<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

僕にもできる光合成

「相手を尊重することも大切です。
率直にものを言うここと傍若無人に振る舞うことは違います」
   ----- 堤清二
       (日本人、経営者・作家、1927年3月30生まれ)


IMG_7366

生きてます。大丈夫です、生きてます。
って、なんてデジャヴなご挨拶。
ひえええ、3月が終わるじゃーん!!!(真っ青)

30日に帰宅いたしました。
日本との往復生活も、これにて終了、というと、母のことを思って胸が痛くなりますが。
帰る間際に、母にLINEを教えてきて、帰るなりメッセージと電話でやりとりしましたよ。
できる限り、こまめに連絡をとっていかないと、一日中、誰とも話さない日が続きそうな母なので。

今日は、こちらの桜の写真を送ったです。
日本にいる間、一応桜の開花宣言は聞いたのですが、天気が悪い日が多く、河津桜などは見られても、ソメイヨシノは見られないままだったんですよね。

ところが帰ってみたら、近所にあるじゃないですか。
すっかり忘れてましたよ、この桜の木の存在を。(だってババア)
すでに葉桜になってましたが、ぱしゃっ、と撮って、母に送りましたです。


今回の滞在では、お嬢の卒業&引越しを中心に、数人の友人達とも会ってきたですよ。
12月から行ったり来たりしていたものの、ずっと実家におりましたので、誰とも会ってなかったんですよね。
今回は許してもらえるかな、と。
や、母に言えば、絶対行きなさい!と言ってくれるのはわかっていたんですが、なんとなく自分の気持ちがね。

で、こちらに帰ってきたので、またこちらの友人達にも会いたいのですが、もしかしてしばらくやめた方が良いかも、なの?(誰に聞いてる)
つーのは、日本で友人達と撮った写真全て、自分の姿に愕然としたもんで。

そらもう、思いっきり老けました
どっからどう見ても、老けました

この年で体重が減るって、ストレスがかかるって、そら恐ろしい老け効果でありますな……(言葉もない)


カリフォルニアに帰ってきて、何より嬉しかったのが、暖かい陽射しと青い空でございます。
しばしまったりと日向ぼっこを楽しみつつ、ゆっくりと元に戻れるといいなあ、と思ってます。
……でも、シワと白髪は戻らない予感が大ですな。(あああああ)


IMG_7384
[PR]
by senrufan | 2017-03-30 14:30 | Trackback | Comments(0)

貴女に捧げる花束を

「泣きな。いくらでも、気のすむまで泣いたらいいんだよ」
   ----- 渥美清
       (日本人、俳優、1928年3月10生まれ)

* * * * *

【個人的事情】

14215348703_7e74637b2b_o

悲劇とは、畳み掛けてくるものなのかもしれません。
おうちカフェの美味しいお料理で、ずっと皆を楽しませてくれてきたtamachanが、
3月7日、次の世界に旅立っていってしまいました。

最初に知ったのは、友人からのメッセージで。
ちょうど別な友人と一緒にいた時で、え、なんのこと? 何を言ってるの? と、
数瞬は信じられなかった、その知らせ。
段々と頭に、その言葉が形になってきた時、一緒にいた彼女が、落ち着いて、落ち着いて、
と何回も呼びかけてくれたのを、うっすらと覚えてます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-03-10 14:00 | Trackback | Comments(2)