最後のあがき

いよいよ明日早朝に旅立つわけだが。
午後になってからようやく荷物をつめ始めるのって、旅慣れたと呼んでいいんだろうかね。

お嬢が朝起きるなり、何年ぶりかにアクシデントがあったことが発覚。
シーツ2枚とベッドパットをひっぺ返して洗濯して乾燥機にかける。
お嬢のベッドはロフトベッドなので、ベッドメイキングがややこしいんだ。
くそう、この忙しい時に。

午後になって、キッチンの窓辺にアリが大量に入り込んでいるのを発見。
掃除機で吸い込みまくり、殺虫剤をまきまくり。
あーっ、この忙しい時に!

ほら、きっと神様も行かない方がいいっておっしゃってるんだよ。
と、往生際の悪いことをつぶやいてみる。

今日の夕方、飼っている鳥を友達に預けに行くので、お嬢は朝から鳥かごを庭で洗ったよ。
どこかに出かけるのもいいけど、ペットがいるとどうにも自由がきかないね。
それでもやっぱりどうしても手放したくはないけれども。
そしていつも友人に預けた後は泣きそうなお嬢。

朝に超弱い我が家で、はたして朝4時半起きが成功するのであろうか。
起きられたら、しばらく日記は止まります。
起きられなかったら旅行キャンセルで、明日の日記を書くことでしょう。
ということで、行ってきます。
[PR]
# by senrufan | 2004-07-30 14:19 | Trackback | Comments(0)

糧にするために

掃除と洗濯と買い物と友人にちょこっと会うのとお嬢の送り迎えと料理と。ああ日常。

お嬢は本が大好きだ。いやむしろ活字中毒。
例えお菓子の箱だろうと目を通さずにいられない体質。
……英語だけだがな。

そんなお嬢のために、日々本探しをする私。(誇大広告率80%)
自分が小さい頃好きだった本で海外オリジナルのものの原題を調べて、こっちの本屋や図書館のサイトでチェックするのだが。

なんで見つける本、片っ端から絶版なんだかね!!(怒)

特に海外翻訳物に顕著。ケストナーとかプロイスラーとかリンドグレーンとか。
ドリトル先生シリーズまで、2冊以外は絶版。許せない。
聞いたところでは、日本ほど翻訳物が充実している国はないんだそうな。

だったらお嬢に日本語で読ませればいいのだけれど。せっかくネイティブ感覚で読める分、できるだけ原語で読んでほしくて。
あと、本との出合いのタイミングって絶対あると思うのだ。その年齢の時に読んだからこそ心に残るものってあるはずなんだ。
ずっと前に出版社の子供用書籍の広告で、「早く読まないと大人になっちゃう!」というのがあったが、これぞ真髄と思ったよ。
そのタイミングを逃さないよう、自分の子供の頃の出会いを思い出しつつ、原書を探す。
あああ子供の本、沢山日本に置いてきちゃったんだよー。
こんなに長くなると思わなかったから、すごい誤算だったよー。

そんなメモを片手に、今日の夕方はお嬢と図書館&本屋ツアー。
クリアリーの「ヘンリー君とアバラー」シリーズ見っけ! さあ読め! これはお薦め!
[PR]
# by senrufan | 2004-07-29 14:17 | Trackback | Comments(0)

秘めたこだわり

朝、流しの前に立ったら、直径4cmぐらいのクモがいた。
朝グモは殺したくないのにーと嘆きつつ、水で流す。哀れでまだディスポーザーは回せていない。

お嬢は今週、墨絵と木版画をやっているのだが、この墨がくせもの。服についた墨が、シミ抜き剤を使ってもとれない。
まとめて漂白するかと思っていたら、お嬢が先生に聞いたところ、ご飯をシミの上につけて数回練りこむと落ちるそうだ。
ネットで調べたら、ほんとにそういう方法がのってたよ。生活の知恵。

フリッツ・ライバー著の「妻という名の魔女たち」を読む。
大学時代、ある創作サークルの人がこの本をマンガ化したのを読んで惚れ込み、そのままそこの購読会員となって連載を楽しんだという、私にとってはとても思い出深い作品。
その人はトーンを使わず、黒と白だけで繊細な且つ力強い独特の癖のある線で描いていて、魔術を中心とした作品世界に見事にあっていた。
どうしても原作が読んでみたかったのだがすでに絶版で、随分と古本屋巡りをした覚えが。
それがこの度、創元文庫から復刊される知らせを耳にした時は、冗談でなく万歳三唱。
ああ、ようやくようやく出会えたのね……(頬擦り)

あの時は手に入らなかったことが悔しかったが、読んでみて、実は今読んだ方が正解だったかもと思う。
ある大学の教授婦人達が夫を守る為に魔術を駆使して火花を散らすのだが、内容の複雑さに加え、背景が背景だけに、曲がりなりにも結婚生活を営んでいることが助けになった気がしないでもない。
あのマンガを読んだのは随分と昔なのに、本を読みながらいろんなシーンが次々浮かんできて、そこまで自分の中に残っていたのかと、改めて描き手さんの力量に感服。
北海道のサークルで、佐々木倫子・もんでんあきこ・杜真琴も所属していたハイレベルなところだったと記憶している。

毎月「ぱふ」のインフォメを見て、いろんな同人誌を通販していたなあ。
あの頃はヤ○イの世界は遠い彼方で、ボーイズラブなんて聞いたこともなかったなあ。
あの頃から変わらないものは、自分のお金を本につぎこむ悪癖と自制心の無さ。

この本の中では、女性はみな自分だけの魔術を持っていて実行していることになってます。
それは例え母娘でもやり方を口外しない、自分だけのおまじない。
猛毒のテングダケや墓場の土の代わりに、憧れの人の第2ボタンや水色のインクで書いた彼の名前。
[PR]
# by senrufan | 2004-07-29 14:16 | Trackback | Comments(0)

恐れていたもの

「一人っ子らしくないね」を、褒め言葉として言って下さる方は、自ら一人っ子にステレオタイプ偏見ありと告白されているようなものだと思うのは、いくらなんでもゆがんだ見方だろうか。

朝から友人宅へ。
彼女は、私の数ヶ月後に渡米してきて、それ以来ずっと仲良くしてきたのだけど、とうとう帰国命令が出てしまったのだ。
秒読みではあったから、覚悟はしていたものの、決まるとショックはどうしても大きくて。
おまけに帰る先は静岡なので、日本に行ったところで、そう簡単には会えないし。
寂しいよう、つらいよう。
ぎりぎりまで一緒に遊ぼうね~。

随分久方ぶりに会った知り合い。
前は会った時は、あなたはまだアメリカに来て1年たってなくて、25歳という若さがまぶしかったね。
3年ぶりに会った彼女は、双子の女の子のお母さんになってました。
二卵性でちょーーーかわいいのー!!
生まれた体重も700gも差があったそうで、顔も別なら性格も別で、遊んでてすんごく楽しかったvv
[PR]
# by senrufan | 2004-07-27 14:15 | Trackback | Comments(0)

タイミングこそ

民主党大会初日の今日、ジョン・ケリーからの手紙が届いた。
なんのこたーない、民主党への寄付金依頼。

今週のお嬢の予定。
9時半~12時はChinese Brush Painting Camp、家に帰って昼食を食べて、1時~3時半がRelief Printmaking。
これに更に、5時~6時半にスイミングが入る。
こんな細切れじゃ、掃除もまとめてできやしないと愚痴ってみる。
どうせしないくせにという心の声にはふたをする。

岩波少年文庫の「北欧神話」を読む。お嬢にではなく、あくまで私が読みたくて購入したもの。
オーディンとかアースガルドとか神々の黄昏とか、言葉だけは昔から聞いていたものの、実は中身を知らないままきてしまったので、いつか読んでみたいと思っていたのだ。
以前に子供の本専門店に問い合わせた時は、そういう本は出ていないと言われたのだが、2001年になって新版として復刊されたらしい。
感想は、つくづく幼い頃に読むべきだったということ。
子供の頃、神話・民話は大好きで、今でも覚えているものは多々あるのに、今回読んだら全然頭に入っていかないの。
上すべりして逃げていくのを、はっと気を取り直してつかまえていくことの繰り返し。
神話や民話は、その世界の一部である年頃の子供にとって何よりのものとは思っていたけれど。

れんこんの天ぷらに、塩とカレー粉をふってみる。うまうま。
[PR]
# by senrufan | 2004-07-26 14:15 | Trackback | Comments(0)