「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ベーカリー ( 75 ) タグの人気記事

材料あっての味わいと

「浅薄で見識のせまい人びと、迷信ぶかくかっとなりがちな人びとは、
すべてに結論をだしたがるものです」
   ----- ギュスターヴ・フローベール
       (フランス人、作家、1821年12月12生まれ)


     IMG_5924

Chemexを使ってるお友達、多いです。
スタイリッシュでかっこ良く、コーヒー道に足を踏み入れたくなりますよね。

で、先日William Sonomaに寄った時、こんなChemex用のマシンを見たですよ。
へ? なんでマシンがいるん? 手でお湯を注げばいいだけっしょ?

後日調べてみたところ、適温のお湯を作る+お湯を注ぐ+保温のマシンみたい。
で、これだけで$350。
お、おう……、と言うしかありません。

まあ、朝の忙しい時に、ゆっくりヤカンで輪を描くように注ぐ、なんてやってられん、でも美味しいコーヒーがいい、という方には、ありがたいマシンだと思うです。
あと、5~8カップ対応なので、大勢の人に淹れたい時にも良さそうですね。


OTTOMATIC

* * * * *

【ベーカリー】

IMG_5984

いつもの通り、色々日記がたまっているのだけど、ちょっとバター繋がりで2件、書いてみるー。

数年前に一度、クロワッサン探索のその時の結果を書いたことがあるんだが。
あの時にしみじみわかったのは、私が求めているのは、フランスのバターを使ったクロワッサンらしい、ということで。
あれから6年ぐらい経ってしまって、一位に挙げたお店はオーナーも代わってしまったし、今なら全然違うラインナップになるんだな。

通な方なら焼き方とかクラムとか、そういうところに注目されるのだろうけれど、私はひたすら、あのバターとイーストが合わさった香りと風味がするかどうか。
で、先日ようやく巡り会った好みのクロワッサンのお店に、今度はランチで行ってみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-12-12 10:11 | Trackback | Comments(0)

名が通るのには訳がある

「ある選択をするということは、その選択によって生まれるはずのマイナスをすべて背負うぞということ」
   ----- 井上ひさし
       (日本人、放送作家・劇作家、1934年11月16生まれ)


     IMG_5741

茶色いね……という見かけの2品。
大きなコンテナの方がするめ麹で、小さな方がいか人参でございます。

tamachanカフェにおじゃました時、tamachanが冷蔵庫から取り出して、Yokoさんと私に味見させてくれたのが、するめ麹でして。
何この美味しいもの、お酒がむちゃくちゃ欲しくなるううぅぅ
な味に、一口惚れ。

早速レシピを教えてもらい、Yokoさんは韓国系スーパーでスルメをゲット、すぐに仕込まれたのに対して私は、買いに行かなきゃ行かなきゃ、と日々は過ぎてゆき、
結局、日本に一時帰国するtamachanに買ってきてもらったです。
ったく迷惑だよ! tamachanに!

ありがたく受け取ってから、早速仕込み。
食べられるまで、時々混ぜながら、8ヶ月寝かせておかなければならないというガマンの日々でございます。
しかし、混ぜた後のスプーンでほんのわずか味見するのが、また至福の瞬間なのでございますよ。(いやしんぼ)


余ってるスルメをどうしようかな、と思っていたところに、ふとネット記事で目に飛び込んできたのが、いか人参というお惣菜。
福島の郷土料理となっていて、福島出身の旦那に聞いてみましたら、え、そんなのあったかな、という答え。
ええい、もどかしい、と作って出してみたら、おー、これか、思い出した、ってなって、まったくもう。

両方共、スルメ・醤油・みりん・酒が共通してて、この組み合わせで美味しくないわけがない。
まだ残ってるスルメで、また作るですよ、いか人参。

* * * * *

【ベーカリー】

     IMG_4253

なんと、6月の記録を今頃に。
や、すごく良いベーカリーだと思って、また近いうちに再訪しようと思って、それから日記を書こうと思っていたら、結局なかなか再訪できないまま月日は過ぎていったもんで、ええと、ええと、ごにょごにょごにょ。
サンフランシスコではかなり有名で、Ferry Buildingにも出店があるので、すでにご存知の方も多いと思われるベーカリー。

いつもの遠足仲間は、クロワッサンに関心が高くてね。(え)
それぞれに求めるものを探して、たとえばあのベーカリーにも行ったりね。
で、こちらのベーカリーのクロワッサンも評判が高かったので、皆で計画して行ってみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-11-16 14:42 | Trackback | Comments(0)

待望の、そして再訪の

「私達みんなタイムマシンを持っていますよね。
過去に戻すのは思い出...そして前に進めるのは夢です」
   ----- ハーバード・ジョージ・ウェルズ(H.G.ウェルズ)
       (イギリス人、作家、1866年9月21生まれ)


お嬢が、ちょっとだけ帰ってきております。
例のアレの手続き兼、大変遅ればせながらの本当の夏休み、なんて感じでね。

7月末からあれやこれやで大忙しだった彼女、
イスラエル・パレスチナ・アテネ行きの後は、専攻合宿などで、怒涛の夏を過ごしていたんですね。
疲れのせいか、体調を崩して発熱したことも2回。
こちらに帰ってきて、ようやく休める! 実家最高! と、溶けたスライムのようになってます。(でろでろ)

と言っても数日しかないので、こちらのお友達に会ったり、買い物に行ったりもしなければ。
9月初旬に22歳になったので、遅ればせながら、そのお祝いもする予定です。


そういえば、このRe-entry Permitの効力ですが、
入国する際のImmigration窓口で、やっぱり色々聞かれるみたいです。
なんで国外に? そして、いつまで? という質問ですね。
当然、係官によって、さらっと通してくれる人もいれば、ねちねちと聞いてくる人もいて。
今回は、ねちねち派の人だったそうですが、
イスラエルの空港で別室に連れて行かれて尋問(え)されたお嬢にとっては、
痛くも痒くもねーわ、ぺっ、だったそうですよ。

* * * * *

【ベーカリー】

     IMG_4809

あの人気ベーカリーの2号店がオープン! 
というニュースをSNSなどで知って、楽しみにしていたんだよね。
だって、1号店より家に近いから。

6月1日にオープンした時は、市長のリボンカットまであったらしい。
市民みんなが楽しみにしていたベーカリー、うん、いいよねえ。

最初はきっと混んでるだろうから、としばらく待って、待って、気づいたら2ヶ月経っちゃった。(おい)
ちょうど大好きなKさんが日本からいらしたので、デートで訪問させてもらったの。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-09-21 14:21 | Trackback | Comments(0)

新しくも懐かしく

「企業は愛されるだけでは駄目だ。
尊敬される怖さを持て」
   ----- 五島昇
       (日本人、経営者、1916年8月21生まれ)


     IMG_4619

Alexander’s Patisserie、もう一軒できました。
あのカフェあのレストランがあるモールです。

本店(?)のAlexander's Steakhouseの中というか、端っこに加えられた、という趣なので、
イートインスペースはないものの、外テーブルが少しあるので、そこで食べることもできますね。
但し、コーヒーやお茶はありますが、エスプレッソ系ドリンクはありませぬ。


     IMG_4617

あちらの店舗では、どっしりと美しいケーキが$6ぐらい、
コーヒーはEquatorのもので、お安めで美味しかったのですが、
しばらくぶりに行ってみたら、ケーキが$9とか$10とかになってて愕然。
コーヒーもStumptownに変わってて、まあそれも美味しいのでいいんですけど、お値段はきっちり上がってて。

こちらの新店舗でも同様のお値段で、ローストビーフのバゲットサンドは、確か$12ぐらいだったかと。(微笑)
以前なら、スタバよりこっちのコーヒーがいいな、と思うぐらいだったのに、本当に残念でなりません……
ケーキときた日には、もう手も足も出やしませんわ。(しくしく)


Alexander’s Patisserie
19379 Stevens Creek Blvd.
Cupertino, CA 95014

* * * * *

【レストラン】

IMG_4616

夏休み終了ー!
って、ええ、勿論ワタシじゃないですよ。
ワタシの周りのお友達のお子様方でございますよ。

お子様の学校が始まったおかげで、お母様方とのデートが可能になったので。
8月後半の予定表が、久方ぶりの逢瀬で埋まるのは、すでに年中行事なり。

わくわくさんとも、久しぶりにデートできて感涙モノ。
その第一弾(つまりまだある)は、まだソフトオープンしたばかりの、台湾系スイーツのお店だよ。
最初に店名を聞いた時は、え、肉系!? とびっくりしたけど、そうじゃない。
いつも良いところを見つけてくれるわくわくさんなので、最近デートの行き先はまかせっきりとなってます。これも愛。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-08-21 15:17 | Trackback | Comments(0)

去る者、来る者、並び立ち

「法は最低の道徳である」
   ----- ゲオルク・イェリネック
       (ドイツ人、法学者、1851年6月16生まれ)


     IMG_3719

もうご存知の方ばかりだと思うのですけど、惜しまれつつ閉店したLa Boulange
「にっくきスタバ」が合言葉になったぐらい(私の周囲2m以内)の衝撃でありましたが、
数ヶ月前にLa Boulangerie de San Franciscoの名で、サンフランシスコにあった数店舗が復活してくれましたのでございます。(嬉し涙)


     IMG_3712

友人達と久しぶりに訪れたHayes Valleyの店舗は、外装も内装もほとんど変わらず、商品のラインナップも、ほぼそのまま。
懐かしいメニュー、新しいメニューに舌鼓を打ちました。

また南の方に店舗を作ってくれないかなあ、と切に願っておるですよ。


La Boulangerie de San Francisco
500 Hayes Street
San Francisco, CA 94102

* * * * *

【レストラン】

IMG_3697

レストラン記録が溜まってるうううう!
ええと、4月半ばに遠足仲間と訪れた、サンフランシスコの素敵なカフェの話から。

蕎麦花さんが見つけてくれたお店は、最初に外から見た限りでは、改装中のビル?みたいな。
中に入れば、確かに倉庫っぽい雰囲気もあるけれど、広くて居心地の良い場所でした。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-06-16 09:57 | Trackback | Comments(0)

最終地点は見えねども

「人間が共通してもっているのは、
『共通の文化への傾倒よりも、むしろ共通の敵(もしくは悪)の自覚』である」
   ----- サミュエル・ハンチントン
       (アメリカ人、政治学者、1927年4月18生まれ)


熊本地震、信頼できる災害情報・安否情報をネットで確認する

平成28年(2016年)熊本地震。
熊本県だけに限った被害ではないことは重々承知の上の命名で。
連続する余震・本震、悪天候も加わって、被災された方々のご心労はいかばかりかと、及ばずながらお察しいたします。
どうか一日でも早い平常復帰を。願う言葉も足りません。


平成28年熊本地震の被災者に対する義援金など寄付先まとめ

「CREA<するめ基金>熊本」の活動をスタートしました

東日本大震災の時と同じく、今こちらにいる我々ができることは、寄付ですので。
↑の記事が一覧で拝見できて、大変ありがたかったです。


揺れやすい地盤 災害大国 迫る危機

あとは、自らの備えですね。
こちらにいる我々も勿論ですが、↑でチェックしたところ、お嬢が住んでいるところが危なくて、青くなりました。
折を見て、避難用品をもっと充実させようと思います。

子供が元気なら、大人も頑張れる。
大人が元気なら、子供も笑顔になれる。
どちらが欠けても成り立たないのですよね。





そして、エクアドルも忘れてはいけないよ自分。

* * * * *

【ベーカリー】

IMG_3332

ベイエリアで美味しいクロワッサンを求めてるお友達は、何人も。
特に、自分でもパンを焼く人には、こだわりポイントや目指す形がちゃんとあって、改めてクロワッサンって、一つの到達点なのだなあ、と思うよね。

私はというと、やはり美味しいお店を探してはいるのだけど、そのポイントは友人達とは違うらしい……
こんなところでも変人です。(俯きながら)

で、そんな舌の肥えた友人達にも美味しいと評判のクロワッサンが、サンフランシスコにあるってね。
人気なだけに、ソッコーで売り切れてしまうらしいので、なんとか確保できないか。
そう思って、お店のHPを覗いたところ、おお、メールでPre-Order→店舗でピックアップができるというではないですか。

おっしゃ、んじゃメールしよっと。
リンクをクリック。 クリック。 クリック。 ……
このリンク、どこにも飛ばない仕組みじゃん……(エ・ラー)

と、とりあえず、朝早く行ってみるべーか。
帰省してたお嬢と一緒に、雨の中、出かけてみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-04-18 15:57 | Trackback | Comments(2)

家にも散歩のお供にも

「今は小さな不名誉であっても、大きくなるに従ってその傷は大きくなる。
大望を抱くなら、目先の功利に走るな」
   ----- 新井白石
       (日本人、儒学者、1657年3月24生まれ)


平成27年度学部卒業式並びに大学院学位記授与式を開催

日本では卒業式のシーズンですね。
毎年、小~高校では校長先生が、大学では学長が、どんなメッセージを送ろうか、頭を悩ませていらっしゃるのではないでしょうか。

当たり前ですが、その数分なり数十分なりのスピーチの中で、その先生の価値観が垣間見えるわけで。
どんなに推敲しても、万人に賛同を得られるわけではないとはいえ、
それでも明らかな偏りや、これからの世代に合わない示唆などは、卒業する子供達への餞としては寂しいものだと思います。

そんな中で教わったのが、↑の京都市立芸術大学の卒業式における学長式辞です。
こういう方に指導してもらえたらいいなあ、としみじみ思ってしまう内容に拍手でございました。



自分の卒業式で、学長がどういうことを述べられたのか、すーーっかり忘れてるくせして。(最低)

* * * * *

【ベーカリー】

IMG_3103

美女4人との遠足の続きだよ。
ランチの後にもどこか行きたいよね、ということで、見つけてくれたベーカリーへ向かったよ。

店名がBakery & Rosticceriaとなっていて、ベーカリー&お惣菜屋、みたいな意味らしい。
それは、お店に入ってみたら、なるほどね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-03-24 15:02 | Trackback | Comments(2)

彼の令嬢にふさわしく

「自分自身をコントロールすること。
それは激情を抑えることではない。
激情を自分に起こさせない能力をいうのだ」
   ----- ジャック・ニクラウス
       (アメリカ人、プロゴルファー、1940年1月21生まれ)


「精神が健康である基準」

先日、子供を虐待する親には、完璧主義の人が結構な割合でいる、という記事を読みました。

虐待する動機や背景は、本当に様々と思いますが、
確かにそれも強い理由になりうるよなあ、と改めて感じた次第です。

* * * * *

【ベーカリー】

     IMG_1267

お箸作りワークショップの後、Sちゃん&蕎麦花さんと、ランチを食べに行こう、ってなって。
蕎麦花さんが提案してくれたのが、近くのダウンタウンに新しくできたベーカリー。

かなり高級でオシャレな感じらしいよ、と聞いたので、ド庶民の私はそわそわ。
しかも、名前がまた素敵じゃないですか。(マドモアゼ~ル)(鼻に抜けねー)
コレットといえば、レ・ミゼラブル。ええ、誰も聞いてません。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-01-21 06:39 | Trackback | Comments(0)

骨の髄まで味わえば

「政府というものは、船が難破しないように努める船長と同様の義務を負っている」
   ----- ギー・ド・モーパッサン
       (フランス人、作家、1850年8月5日生まれ)


IMG_0184

美味しいクロワッサンはいねがー。(なまはげ風)
Kさんが、あのカフェのアーモンドクロワッサンは美味しいですよ、と教えてくださったので(感謝!)、
いそいそとご一緒させていただきましたです。

11時に行ったら、アーモンドのもプレーンのも、これが最後の1個だったという。
人気のほどがうかがえます。

プレーンのはふわっと軽くて、でも、きちんとバターの香りがして。
アーモンドのは外側さくさく、中身はアーモンドクリームでしっとりと。
確かに美味しいこちらのクロワッサン、フランスからの生地を使っているそうです。
満足ーーー。


お隣はあのレストランだったのですが、いつの間にやら閉店されて、現在工事中。
なんとTootsie'sが買い上げて、カフェを拡大する予定なのですと。
大きくなったお店でも、この味と素材のクオリティをぜひ維持していただきたいなあ、と大いに期待であります。


Tootsie's At The Stanford Barn

* * * * *

【レストラン】

IMG_9170

2回続けて、韓国レストランの記録をば。
あのカフェは、あれから結構おじゃましてるんだけど、あちらと同じモールにあるレストランを2軒訪問したのでね。

まずはGom Tang、牛の骨や肉をことこと煮込んだスープのお店。
このモールを教えてくれたHiloさんがお気に入りとうかがって、いつか行ってみたいと思っていたんだよね。
なので、KAさんとデートできるとなった時、ぜひにとお付き合い願ってしまったの。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-08-05 07:37 | Trackback | Comments(0)

私の基準は相対性

「忍耐と長時間は、往々にして力や怒りよりも効果がある」
   ----- ジャン=ラ・フォンテーヌ
       (フランス人、詩人、1621年7月8日生まれ)


What Determines the Perception of Fairness Regarding Household Division of Labor between Spouses?

尊敬する池谷裕二博士が紹介されていた論文です。
ええと、私にはタイトルと最初の要約がなんとか読めたぐらいで、中身は全然わからないんですが。(ド阿呆)

2014年、日本の既婚女性を調査した研究で、
家事の分担差を、妻が不満に思うかは、夫婦間の稼ぎの差ではなく、
友人の夫の手伝いぶりで決まる、そうですよ。

他には、
・よくドラマで見かける、「俺が家計を支えているんだ!文句を言うな」は意味がない。

・幸せ感は、周囲との相対比較の結果であって、絶対的な尺度でない。

なんにせよ、家事への不満は幸福感に影響するそうですから、
妻の交友関係は要チェックですね、
と、博士はおっしゃっておられましたです。

中身はわかならいくせして、これには、あるあるあるある、と思ってしまうところが、
私も大概ニホンジンであります。

* * * * *

【ベーカリー】

IMG_9136

全員絶賛のイタリアンレストランを出て、しばらく辺りをぶらぶらと。
素敵な雑貨屋さんとか屋内モールのような場所もあって、なかなか面白かったエリア。

そこの記録はまた後日、として、その次に向かったのは、バークレーにあるパン屋さん。
むらさきちゃんが見つけてくれて、みんな興味ありありで行ってみた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-07-08 13:05 | Trackback | Comments(2)