タグ:アクティビティ ( 206 ) タグの人気記事

呼びかけられた声を聞き

「他人を踏みつけにして自己利益を追求するだけの人間も、自己犠牲を厭わずに正義や信念を貫く人間も、
『世間がそんな人間ばかりだったら、息苦しくてやってられない』人間であるという点では選ぶところがない」
   ----- 内田樹
       (日本人、思想家・エッセイスト、1950年9月30生まれ)


     51RxKau0p4L._SX348_BO1,204,203,200_

巷で話題のマンガ、「ゴールデンカムイ」を友人が貸してくれました。
1巻から最新の11巻まで。ありがたや~。(拝)

絵柄的には決して得意な作品ではないのですが、とにかく迫力があって、
登場人物もえっらい濃くて、ぐんぐん読み進めてしまいます。
面白かった! 続きも読みたい! です。

それにしても、なぜか登場人物の名前があまり覚えられない今回。主人公が特に。
「俺は不死身の杉元だ!」と叫ぶ、実際大変強い人なのですが、
いざマンガを閉じて、彼の名前を思い出そうとすると、
ええと、不死身の、ふじみの……誰だっけ、となってしまうのはなんでなんだぜ……
周りのキャラが濃すぎるのがいけないと思うんだ。


アイヌの人達も沢山出てくるので、アイヌ文化にも触れることができるのが、このマンガのもう一つの嬉しいところ。
タイトルのカムイとは神様のことで、身の回りの役立つもの、力の及ばないもの全てをカムイとして敬い、感謝の儀礼を通じて、良好な関係を保つ、
というのが書かれていて、なるほどなあ、と思いました。

この、力の及ばないものに対する畏敬の念。
食や行動が”自然派”になっていく人ほど、スピリチュアル系と融和性が高くなっていく理由の一つなのかな、
と、マンガを読みながら思ったです。
その畏敬の念と科学への信頼は、十分両立するはずだと思うのですけど、ねー。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_8828

またもや終了間際の訪問記録。
お嬢と一緒に、SFMOMAで開催中のムンク展に行って参りましたです。
長いリノベーションを終えたSFMOMA、新装オープン後、まだ行ってなかったので、それも楽しみに。

でもぱっと見、それほど大きく変わった様子はないような?
Blue Bottle CoffeeがSight Glassに変わってたぐらいしか気づかないという鈍感モン。
まあいいや、目的は展覧会だから。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-09-30 13:08 | Trackback | Comments(0)

会える場所はそこにある

「著者の死後、彼の日記を読むことは、彼からの長い手紙を受け取るようなものだ」
   ----- ジャン・コクトー
       (フランス人、詩人・作家、1889年7月5生まれ)


昨日、夕飯の支度していた時。
さつまいもの下ごしらえをしていて、ああ、そういえばtamachanのかぼちゃとか芋類の火の通し具合も絶品だったなあ、と思い出したんですよね。
甘さをきちんと引き出しつつ、ちゃんとほくほくしてて。
そんな具体的なことから始まって、それから言葉にならない思いが込み上げる。
もう会えない人のことを思い出す時は、そんな感じになるのです。

そうしたら昨夜、tamachanの遺灰がシャスタ山の上に撒かれた、とのお知らせをいただきました。
彼女が大好きだったシャスタで散骨を、という話は聞いていたのですが、そんな素敵な形があったのか、と驚きながら、
あの青い空と白い雲、白い山を思い出して、胸がいっぱいになったです。
また行く機会があれば、あの山に、空に、雲に、彼女の姿を見出すことになるのでしょう。


父もまた、もうすぐ新盆を迎えます。
実家の母とは、時々電話で話します。
話している最中、まだまだふとしたことで涙声になる母です。


17803568505_d8818e9520_o

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_7569

5ヶ月ぶりに、ハーブクラスに行ったんだ。
なんで半年近くも、というのは、昨年の12月にクラスがあってから、私が日本へ行ったり来たりになってしまい、そのまま開催されず仕舞いになっていたんだね。
皆さんに気を遣わせてしまい、情けなくもありがたく。

しかし、5月中にやっておかんと、6月からは日本に行くメンバーが多いので。
夏休み前に、と互いの予定を合わせて、無事、先生のYさん宅での開催が実現したのだよ。(じ~ん)

しかも今回は、コアメンバーが勢揃い。
Kanaちゃんと私が到着した時には、すでにAちゃんとerinちゃんが美しいにじみ絵を完成させるとこだった。
Aちゃんのちっちゃな天使ちゃんも、大いに手伝っていたですよ。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-07-05 13:38 | Trackback | Comments(0)

嵐を避けるに足るものを

「開け放たれた窓を外から見る者は、閉ざされた窓を透かして見る者と決して同じほど多くのものを見ない」
   ----- シャルル・ボードレール
       (フランス人、詩人、1821年4月9生まれ)



エイプリルフールを楽しむ暇もなく、4月も飛ぶように過ぎていく。
これが年を取るってことですね。(悟)

先日日本から帰ってきたフライトはエア・カナダで、初のカルガリー経由便。
カルガリーで米国入国審査も済ませられたし、カナダの空港の係員は相変わらずナイスな方々が多かったので(米国比)、不満はございませんでしたね。
この便にほんとにネコノミークラスがあれば、生涯最高のフライトになったことでありましょう。

ちなみに今、カナダを経由するだけでも、電子渡航認証(eTA)が必要となります。
オンラインで手続きできるので、近々カナダに行かれる方や経由便をご利用の方は、お忘れなく。
12月に、サンフランシスコからカナダのバンクーバー経由で発とうとした時、eTAを持ってなくて、その場でスマホで大汗かきながら入力したバカの二の舞にはなられませんように。ええ、ワタクシです。




ところで本日、サービスゼロで定評のあるUnitedで、またもやトンデモ事件が起きた模様。
現時点で詳細は不明ですが、動画を見る限り、恐怖で震えるような事件です。
SNSでは、ユナイテッドをボイコットしよう、という動きが早速始まってますね。


先日Airbnbで、アジア系アメリカ人の女性が、アジア系であることを理由に宿泊を拒否される、という事件が起きたこともあり、どうしても敏感になってしまうです。


* * * * *

【アクティビティ】

IMG_6202

あーー……
もう、どの時点の日記から書いたらいいのかわからない……
と、ワタシはひたすら途方に暮れる。あ、タイトル出た。
だって、11月の日記で残ってるのもあるんだよねえ。(遠すぎる目)

とりあえず、前に書いた通り、12月のハーブクラスの記録は書いておかねばな。
この日は、シュタイナー教育では定番のにじみ絵描きと、ハーブのティーバッグを作ったよ。
Kanaちゃん、Aちゃん、Erinちゃんと、久しぶりにレギュラーメンバーが全員揃ったという意味でも、嬉しい一日だったよね。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-04-09 14:30 | Trackback | Comments(2)

自分好みは自分次第

「その日はこれからやって来る、何と言おうと。
人間と人間とが世界中で兄弟姉妹となるであろうその日は、何と言おうと」
   ----- ロバート・バーンズ
       (イギリス人、詩人、1759年1月25生まれ)


61 Of The Greatest Signs From Women’s Marches Around The Country

目まぐるしい一週間でございましたね。
19日に日本から帰ってきて、20日に悪夢の始まりの就任式。
それから毎日のように、閣僚も決まってないのに、連発される絶句モノの大統領令。
老体の時差ボケという物理的なキツさもありましたけど、とにかく精神的に打ちのめされることが多すぎてもう。もう。
絶対T氏は、大統領を王様と勘違いしていると思うんだ。

いじめっ子が新しいおもちゃを手に入れて嬉しくて、見ろ見ろ!とばかりに舞い上がり。
その重みも意味もわからずに。
しかも最初にやったことが、オバマ氏がやってきたことの削除や否定から。
バーカバーカ、と舌を出してる図さえ浮かぶです。

オバマ氏やクリントン氏は、その能力ゆえに嫉妬を買う機会も大変多かったわけですが。
T氏には嫉妬は集まらないと思うのは、あまりに能力が低いから。
彼が集められるのは、軽蔑と怒りが大部分でございましょう。
結局彼は、自分がビジネスでやってきた、唯一の得意な手法で、大領領職を務めようとしてるんですな。
つまり、自己顕示、恫喝、値切り、踏み倒し、脅迫。

というか、T氏の精神状態、マジ不安になるんですが。
サイコパスのレベルじゃん。知ってたけど。
あと、ペンス副大統領など、彼の背後に控えている人達が、本当は何を狙っているのかがわからなくて、怖いのですよ。
こんな無茶苦茶なことをさせてて、一体何を考えているのかなあ……
T氏を持ち上げて、いい気にさせてやって、早めのImpeachmentを狙ってる?
そんな、更にevilな邪推まで。


さて、帰国後2日目に行われたWomen's March
参加したいと思っていたのに、老体のライフがゼロで果たせず、本当に不甲斐ない……
Facebookで、参加したとポストしていた友人達に、大いに感謝したものです。

ピンクの帽子と、手書きのサイン。
デモに子供なんて、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
私自身は、若者の姿を見るほどに安心感が増しました。

将来を担う若者達が、今のT氏の意見を良しとしないことが、どれほど希望であることか。
勿論、それを重荷に感じさせるようなことは、今の大人として、してはなりませんが。
貴方達が大人になった時に、世界がもっと大勢の人にとって、良い場所になっていますよう。
今は、できることをしていこう。
いつも、その言葉が結論です。





* * * * *

【アクティビティ】

IMG_5752

やっべええええ、12月のハーブクラスの記録を書こうとして、11月分をまだ書いてないことに気づいたよ! 大馬鹿だよ!
うわーん、大好きなクラスだけに、これはあまりに悔しすぎる。
ボケにも程があるってモンだ、ちょっ早で書くよ、書きますよー。

この回では、ハーブをたくさん練り込んだナッツバター作りと、グルテンフリーのパンのレシピを教わったのよ。
いつもながら、美味しくて楽しい回でした。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-01-25 14:18 | Trackback | Comments(0)

手放す辛さと引き換えに

「皆自分が暗黙に前提としている場合分けを絶対的なものだと思ってしまって、
自分が見ているものが『単なる場合分けの一つである』ことに
気づかぬままに議論が続くことが多い」
   ----- 細谷功 著
    「問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力」より


すぐに拾えばOK?「5秒ルール」の真実

日本の3秒は、こちらでは5秒。
俗説か迷信か都市伝説か、はたまた真実か。
2005年に読んだ記事について、日記に書きましたが、2016年の今でも、結論は変わってない模様。

実はトイレの便座より、PCのキーボードのほうが汚い、というのも、良く聞く話。
年末の大掃除は、部屋よりキーボードを徹底掃除しようか、と考えているところです。(でもきっとやらない)

えっ?こんなに汚いの!? オフィスでできるキーボードの掃除方法

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_5810

人間、暮らしていると、どうしても溜まっていくのが、”不要品”。
いやもう、こっちの勝手で買っておいて、要らないと思っちゃうなんて、ほんとにごめんね、としか言いようがないんだが。

手元に置いておいても使ってあげられないものならば、いっそ手放して、どこか別の、欲しがってくれる人とのご縁を探したい。
そんな気持ちの行き先が、ガレージセールであったり、フリーマーケットであったりするわけです。

こんなことを考えた仲間達7人が集まって、De Anza Collegeで月1回行われるFlea Marketに、初めて出店してみたですよー。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-12-06 12:51 | Trackback | Comments(0)

三感使って親しんで

「憲法の重要な目的のひとつは、多数派が少数派を虐げ、その権利を侵害することを抑制することである。
少数派は、こうした抑圧に対する楯として憲法に訴える権利を有している」
   ----- ジェームズ・ポーク
       (アメリカ人、政治家・第11代米国大統領、1795年11月2生まれ)


     IMG_5670

ファーマーズマーケットで、ローカルなオーガニック春菊を発見しましたよ。
日系じゃないお店で見つけたのは、私は初めてなのですよ。

むっちゃ嬉しー、と思って、お店のお兄さんに、これはShungiku?と聞いてみたのですが、あいにく通じず。
ありがたいことにこちらでも、日本でお馴染みの野菜が増えてきて、
水菜はMizuna、椎茸はShiitake Mushroomなど、日本名をそのまま使うようになっているものも多いので、春菊もそうかな、と思ったんですが、違ったです。
絵文字も過労死もそのままなのになあ。(激違)

じゃあ何て呼ぶの?と聞いて教わった名前が、どうしても繰り返せなかった、この悲しさ。
お兄さんは3回ぐらい言ってくれたんですけどね……

帰ってから調べたら、Chrysanthemum でしたがな。
お嬢が家にいた時だったので、これ、と言って見せたら、ああ、菊のことだね、と。
春菊は中でも、Garland Chrysanthemum と記載されてたりしたですよ。


お兄さんに食べ方を聞いたところ、茎の下の方は繊維が多くてかなり固いから、そこは使わずに、
上の方を炒めたり茹でたりして食べるといいよ、と言われました。
生のまま葉っぱを口に入れてみると、うん、ちょっと香りが弱めだけど、確かに春菊です。

オーガニックの大きな束が、$2です。
多分、日系スーパーで売ってるものの倍はある。
葉も固めなので、苦手な方には食べにくいかもしれませんが、私は大歓迎。
もー、スムージーにもガンガン入れちゃうもんね。(うへへへ)

お兄さん、今度は小松菜をお願いしたいです。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_5084

カリフォルニアにいて、周囲にワインが好きな友人は、何人も。
すごく詳しい人も、何人も。

なのに私は、どうしてもどうしても、ワインに興味がわかなくて。
カリフォルニアに住んでて、なんて勿体無い、と日本の友達に責められたり。(なんでだよぉ)

元々、お酒の席は好きだけど、お酒自体はそれほどだし、味覚オンチだし、食事の時は食べ物の味を楽しみたいし、味覚オンチだし。
なので、そのワインが好きか嫌いか、ぐらいはわかっても、それ以上のことは豚に真珠、猫に小判。
私にワインを与えちゃいけませんよ、勿体無い。

だけど旦那に、Yokoさんがワインを勉強する会をしたいということで、ゆみたちさんに講師をお願いする仲立ちをした話をしたら、
なんてうらやましい! 自分も行きたい。でも女性ばかりの中には行けない。
できたら自分の代わりに行って、勉強してきてほしい。
なんてことを抜かしたもんだから、えええええ、ってなったよね。

しかし確かに、これがワイン文化に近づく為の、最初で最後のチャンスかも。(オオゲサ)
ゆみたちさんの後ろにこそこそくっついて、開催場所のYokoさん宅におじゃましたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-11-02 10:18 | Trackback | Comments(2)

山の恵みをふんだんに

「ある程度の反対は、人にとって大きな助けとなる。
 凧は風と一緒に上がるのではなく、風に向かって上がるのである」
   ----- ルイス・マンフォード
       (アメリカ人、社会学者、1892年10月19生まれ)


     IMG_5658

季節の行事、栗拾い。
今年も、あの栗林がオープンしましたよー。


     IMG_5653

去年の栗も大きかったですが、今年も立派、立派。
来週後半はまた雨の予報ですし、欲しい方はぜひお早めに。
お値段は去年と同じく、現金なら$6/lb、カードなら$6.50/lbでありました。

さて、お友達に教わったように、熱湯・乾燥・冷凍・下ごしらえのステップ、がんばらねば。(悲壮な決意)(拾うのは楽しいのに)


Skyline Chestnuts
22322 Skyline Blvd.,
La Honda, California

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_5244

ハーバルメディシンクラス、夏休みが終わって待望の再開です。
先生のYさんも大好きで、メンバーも大好きで。
このクラスがない間は、やっぱり寂しさは隠せない。

クラスの最初に見せてもらったのは、Yさんがシャスタで取ってこられたElderberryと、なんとなんと、恐れ多くもマツタケ様ですよ。
うおぉ、これがセレブがまとう香りなのですね。(激違)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-10-19 12:23 | Trackback | Comments(2)

いただく気持ちが元になり

「自分一人でつねに集団の全員を説得できるリーダーはいない。
だが、押しの強いリーダーなら集団のなかのかなりの人数を説得することはできるだろう。
そして、相当な人数が信じているという事実が残りの人たちを納得させる」
   ----- フィリップ・デルヴス・ブロートン著
         「なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?」より


・湯上がり娘
・なつのまい
・おつな姫

これらはなんの名前でしょう?
なんとエダマメの品種名だということを、金田妙さんのネットコラムで教わりました。
……絶対、業界のオジサン達が考えた名前に違いない。

ほかにも笑える野菜の名が色々書いてあって、
青菜系の、たべたい菜・よかった菜・うまい菜、とか
コーン類の、おひさまコーン・キラキラコーン・みわくのコーン、
きゅうりの、なるなる・ピノキオ・イボ美人、
筋肉ゴーヤマン、なべちゃんネギ、葉大根のハットリくん、スイカのカメハメハ。

品種改良に余念のない農業界、次々と登場する新品種の名づけにも苦労されるのでしょうなあ。(ハライタイ)

でも名前といえば、私の中で、小林製薬に敵うものはございませんですよ。

ネーミングに迷ったら小林製薬に習うべし!全95種類の商品名からアイデアを得よう

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_4765

一年に5回、陰陽五行にのっとったマクロビオティックの法則とお料理を学ぶ、マクロベースの会
尊敬するFumi先生が教えてくださるクラスは、ストイック過ぎず、ベイエリアの風土に合わせての内容で、本当に楽しく学ばせていただいた。

私が受けたのは2013年で、それからもいろんな生徒さんが、1年クラスを受けていらっしゃって。
今は、お友達のYokoさんが習っておられるのだけど、そのクラスのメンバーに、興味深いフードビジネスに携わっていた方がおられると。
良かったら、お話を聞いてみませんか?と、Fumi先生から大変温かいお申し出をいただいたの。

先生のクラスは大好きだし、Yokoさんにも会えるし、何よりそのお話、ぜひ聞いてみたい。
お言葉に甘えて、クラスの末席におじゃまさせていただいたよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-09-29 11:54 | Trackback | Comments(2)

欲しがる心が満たされて

「国のためというのは悪党の最後の言い逃れである」
   ----- サミュエル・ジョンソン
       (イギリス人、詩人・批評家、1709年9月18生まれ)


「国籍」とは何か?――蓮舫議員をめぐる議論をきっかけに改めて考える

蓮舫さんの二重国籍問題、なんでこんなに、と思うほど、あれやこれやと意見が沸いて出ましたね。
海外に暮らす身として、私自身は取る予定はないにしても、日本も多重国籍を認めればいいのに、とずっと思っておりましたから、
正直なところ、これで日本の皆さんにも、この問題が周知されることを願ったりしていたのでございます。
実際、私が知らなかっただけで、ずっと前からこの件に関して運動している団体もあるんですね。

私個人としては、二重国籍を認めないで、何がすーぱーぐろーばるだよ、と思ってしまうんですけどね……
日本国外に在住している優れた方々が、どれほどいらっしゃることか。
その方々にしたって、その国に住む以上、国籍を取って、その地に住む者として義務を果たしながら権利を受ける方が望ましい場合も、多々おありでしょうに。
また、他国の国籍を持つ方で、日本に居住しながら活動したいと思う優秀な方々を締め出すことにも繋がりかねず。

生まれた時から日本に住み、日本国民としての義務を果たしている蓮舫さんが、これだけの非難を浴びせられ、
米国籍を選んだ南部教授がノーベル賞をとった時は、日本人の快挙として称える。
一部の日本人を自称される方々は、至極都合の良い認定基準をお持ちのようでございます。

ずっと前に聞いた話では、日本の国会議員に多重国籍認定の件でお願いしたところ、
「パンドラの箱を開けることになる」
と言われた、とのことでした。
確かに、蓮舫さんへの罵詈雑言に近い反応を見ていると、危惧されていた通りのことが起こったんだな、と考えずにはいられませんでした。


お嬢がこちらにいた時、何人もから、え、米国民じゃないの!? なんで!? と驚かれ、
日本では国籍は選択制になっていることを説明するたび、そんな国があるのか、と更に驚かれ。
ちなみに今まで会った中で、一番沢山国籍を持っていた方は、ユダヤ系の方でした。
迫害の歴史を考えれば、当然のことと思います。

国籍取得には、義務と権利が発生します。
ですが、その国籍が生まれつきのものであれ、後で取得したものであれ、
他の人を見下したり差別したり非難するといった行為に対する免罪符の要素は、
欠片も含まれるものではないのです。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_5069

Silkdaystabbisocksのオーナーでいらっしゃる和田さんが、クラスやイベントのレンタルスペースとして提供してくださっているHarmony Club
習字やそろばん、ヨガなどの日本人向けの教室が沢山開催されているので、ご存知の方も多いかと思います。

今月から新しく開催されることになったのが、オーガニックPop-upショップ
食や健康への意識が高い方が集まっているベイエリア、プロとして営業されている方は勿論、これと思う品を販売してみたい方が集まって、一般向けに販売会を行ってくださったのですよ。

手打ち蕎麦の蕎麦花さんや、達人のtamachanとYokoさんも出品されるとのことだったので、これは行かずにいられましょうか。
大好きなわくわくさんをお誘いして、いそいそと行ってみたですよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-09-18 13:41 | Trackback | Comments(0)

備えあれば待ち遠し

「幸福とは蝶のようなものだ。
追い求めている時には、掴もうとしても逃してしまう。
しかし静かに座っている時には、自ずから近寄ってくる」
   ----- ナサニエル・ホーソーン
       (アメリカ人、作家、1804年7月4生まれ)


     IMG_4322

独立記念日の連休でございましたね。
こちらの皆様、楽しくお過ごしになられたことと思います。

我が家はといえば旦那が、海が見たい、それも崖の上から海を見下ろせるところ、という大変具体的な希望を思い立ち、ポイントレイズ国定海岸に行ってまいりました。
遠くの国立公園は何箇所も行ったことがあるくせして、なぜか近場はあまりなく、こちらも初訪問だったんですよ。


     IMG_4313

でも、相変わらず思い立って、ふらっ、と出かけたので、こんなにガスってるとは露知らず。
風が強いとは聞いていたので、それは覚悟していたんですけどねー。

しかし、久しぶりのトレッキング、やっぱり楽しかったです。
いろんなすごい風景を見てきたので、ちょっとやそっとの眺めじゃ感動しなくなったという(エルク? それがどーした?)、地獄に堕ちろやテメエという傲慢さでありますが。
時期を選んで、再訪問してみたい場所でありました。
日帰りで行けるのが嬉しいですな。


Point Reyes National Seashore

* * * * *

【アクティビティ】

     IMG_4010

夏休み前の最後(?)のハーブクラスは、5月に開催。
今回も楽しみなメニュー揃いで、日焼け止め作りなんかもしちゃったよ。(えへえへ)

おまけに、今回のクラスから、大好きなerinちゃんが加わってくれたのだ。
Yさんと並んで、私のハーブ&アロマのお師匠様だからね、こんな心強いことはないのだな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-07-04 12:27 | Trackback | Comments(0)