「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

絵筆が描く美味しさを

「言論の自由を呼号するのは、それを乱用しようとする人間のみである」
   ----- ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
       (ドイツ人、詩人、1949年8月28日生まれ)


ちょっと旅に出ておりました。

お嬢が帰省している間に、家族旅行に行きたいね、なんて旦那と話していたのですけど、
なんせ一番の目的であるBiometricの日程の連絡がない限り、予定の立てようがないわけで。
ようやく連絡が来たのが、お嬢が来る直前だったこともあって、もう旅行はないかなー、と思っていたのですよ。

ところが、そうは問屋=旦那が卸さない。
結局、飛行機などを予約して、その3日後に出発したという、準備?それナニ?みたいな旅となりました。(くらっ)
ちなみに行き先は、カナダのバンクーバー。が、まあ、なんというか、ごにょごにょごにょ

色々とトンデモな点がいっぱいでしたが、楽しい小旅行でございましたよ。
旅行記録はいずれ、ということで、とりあえずシアトルに降り立つ前に見た、夜のMt. Rainierの姿など。


IMG_1652

* * * * *

【個人的事情】

     IMG_0061

さてさて、5月のtamachanレストラン訪問記録なり。
この月は、豪華なバラの花束から始まった。
ちょうどtamachanがお誕生日で、贈られたバラの美しさに、私達まで幸せのおすそわけをいただいたの。
そんな日に働かせてしまって、私達ったら。と、反省は形だけ。

4月が和食だったので、5月は洋食で。
またまた色鮮やか&ちょー美味なメニューが並んだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-08-28 15:21 | Trackback | Comments(2)

貴方の手のひらで転がして

「すべての記録が同じ作り話を記すことになれば――その噓は歴史へと移行し、真実になってしまう」
   ----- ジョージ・オーウェル 「一九八四年」より


     IMG_1569

San JoseのMITSUWA店内にできた、伊藤園のお店。
抹茶のソフトクリームが食べられるということで、抹茶ラブなお嬢と一緒に行ったです。
って、彼女は日本で食べられるんですけどね。でも、おごってもらう機会を逃すわけないですよね。
またあんな抹茶ソフトが食べられるかな、とわくわくと。


     IMG_1570

抹茶ソフトほうじ茶ソフト、どちらも美味しゅうございました。
正直、私達が期待していたほど抹茶やほうじ茶の味がしなくて、そこはちと残念ではありましたが、
だいぶメジャーになってきたこちらの抹茶製品より、ずっとベターで嬉しくて。
ローカルなお客さんには、これ以上お茶の味がすると、受け入れにくくなっちゃうかもね、なんて話しながら、美味しくいただきましたです。

MITSUWAは久しぶりだったのですが、こちらの伊藤園だけでなく、LUPICIAなどのブースもできていて、いつの間にやら、お茶ブーム。
手軽に買えるようになって、ほんとにありがたいことでございます。


Matcha Love
Mitsuwa Marketplace
675 Saratoga Avenue
San Jose, CA 95129

* * * * *

【レストラン】

     IMG_0047

随分前にオープンしで、いろんなお友達が、とっくの昔に訪問済みのお店。
なのだけど、商品そのものについても、良くわかっていないまま、未訪状態で時は過ぎ。(ぷっ)
せいぜい、韓国系のお店だよ、ということしか知らなかったな。

ゆみたちさんから、こちらで会おうと言われて、初めて場所がわかったぐらい。
いつもご指南ありがとうございます。(ぺこり)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-08-21 12:41 | Trackback | Comments(6)

灯台の光は足元に

「希望を持つだけでは、何も変わりません。
希望は、行動と結びつかなければならないのです」
   ----- ロバート・レッドフォード
       (アメリカ人、俳優、1937年8月18日生まれ)


「『リア充爆発しろ』をフランス語でいうと
『リアジュボーン』っていうらしい」  ----- ‏@jinsei_daiji_


というツイートを拝見して思い出したのが、とある作家さんの日記で読んだこと。
うろ覚えなのですが、こんなこと。

職場の先輩に、「韓国語でサンドイッチって何て言うか知ってる?」と聞かれて、
「普通にサンドッチって言いますよ」と言ったら、
「ちゃうのよ、『パンハムハサムニダ』ってゆうのよ」
「わーっはっは!」
「ちなみにイタリア語でイカはね、『アシジュポーンヌ』」
「きゃーっはっは!」

* * * * *

【レストラン】

IMG_0006

大好きなKaoruさんと、久しぶりに会おう、ということになって。
開店した頃から、ずっとお気に入りのカフェがおありだそうで、そちらにご一緒させてもらったの。

そのカフェがあるのは、某市のダウンタウン。
今まで、良い街だけど、カフェはイマイチ、なんて考えていたのが、単なる勝手な思い込みだったと教わることになったのだ。
私が知らなかっただけなんだ……!(愕然)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-08-18 12:34 | Trackback | Comments(4)

料理という名の科学とは (後)

「対人関係のなかで傷つかないなど、基本的にありえません。
対人関係に踏み出せば大なり小なり傷つくものだし、
あなたも他の誰かを傷つけている」
   ----- 岸見一郎 「嫌われる勇気」より


愛しい水色インコが虹の橋を渡った日から、一年が経ちました。

しばらく泣き暮らした後、彼は私の中にずっといるんだな、
たとえ他の鳥が来たところで、それは変わることはないんだな、と実感した瞬間がありまして。
以来、日々が過ぎて、彼のことを笑って話せるようにはなってきたのですが。

たとえばソファに座っている時、ふと横を見ると、彼の姿が見えたり、
写真を整理していたら、急に彼の写真が出てきたり。
そんな不意打ちの瞬間には、まだまだ弱い涙腺です。


IMG_1519 IMG_1505

ですが、一周忌を前に、嬉しいことがあったのですよ。
命日の2日前に、お嬢が帰省したのと、友人からインコを3羽預かることになりまして。
お嬢と一緒に、水色のお墓(墓石なし)にお参りできましたし、
オカメインコと2羽のセキセイインコのおかげで、1年ぶりに鳥の声に満たされている我が家です。


ずっとずっと、変わることなく、水色と黄色が大好きで。
子供の頃に買っていたインコも、忘れることなく愛しくて。
ペットを飼うというのは、そういう存在が心の中に増えていくこと、でもあるのでしょう。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_9950

Ryoyaさんの連続セミナー、カレーに続いて参加したのは、大豆のワークショップだよ。
自家製豆乳、納豆、豆腐、豆乳ヨーグルトの作り方を教わるの。

実は上記4品、全て作ったことがあるといえばあるワタシ。
なのだけど、もっと良いコツや美味しくなるポイントがあれば教わりたい、と願っての参加ナリ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-08-15 08:17 | Trackback | Comments(2)

料理という名の科学とは (前)

「どんなに粗末でも、立派な客間よりも、自分の居間のほうがよい」
   ----- カミッロ・カヴール
       (イタリア人、政治家、1810年8月10日生まれ)


Robin Williams, an Improvisational Genius, Forever Present in the Moment

President Obama and more release statements on Robin Williams' death

ロビン・ウィリアムズの訃報に涙しております。

ちょうど数日前に、彼の出演した映画のベスト10は何か?という記事を読んで、今はどんな仕事をしているのかな、と思っていたところでした。
彼の映画やトークを見るたび、頭の良すぎる人だなあ、と心のどこかが切なくなったものでした。

以下のTweetが世界中をめぐった日でありました。
(ディズニー映画「アラジン」の中の魔人ジーニー。ロビン・ウィリアムズが声優を務めました)

Genie, you're free.

     BuzKgOoIcAAHYNa

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_9881

さて、5月。
5月には、前々から予告されていたビッグイベントがあったのだ。

それはね、pyonさんを始めとするベイエリアのマクロビリーダーさん達が、
ベジ王子と言われる料理研究家、高嶋綾也さんをこちらに呼んでくださって、
1週間に渡って、10ものワークショップを行ってくださることになったのだよ。(大感謝!)

ブログやお料理教室を通じて、菜食の輪を広める活動を行っていらっしゃるRyoyaさん。
私も、ずっと前からブログを拝見しているファンの一人なの。
ブログで惜しみなく公開してくださるレシピは、気に入ってリピートしているものも多数。
まさか、生のご本人に会える日が来るとはなあ。長生きして良かったなあ。(うるうる)

予定されたWS、残念ながら全出席することはできないので、色々悩んで、2つに絞って申し込み。
まずはそのうちの一つ、「ベジカレーWS」の記録から。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-08-10 14:57 | Trackback | Comments(0)

季節の色を一皿に

「人の諸々の愚の第一は、他人に完全を求めるということだ」
   ----- 司馬遼太郎
       (日本人、作家、1923年8月7日生まれ)


簡単*プチトマトの湯むき

トマトの湯剥き、普段は全然しないんですよ。
だってほら、皮も栄養ですしねえ。(目をそらしながら)(メンドクサイと白状しろ)

おまけにプチトマトだったら、個数も多いし、更に面倒なんじゃないかと思っていたのですが、
上記のレシピでやってみたら、本当に簡単でした。
うおー、するっ、とむける、むける。
ありがとうございましたーー!(こんなところで)(声は届かなくとも)

* * * * *

【個人的事情】

IMG_9827

4月の記録、最後の一つ。
tamachanレストラン訪問記録は、4月のトリを飾るにふさわしい。(果てしない自己満足)

和食だった3月の次は、洋食の番。
またまたカラフル&美味なメニューが並んださ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-08-07 13:40 | Trackback | Comments(6)

飽きることのない味と距離

「自由なアメリカも、保守的なアメリカも存在しない。
ただアメリカ合衆国があるのみだ。
黒人のアメリカ、白人のアメリカ、ラテン系のアメリカ、アジア人のアメリカも存在しない。
ただアメリカ合衆国があるのみだ」
   ----- バラク・オバマ
       (アメリカ人、政治家・第44代米国大統領、1861年8月4日生まれ)


     IMG_1172

お友達とCalafia Cafeに行ったところ、前にはなかったこんなものが。
テーブルごとにタブレットが設置されていて、これでメニューの写真や説明を見たり、オーダーもできるようになってます。
ウェイターさんが、これでオーダーしてもいいし、オールドスタイルで僕に言ってくれてもいいよ、とにこにこしながら説明してくれました。
すんごくナイスなお兄さんだったので、当然オールドスタイルで。

Calafiaは、ナニゲにリピートしております。
感動するほどではなくとも、きちんと美味しくて、サービスもグッド、そして、レギュラー・ベジ・ヴィーガンと、メニューがバラエティーに富んでいるところが嬉しいのですよ。


     IMG_1171

でもお店で一番のお気に入りは、実はこちらのライトだったりします。(失礼)
オーガニックのStraus Milkのジャー使用。
流行りのMason Jarでも、こういうライトが売ってたような。


Calafia Cafe

* * * * *

【レストラン】

IMG_9797

4月の記録、あと2つ。
やまばとさん&わくわくさんと行った、ビルの中にあるデリ&カフェから。
グルメ師匠のやまばとさんが見つけてくださったカフェなので、最初から期待大。

こちらのお店の近くに住むお友達に聞いたら、ご近所ではかなりの人気とか。
お手軽・お手ごろで、いつもかなり混んでいるのだとか。
早めに行ったので我々は大丈夫だったけど、確かにその後は、次々とお客さんが来ていたよ。
店内というより、駐車スペースの苦労もね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-08-04 10:34 | Trackback | Comments(2)

星々の舞台に見惚れよう、踊る光のAugust

     IMG_1281

                        (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「不遇というものは、ナイフのようなものだ。
刃をつかめば手を切ってしまうが、把手を握ればこれほど生きるのに役に立つものはない」
   ----- ハーマン・メルヴィル
       (アメリカ人、作家、1819年8月1日生まれ)
[PR]
by senrufan | 2014-08-01 11:56 | Trackback