「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

開いた心が受けるもの

「開かれた生き方をしている人は媒体となり発信器となる。
そして川のように、人生を充分に生き、
命の流れとともに流れ、海として再び生きるために死ぬ」
   ----- ヘンリー・ミラー
       (アメリカ人、作家、1893年12月26生まれ)


     IMG_1884

今年も、レストランで、お友達のおうちで、そして「みぎや」こと拙宅で、いろんな方々とご飯をご一緒させていただきました。
その楽しい楽しい思い出も、クリスマス後に遠方より来てくれた友人一家を囲んでの宴会で、今年は最後となりました。
本当に各方面には、感謝の言葉しかありませぬ。

改めて振り返れば、以前はもっとポトラックや家飲みに対して、肩肘を張っていたなあ、と思います。
料理下手のもてなし下手ゆえ、集まるのは大好きでも、スマートとは程遠い要領の悪さ。

それが、なんとかなるさー、でやれるようになったのは、正に周囲の友人達のおかげ以外のナニモノでも。
いつも甘えさせてくれて、数多のドジを許してくれて(希望)、伝えたい御礼は無限回。

貯まっていくばかりの人徳貯金、来年は少しでもお返しを。
って、毎年言ってる、返す返す詐欺。

* * * * *

【個人的事情】

IMG_1769

去年の日記の最後は、楽しい楽しいクリスマス女子会の記録で締めたのだったね。
ほんとに楽しかったので、再び蕎麦花さん・Sちゃん・むらさきちゃん・サンドラさんと、
今年もやろうね! うん、やろうやろう!ってなって、
日程はいつにしよっか、
場所は、え、Sちゃん、また提供してくれるの? わーん感謝!
プレゼントはどうする? 持ってくるお料理、自己申告してー、
というにぎやかなメールのやりとりが、前日夜まで続いたの。

だけどね。

なんとサンドラさんが体調を崩されて、参加叶わず……
もう、泣いた。マジで泣いた。
でも、無理に出席されて、更に悪化したらいかんので。
この時点で、全員内心で、「仕切り直しの為に新年会開催」を心に期したとかしないとか。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-12-26 16:27 | Trackback | Comments(0)

求める光の在り場所は (16)

「クリスマスの意味は、プレゼントを開くこと以上に、心を開くことにある」
   ----- ジャニス・メディテリー


フィンエアーとサンタの秘密



そうだったんだ!というサンタの秘密。
Finnair(フィンランド航空)とサンタクロースの素晴らしいチームワークについては、以下のページにて。
しーっ、内緒ですよ。

Working for Santa


IT世代の子供達が考えるサンタクロースって、
ちょー高性能のスマホを持ってて、煙突からじゃなくテレポートで家の中に入ってくるとか、
そうきたか!と、こちらが子供のように目をきらきらさせながら聞きたくなる想像がいっぱいで。

昔々からの伝統も、時代に合わせて姿を変えていくからこそ、現在でも”伝統”であるわけで。
むしろ、以前なら魔法としか説明できなかったことが、飛行機が飛んでインターネットで世界が繋がった現代だからこそ、現実味を帯びて信じられるようになってきたこともあるかもしれないですよね。

そんな風に姿を変えながら、ずっと子供達のそばに、”サンタクロースのような存在”がいてくれればいいなあ、と思います。
サンタを信じて、サンタの真実を知って、いつしかサンタを演じるようになった、大人の一人からの願いです。


Duracell Star Wars Commercial: Battle for Christmas Morning



* * * * *

【旅行】

8. ワジェンキ公園

IMG_8748

ワルシャワ市民の憩いの場、ワジェンキ公園
総面積はおよそ76万㎡という広大さで、ヨーロッパで最も美しい公園の一つと言われている場所です。

こちらを訪れた理由は、一つは勿論公園を見たいこと、公園内にあるワジェンキ宮殿を見たいこと。
そして、ショパンにこだわる旦那のお目当てが、もう一つあったのでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-12-22 11:54 | Trackback | Comments(0)

くぐる暖簾を掲げたら (17)

「人生でいちばん大事なことは、愛をどうやって外に出すか、
どうやって中に受け入れるか、その方法を学ぶことだよ」
   ----- モリー・シュワルツ
       (アメリカ人、社会学者、1916年12月20生まれ)


        IMG_1880

日本滞在中、実家の最寄りデパートで、ちょうど「ムーミン展」が行われたんですよ。
ベイエリアでは非常に知名度が低いムーミンですが、日本ではずっとずっと、人気者。

母と出かけて、お互い色々買ったうち、私が自分用に買ったのが↑。
シリコンのマグカップカバーです。
トップについているのは、もちろんスナフキン。
私の友人で、スナフキンが初恋だという人が2人いるですよ。(うふふ)

一日に、ハーブティーだけでも1リットルは飲むワタクシ、
寒くなってきて、ますますマグカップは手放せませぬ。
カップカバーは正直、ちょっと邪魔かも、と思う時もあるのですが(おい)、
お茶を注いで、しばらく口をつけない時には、冷めるのを遅くしてくれたり、埃除けになってくれたりして。

お嬢が数年前にクリスマスプレゼントでくれたムーミンシリーズのマグカップとペアで使ったりしております。
ほっこり・まったりー。

* * * * *

【料理】

IMG_1717

うわーん、もう年内、日記を書く時間があまりに足りないよーっ!
せ、せめて、旅行記録はともかく、忘年会とクリスマス会の記録ぐらいは、年内じゃないとマズすぎるーーー(焦)

つーことで、前回が初めてにして、「みぞおち会」と名付けられた女子会の記録から。
再び旦那が出張の時を狙って、「みぞおち忘年会」の開催となりました。

前回メンバーのKさんがいらっしゃらないのが寂しいけれど、ほかのメンバーは無事集合。
皆さんの美味しいお料理&ワインをいただいて、ほっくほくの「みぎや」です。ホステスの自覚ゼロ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-12-20 09:07 | Trackback | Comments(0)

求める光の在り場所は (15)

「墓の下にいても、あなた達の役に立てる。
これほど嬉しいことがあるだろうか」
   ----- ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン
       (ドイツ人、作曲家、1770年12月17生まれ)


gdbv

Google Doodleのベートーヴェンのパズル、ご覧になりました?
またGoogleさんがやってくれた!というぐらいに、個人的に気に入りましたです。

交響曲5番「運命」、「エリーゼのために」、「月光」、そして第九。
バラバラになった楽譜を正しく並べれば、次の曲に進めて、最後はベートーヴェンがコンサートホールに行ける仕組みになってます。

面白おかしく彼の道中を描いてますが、実際の彼の生涯も、こんなに障害だらけだったんだろうなあ……
生きておられれば、今年で245歳。
はい、貴方の残された音楽は、数多の人々の喜びの糧となってくれています。

パズルは↓からどうぞです。

Celebrating Ludwig van Beethoven's 245th Year

* * * * *

【旅行】

6. ワルシャワ蜂起博物館 (HP

IMG_8549

第二次世界大戦の最中、1944年8月1日。
ナチスドイツ占領下にあったポーランドで、首都のワルシャワの市民が、ドイツ軍に対して一斉に反旗を掲げた日です。
歴史上の名称はPowstanie Warszawskie、英語ではWarsaw Uprising、日本語ではワルシャワ蜂起と呼ばれます。

数々の歴史上の事件に翻弄されてきたポーランドにおいても、相当に特別な出来事であるワルシャワ蜂起。
様々な史料や写真、動画、遺品などを集めて、2004年に公開されたのがこちら、ワルシャワ蜂起博物館でございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-12-17 10:17 | Trackback | Comments(0)

確かめるのは自分の手

「自分の力以上に自分を見せてはならない」
   ----- 梁瀬長太郎
       (日本人、経営者、1879年12月15生まれ)


     IMG_1678

日本滞在中、福岡に行った理由は、お嬢が太宰府天満宮に行ってみたい、と言い出したからでございます。
神頼みですか、とにっこり笑ってOKしてあげました。

って、私も行ったことがなかったので、大いに楽しみましたですよ。
焼き立て梅が枝餅、最高です。日記には書けたら書きます。


     IMG_1654

で、太宰府に続く表参道を歩いていた時に、おおっ、これはあの!となったのが、
スターバックスの太宰府天満宮表参道店。
前に何かの記事で紹介されていたので、お店の外観は覚えていたんですよ。
あと、隈研吾氏のデザインというのがね。

ちょっとだけ中に入ってみたかったのですけど、観光客の方(私もだ)が入れ替わり立ち替わり、
入店or写真撮影に勤しんでいらっしゃって、こら無理だわー、と早々にあきらめましたです。
あと、正直言うと、ネット記事の写真がとても素敵なので、そっちを見ていれば満足かも、とも思いまして。
あ、すっぱい葡萄じゃないですよー、ほんとですよー。


スターバックス 太宰府天満宮表参道店

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_1181

11月度のハーブクラスの記録だよー。
今回も、あれこれ盛り沢山。

Yさんが最初に美しくセッティングされたのは、このクラスで使うハーブ類。
この日だけで8種類とは、いつもながら贅沢な時間です。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-12-15 13:19 | Trackback | Comments(0)

求める光の在り場所は (14)

「愛国心は、国境を背にして初めて芽ぐんでくる。
ことに異国にあって祖国の不幸を見やるときに」
   ----- ハインリッヒ・ハイネ
       (ドイツ人、詩人、1797年12月13生まれ)


     IMG_1692

もう一軒、東京エリアで、どうしても行っておきたかったレストラン。
吉祥寺にある、マクロビ食堂のヒトトです。

大好きなこちらのお店、なんとも悲しいことに、2月初旬に閉店されるご予定です……
お店が入ってるビルが取り壊されてしまうのだそうで。
オーナーの奥津さんのメッセージを拝読して、涙が溢れてしまいました。

なので、今回の日本行きで友人と会う時、おねだりして付き合ってもらいました。
変わらず、優しい、優しい味でした。

「住みたい街NO.1」に連続して選ばれる吉祥寺は、確かにとても良い街で、今回も友人達に案内してもらって、すごく楽しかったのですけれど。
ヒトトがなくなることで、私があの街に向かう動機は低くなるんだろうなあ、と思います。

料理だけでなく、その空間からも、与えられるものがあったお店でございました。
本当にありがとうございました。


ヒトト

* * * * *

【旅行】

5. クラクフ旧市街~中央市場広場

IMG_8472

さて、このクラクフという市ですが、実はポーランドの旧首都。
11世紀から17世紀の間、ワルシャワに遷都されるまでの、なんと約600年もの間、ポーランドの首都として栄えていたのです。

ヴァヴェル城を出て、しばらく行くと、城壁に囲まれたような旧市街エリアに辿り着きました。
戦火を免れ、今でも中世の町並みがそのまま残されている街です。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-12-13 10:18 | Trackback | Comments(0)

求める光の在り場所は (13)

「どんな鳥も想像力より高く飛べる鳥はいない。
人間に与えられた能力のなかで、一番素晴らしいものは想像力である」
   ----- 寺山修司
       (日本人、劇作家・歌人、1935年12月10生まれ)


     IMG_1372

今回の日本滞在はあまりに時間がなくて、ベジレストラン探索もほとんどできず。
というより、そのわずかな機会を、お気に入りのお店訪問に当てたんですね。

お嬢のリクエストにより行ったのは、新宿のチャヤマクロビレストラン
いつもながら、ハズレなしの美味しさと豪華さのメニューを堪能いたしました。

家では絶対作れない(私がな)、ハレの日のご飯。
だからこそ、外で味わう価値があるというわけでございます。
競争の激しい新宿で、何年も続いてくれているということは、そう考える人が私だけじゃない、と思えて嬉しいです。
次の来日の時も訪問できますように。


チャヤマクロビ 伊勢丹新宿店

* * * * *

【旅行】

4. ヴァヴェル城

IMG_8446

驚嘆の連続だったヴィエリチカ岩塩採掘坑ツアーを終えた後。
ガイドのCさんが次に案内してくれたのは、中世のお城です。

ヴィスワ川沿いにある、ヴァヴェルの丘。
そこに建っているのが、11~16世紀まで、ポーランド王国の歴代の王の居住地であった、ヴァヴェル城でございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-12-10 03:02 | Trackback | Comments(0)

手を取り合った、その先に

「人間の文化は遊びにおいて、遊びとして、成立し、発展した」
   ----- ヨハン・ホイジンガ
       (オランダ人、歴史学者、1872年12月7生まれ)


今回の日本行きは、ANAのサンノゼ-成田便。
その間、ANAとスターウォーズのコラボ便のはずだよ、と聞いていたので、すんごくわくわくして搭乗したんですよ。

え、機体、普通なんですけど。
え、中も普通なんですけど。

帰りこそ!と思ったら、帰りも同様で、両方とも機内MOVIEにエピソード5・6があっただけ。何回も観たから、もういいよ。
後ろの座席にヨーダが座ってる、とか色々聞いて、むっちゃくちゃ期待していただけに、ちょーーがっかりです……
あとでチェックしたら、決まった日だけだったのね……(ぐしっ)


‘Star Wars: The Force Awakens’ Fans Are Already Lining Up

なんで今頃スターウォーズ、って、それはエピソード7の公開が間近だから、というのは言うまでもありません。
その前に、今までのエピソード1~6までを駆け足で復習できるのが、以下のTweetです。ありがたやー。

だいたいあってるスターウォーズエピソード1・2のあらすじ

だいたいあってるスターウォーズエピソード3・4のあらすじ

だいたいあってるスターウォーズエピソード5・6のあらすじ

こんな記事もありましたぞ。

3分でわかるスター・ウォーズ過去6作の物語

* * * * *

【イベント】

IMG_0992

Simón Bolívar Symphony Orchestra of Venezuela(SBSOV)。
日本語訳名はシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラになっていて、
え、ユース? ってことは若者のオケ? と思ってしまうのですが、メンバーは25歳以上が条件とか。

最初にこちらのオーケストラについて聞いたのは、日本のTV番組だったかと。TVを全然見ない私にしては珍しい。
オーケストラというか、ベネズエラが行っている音楽教育プログラム、エル・システマ(El Sistema)についての特集だったんですよ。

詳しくはWikiさんの説明を読んでいただくとして、なんとかまとめると、ええと、
家庭が貧しい・素行が悪い等の問題がある子供達に楽器を与え、放課後に音楽教育を行うという独自の教育システムです。

このエル・システマ下で腕を磨いた青少年達から成る様々なオーケストラ。
更にそこから選抜された、25歳以上のメンバーで結成されているのが、こちらのシモン・ボリバル・シンフォニーなんですね。

SBSOVと並んで有名なのは、やはりエル・システマ出身の指揮者、Gustavo Dudamel氏
'99年からSBSOVの音楽監督を勤め、世界各国の有名オーケストラと協演を果たし、今では世界トップレベルの指揮者のお一人。
今年の「世界で最も影響力のあった人物」で、スペイン語圏での13位に選ばれていらっしゃいます。

このデュダメル氏が指揮するSBSOVが、カリフォルニアはバークレーにてコンサートを開催されたので、嬉々として行ってきたのでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-12-07 11:15 | Trackback | Comments(2)

求める光の在り場所は (12)

「詭弁はよしたまえ。
つまらんパラドックスは自分で自分を不幸にするようなものだ」
   ----- 永井荷風
       (日本人、作家、1879年12月3生まれ)


     IMG_1361

日本滞在時の小ネタも、ちょこちょこ記録していかねば。
まあ、食とか食とか食になると思いますが。

お嬢との再会は、私が着いた翌日、東京駅にて。
彼女が前から行きたいと思っていたお店が、東京駅地下にあって、それがたまたま私も気になっていたお店だったのですよ。

相思相愛で意気揚々と向かったのは、「東京ラーメンストリート」
8軒のラーメン屋さんが並び立つ一角で、その中にベジラーメンを提供しているお店があるんですね。

全て植物性の原材料で作られた、その名もベジソバは、麺が2種類。
パプリカを練り込んだ、うどん用の中力粉使用のもちもち麺と、玄米粉で作ったグルテンフリー麺を、それぞれ1つずつお願いしてみたですよ。


     IMG_1363

いただいたベジラーメン、かなり美味しかったです。
正直、あちらのラーメンのように、いわゆる「ラーメン」ではないので、誰にでもお勧めできるわけではないのですが(失礼)、その辺りを了解していただける方には良いでのは。

野菜がたっぷりで、人参グラッセのピュレを混ぜ込んだスープは、コクと甘味が良く。
あと、トッピングの押し麦バジル和えと赤い柚子胡椒がすごく良くて、ですね。
麺も、両方とも良かったですが、個人的には玄米麺に軍配です。

しかし、こうやって外食のベジラーメンをいただいてみると、改めてSさんの「おうちラーメン」のすごさがわかるなあ。
あのラーメンだれは、一般のラーメン好きな方にも十分お勧めできますからね。(握り拳)
野菜ベースで、となった時、大変不遜な言い方で申し訳ないのですが、ちゃんと旨味を引き出せてないお店も多いように感じるのですよ。

菜食がそれほど珍しくなくなってきている今、どんな味が開発されていくのか、ひたすら楽しみでございます。


ソラノイロ

* * * * *

【旅行】

3. ヴィエリチカ岩石採掘坑 (HP

IMG_8542

ポーランドはワルシャワに3泊滞在したのですけど、中1日を使って、クラクフというところに日帰り旅行してまいりました。
チェコの時と同じ日本の旅行会社にお願いして、一日ガイドさんに案内していただくツアーです。


IMG_8229

ワルシャワから特急電車に乗って、片道約3時間の旅。
憧れのコンパートメントの座席、でしたが、6人がけだったので、ほかのお客さんの手前、なるべくお行儀良くしたですよ。(小学生の遠足)

クラクフ駅に着いたら、ポーランド人の英語ガイドのCさんが出迎えてくれまして。
彼が運転する車でまず向かったのは、世界遺産に登録されている、ヨーロッパ最古の岩塩採掘坑、ヴィエリチカでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-12-03 11:45 | Trackback | Comments(0)

眩しい光に囲まれて、笑顔が行き交うDecember

     IMG_1712

                       (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「死ぬのは怖くない。
ただ事が起こる時、そこに居合わせるのがイヤなんだ」
   ----- ウッディ・アレン
       (アメリカ人、俳優・脚本家・映画監督、1935年12月1生まれ)
[PR]
by senrufan | 2015-12-01 13:25 | Trackback