか。
もちろん、ゆみたち先輩も誘ってね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-09-06 11:29 | Trackback | Comments(0)