タグ:お菓子 ( 148 ) タグの人気記事

緑が映える配色を

「言葉だけでは、こうした苦しみに言葉に表すことはできません。
しかし私たちは、歴史を直視するために共同責任を負います。
そして、こうした苦しみを二度と繰り返さないためにどうやってやり方を変えなければならないのかを自らに問わなければなりません」
   ----- バラク・オバマ
       (アメリカ人、政治家・第44代米国大統領、1961年8月4生まれ)


     IMG_4427

先日、小豆を炊いた時、旦那がふらっとやってきまして。
何にするの、と聞かれたので、煮物か甘酒、と答えたら、ナニやらちとご不満の様子。
そしてぼそっと、小豆アイスが食べたいなー、ってゆったんですよ。

そういえば、一度作ってみたかった、あのレシピ。
高嶋綾也さんのあずきバー、早速チャレンジしてみたですよ。
つーても、お写真のような美しいものじゃなくて、単なるアイスキューブですけどね。(つまりバーではない)

んでもって、旦那も私も、とっても気に入りましたです。
市販の小豆アイスに負けない美味しさで、しかも安心材料。
また作ろっと。根性があれば。

* * * * *

【レストラン】

IMG_4224

夏休み中のerinちゃんとのデート、今度は新しくオープンしたサラダ専門店、って言っていいのかな。
同じダウンタウンに、先駆者(え)のSprout Cafeがあるんだけどね。
どんな違いがあるのかなー、楽しみだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-08-04 11:44 | Trackback | Comments(2)

味と香りの仲立ちで

「信頼は、年を重ねた胸の中でゆっくりと育つ植物である」
   ----- ウィリアム・ピット(小ピット)
       (イギリス人、政治家、1759年5月28日生まれ)


     IMG_9577

久しぶりにディハイドレーターで、ロークラッカーを作ったです。

先日、お友達のKさんから、手作りのロークッキーをいただいたのですが、これがすんごく美味しくて、ですね。
ズッキーニを使うレシピだったので、ズッキーニがファーマーズマーケットで沢山並び始めた頃を狙って、何本か買い込んできたですよ。

1種類だと、5段あるディハイドレーターがもったない気がしたので(ケチ)、
同じくズッキーニを使って、なんか適当にあれこれ入れて、もう1種類。
Kさんクラッカーは、粗挽きアーモンドが嬉しい、にんじんやチアシード、ハーブを入れたバージョン。
テキトークラッカー(……)は、野菜はズッキーニだけにして、くるみ、フラックスシード、デーツ、ハーブを入れてみたですよ。

アーモンドクラッカーは美味しかったですが、やっぱりKさん製の方が美味だったと思うのは、デフォとして。
テキトークラッカーが、なぜかほんのりバターっぽい香りがして、意外とイケるんですよ。
薄味にしたので、スプレッドをつけて食べても大丈夫。

問題は、マジ適当だったので、何を入れたんだったか、自分でもはっきり覚えてないことでございます……白味噌を入れたような覚えはあるんですけど。
リピしたくともリピできない、一期一会のクラッカー。(激違)


ズッキーニといえば、何年も通ってる屋台で買ったのですが、
去年まではパウンド$1.50だったのに、今年から$2になってました。
やっぱり水不足のせいもあるのかなあ。(ため息)

* * * * *

【レストラン】

     IMG_9583

先日、憧れのカリフォルニアばあさんことChiblitsさんが、Blue Bottle Coffeeのことを書かれていて。
ちょうどその翌日、新しくオープンしたブルーボトルのカフェに行く予定にしていたので、なんてタイムリーと喜んだ。

これはもう、運命ね。(誰と)(何と)
と思い込んだワタシ、Maiさん・わくわくさん・Kumiちゃんとのカフェ訪問記録を、
レアなリアルタイムで残しておくんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-05-28 14:32 | Trackback | Comments(2)

最優先を選ぶなら

「ローマ人にとっての宗教は、指導原理ではなく支えにすぎなかったから、
宗教を信ずることで人間性までが金縛りになることもなかったのである。
強力な指導原理をもつことには利点もあるが、
自分たちと宗教を共有しない他者は認めないとする、マイナス面も見逃せない」
   ----- 塩野七生 「ローマ人の物語」より
(日本人、作家、1937年7月7日生まれ)


     BAH

Bay Area HEARTによる震災復興支援チャリティセール、28日(土)に開催です。

・日時:2月28日(土) 午前10時~午後1時
・場所:Santa Clara Valley Japanese Christian Church
     40 Union Ave., Campbell, CA 95008

Facebookページにて、ご出品予定の品々を紹介しております。
現在、毎日更新中。ご訪問いただければ嬉しいです。

Bay Area HEART

*-*-*-*-*-*-*-*-*

        IMG_5964

何度か書いておりますが、ビスコッティが大好きです。
自分でもたまーに作るのですが、特に最近のお気に入りのレシピは、
カリフォルニアばあさんこと、chiblitsさんの病みつきビスコッティでございます。

レシピをアップされた時からブックマークしておいたのですが、
こちらを元にわくわくさんが作ってくださったのが、すんごおおおおく美味しくて、
こら絶対作らなあかん!と、鼻息荒く製作。
あったかいお茶と一緒にゆっくりいただく時間は、正に至福でございます。

そして嬉しいことに、上記チャリティセールにおいて、
こちらのビスコッティをchiblitsさんが出品してくださいますよ、奥様!
ファンの方は勿論、焼き菓子好きな方にも絶対見逃せない一品です。(きらーん☆)

カリフォルニアのばあさんブログ

* * * * *

【レストラン】

     IMG_4494

わくわくさん&むしの日さんと、一緒にランチしよう、ということになって。(ちょー笑顔)
色々候補を出し合って決めたのが、まだ誰も行ったことがない、エチオピア料理のレストラン。

エチオピア料理といえば、こちらのお店しか知らなかったんだけど、変わらず私のお気に入り。
今度のお店は、どんな感じかなあ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-02-19 12:27 | Trackback | Comments(4)

前への歩みは着実に (後)

「世界を変えるのに、魔法の力など必要ありません。
必要な力は、みんなに既に備わっています」
   ----- J・K・ローリング
       (イギリス人、作家、1965年7月31日生まれ)


大好きなマンガ、羽海野チカさんの「3月のライオン」
将棋マンガなのですけど、こちらに出てくる料理やお菓子がもーーーー、美味しそうで美味しそうで(×10)、裏グルメマンガとしても多くのファンを獲得されています。


グレーテルのかまど:羽海野チカのラムネ

で、この前たまたま、こんなのを見つけてしまいました。
第5巻に、主人公が部活でラムネを作るシーンがあるのですけど、
そのラムネを実現、ぷらす、アレンジバージョンを放映されていたんですね。びば、NHK。

作ってみたい!! と吼えたのはいいものの、材料はどこでどうしたら。
ブドウ糖とクエン酸が必要なんですが、偉大なるぐーぐるさんにお尋ねしたところ、
ブドウ糖はドラッグストアやオンラインで買えるみたいだし、クエン酸は普通に売ってるっぽい。

夏の自由課題が一つできそうです。(きらーん☆)

* * * * *

【ベーカリー】

IMG_0704

初訪問に引き続き、2回目はまた別なお友達と、2週間以上経った後。
そろそろ店員さんも慣れたかな、という希望を持ちながら。

今度はどんなパンにしようかな、と思っていた私に、数人から推されたのが、ハード系のパンとキューブのパン。
よし、今度はそれだ、と決めて行ってみた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-07-31 11:43 | Trackback | Comments(4)

醸して成した旨味をば (後)

「人間はときどき、努めて頭を空っぽにしなければだめだ」
   ----- 五島慶太
       (日本人、実業家、1882年4月18日生まれ)


八神純子 東北支援チャリティーコンサート
  ・6月30日(土) 午後6時~
  ・協賛金を、SVJEN(日本人起業会)を通じて、大槌町に寄付


米国在住の歌手の八神純子さんが、震災後に行っていらっしゃる、被災地支援コンサート。
本当に嬉しいことに、こちらベイエリアにもいらしてくださることになりました。
実行委員会のSVJENの皆様にも、厚く御礼申し上げます。

コンサート自体は無料ですが、Web上での事前登録と、会場での寄付をお願いされるそうです。
詳細は、上記リンクをご覧下さいませ。

彼女の「みずいろの雨」を始めて聞いた時の衝撃は、まだうっすらと覚えている気まで。
ニューミュージックが流行っていた中、彼女のハイトーンボイスと抜群の歌唱力は、また際立っていましたねえ。
80年代・90年代の邦楽好きなお嬢が、いつの間にやら「みずいろの雨」をダウンロードしていて、嬉しくなった母ちゃんです。

今までベイエリアで行われたチャリティーイベントについては、以下にて。

東日本大震災の為のチャリティー@ベイエリア


震災チャリティー関連で、もう一つ。
1年間続けられた、「1クリックで1円寄付」という、ユニリーバさんのクリック募金が、3月31日をもって終了されました。
今までのご支援、心からありがたく、感謝しております。毎日のクリックが、秘かな楽しみでございました。

寂しいなあ、と思いきや今度は、あのイタリア車のFIAT(フィアット)が始めてくれていたのですね。
その前からの老舗(?)、ユナイテッドピープルさんのクリック募金も健在です。
こんな私でも続けていける場を与えてくださって、嬉しい限りでございます。

東日本大震災 復興支援クリック募金

ユナイテッドピープル基金 協賛企業の東日本大震災 緊急支援クリック募金

* * * * *

【料理】

IMG_8214

叡伝(Aedan) さんオーガック白米生糀
おかず系に大活躍だけど、できたらスイーツにも使いたい。

砂糖を使わないお菓子こそ、マクロビスイーツの本領発揮。
まずは、自家製甘酒作りから、だよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-04-18 11:13 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(18)

互いに出す手と、受け取る手

「雄弁は銀なり。沈黙は金なり」
    ----- トーマス・カーライル
        (イギリス人、思想家、1795年12月4日生まれ)

読書ブログ更新 : 「シブミ」(上・下)

あまりにあまりのお久しぶりっこ更新に、すでに書き方さえも忘れてしまったです……

タイトルの「シブミ」は、文字通り、日本語の「渋み」を指しています。
主人公に対し、育ての父である日本人将校が、”渋み”とは、”渋み”を備えた人間とは、ということについて、語るシーンがあるのですね。
以下、アレンジした抜粋を。

「シブミという言葉は、ごくありふれた外見の裏にひそむ、きわめて洗練されたものを示している。この上なく的確であるが故に目立つ必要がなく、激しく心に迫るが故に美しくある必要はなく、あくまで真実であるが故に現実のものである必要がないことなのだ。
シブミは、知識というよりはむしろ理解をさす。雄弁なる沈黙。人の態度の場合には、はにかみを伴わない慎み深さ。(中略)そして、人の性格の場合には……なんといったらいいか? 支配力を伴わない権威、とでもいうのかな? なにかそのようなものだ」
「人はどのようにしてそのシブミを達成するのですか?」
「達成するものではない……発見するのだ。それに、発見しうるのはごく少数の最高度に純化された人々だけだ。
知識を通り抜けて単純素朴な境地に到達しなければならない、ということなのだ」

日本人でありながら、”渋み”にここまでの意味を考えたことはありませなんだ。
脳裏に浮かぶのは、高倉健さんです。って、全て台無し発言。

* * * * *

【イベント】

IMG_5564

感謝祭の時にいただいた、ゆみたちさんの美味しいワイン。
どこで購入させてもらったかというと、実は楽しいプライベートマーケットにて、なのだ。

マクロビオティッククラブ主宰のゆかさんが、またまた素敵な企画を立ててくださって。
「おすそわけ」をコンセプトに、自分が作ったものを他の方にお分けして、そして自分もいただくという、機会と場所の提供を。
だから最初は、品物を”購入する”のではなく、自分が出すものとの”物々交換”を行う予定であったのだ。

以下、ゆかさんのお言葉から引用。
「内山節さんの著作に、農村の習慣である贈答とお返しは、各自の畑によって作物が違うのだが、多く獲れた作物を『おすそ分け』していくうちに、集落内の各家庭に全種類の作物が平等に行き渡るようになる、うまい仕組みだと書いてありました。
いわば物々交換ですから、貯金は増えません。でも、生活は豊かになります。食材の種類が増えるし、その野菜の向こうには作った人の顔が見えます。食卓の上に並ぶおかずから、共同体に所属している安心感を得られます」

日常で、自分が手作りしているものを持ち寄って。
皆さんの素敵な品々、ぜひ欲しい。だったら、自分も何か出さなくちゃ。
そう思って、うんうん悩んで、ささやかなものを出すことにしたんだが。
他にもそう思われたメンバーも多かったようで、商品を出さない人でも購入できる、という形に変更に。
但し、あくまでメンバー限定のプライベートセール、そして基本は、事前予約のあった注文のみ、ということでね。

商品提供メンバーは、私も含めて8人。
マーケット開催日の数日前に、ゆかさんがニュースレターを通じて、クラブメンバー全員に、注文予約の呼びかけを。
集まった注文分+αを用意して、開催場所のゆかさん宅に集合したのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-12-04 12:58 | Trackback | Comments(12)

昔ながらの涼をとり

「視野を広げ同胞意識を持って全世界を受け入れ、他人の困難を感じ取ることの出来る大きな心をもってほしい」
   ----- アウン・サン・スー・チー
       (ビルマ人、政治家、1945年6月19日生まれ)


末永く遺児支援、安藤忠雄氏ら「桃・柿育英会」 

震災後、毎月定期的に寄付をしているのですが、今のところ先月はあちら、今月はこちらと、寄付先を変えております。
将来的には、毎月決まった日に引き落とし、という形が望ましいと思いつつ、まだ一つに絞るには材料が足りないかな、と。
今は復興資金への寄付に傾きながらも、いずれは震災遺児支援に絞りたい、と思っているのでございます。

そうしたら日本の母から、↑の育英会のことを聞きました。
10年という息の長い期間での支援が、心に響く活動です。
人材が足りない中での発足で、現在はなかなか大変そうではありますが、どうか軌道に乗って進んでいかれますように。

* * * * *

【買い物】

     IMG_3365

さて、今年の夏の冷菓子は。
しろくまくんのかき氷に加えて、とうとう買ったよ、アイスクリームメーカーを。

去年からずっと欲しい、欲しいと思いながらも、季節用品だし場所とるし、と抑えてきたのだけど。
おやつがロースイーツメインになる夏は、より滑らかに、短時間に出来上がるのが嬉しいし。
市販の乳製品のアイスは、重くてあまり食べられないし、ヴィーガンアイスも甘すぎるものが多いしなあ。

添加物や甘さ加減のことを考えると、ええい、いっそ作っちまえ、と思うのが自分@B型。
ちょうど割引クーポンがある時に、小さめサイズを買ってしまったんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-06-19 14:19 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(12)

互いの熱で溶け合えば

「私にとって最高の防御手段は、何かに憧れることである。憧れる限り、人は固まらない。憧れることは前進することに通じる」
   ----- ゲイル・ゴドウィン
        (アメリカ人、作家、1937年6月18日生まれ)


父の日ですねー。
お嬢の父は、出張中ですねー。(メールぐらい出してやれ)

こういう時、ご夫婦やご家族のうち、たとえば奥様だけがベジでいらっしゃると、外食でお祝いディナーをしようにも、全員そろって満足できるお店選びが、ちと難しい。
だって普通のレストランでは、奥様はサラダしか食べられないかもしれないし、ベジレストランでは、旦那様が物足りないかもしれないし。

しばらく前の情報になるのですが、そういった、「ベジ&ノンベジのご夫婦やご友人同士での外食の際に、お勧めなレストラン@ベイエリア」
レギュラー食(R)とヴィーガン食(V)、それぞれでこんなものが食べられるという例付きで紹介されていたのは、以下のようなお店でございました。

1.  Gather (カリフォルニア)(Berkeley)
    R:Prather Ranchの肉を使ったバーガーやBBQチキン
    V:ヴィーガンピザやアントレなど、ベジ対応可の品も

2. Out the Door Bush (ベトナミーズ)(SF)
    R:Clay-pot Chicken、Stir-fried Squid
    V:Braised tofu Roll、Yuba&Vegetable Noodle

3. Ruchi (南インド)(SF)
    R:Chicken Chettinad、Tamarind-soured Nellore Fish Curry
    V:Dosa、Vada、Uttapamaは全てヴィーガン
      揚げ物にもギーを使わない

4. Burmese Kitchen (ビルマ)(SF)
    R:Pork Curry、Beef with Lomongrass
    V:Ginger Salad、Split-pea Tofu、Sauteed Bamboo Shoots

5.  その他
    Minako Organic JapaneseSpices Ⅱなど

    
ヴィーガンではなく、ベジタリアン(卵・乳製品可)であれば、以下のSFのお店も。    

Flour and Water (イタリアン)
Barbacco (インド)
Alaturca (トルコ)
Frances (カリフォルニア)
Kokkari (ギリシャ)

ベイエリアのベジィな皆様、どうぞ楽しいおそとごはんを、ぼなぺてぃ。
そして私のお友達、上記のお店のいずれかに、よかったらお付き合いくださいまし。(旦那じゃないのか)

* * * * *

【お菓子】

IMG_3457 

いちご酵素ジュースの日記を書いた時。
「真夏になったら、カキ氷にこのジュースをかけて食べるんだー」
という野望を吐露してしまったのは。
愛しのみかさんから、しろくまくん@かき氷器を譲っていただくことが決まっていたから、なんだな。

そして来てくれたよ、しろくまくん。白いボディが愛らしい。(なでなで)
ようやく夏らしい暑さになってきたので、早速がりがりやってみた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-06-18 02:48 | Trackback | Comments(6)

潜んだ力を引き出して (後)

「映画ってのは絵巻物だ。俯瞰で全体を展望し、いらないものは全部雲や屋根で隠してしまう」
   ----- 溝口健二
        (日本人、映画監督、1898年5月16日生まれ)


至高の名キャッチコピー集(メンズスパイダー・ホストナックル編)

思いっきり笑えるものに飢えていた私に、MIHOさんが教えてくれたサイトです。
さあっ、貴女もご一緒に!

(注意:食事中、特に飲み物を飲みながらの閲覧はご遠慮ください)

* * * * *

【料理】

     IMG_3157

前回からの続きです)

さて、1週間が経過した、いちごの酵素ジュース
ちょうど暑くなった時期だったので、元気にぶくぶく発砲中。

ふっ、いよいよ濾す時が来たようだね……俺の手に全てを委ねてみろよ。(↑ホストもーど)(長い前髪が欲しいです)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-05-16 12:36 | Trackback | Comments(12)

それは取捨選択とは呼べなくて

「僕は最後まで手を尽くした」
   ----- アーネスト・シートン
       (イギリス人、動物学者・作家、1860年8月14日生まれ)

* * * * *

【買い物】

     IMG_0370

ジューサーといえば、にんじんジュース。(思い込み)
うちが買うのは、ファーマーズマーケットで売ってる、葉付きにんじんの束。1束で4~5本かな。

これでどのぐらい搾れるか、カスはどれぐらい出るのかな。
ジューサーに入れやすいよう、細めに切ったにんじん、4本分。日本のにんじんだと、2本分ぐらいの見当か。
ウィーンウィーンと回るジューサーに、次から次へと入れてくよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-08-14 09:17 | Trackback | Comments(10)