材料あっての味わいと

「浅薄で見識のせまい人びと、迷信ぶかくかっとなりがちな人びとは、
すべてに結論をだしたがるものです」
   ----- ギュスターヴ・フローベール
       (フランス人、作家、1821年12月12生まれ)


     IMG_5924

Chemexを使ってるお友達、多いです。
スタイリッシュでかっこ良く、コーヒー道に足を踏み入れたくなりますよね。

で、先日William Sonomaに寄った時、こんなChemex用のマシンを見たですよ。
へ? なんでマシンがいるん? 手でお湯を注げばいいだけっしょ?

後日調べてみたところ、適温のお湯を作る+お湯を注ぐ+保温のマシンみたい。
で、これだけで$350。
お、おう……、と言うしかありません。

まあ、朝の忙しい時に、ゆっくりヤカンで輪を描くように注ぐ、なんてやってられん、でも美味しいコーヒーがいい、という方には、ありがたいマシンだと思うです。
あと、5~8カップ対応なので、大勢の人に淹れたい時にも良さそうですね。


OTTOMATIC

* * * * *

【ベーカリー】

IMG_5984

いつもの通り、色々日記がたまっているのだけど、ちょっとバター繋がりで2件、書いてみるー。

数年前に一度、クロワッサン探索のその時の結果を書いたことがあるんだが。
あの時にしみじみわかったのは、私が求めているのは、フランスのバターを使ったクロワッサンらしい、ということで。
あれから6年ぐらい経ってしまって、一位に挙げたお店はオーナーも代わってしまったし、今なら全然違うラインナップになるんだな。

通な方なら焼き方とかクラムとか、そういうところに注目されるのだろうけれど、私はひたすら、あのバターとイーストが合わさった香りと風味がするかどうか。
で、先日ようやく巡り会った好みのクロワッサンのお店に、今度はランチで行ってみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2016-12-12 10:11 | Trackback | Comments(0)

手放す辛さと引き換えに

「皆自分が暗黙に前提としている場合分けを絶対的なものだと思ってしまって、
自分が見ているものが『単なる場合分けの一つである』ことに
気づかぬままに議論が続くことが多い」
   ----- 細谷功 著
    「問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力」より


すぐに拾えばOK?「5秒ルール」の真実

日本の3秒は、こちらでは5秒。
俗説か迷信か都市伝説か、はたまた真実か。
2005年に読んだ記事について、日記に書きましたが、2016年の今でも、結論は変わってない模様。

実はトイレの便座より、PCのキーボードのほうが汚い、というのも、良く聞く話。
年末の大掃除は、部屋よりキーボードを徹底掃除しようか、と考えているところです。(でもきっとやらない)

えっ?こんなに汚いの!? オフィスでできるキーボードの掃除方法

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_5810

人間、暮らしていると、どうしても溜まっていくのが、”不要品”。
いやもう、こっちの勝手で買っておいて、要らないと思っちゃうなんて、ほんとにごめんね、としか言いようがないんだが。

手元に置いておいても使ってあげられないものならば、いっそ手放して、どこか別の、欲しがってくれる人とのご縁を探したい。
そんな気持ちの行き先が、ガレージセールであったり、フリーマーケットであったりするわけです。

こんなことを考えた仲間達7人が集まって、De Anza Collegeで月1回行われるFlea Marketに、初めて出店してみたですよー。

続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2016-12-06 12:51 | Trackback | Comments(0)

オーナメントな私達、囀る光のDecember

     30574052903_2a47e37ac9_o

                       (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「人は自分にとって不都合な結果が起きると、『○○のせいだ』と原因を外に転嫁して、
自分が納得しやすい理由をつくろうとします。
自分の仕事の仕方のどこに問題があるか、問い直そうとはしないのです」
   ----- 鈴木 敏文
       (日本人、経営者、1932年12月1生まれ)
[PR]
# by senrufan | 2016-12-01 10:01 | Trackback

爪先立ちで覗いたら

「”力への愛”に、”愛の力”が勝利した時、世界は平和を知る」
   ----- ジミ・ヘンドリックス
       (アメリカ人、ミュージシャン、1942年11月27生まれ)


     IMG_6034

皆様、思い思いの感謝祭を過ごされたことと思います。
我が家はまたまた、お料理上手&もてなし上手の友人宅に招んでいただき、
今年も感謝度MAXの一日を過ごしてまいりました。
才色兼備なお嬢様とも知り合えて、本当に素敵な一日でございましたですよ。


     IMG_6052

更にほかの宴会があったり、お仕事があったり、宴会があったりして、
そんなこんなで、すっかり日記をサボってました。
こんなに長くサボったのは、久しぶりですわ……悪くない、うん、全然悪くない。

* * * * *

【レストラン】

DSC_1542

サボってた後に、ずっと記録をサボってた日記を書く試み。
9月下旬にお嬢が里帰りした際、Sarahさんご夫妻と訪れた、オシャレなレストランの記録です。

9月頭に22歳になったお嬢、そのお祝いも兼ねて、美味しいお店に行きたい、ってなって。
この前のCentral Kitchenがすごく良かったので、そっちにしようか迷ったのだけど、もう一軒、友人に勧められたお店にしてみたよ。
お料理上手な彼女が、このお店のメニューは真似できない、と絶賛してたので、一度試してみたかったの。

続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2016-11-27 12:22 | Trackback | Comments(0)

名が通るのには訳がある

「ある選択をするということは、その選択によって生まれるはずのマイナスをすべて背負うぞということ」
   ----- 井上ひさし
       (日本人、放送作家・劇作家、1934年11月16生まれ)


     IMG_5741

茶色いね……という見かけの2品。
大きなコンテナの方がするめ麹で、小さな方がいか人参でございます。

tamachanカフェにおじゃました時、tamachanが冷蔵庫から取り出して、Yokoさんと私に味見させてくれたのが、するめ麹でして。
何この美味しいもの、お酒がむちゃくちゃ欲しくなるううぅぅ
な味に、一口惚れ。

早速レシピを教えてもらい、Yokoさんは韓国系スーパーでスルメをゲット、すぐに仕込まれたのに対して私は、買いに行かなきゃ行かなきゃ、と日々は過ぎてゆき、
結局、日本に一時帰国するtamachanに買ってきてもらったです。
ったく迷惑だよ! tamachanに!

ありがたく受け取ってから、早速仕込み。
食べられるまで、時々混ぜながら、8ヶ月寝かせておかなければならないというガマンの日々でございます。
しかし、混ぜた後のスプーンでほんのわずか味見するのが、また至福の瞬間なのでございますよ。(いやしんぼ)


余ってるスルメをどうしようかな、と思っていたところに、ふとネット記事で目に飛び込んできたのが、いか人参というお惣菜。
福島の郷土料理となっていて、福島出身の旦那に聞いてみましたら、え、そんなのあったかな、という答え。
ええい、もどかしい、と作って出してみたら、おー、これか、思い出した、ってなって、まったくもう。

両方共、スルメ・醤油・みりん・酒が共通してて、この組み合わせで美味しくないわけがない。
まだ残ってるスルメで、また作るですよ、いか人参。

* * * * *

【ベーカリー】

     IMG_4253

なんと、6月の記録を今頃に。
や、すごく良いベーカリーだと思って、また近いうちに再訪しようと思って、それから日記を書こうと思っていたら、結局なかなか再訪できないまま月日は過ぎていったもんで、ええと、ええと、ごにょごにょごにょ。
サンフランシスコではかなり有名で、Ferry Buildingにも出店があるので、すでにご存知の方も多いと思われるベーカリー。

いつもの遠足仲間は、クロワッサンに関心が高くてね。(え)
それぞれに求めるものを探して、たとえばあのベーカリーにも行ったりね。
で、こちらのベーカリーのクロワッサンも評判が高かったので、皆で計画して行ってみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2016-11-16 14:42 | Trackback | Comments(0)