<   2015年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

考慮できうる範囲内

「自分を元気づける一番良い方法は、誰か他の人を元気づけてあげることだ」
   ----- マーク・トウェイン
       (アメリカ人、作家、1835年11月30生まれ)


日記上の日付は、まだ11月ですから。(見開いた目で)

Thanksgiving前後のセール期間。
すでにBlack Fridayとかじゃなくなった昨今ですが、皆様も色々お買い物されましたでしょうか。

我が家は今年、とうとう旦那の車を買い換えました。
旦那の車が1999年、私の車が2002年。
二台とも、いまだにカセットテープがかけられる車といえば、どれだけ古いかわかっていただけるかと。

で、どの車を買うかに当たって、夫婦間でそれなりに攻防があったわけですが、
結論から言えば、私の全ての希望が無視されて、日産の車になりました。
これに関しては恨みとか怒りとか罵りとか言いたいことは山ほどあるので、この場では割愛です。

日産のお店の方と書類仕事をしている時に、どの言語がいいですか?とリストを見せられたんですよ。
が、ずらりといろんな国の言葉があったのに、日本語はなかったんですね。
日本のメーカーなのに、なんで日本語がないんですか?と聞いてみたのですが、
お店のおじさまも、さあ、と肩をすくめて、僕は英語とスペイン語ができるけどね、と言いました。それはご立派。

お店から出る時に、旦那のMP3プレーヤー@SONY製を繋いだら、日本語の曲になると、ディスプレイの曲名表示が文字化けして読めないし。
そういえば、このMP3プレーヤーも、SONY製にも関わらず、表示言語の選択肢に日本語がなかったんでした。

それが悪いとかじゃなくて、本当に素朴な疑問として、その理由を知りたいなあ。
テクニカルな話として、日本語表記が難しい?
いやいや、中国語も韓国語も表示されてるし、日本製は日本語だし。
JAPANバッシングの時代があったから、日本メーカーということを感じさせない工夫とか?

どなたかご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ教えてくださいませぷりーず。

* * * * *

【アクティビティ】

     IMG_1104

夏の間はお休みだったハーブクラスが、待望の再開。
これこれ、このクラスがないとねえ。(しみじみ)

ハロウィン時期に行われたのは、ヒバクリームブレンドエッセンスの作り方のクラス。
以前にヒノキのクリームを作ったことがあるのだけど、肌に合わない方もいらっしゃって。
ヒバの方がより穏やかではないかと、Yさんがわざわざ青森産のヒバオイルを取り寄せてくださったのだね。(感激)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-11-30 13:02 | Trackback | Comments(0)

自分の歩みは変わらずに

「世界は言葉で認識されている」
   ----- フェルディナン・ソシュール
       (スイス人、言語学者、1857年11月26生まれ)


     Untitled

無事にベイエリアに戻りました。
東京エリアがえっらく暑くて、10月並みの気温という時期に行ってしまったので、
向こうでは持っていった服が暑くて汗ばむし、戻ってきたら寒くて震えるし。
でも、雨が降って良かったですねえ、ベイエリア。もっとだ、もっと来いやあぁぁ!


     Untitled

時差ボケを取る気もなく、怠けクラゲと化していた私と旦那を、今年も優しい友人夫妻が、感謝祭ディナーに招待してくれまして。(感涙)
絶品料理の数々と楽しいおしゃべりを堪能させていただきましたです。
毎年のことながら、感謝・感謝の感謝祭。
人って、幸せ過ぎても涙が出るんですね……(ぽえまー)

しかし、そのご恩を仇で返すようなことをやっちまったのが、ワタクシです。
テーブル上の豪華料理に歓声を上げて、カメラを取り出し、パシャッと1枚撮ったところ、
画面に出てきた、「SDカードがありません」の文字。
泣く泣く、せめてもとiPhoneで撮りました。

思い出したのは、2004年の感謝祭ディナー
11年前にも、全く同じことをやってるんでございます……
もう、成長してないとか学習しないとか、そういう問題じゃないと思うんだ。(ほんと、死ねばいい)

* * * * *

【旅行】

IMG_1446

しばらく日記をサボると、再開するのがほんとーーに大変です……
元々読み専なので、書く方はあっさり止めても構わない身。(芯からクズ)

日記はそれなりに溜めているので、過去記録から始めなきゃいかんのですが、
今回はグダグダを引きずってしまおう、そうしよう。
日本滞在の雑記でも、うだうだと。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-11-26 14:09 | Trackback | Comments(0)

いつものうちの行きつけの

「毎日数学をやれば、数学に強い脳になります。
心配ごとばかりしていれば、心配しやすい脳になります。
繰り返し集中を行なえば、集中しやすい脳になるというわけです」
   ----- ケリー・マクゴニガル 「スタンフォードの自分を変える教室」より


        IMG_1366

ちょっと日本に来ています。前回から一年半ぶり、かな。
あまり長くいないので、日本の友人達にもほとんど声をかけてなかったのですが、
それでも懐かしい再会があったり、娘との小旅行があったりして、なんやかやと出歩く毎日です。楽しいーー!

今回初挑戦してみたのは、免税ショッピング
ユニクロや無印良品、ヨドバシやビッグカメラなど、海外観光客のおかげで、あちこちサービスカウンターがあって、私にまで恩恵が。(感謝)
無印でトライしたところ、優しくて丁寧な店員さんに対応していただいて、ほっこり嬉しい体験となりました。

そんな感じで、毎日あれやこれやとありますので、しばらく日記も書けないのが、ちと悩み。
溜まりまくってる記録を、今年中にどれだけ書けるんだか、なー。なー……(めまい)(自業自得)

* * * * *

【レストラン】

     IMG_1093

そんな状態なので、手早く書けるレストラン記録をば。
写真を見ているだけでヨダレが出るので、ある意味ゴーモンな記録をば。(え)

Kさんとご一緒させていただいた台湾系のレストランが、身近な美味しさで良かったの。
いつも楽しいおしゃべりに夢中になっちゃうので、メニューの詳細がイマイチわからないのだけど(馬鹿)、覚えてる限りで頑張るよ。

こちらのお店がオープンしたのは何年も前なのだけど、オープンするなり、すんごい行列ができてて、人気のチェーン店か何かなのかなあ、と思ってた。
列を見ているだけで怖気づいてしまって、行かないままだったのだが、お友達から、あそこはなかなか美味しいよ、と教わって。
Yelpを見てみたら、ほお、悪くないレーティングではないですか。
Kさんとのデートの場所を相談している時、ふと思い出して、こちらで、とお願いしてみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-11-15 16:15 | Trackback | Comments(0)

身体の中の渓流を

「疲れた人は、しばし路傍の草に腰を下ろして、道行く人を眺めるがよい。
人は決してそう遠くへは行くまい」
   ----- イワン・ツルゲーネフ
       (ロシア人、作家、1818年11月9生まれ)


        IMG_1268

我が家の浄水器君が、新しくなりました。

こちらに来たばかりの時、一々飲料水を買うのはめんどくさいので、何か浄水器を買いたいね、となりまして。
日本人の方がビジネスで取り扱ってらっしゃったのが、ハーレーとシーガル。
そのどちらかにするか、それとも、もっと手軽で頻繁に換えるタイプの方がいいかな、としばし悩んだんですね。
今みたいに、簡単にネット検索ができない頃でしたからねー……(遠い目)

ところが、日本からの引越し荷物の中に、「暮らしの手帖」が数冊あったのですが、
その中の一冊が、ちょうど浄水器の比較テストをやった号でして。
見てみたら、ハーレーもシーガルも載っていて、性能的にはハーレーがベスト、しかし10万円以上というのは高すぎる、という結論になっていたんですね。

アメリカ製のハーレーですから、ありがたいことに、こちらではその1/3ほどの価格。
早速、その時販売されていたハーレーⅡを購入し、使い勝手も良く、以来10年以上愛用しておりましたです。

途中、7年目の時、中のカートリッジを交換していただいたのですが、
それから更に7年以上経ってしまったので、どうすべー、と思っていたところ、
タイミング良く(え)、蛇口のアダプターが破損いたしまして。
これは買い替え時であろ、と思い、今度はハーレーⅢを購入いたしましたです。


中身が見えない浄水器より、見えている方が安全なような気もしますし、
いっそ飲料水を定期購入する方がいいのかな、と時々心がぐらつくんですけどね。
そのたびに、「暮らしの手帖」が保障してくれたんだから、と思い直すんですよね。

母が愛読していたおかげで、子供の頃から親しんできた雑誌。
できるなら、ずっと購読していたかったなあ、なんて思ってしまったりするのです。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_0984

末尾で「また後日」と書きながら、3週間ほどあけるのが、私クオリティ。
はい、とあるマッサージというかエクササイズというか、のワークショップの参加記録です。

そのエクササイズの名は、天城流湯治法
杉本錬堂先生が考案された健康法で、腱や筋肉をほぐしたりゆるめたりすることで、
身体の様々な痛みを取り、元の状態に戻したり、体調を整えたりするものでございます。

最初にこの方法を教わったのは、愛しのEmikoちゃんから。
日本からサンフランシスコまで来てくださった錬堂先生のワークショップ、
参加してみたら、そのすごさは感動モノだった、とおっしゃるではないですか。
プラクティショナーとしての彼女を信頼しているワタクシは、その後で再びSFでのクラスのお知らせを拝見して、急いで申し込んだのでございます。

錬堂先生個別のクラスは、2日間。
1日目は「痩身と小顔療法」、2日目は「セルフケア 身体の痛みの取り方」&「免疫力アップのセルフケア法」という内容。
せっかくのチャンスなので、できたら2日目のセルフケアに、と思ったのですが、
何ヶ月も前にチケットを購入していたコンサートと日時が重なって、泣く泣く諦める羽目に。(くっそおおぉぉ)
それでも、1日目のセミナーに無事申し込めたのは、僥倖でありました。

以下、セミナーの時の写真を挟みつつ、ちょっとしたきっかけや感想などを記録してみるですよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-11-09 16:40 | Trackback | Comments(4)

求める光の在り場所は (11)

「私たちは朝夕鏡を見る。
鏡を見て自分を知ったつもりでいる。
だが私たちが本当に見なければならないのは、自分の後ろ姿なのである」
   ----- 佐藤愛子
       (日本人、作家、1923年11月5生まれ)


        IMG_1144

去年は行けなかった栗拾い、今年は行ってきましたよ。
詳しいお友達に連れて行ってもらったおかげで、大収穫。(ほくほく)

おじゃましたのはこちらの栗林なのですが、去年は水不足のせいか、実が大変小さく、収穫量も少なかった為、オープンしたと思ったら、1週間ほどでクローズとなってしまったんですね。
水不足は今年も変わらないので、どうかなあと思っていたのですが、
逆に今年は、毎年行ってる友人から、今までで一番実が大きい!というお墨付き。

アメリカやイタリアなどの木がメインなので、元々和栗ほどは大きくないものの、我が家的には十分、十分。
今年は、パウンド$6(現金)でありました。

斜面が急なので、滑りにくい靴必至の場所。
いやほんと、膝を傷めてる私は、降りるのが大変でもう。(情けなし)
身軽にひょいひょいと登って、大きい栗を見つけていく友人達がまぶしかったです。

平日はそれなりですが、週末はかなりの人が押し寄せるという栗林。
オープンして数週間になるのですが、今年はいつまで開いていてくれるかなあ。


Skyline Chestnuts
22322 Skyline Blvd, La Honda, California

* * * * *

【旅行】

2. ショパン関連

(1) ショパン博物館 (HP

IMG_8185

ポーランドっ子が誇る偉人といえば、Fryderyk Chopin
そう、あの有名な作曲家、フレデリック・ショパンでございます。

ワルシャワにはショパンの生家、ショパン一家が住んだ家や宮殿、心臓が収められた教会など、多数のゆかりの地があるのですね。
我々も数箇所周ったので、ごくごく簡単ですが記録をば。

この”ショパン詣で”に大変熱心だったのは、うちの旦那です。
クラシックコンサートに連れて行っても、隣で寝落ちするような彼がなぜ。
私はその理由を知ってます。マンガ「ピアノの森」の影響です。(断定)

ったく、と思いつつ、私もやっぱり嬉しかったですね。
昔ピアノを習っていた時にお世話になったショパンの曲、あれもこれもそれも好きですからねー。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-11-05 14:12 | Trackback | Comments(0)

冬の蓄え始めよう、食と癒しのNovember

     IMG_1173

                       (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「『ありがとう』の言える人間になりなさい。
『ごめんなさい』の言える人間になりなさい。
嘘をつくような人間にはならないこと」
   ----- いかりや長介
       (日本人、俳優、1931年11月1生まれ)
[PR]
by senrufan | 2015-11-01 13:04 | Trackback