タグ:パン作り ( 66 ) タグの人気記事

進む速度が心地良く

正倉院宝物はじまりの日、冷蔵庫の日、スナックの日
日本がユネスコ、ILO(国際労働機関)に加盟(1951年)


世界各国人の持つ性格をネタにしたジョークは、数限りなくありますが。
今日読んだ本の中に、そのシリアスバージョン+パンドラの箱の悲劇版、のようなエピソードがのっていたので、覚え書として。


「神が人間を作られた時、はるか遠くの島の洞窟の奥深くに、悪という悪、悲しみ、苦悩、はては死まで閉じ込め、ダイヤモンドの扉に鉄の錠前を下ろされた。……女は生来の軽はずみな好奇心を抑えきれず、男をたぶらかして鍵を盗んでしまう。それからあと先も考えず---女はまず実行し後から考えるもので---扉を開けてしまった。……真っ先に飛び出した悪の親玉、傲慢はスペインに行きつき、自分の性に合っているとばかりそこに永住する。この傲慢は自らの同類項である。うぬぼれ、他者へのあなどり、命令屋で、誰の下にもなりたくない連中らと共にスペインに君臨する。ちなみにフランスには強欲、イタリアには欺瞞、アフリカの方には怒りが回り、アラビア人や猛獣の中にはびこる。大食はドイツへ。無節操は英国、単純はポーランド、不忠実はギリシャ、野蛮はトルコ、抜けめなさはモスコビア(ロシア)、残虐はスウェーデンへ。快楽はペルシャ、臆病は中国へ。日本には向こう見ず。怠惰は遅れをとり、どこも満員であったのでアメリカに渡り、インディオの中に住みついた。名だたる淫乱。これは一地方におさまるにはあまりにも大きすぎ世界の隅から隅まで行き渡った」
そして、この話の終わりには。
「ありとあらゆる悪はまず女に襲いかかり餌食にしたわけで、したがって女は、頭のてっぺんから足の先まですっかり染まってしまった」

読んでいた本は、スペインを舞台にしたもので、スペイン人の性格や生活ぶりが、作者の視点から詳しく描かれており、スペイン未訪問の私にはなかなか面白く。特に女性観。
ちなみにこの文は、17世紀スペインの代表的作家・思想家、バルタサール・グラシアンの「妄評家(El Criticón)」という小説の中から、だそうですよ。



スペインに興味のある方は、ただ今shinaさんの素敵ブログで、スペイン旅行記が絶賛連載中なので、ぜひご訪問をば。写真が絶品・描写も的確な、すんばらしい記録でございますよ~。(shinaさん勝手にごめんね)(ぢまんしたいファン心)

* * * * *

【パン作り】

数回の失敗の後で、ようやく成功して生き延びてくれたもの。
それは自家製酵母エキスから作る、自家製酵母種、であるのだよ。

以前にも、レーズン酵母の元種をなんとかかんとか使ったけれど。あの後種継ぎをしてみても、やはり成長することはなく、結局あきらめる羽目になったのだ。
酵母作りは、素材と水を瓶に入れて、ただひたすら祈って待つだけなので、子育て以上に手を出しようがなく。ダメな場合は、これはもう神の采配としか(オオゲサ)(つか、そう思わないとやってられん)

どうすべー、と思っていた時に、佐原文枝さんの新しい本を手に入れたので、そちらで紹介されていたクイックヨーグルト酵母というものを、試してみることにしたのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-06-21 10:03 | Trackback | Comments(10)

借りるべきは旬の勢い

ル・マンの日、東名高速道路全通記念日
日米約定(下田条約)が調印(1857年)
米大統領クーリッジが排日移民法に署名(1924年)
日本海中部沖地震、死者104人(1983年)


昨夜、ベッドルームから旦那の声が。

「ええっ!? うそだろー、信じられん!」

何かと思って行ってみれば、そこにはなぜかスーツの上下を着込んだ彼が、呆然、という顔をして立ってました。

彼が着ていたのは、昔のスーツ。つまり、日本からこちらに引っ越してくる時に、数着持ってきたやつなんですが。
詳しいことは白状しないのですが、渡米以来、少なくとも10kgは太ったハズの旦那。
ちなみに渡米したのは、結婚してから7年後だったのですけど、その時ですでに結婚以来、10kg近く太ってたのでは、という疑いが濃厚。だって結婚後1年だけで、ウエストを6cm増やしたし。

そんな体型ですから、当然持ってきたスーツはすぐに着られなくなり、防虫剤と共に吊るされたまま、改めてジャケットやズボンを買う羽目になってたのですが。
なんと、いつのまにやら、その昔のスーツが着られる体型になってたですよ。こいつぁ驚いた、びっくりだ、ってなもんですよ。


出張三昧の彼ですが、それでもカリフォルニア滞在中は、朝と夜はほとんど家の食事。つまり、マクロビ風の食事なわけで。
新しい会社になってからは、接待や飲み会もほとんどないので、たとえ数日間しか家にいなくても、その間結構体重が減る、とは聞いてました。

マクロビ食はきちんと実行すれば、
太りすぎの人は痩せて、
痩せすぎの人は体重が増えて、
その人にとっての適正体重に落ち着く、と言われております。
んでもって今回の滞在は、いつもよりやや長めの12日間。
その間にどうやら、8kgほどお痩せになったらしいのです。


うちって一体、どおゆう食事をしてるんだろう。

などと、かえってちみっと不安にもなりましたが、本人は喜んでいる様子でめでたい、めでたい。
彼にはマクロビがなんたるかもロクに説明もせず、ただ黙って出して食べさせる・威嚇付、という、鬼以外のナニモノでもない仕打ちをしてまいりましたが(……)、実際にこうやって身体にプラスの変化があったことで、彼も気持ちが前向きになった模様。
これで堂々と良心の呵責なしに、マクロビ食を続けていけるってもんですな! (今までもなかったが)




そういう彼はそのスーツを持って、今日からまたまた出張です。行き先は初めての北京です。

……体重増加よりも、健康具合が気になる場所でございます。


* * * * *

【お菓子】
b0059565_12175011.jpg

細々と、自家製酵母は続けてる。
や、実はががーっ!とはまって、いろんな種類の酵母を仕込んだ瓶をずらーっ!と並べてみる。
なんてことも思い描いたのだけど、はっと冷静になれば、

そんなにパンやお菓子を作っても、減らないまま冷凍庫行き

という、いつものパターンになることが必至だったので、泣く泣くちまちまやることになったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-05-26 12:13 | Trackback | Comments(18)

かける時間の意義と意味

こどもの日、児童憲章制定記念日、薬の日
ヴェルサイユで三部会が開かれる(1789年)
男子の普選を認めた衆議院議員選挙法公布(1925年)


b0059565_13501582.jpg

私の天然酵母師匠の一人である、愛しのみかさん
日本からお土産をいただいたとのことで、なんと私にまでおすそわけしてくれたのでございます。

それはですね。日本のベーカリー<be>のパンで、Seigle auvergnat(セーグルオーベルニャ)という、ライ麦ぎっしりのパンなのです。
ハード系、雑穀系のパンが大好物の我が家では、当然ライ麦パンも大好きで。
嬉し涙をこぼしながら、ついでにヨダレもこぼしながら(殴)、いそいそといただいたのでありました。

こちらでも随分とライブレッドは食べましたが、これはやはり一味違う。というか、食感が違うんですね。
これは日本のパンと欧米のパンの一般的な違いのうちで、やはり日本の方がしっとり・柔らか。欧米人の方が唾液量が多いので、彼ら向きにこちらのパンはもっとぱさついた感触。その違いをまたもや感じたのであります。

やや酸味のある味わいと、柔らかめでももっちりとした食感は生きていて、とても美味しくいただきました。
そのままで食べても、スプレッドをつけても、十分応えられる旨さ。改めて、本当にありがとう、みかしゃん!(愛)


本来この手のパンは、数日かけて食べていくもの、らしいのですが。
卑しい我が家では、あっという間になくなりそうだったので、そこをぐっとこらえて、とりあえず2日に分けました。せめて努力は認めて下さい……

* * * * *

【パン作り】
b0059565_13503151.jpg

これは一体なんでしょう。どろろでもゲゲゲの鬼太郎でも妖怪人間ベムの仲間でもありません。って、出すタイトル古過ぎだってばさ……(昭和生まれ)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-05-05 13:48 | Trackback | Comments(8)

目にはさやかに見えねども

よいこの日、ヘリコプターの日、遺言の日
「古今和歌集」20巻を完成(905年)
米議会で排日移民法が可決(1924年)


毎度お馴染み、本日のトリビアです。
「アメリカにおいて、最もオンライン検索されている健康用語とは、一体なんでしょうか?」

ちなみに、「太りすぎ」ではありません。
答えはいつものごとく、末尾にて。

* * * * *

【パン作り】

恐る恐る、「酵母生活」を始めてます。(告白)

酵母というと、今まではパン用の自家製酵母しか知らなかったのだけど。
少しずつ裾野が広がり始めているという、自宅で育てる「野生酵母」。後からそれも知ったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-04-15 12:45 | Trackback | Comments(14)

目には見えない数多の命

東京大空襲記念日、農山漁村女性の日、水戸の日
元明天皇が平城京に遷都(710年)
B29の東京大空襲。死者10万人(1945年)


我が家のあるエリアでは、ゴミ収集は毎週火曜の朝でございます。
よって月曜の夜から、早い人は月曜の朝から(……)、ゴミ箱やリサイクルカートンなどを家の前に出しておくのですね。

ところで、今週の我が家の一般ゴミカートン。3分の1しか埋まりませんでした。
というのも、生ゴミが1週間トータルで、スーパーのレジ袋1つ分。これに紙などの一般ゴミを合わせても、それぐらいの量ですんだのであります。


生ゴミの量が、段々と減ってってるなあ、と実感します。
家族での外食はほとんどしないので、一応毎日、何かしらは料理してるんですが、ゴミがあまり出ないのです。

というのもマクロビレシピで作ると、「一物全体」で丸ごと食べよう、というのが基本なので、野菜はまず皮を剥かない。そして、食べられるところは余すところなく食べるように心がける。よってゴミが減る。
図式として、こうなってるからかなあ、と思います。

おまけに暇人なので(……)、せめて出来るだけ手作りしないと、というザイアク感があるものですから、出来合いの食品はあまり買わない。だから、その手の袋や缶などのゴミも減っていく。
野菜の味のおかげで、調味料もほんの少量しか使わないですむので、それもなかなか減らずにゴミにならないのです。


レシピ本が次々と出版されて、ブームのように広まりつつある、昨今のマクロビオティックを取り巻く状況。
かくいう私自身、ただレシピを手に入れては、面白がって作っていただけで。ゆるゆるマクロの名に恥じない、大変浅い触れ方で。

しかし今になって改めて、本当はマクロビオティックというのは、こおゆうことを全て含んだ生活実学そのもの、ということを、遅ればせながら学び始めたところでございます。

* * * * *

【パン作り】

やりたい、やりたいと始終呟きながら、なんとなーく手を出せずにいた、天然酵母
しかし、いよいよ重い腰を上げたのだ。や、ほんとに重かった、この腰。地面にめりこんで動かなかったし。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-03-10 12:47 | Trackback | Comments(12)

終わりのようでも終わりでなく

啓蟄、スチュワーデスの日、ミスコンの日
室町幕府が相国寺を京都五山の第一と定める(1401年)
日本初のスチュワーデスが誕生(1931年)


今日見かけた、車のナンバプレート。
「NMBUS 2K」
すぐ意味がわかって喜んでしまうところが、私も筋金入りのハリポタファンでございますな。(にやにや)

ちなみに車種は、BMWの3ナンバーだったのですが。
これで5ナンバーに買いなおしたとすると、「FIREBOLT」に変えられるのでしょうかね。

* * * * *

【パン作り】

今月のパン教室。これが最後のパン教室。

全6回の基礎コースから始まって、ここまであっという間だった気がするね。
ラストに習ったのは、3月ならではのおひなさまパンと、私のリクエストでナン2種類。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-03-05 06:16 | Trackback | Comments(14)

確かめることは何度でも

晦日正月、生命保険の日
大岡忠相が江戸町奉行となる(1717年)
ソ連のルナ9号が月面軟着陸に成功(1966年)
第11回冬季オリンピック札幌大会が開会(1972年)


なぜ。いつの間に。1月が終わろうとしているなんて。(愕然)
私に一言の断りもなく。(殴)


さて、このへっぽこ日記がお世話になっているエキサイトブログ。
画面右下にある「ネームカード」なるものを登録すると、またいろんなサービスが受けられるわけですが。

前にも書きましたが、この中に、「アクセス解析」なるものがありまして。
と言っても、有料ツールみたく詳細なものではないのですが、日ごとのページビュー数やリンク元情報などが見られるようになっております。

その中にあるのが、「検索ワードランキング」というもの。
どのような言葉を検索した結果、この僻地に辿り着かれたか、というもののベスト10。
月末なので久しぶりにのぞいてみたならば、なんと今月のトップは、「もっふる」だったのでございますよ。(歓喜)

実際のところ、ちょこっと写真をのせたぐらいだけなので、辿り着かれた後に「ちっ」と舌打ち、という結果になったのではないかと、申し訳なくもハラハラしておる次第でございますが(すみませんすみません)、でも密かにもっふる布教を心がけている身としては、なかなかに嬉しいニュースでございました。




だって、今までのトップって、
「ベロ出しちょんま」

が不動の一位だったしなあ……(遠い目)

* * * * *

【パン作り】

今月のパン教室。いろんな予定が重なり合って、少し間があいちゃった。
今回は、以前に師匠にも教えてもらったブルーチーズのパンと、やはり師匠に美味しいと聞いていたので、北欧パンをリクエストさせてもらったの。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-01-31 13:27 | Trackback | Comments(18)

探し物は手の範囲

【学校】
b0059565_11302330.jpg

お嬢の所属する、ミドルスクール8年生のジャズバンド。
選択授業で音楽を選んだ子は、それぞれ弦楽器、コーラス、吹奏楽に分かれて、更に希望すればオーディションを受けてジャズバンドやHonorバンドなど、結構多岐に渡った活動の道が。

学区内の他のミドルスクールにも、当然こういうバンドはありまして。今日の夜は、市内ダウンタウンの別々な広場で、学校ごとのミニコンサートが開かれました。ま、クリスマスということで。

お嬢の学校はピザ屋の前の広場で。良く政治集会とかやってるとこ。
前半はコーラス部が、後半はジャズバンドが、数曲ずつ演奏して、最後はクリスマスの曲で締めくくり。
親や身内や友達がそれなりに集まって、演奏の前後にピザ屋で夕食、という光景が盛んに展開されてました。おかげで今日は、なかなか儲かった日でありましょう。>ピザ屋


夜間に屋外という、迷惑この上ない1時間。(殴)
ダウンジャケットと雪山用ズボンで武装して出かけ、半袖を着ている親御さんの横で、しかめっ面で鑑賞した一時でありました。(……)

* * * * *

【パン作り】
b0059565_1133277.jpg

今月のパン教室。今日からは生徒2人で、しかも恐らくあと3回で終わり。
そう思うと、今のうちにもっと習っておかなきゃ!という焦りも出てくるなあ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-12-13 11:29 | Trackback | Comments(14)

ありのままの君でいて

Constitution Day (Russia)
Independence Day (Kenya)
Fiesta de GUadalupe (Mexico)


2007年、「今年の漢字」は「偽」

その年の世相を表す漢字でございますが。
ミートホープに始まって、次々と明らかになった食品偽装関連の数々のニュースに、呆れて唸って、を繰り返した年にふさわしい一字と思うです。
特に赤福餅はつらかった……あああ食べたい、もう一度。

元々、日本のそういう基準は、かなり厳しいというイメージがございます。
なので日本の食品では、「賞味期限」が少々過ぎてても、全く気にしないワタクシでございます(……)

食べ物を捨てるということに、大変な罪悪感がある身としては、冷凍なら冷凍とはっきりうたって、とにかく捨てないで救済してくれれば良いものを、と思わないではおられず。
それを見栄を張っていいこと言うもんだから、十分安全基準内のことであっても、「嘘」のレッテルを貼られることになる。
また、そういったものを尊重する消費者側の意識も関わって。


原材料費高騰で、相次ぐ値上げもあることですし、この際色々と意識改革。
そんな流れになったら良いなあ、と思ってしまったりするのでございます。
でも段ボールまでは堕ちないで。

* * * * *

【料理】
今年の冬はあったかいなあ、雨季のわりに雨が降らないなあ。
寒さも雨も大の苦手な私、ありがたい冬になりそうだ、とはっきり期待してたんだが。

夏は暑く、冬は寒い。そうでないと、必ずどこかに皺寄せがくる。
今週になって、がん、がん、と階段式に気温は下がっていってるよ。全く自然ってありがたいやね。(涙目で)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-12-12 14:31 | Trackback | Comments(14)

念願かなったその味は

Peace Day (Ivory Coast)
Proclamation of the Republic (Brazil)


栗・栗・栗~♪、と続きましたが、実はこちらでも年々使われるようになっている感じが。
和栗とは違う種類の栗ですが、生や缶詰、ローストした栗の瓶詰めなどが売られるようになり、特に感謝祭を目の前にした昨今、「七面鳥と一緒に焼きましょう!」みたいなレシピを見かけたりします。

検索してみても、おお美味そう!というレシピが色々と。
栗のスフレやパイといったデザートもあり、ヌードルのソースにしたり、炒め物も焼き物もバラエティに富んでますぞ。来年の課題としたいところ。


そんな中、ローカル・グローサリーストアの冊子にのっていた、「栗の基本的な料理法」をメモっておくです。

1. 底に×印の切り込みを入れ、230℃のオーブンで20分程焼く。冷ましてから殻を剥く。

2. 甘くない栗をスープストックで柔らかくなるまで煮て、ピューレ状にし、好みのスープに加えれば、更にリッチでクリーミーな味わい

3. 茹でて刻んだ栗を、バター、ガーリック、ワインでソテーし、火を通した芽キャベツ・ブロッコリー・カリフラワー・スイートポテトなどと和える

4. 調理済の栗300gと砂糖1カップ、水2カップを鍋に入れ、ほとんど水分がなくなるまで煮てからピューレ状にし、バニラかアーモンドエッセンスを加える。パンプキンブレッドと刻んだドライクランベリーと一緒に順にグラスに入れ、パフェを作る

* * * * *

【パン作り】
b0059565_11464873.jpg

三人でスタートしたパン教室のコース。
一人が帰国し、一人が加わって、今日はもう一人のメンバーの最後の日だよ。来月帰国なんだって……

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-11-15 11:44 | Trackback | Comments(11)