<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

待望の、また待望の

「人間は、わかろうと背伸びをして、わからないことを咀嚼する中でしかものごとをわからないってところがあるのではないでしょうか。
そういう背伸びを拒絶するようになったら、人間はもうおしまいでしょう」
   ----- 橋本治
       (日本人、作家、1948年3月25日生まれ)


The 5 Most Inspiring Graduation Speeches Of The Decade

世界を変えた6人が有名大卒業式で語った「珠玉の言葉」たち 【前編】【後編】

先日、尊敬する先輩ママさんのご子息が、日本の大学を卒業されました。
幼い頃にこちらに来られ、ずっとアメリカの学校に通い、大学は日本を選んだ彼。
いよいよ日本へ引越し、という直前に起こったのが、東日本大震災。
ご本人は勿論のこと、ご両親はどれほど不安でお辛かったことか、どれだけ想像しても足りません。

その彼が、笑顔で卒業式に臨んでいる写真をFacebookで拝見して、思わず涙ぐんでしまったです。

お嬢より2年先輩で、お嬢が帰国子女受験をする際に、お母様には大変お世話になりました。
そして同じ大学に入学して以来、2年遅れで同じ道を、ずっと先輩親子の背中を見ながら歩いてきた母娘です。

心から、ご卒業おめでとうございます。
これから進まれる道もまた、光に満ちみちたものでありますよう。

* * * * *

【ベーカリー】

IMG_6287

明日からしばらく旅に出るので、今日が今月最後の日記ナリ。
なので、ちょっと駆け足的に、ベーカリー2軒の記録をば。
や、厳密に言うと、1.5軒かな?

最初の1軒は、待望の、というべき新規開店。
かのミシュラン星獲得レストランのManresaが、ファーマーズマーケットでパンを販売し始めて、その美味しさがたちまち評判となり、マーケットのたびに長蛇の列ができるようになって。
私も2~3回買って、手に持った時にずっしりと重いハードブレッドや、しっかりとした味わいのフォカッチャなど、その美味しさに至極満足してたのだ。

そのManresa Breadが、ベーカリーの店舗を開く予定というのは、随分前から聞いていたのだが、このたび、ようやくそれが実現したのだな。
マーケットで売ってるパンに加えて、デニッシュやクロワッサンなど、店舗でしか買えないパンもあるということで、パン名人・むらさきちゃんと一緒に行ってみたのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-03-25 14:22 | Trackback | Comments(2)

ぶれない背骨を作るもの

「拝む心を持つことに人間の真の幸福が宿ろう」
   ----- 柳宗悦
       (日本人、思想家、1889年3月21日生まれ)


101 Ways to Praise Your Child

     101ways

ネットで教わった、「101通りの子供への褒め言葉」一覧でございます。

日本と比べて、アメリカでは子供を褒めて伸ばすのが上手い、ということは、
ずっと前から言われていましたが。
そういう文化を持つということは、褒め言葉の量も多くなるということなんだなあ、
と、この表を見て、つくづく思いました。
日本語で褒めようとした時、私は101通りも浮かびませんですよ。

英語ボロボロな私ですが、それでも英語の方が、人や子供への褒め言葉が素直に出てくるんですね。
というか、英語だとそういう褒め言葉を、照れることなく言える、といった方が正しいかも。

それは、私の日本人気質もあるでしょうし、あまり褒められることがなかったので、どうしても馴染めないというのが大きいとはわかっていたのですが、
それは気質だけではなく、言葉の語彙の問題にも繋がることだったらしい、と今頃自覚しましたです。

褒め方にも色々ご意見があり、成果ではなくて過程に注目した言い方を、などなど聞きますが、
そういう理屈は次にして、まずはバリエーションを豊かにして、さらっと褒めてあげられたらいいですよねえ。


……と、生まれた頃は思っていたんですけどね……

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_5732

大好きなFumi先生のマクロビクラス。
お料理だけでない、陰陽五行をベースにしたレクチャーも魅力の単発クラスの今回のテーマは、「Protecting Your Bones」
骨粗鬆を予防する為に、なクラスだね。

完全菜食になる場合の不安は色々あって、中でも批判を受けがちなのが、たんぱく質とカルシウム。
特にカルシウムは、乳製品以外で効率良くカルシウムを摂るなんてできないだろ、的なね。

そういう、半ば感情的な話を繰り返しても、きりがなく。
頭が悪すぎて、理詰めで進めようにも、限界が。(殴)
ガチガチではないマクロビを教えてくださるFumi先生のレクチャーは、淡々と順繰りに、
こういう点を気をつけましょうね、と教えてくださるもので、それも心地が良いのだな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-03-21 12:43 | Trackback | Comments(4)

心身安定効果あり

「ええか。やっぱり最後は人間やで。人柄や。
どんな上手くなっても、どれだけ売れても、人間が大事やねん。
これは落語だけと違う。踊りやってる人も、音楽やってる人もみんな言うてる。
人間性やて。そやさかい人間を磨いていかなあかんのや」
   ----- 三代目 桂米朝
       (日本人、落語家、1925年11月6日-2015年3月19日)


     IMG_6417

遠方のお友達が、日本からの帰り道にサンフランシスコ空港を経由してくれたので、
乗り継ぎ時間を利用しての感動(当人視点)の再会となりました。

国際線出発ロビーにあるカフェテリアでのーんびりして、名残惜しくお別れした後は、
セキュリティーゲート前の展示スペースで行われていた、ハリウッドスターの宝石展を鑑賞です。


    sfo

マリリン・モンロー、エリザベス・テイラー、グレース・ケリー、マレーネ・ディートリッヒなど、ハリウッド黄金期を代表する、数々の名女優。
彼女達を更に美しく引き立てた名脇役の一つが、Eugene Joseff氏がデザインしたアクセサリーです。

映画でも舞台でもTvでも、その背後には、一体どれだけのすごい人達が関わっておられるのか。
考え始めると、また自分の無知さを思い知らされて、気が遠くなりそうになる……
ので、考えないようにしちゃうんですよねー。ダメダメじゃん。


Joseff of Hollywood: Jeweler to the Stars
Departures - Level 3 - Pre-Security
January 2015 - July 2015


* * * * *

【個人的事情】

IMG_6478

閑話休題的な話題をひとつ。
前に、自分で買ったドライハーブ云々、と書いたのに、書いてなかったんで。

Yさんのハーブクラス、月イチぐらいのペースで、順調に進んでる。
ためになる内容で、メンバーも良い方ばかりで、毎月の知的娯楽になってます。

クラスごとにYさんが選んでくださるハーブティーも、毎月楽しみで。
これは家でも習慣にしたいよね、というメンバーも多かったので、
先日Kumiちゃんが音頭をとってくれて、みんなでドライハーブを共同購入したんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-03-19 13:02 | Trackback | Comments(0)

彼女の家族に挨拶を

「教育とは相手との格闘だと思います」
   ----- 浅利慶太
       (日本人、演出家、1933年3月16日生まれ)


Thunderbirds Are Go | Official Trailer



Thunderbirds Are Go: New trailer for ITV reboot guaranteed to send you back to your childhoodborder="0"

「サンダーバード」が帰ってくるーー!!

幼い頃、大ファンだった兄に影響されて、私も素直にファンになり。
兄の持っていたおもちゃで、良く遊んだものでした。
いやあ、懐かしすぎて、心が震えます。

2015年4月(え、来月!?)から、英国の子供向けTVチャンネル・CITVにて放映されるそうです。
あの人形のカクカクした動きもたまらなかったシリーズですが、今度はオールCGでの製作なんですね。
アメリカでも放映してくれないものか、なあ。


振り返ると、兄から受けた影響って、決して小さくはないんですね。
アメコミやSF、海外ミステリーも、兄のおかげで好きになったようなものですしね。

高校生の頃は、ヤツに付き合わされて、プロレスも見てましたよ。
新日本全盛期、猪木&藤波の二大看板に、ブッチャーとかホーガンとかタイガー・ジェット・シンとか。
ヤツに言われて、通学の途中でプロレス新聞を買ってきたりもしたものです。
制服を着た女子高生が、駅のKIOSKでプロレス新聞を……(遠い目)

* * * * *

【レストラン】

IMG_4716

コーヒーショップで待ち合わせした後、あちこち行ってから、この日のメインの場所へとね。
SFで人気のギリシャ料理のレストラン、Kokkariだよ。

このエリアでギリシャ料理といえば、私はPalo AltoにあるEvviaがぱっと浮かぶのだけど、
なんと、こちらのお店とEvviaは、姉妹店だったということを知ったのだ。
元々、Kokkariのファンの別な友達が、EvviaのHPを見つけて、メニューを見てみたら、Kokkariとそっくりだと驚いて。
彼女と一緒にEvviaに行った時に、ウェイターさんに聞いてみたら、そうです、Evviaが一号店で、Kokkariが妹に当たるんですよ、と教えてくれたのね。

Evvia大好きな私が、Kokkariに興味を持たないわけがないのであって。
Sarahさんに聞いてみたら、すごく美味しくてお勧めのお店だとおっしゃるではないですか。

12月で一層混んでるだろうし、と予約を入れておき。
辿り着いたら、温かい迎えを受けて、予約席に案内してもらったよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-03-16 12:08 | Trackback | Comments(2)

人待ち顔にふさわしく

「洋の東西を問わず、歴史の風雪に耐えて、然も依然強い光彩と生命力を放つ少数の書籍を、
自分の実生活の伴侶として、よく読み、よく消化し、よく実践するという生き方をとらない限り、
われわれの精神の渇きはいやすべくもない」
   ----- 大平正芳
       (日本人、政治家・元総理大臣、1910年3月12日生まれ)


久々に、面白ツイートーーーー

【こんな名曲は嫌だ】曲名に一文字足すと事態がよくわからなくなる(14選)

私がオバマさんになっても/森高千里
勝手口にシンドバッド
世界に一つだらけの花
痛風になりたい
いいとしのエリー
部屋とワイシャツと私物
うどんなときも。
ソ連いけ、アンパンマン
ジョン・レノン『ダイマジン』
それが大惨事
サラ洗イ
なまけないで
そば屋にいるよ/青山テルマ
X JAPAN - 紅鮭

* * * * *

【レストラン】

     IMG_4620

昨年の12月(おい)、愛しのSarahさんと、サンフランシスコでデートしたんだよ。
コーヒーショップで待ち合わせして、ぶらぶらと辺りをお散歩して、美味しいランチを食べて、
それからまたまったり……という、振り返ってもカンッペキなデートコースだよね。だよね。
その中から、最初のコーヒーショップと、ランチしたレストランを、2軒続けて記録だよ。

小雨が降る肌寒い日、North Beachエリアにある、指定されたお店に出向いたら。
通りと通りの交差点、中洲になった先頭、みたいな三角形のお店が建っていた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-03-12 07:56 | Trackback | Comments(0)

未完成なやわらかさ

「Empowering Women, Empowering Humanity: Picture it!」
   ----- 2015年3月8日 国際婦人デー(International Women’s Day)のスローガン


HB

すみません、こんなところで言うのはアレなんですが、誕生日だったんですよ。

そしたら、その日のGoogleのロゴが、こんな風になっていて、びっくり仰天です。
えーっ、えーっ、こんなの、前からやってましたっけ?
思わず、記念にスクショを撮ってしまいましたです。

検索エンジンは断然Google、ブラウザはGoogle Chromeを愛用するという、
かなりぐーぐる寄りを自認するワタクシ。
きっと、ほとんどの個人情報を提供しちゃってると思うんですが、
それさえも悔いはない、どころか、もー、私の全てを持ってってーっ、となっちゃうぐらいに、
またまたぐーぐるさんに惚れました。
IT音痴って、これだから。

* * * * *

【読書】

IMG_6258

さて先日、暑っ苦しく語ってしまった、池谷裕二博士のご本
貸してくれたお友達に、これまた暑っ苦しくカンドーを伝えましたら、なんと更に3冊の本を貸してくれたんですよ。
もー、嬉しくて嬉しくて嬉しくて。(感謝の嵐)

貸してくれたのは、「海馬」「ゆらぐ脳」、そして「和解する脳」
本を渡してくれる時に彼女が、池谷さんの研究姿勢に変化があるので、発行年順に読んだ方がいいよ、とアドバイスしてくれたんですよ。
なので、↑の順に読んだのですが、これがほんとにアドバイス通り。
「海馬」では、海馬を専門として研究する研究者として、高度な内容を平易な言葉で糸井重里氏と読者に対して説明してくれるという、わかりやすい本だったのですが、
それが「ゆらぐ脳」では、インタビュー形式で、自分がそういう研究姿勢を根本から見直しつつある、模索している最中であることを語っておられるんですね。

「和解する脳」は、コメントでノンノンさんが薦めてくださった通り、本当に面白かったです。
これまた、各章ごとに全部感想を書いてしまいたいぐらい。できませんけど。(万年無能)

ですが、今回の日記では、「ゆらぐ脳」から学んだことに絡めて、うだうだと。
これまた、前々から悶々と思っていたことに加えて、タイムリーに考えさせられるニュースが入ってきたことに、博士が書かれたことが当てはまってるように思えましたので。
まーた長くて、まとまりもないので、以下はお進みにならないこと推奨です。

今回も、何にも画像がないのも寂しいので、12月のサンフランシスコの風景でも。
……天気が悪くて、更に寂しさ倍増の画像でありますが。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-03-08 15:05 | Trackback | Comments(2)

食が叶える範疇で

「麺は世界の食文化を映す鏡である」
   ----- 安藤百福
       (日本人(旧・台湾)、経営者・日清食品創業者、1910年3月5日生まれ)


安藤百福生誕 105周年

安藤百福生誕 105 周年

Google Doodle、いつも楽しませてもらってます。
3月5日は、チキンラーメン・カップヌードルを発明した安藤百福氏の生誕祝いでしたね。

「食創為世(しょくそういせい)の四文字が浮かんだ。これを社是とする。
生き物の根本である『食』の創造をし、もって世の為に尽くすのである」

「食のあり様が乱れた国は、必ず衰退する。
食足世平(しょくたりてよはたいら)が私の信念である」

インスタント食品に対する批判は、多数ありますが。
私自身も、食べ過ぎると口の中が腫れたりするので、なかなか気軽に食べることはできませんが。
それでもやっぱり、インスタントラーメンがもたらした恩恵、というものはあると思ってます。

いまや、アメリカにも広がり始めた、日本のラーメン。
元はといえば、カップヌードルやチキンラーメンが、アメリカで売れるようになってから。
Googleに触れる国々の人達が、安藤氏の誕生日を祝おう、というのは、いいですなあ。
ましてやGoogleさんは、職場にカップヌードルが常に支給されていることでしょうしね。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_4544

日本国外に移住された方が、恋しがるものは色々あるけれど。
食べ物だと、ラーメンはそのリストの相当上位に入るはず。
私の周りでも、日本に里帰りすると絶対ラーメンを食べてくる、という人が多数だったりね。

それが今では、あちこちに日本流のラーメン屋さんがオープンして、現地の人にも大人気のラーメン激戦区@ベイエリア。
まさかこんな時代が来るとはなあ、としみじみしちゃうオバンです。
皆さんが、あのお店の味は、こっちのラーメンは、と熱をこめて話しているのを聞くたびに、
ラーメンへの愛を感じて胸きゅんだ。(殴)(つか、すでに死語だし)

で、うちでも作ってみたりするんだが、当然のようにヴィーガンラーメンで。
幾つかレシピを試して、アレンジしたりしたんだけれど、元があのコクのある味わいなわけだからして、どうしても一抹の物足りなさがあるんだよね。

そんな時にいただいたお知らせが、Sさん主催の「おうちでラーメン屋さん」教室
Sさんが開発された秘伝のたれの作り方を習って、更には手打ち麺も教われると。
これは行かずばなるまい、と、ソッコーで申し込みさせていただいた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-03-05 12:57 | Trackback | Comments(6)

震災復興支援チャリティーセール、終了報告&御礼

「我々は自分の経験から、なにもしないことの誤りを知っている」
   ----- ミハイル・ゴルバチョフ
       (ロシア人、政治家、1931年3月2日生まれ)

* * * * *

【イベント】

IMG_6168

長くお知らせを続けさせていただいた、震災復興支援チャリティーセール
おかげさまをもちまして、無事に終了致しました。

Bay Area HEART、メンバーとしては4回目、単独開催としては3回目となるチャリティーセール。
つまり、この書き出しも、すでに4回目となるわけです。(どーでもいい)

開催場所も同様で、サンタクララバレー日系教会さんのソーシャルホールをお借りすること、3回目。
お互い、手順その他が慣れてきたというのはあるのですが、教会さん側の変わることのない温かいお気遣いやご協力には、いつも新鮮な感謝を覚えます。
この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-03-02 16:22 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(8)

願いを詰めた風の船、放つは薫る風のMarch

     IMG_6226

                        (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「成長を欲する者は、まず根を確かに下(おろ)さなくてはならない。
上にのびる事のみ欲するな。まず下に食い入ることに努めよ」
   ----- 和辻哲郎
       (日本人、哲学者、1889年3月1日生まれ)
[PR]
by senrufan | 2015-03-01 12:06 | Trackback