貴重な時間

お嬢は今週、Camp Kinetic なるサマーキャンプに参加。科学で遊ぼうみたいなやつだね。
いやこの際、内容はどうでもいい。重要なのは、2時半までいってくれるということなんである。
長い長い夏休みの中で、幾つかサマーキャンプに行くのだが、これがその中では最後の午後までのキャンプ。
ということは、私が一人である程度まとまった時間がとれるのが、この夏では今週が最後ということだ。
お弁当を作らなくてはならないが、そのぐらいは歯を食いしばって我慢する。
行ってこーい! 楽しんでおいでー!

友達とランチの約束があるので、それまで掃除洗濯と思っていたら、もう時間じゃないか。
なぜこんなにも何もできなかったのか……!<それはネットで遊んでたから
細かい用事を済ませてから、友達と合流。和食レストランで、お互いの近況をのんびり話す。

店を出た後で、そのまま我が家でお茶をと思い、近くのベーカリーにケーキを買いに行ったら、月曜休みだった。ここまでくると、もはや呪いとしか言いようが。
別の店で適当に買って、我が家でお嬢の迎えぎりぎりまでしゃべり倒す。
せっかくの時間、もっと有意義にと言われてしまうかもしれないが、それは全く本当なんだが、外に強制的に出かける用事がない限り、完全引きこもりと化す私には、他人様と触れ合う時間というのは大きな意味があったりするのです。

お嬢はご機嫌で帰宅。
インストラクターが大学生(多分)のお兄さん達ばかりで、おふざけいっぱいで楽しいらしい。
今日は風船のホバークラフトを作ったり、各自で工夫して卵の入れ物を作って、実際に卵を入れて屋根から落としてみたり、何やかやと盛り沢山。
明日も楽しみだねー。
[PR]
# by senrufan | 2004-07-19 14:07 | Trackback | Comments(0)

目の保養

隣の市で開かれたConnoisseurs' Marketplaceに行く。
これは何というかアートフェスティバルで、色んなアーティストやアートが趣味の人が、自作品を売るスペースをもらって屋台を出し、訪れる人が見て買うというもの。まあ言わば同人誌即売会のような(激違)
食べ物の屋台も勿論あり、バンド演奏もあり、子供用にフェイスペインティングやサンドアートなどのコーナーもあり、なかなか楽しいんだこれが。
ガラス工芸や絵画、焼き物が特に多くて、他には皮細工やニット、彫刻、写真などなど、数限りなく。
手作りソープがとてもいい香り。風に揺れるウィンドベルは美しい眺め。オーガニックコットンの子供服がかわいい。
そんな中、立体フレームの中に、紙や色とりどりの糸で作ったオブジェを入れてある作品の屋台に一目ぼれ。くー、欲しい!欲しいよう!
でも、一番安い物でも$300近くて、泣く泣くあきらめ……(涙)
そんなこんなをのぞいては楽しみつつ、収穫はアクセサリーの店で選んだブレスレット。シンプルだし、お嬢、一緒に使おう。

曽我さん一家帰国。ジェンキンスさんが入院できたことは喜ばしい。
けど、えーとあのー、北朝鮮を離れる時、タバコを吸ってらっしゃったと友人から聞いたんですが……ダイジョウブナンデスカ。
[PR]
# by senrufan | 2004-07-18 14:07 | Trackback | Comments(0)

ガーデン

カレッジの教授の夢を見る。もしかしてお互いの間に愛があったのだろうか。

大家の手配によりガーデナーが来て、前庭にいろんな植物を植えてランドスケーピング。土曜なのに、朝からご苦労様ですー。(寝ぼけ眼)
元々、家と前庭の芝生の間に花壇のスペースがあったのだが、朝のほんの一時しか日が当たらず、地面もガチガチに固まっていたので、手を出さずにいた場所なのだ。
と言うより、なぜか私の手にかかると、どんな植物でも枯れるので(前科数え切れず)、手を出せなかったというべきか。金にならない特技の持ち主。
ガッツガッツとツルハシをふるって、見事に数種類の植物を植えてくれたお兄さん達、ご苦労様です、ありがとう! ラベンダーとアガパンサスがあるのが嬉しいね。
小さな苗を植えたので、いい眺めになるまでにはまだ数年かかるだろうけど、それまで元気で育ってねー。その頃までいられないだろうことが残念だ。

夕方涼しくなってから、時々散歩をしているのだが、なぜか今日はいきなり車でビーチに連れて行かれた。
海に叫びたいような何かがあったんですか。>旦那
さすがに夕方は風が冷たくて鳥肌モノだったんだけど、お嬢一人大はしゃぎで海でバチャバチャやってたよ。

井形慶子著「お金とモノから解放されるイギリスの知恵」を読む。母の置き土産。
この方のイギリスについての本は以前にも1冊読んだのだが、とにかくイギリスべたほめで、その代わりに日本を手ひどく批判する形をとっていらっしゃるのだな。
イギリスの素晴らしい点は勿論わかるし感銘も受けるのだけど、だからといって自国を頭ごなしにけなすだけというのはどうもいただけない。
[PR]
# by senrufan | 2004-07-17 14:06 | Trackback | Comments(0)

無職の一日と

カタクチイワシは、片口イワシと書くんですね。知りませんでした……

友達から電話。話す。話した。話しまくった。
気がついたら2時間半が経過していた。
お嬢、今日の分の宿題はすんだかい? えー、全然進んでないじゃん! 何やってたの、この2時間半!
頭と首と腰にスカーフをリボン結びしている場合ではないだろう。

余ったチェリーを使って、ココアチェリーマフィンを焼く。
スイミングの帰りに、自分の子供と一緒にお嬢を迎えに行って、うちまで送り届けてくれる友達へのささやかなお礼。
いつもありがとう! 本当に助かってるよー!

フリーウェイ沿いに面白い看板が出ている。

 {first 10-digit prime found in consecutive digits of e}.com

何じゃこりゃと思ったら、Googleの求人広告だそう。
カッコの中の問題の答えが求人サイトの入り口になっていて、そこにアクセスするとまた問題があって、それに正解して初めて履歴書を送るベージに辿り着くとのこと。
おそらく、あまりに多い履歴書をふるい分ける為なのだろうけど、これは勿論計算して解けばいいのだが、計算できなくても検索すれば答えが出てくるらしい。
Googleは数学能力を求めているのか、検索サイトだけあって検索能力を試しているのか。
とりあえず、職を得る為には、動体視力が必要なこともあるらしい。
[PR]
# by senrufan | 2004-07-16 14:05 | Trackback | Comments(0)

頭ガイタイ

新しいろう粘土を補充してのお嬢の最新作が完成。私の友達に頼まれたピングーの粘土細工。
キャンディの空き箱を使ったもので、南極の氷の上に、雪遊びしているピングー・ピンガ・ロビ(体長1㎝)がいるんだよ。
かーわいーい! ねーねーほんとにあげちゃうの? うちに置いとこうよー。
大丈夫だよ、もう彼女も忘れてるよ!(暴言)

あ、無視してラッピング始めやがった。ちっ。せめて写真を撮らせたまえ。
b0059565_15381574.jpg


久々に紀伊国屋を襲撃。引っ越してから遠くなったので、たまーにしか行かない。
日本円になおすと倍額近いので、買い物というより新刊既刊情報を求めて行くことが多いが、オアシスには変わりない。

家に戻ってきてしばらくしたら、お嬢が慌てて、「ママ、大変だ!」と走ってくる。
彼女は今日はワンピースを着ていたのだが、なんとその下にもう1枚ワンピースを着ていたらしい。
結果として、上に着ていたワンピースの袖口が破れてしまっていた。お嬢はえーと胸板が厚いので、ただでさえきつかった袖口が耐え切れなかった模様。

 「スーパーは寒いかもと思ったの」
 「すっかり忘れてて、気づかなかったの」

この子が私の子になったという天の配剤の妙に思いを馳せる私には、彼女の言い訳はぼんやりとしか届かない。

養老孟司+森毅対論集「寄り道して考える」を読む。
異色と評される研究者のお二人が、日本人の考え方・行動、お金と宗教などについて論を交わしたもの。
養老先生はオウム事件の頃、脳の専門家として例のヘッドギアの効果について聞かれた時、「ものさしで頭を叩くのと同じでしょ」とおっしゃったその瞬間から、気になって仕方がないお方である。

お二人は全共闘を体験された世代でいらっしゃるのですね。
全共闘の時、生徒側代表が教授連に向かって、「お前達は専門バカにすぎない!」と叫んだら、教授が「お前達はただのバカだ」と返されたというエピソードをどこかで目にしたことがある。
この情報の真偽をとても知りたい。どなたか目撃者の方はいらっしゃいませんか。
[PR]
# by senrufan | 2004-07-15 14:05 | Trackback | Comments(0)