「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

その手が生み出す幸せを

「できないことの数が増えるだけ、できることがより深くなる」
   ----- 為末大 「諦める力」より


     IMG_0568

お友達のNちゃんが誘ってくれて、もんのすごおおおおく久しぶりに、アウトレットモールに行ってまいりました。
といっても、今まで行ったことのない場所だったので、更にわくわく。

そこには、特に熟女な方々に人気の高いEileen Fisherのアウトレット店が!
精神年齢はともかく、身体年齢はしっかり熟女なワタクシも、喜んで入ってみましたよ。
正規店では無理ですが(くっ…)、アウトレットではなんとか。
いやー、アメリカで服を買うのって、何年ぶりだろか。(半マジ)

モールを出た後は、Nちゃんが調べてくれた、港の見えるレストランでお昼ご飯でした。
おごってもらっちゃった、えへえへ。(殴)


Marina Square Center
1201 Marina Blvd.
San Leandro, CA 94577

* * * * *

【買い物】

IMG_9022

美術館ベーカリーカフェ、ときた後は、チョコレートのお店にね。
折りしもこの日は、バレンタインデー当日。
チョコレート好きなサンドラさんが調べてくれたお店は、サンフランシスコはイタリア街にある、トリュフ専門店だったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-05-28 13:51 | Trackback | Comments(2)

強気な姿勢は訳があり

「あらゆる対人関係のトラブルは、他者の課題に土足で踏み込むこと——あるいは自分の課題に土足で踏み込まれること——によって引き起こされます」
   ----- 岸見一郎 「嫌われる勇気」より


     IMG_0216

オープンするなり、すごい行列ができたお店。
新しい台湾系ベーカリー&カフェに、お友達と行ってまいりました。

きれいで広い店内は、明るい陽射しが差し込んで、居心地良く。
なのですが、肝心のパンコーナーは、その広い店内の数分の一の面積で、ちとびっくり。
イートインエリア、ケーキコーナー、レジに、それぞれの面積を割いた結果、なのかな。


     IMG_0218

行った時間にもよるのでしょうけど、パンの種類はそれほど多くない上に、菓子パンがほとんど。
ハードブレッドや天然酵母パンの噛み締め旨さ系が好きな私にはアレでしたが(すみません)、
ふわっふわの柔らか・甘いパンがお好きな方には、嬉しいベーカリーであることと。

Highway 85の乗り口のそばで便利なのが、ありがたく。
店名はそこからきた、と思っていた友人がいたのは、想定内でございました。


85°C Bakery Cafe
1183 S De Anza Blvd., Ste 10
San Jose, CA 95129

* * * * *

【レストラン】

IMG_9008

きらきら宝石鑑賞で目の中に歓楽街(……)を作った後は、美味しいランチとまいりませう。
サンフランシスコで人気の、おしゃれなベーカリー&カフェに向かったよ。
蕎麦花さんの運転とSちゃんの駐車運のおかげで、近くに車を停められることができたよ。(感謝!)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-05-25 11:49 | Trackback | Comments(2)

永遠を願う瞬間に

「言い訳は、嘘をつくより悪質で恐ろしい。
なぜなら、言い訳は嘘を守ってしまうからだ」
   ----- アレキサンダー・ポープ
       (イギリス人、詩人、1688年5月21日生まれ)


料理ブログ読書ブログ、月イチ更新済みでございます。


     IMG_0112

インコがいなくなってから、裏庭に鳥の餌を撒くようになったのですが、
今では大(カラス)・中(ハトとか)・小(スズメとか)と揃って、沢山の鳥が来てくれるようになりました。
大・中・小の順に、来る数が少ないんですよね。
カラスは一羽で堂々と、スズメっぽいのは群れでやってきます。

で、気づいたら、ガレージ扉の上にあるライトに、巣ができているではないですか。
いつ巣立ちになるのか、毎日こっそりと見ているところです。
つっても、ガレージから車で普通に出入りしているんですけどね。(許して)


IMG_9632

        IMG_0225

で、この巣を作った鳥が何なのかがわからなくて、ですね。
↑の赤い鳥と赤くない鳥が何羽か、裏庭に良く来てて、この鳥っぽいような?
だとしたら、Finchの一種? なのかなあ?? 赤が雄で、赤くないのが雌だそうで。
あー、でも、全然間違ってる方に3,000点。

うううむ、写真を元に画像検索する方法とかないのかしら。
やっぱり鳥辞典を借りて、調べるしかないのかしら……

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_8970

もう、あまりに前過ぎて、詳細を思い出せなくなっている記録。
じゃあ、なんで書くんだ、というのは、「そこに行った記録があるからだ」、みたいな。
決して「記憶」じゃないところがミソでございます。

お友達4人と連れ立って、de Yound Museumのブルガリ展に行ってまいりました。
宝石を見るなら女性同士よね、ということで、大変楽しい鑑賞会。
きらきらアクセサリーが眩しくて、会場を出た後は、しばらく景色に星が見えたほどでした。あ、嘘です。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-05-21 10:12 | Trackback | Comments(2)

焦がれていたのは、その空と (その7)

「最悪なのは、あらゆる人間を分類して、わかりやすいレッテルを貼ることである。
この不幸な習性の持主は、自分が相手に適切だと思うタグを貼りつける時に、
その相手について完全に知っていると考える」
   ----- バートランド・ラッセル
       (イギリス人、論理学者・哲学者、1872年5月18日生まれ)


        IMG_0215

Palo Alto在住のお友達から教わったのですが、
大好きなMonique's Chocolateが閉店してしまうのだそうです……
私の為に彼女が買ってきてくれたチョコレートを、いつもにもまして大切にいただいているところでございます。
あら、チョコレートなのに、なぜしょっぱいの。(涙ながら)

足繁く通っていたわけではありませんが、ギフトに、ちょっとした自分へのごほうびに、と機会をとらえておじゃましていたお店。
チョコレートの美味しさやお手ごろ価格は勿論のこと、
気さくなオーナーやお店の人が快く応対してくださるおかげもあって、いつも途切れることなくお客さんが訪れる場所であります。

フランスに引っ越される為の閉店日は、6月15日。
それまでに、また買いに行くつもりでございます。
やはりお好きな方がいらっしゃいましたら、お早めにご来店くださいませ。ああ、しくしく。


Monique’s Chocolates

* * * * *

【旅行】

5. Glen Canyon Dam (Carl Hayden Visitor Centers) (HP

IMG_7918

1月の旅行記も、ようやく最後です。
アンテロープキャニオンのアッパーツアーに行く前に、時間があったので、近くのGlen Canyon Damに、少しだけ寄ってみたですよ。

ダム自体のツアーもあるそうですが、残念ながら、そこまでの時間はなかったので、
ビジターセンターの中をしばし見学して、あとは外からダムの様子を眺めるにとどまりました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-05-18 11:42 | Trackback | Comments(4)

目にも、口にも、身体にも

「すべての人が何らかの檻に入れられています。
でも扉の鍵はいつも開いているのです」
   ----- ジョージ・ルーカス
       (アメリカ人、詩人、1944年5月14日生まれ)


     IMG_0086

お友達の家の裏手に、大きな公園というか、空き地がありまして。
真ん中に道路が走っているのですけど、その道路を境に、片方がかなり急な傾斜になっているのですよ。

夏になって、草が一斉に枯れるので、その枯れ草を刈りたくても、急傾斜過ぎて草刈機は使えず。
なので毎年、なんとヤギを放牧して、枯れ草を食べさせるという方法を使うのですって。


     IMG_0084

このヤギさん達、とある牧場のものだそうですが、牧場主の方がこうやって”貸し出し”して、あちこち出張放牧してくれるのだそうです。
食べながら、少しずつ公園内を移動して、終わった後はきれいに枯れ草がなくなっている、というスンポー。

百匹はいるんじゃ?のヤギさん大群は、見ていた私達に寄ってきて、餌をねだる仕草。
ごめんな、「餌は与えないでください」なんだって。
牧場育ちなせいか、人懐っこい子達でございましたよ。

* * * * *

【個人的事情】

IMG_9052

2月のtamachanレストラン訪問記録なり。
ちなみに本日、5月の訪問をしてきたところです。(……)(今月も激美味)

バレンタイン月ということで、デザートはチョコレート系。
2月も2回、ゆみたちさんやこっぺちゃんなど、素敵なれでぃー達とご一緒させていただいた幸せを噛み締めながら、美味な記憶を掘り起こすのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-05-14 11:40 | Trackback | Comments(2)

くぐる暖簾を掲げたら (14)

母の日でございましたー。
ので、母にちなんだ名言をば。

「これまでで最も勇敢な戦いがいつ、どこで、戦われたか、教えましょうか。
世界地図で、それを見つけることはないでしょう。
それは、人の母親たちによって戦われた戦いだから」
   ----- ホアキン・ミラー

「抱きしめて欲しかったとき、あなたはいつも両手を広げていた。
友人が必要だったとき、あなたの心はいつでも察してくれた。
教訓が必要だったとき、あなたのやさしい瞳は厳格になった。
あなたのたくましさと愛が私を導き、羽ばたくための翼を与えてくれた」
   ----- サラ・マリン

「よき母親は、幾百もの教師に匹敵する」
   ----- ジョージ・ハーバート

「あなたたち母親こそが、未来を形作り、世界を作り上げているのだ。
明日の世界とは、今日の母親たちが、子供の育て方しだいで作り上げるものである」
   ----- デービッド・ブラント・バーグ

「子が生まれる瞬間に、母も生まれる。それまで彼女は存在しなかった。
女性は存在していたが、そこに母親は存在していなかった。
母親とは、全く新しい何かである」
   ----- ラジニーシ

「母と子の関係は矛盾したものであり、ある意味、悲劇的なものである。
母親からの最大限の愛を必要とする一方で、その愛は子どもが母親から離れてゆき、完全に独り立ちできるよう後押しするものでなくてはならない」
   ----- エーリッヒ・フロム

「母親の愛は、与えることで豊かになる」
   ----- チャールズ・ラム

「私の母は、私がまだ若い時に亡くなったものの、私の全生涯に影響を及ぼしました。
幼い私に母が授けた訓練の成果は、失われることがなかったのです。
人生の大切な時期に、母が私を正しく評価し、信じてくれていなかったなら、とうてい発明家にはなれなかったでしょう。
私はいつも軽はずみな少年だったので、異なる考え方を持った母親に育てられていたら、どうしようもない人間になっていたに違いありません。
だが、母の厳しさ、優しさ、善良さの持つ力のおかげで、私は正しい道を歩むことができました。
母のおかげで、今の私ができたのです。
母の思い出は終生、私の宝物となるでしょう」
   ----- トーマス・エジソン


World's Toughest Job - #worldstoughestjob - Official Video




こういう言葉で、自分の母や娘のことを思って感動できること。
それがどれほど恵まれたことか、いつも肝に銘じておくのであります。

* * * * *

【料理】

IMG_8950

ひっっっさびさに、「みぎや」の記録なり。
何人かに聞かれたんだけど、みぎやはフツーに、時々やってます。
が、ごくごくお気楽なのがほとんどなので、心の記録に留めてるの。

でも、旦那が出張でいない夜に開いた女子会とか、それはもう、大いに盛り上がったので。
拙い料理記録の形を通して、残しておきたいものなのだ。
Nちゃん、Cさん、Naokoさんと、美熟女3人をお迎えしての、しっとりみぎやの記録です。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-05-11 11:05 | Trackback | Comments(2)

焦がれていたのは、その空と (その6)

「許すはよし、忘れるはなおよし」
   ----- ロバート・ブラウニング
       (イギリス人、詩人、1812年5月7日生まれ)


     JazzKatsuフライヤー

待ってましたー! と拍手でお迎えしたいチャリティー。
今年もJAZZ KATSUさんが、3回目となる東日本震災復興支援イベントを開いてくださいます。

・ JAZZ KATSU 2014 -JAPAN RELIEF BENEFIT- (San Jose)(Web
  ・6月7日(土) 午後2時~5時半
  ・Wesley United Methodist Churchにて
  ・ジャズの生演奏を聴きながら、串カツを食べよう!
  ・チケットの売上は東北教区被災者支援センターエマオへ、
   エコバッグやTシャツなどのグッズの売上はJazz for 東北へ寄付
  ・Facebookページはこちらです
  ・チケットの事前購入&お問い合わせは、info@jazzkatsu.org まで

私も、またおじゃまいたします。
スタッフの皆様、ご準備で大変なことと思いますが、当日までどうぞ頑張ってくださいませ!


東日本大震災の為のチャリティー@ベイエリア

* * * * *

【旅行】

4. Upper Antelope Canyon (HP

     IMG_7989

とっても充実していた、Lowerのツアー
お昼ごろになって、今度はUpperのツアーに参加いたしました。

アンテロープを訪れたことがあるお友達数人に聞いたところ、アッパーのツアーはほんとに人気で、特に上から光が射して最も美しく見えるお昼頃のツアーは、絶対予約した方が良い、と勧めてもらっていたのです。
しかし、冬の現在、夏ほど美しい光景は見られない分、それほど混んでもいないだろうから、当日でも何とかなるかなあ。

そんな風に思っていたのですが、前夜に泊まったホテルのフロントで、ツアー予約もできるようになっていて。(商魂)
こちらとしても、その方が安心なので、じゃあお願い、とホテルもお勧めのお昼頃の時間を指定して、予約を入れたのでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-05-07 12:15 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(2)

焦がれていたのは、その空と (その5)

「人の評価は、他の人たちの意見よりも、
その人が他の人たちについてどのように言っているのかでより分かるものです」
   ----- オードリー・ヘップバーン
       (ベルギー→イギリス人、女優、1929年5月4日生まれ)


先日、お友達から聞いた話です。

4歳になるお嬢さんが、ママとパパの関心を引きたくて、色々といたずらをするのだと。
叱っても変わらないし、叱ること自体も辛いので、お医者さんに相談してみたところ、
「パパとママの反応が欲しくてやっていることに対して、叱ることも反応を返すことになるから、やめた方が良い。
無視して反応しないようにしていれば、そうやっても無駄なのだということがわかって、いずれやらなくなるから」
というアドバイスをいただいたそうです。

彼女と2人で話したのですけれど。
確かに先生のおっしゃることには一理あるし、実際、それで改善されるかもしれない。
でも、”無視”が果たして良いのか、と不安になるよね、と。

”愛”の反対って、”憎悪”や”嫌悪”ではないのですよね。
”愛”の反対、それは、”無関心”。
大好きなパパとママに見て欲しいのに、そのパパとママに、自分の投げかけたものが素通りしてしまうとしたら。
極端には、いないように扱われるとしたら、どれだけ悲しいことか、と思ってしまうのです。

無視ではない、でも過剰ではない返事とは。
何年子育てしようとも、いつまでも五里霧中のままでございます。

* * * * *

【旅行】

4. Lower Antelope Canyon (HP

IMG_7782

高所恐怖症克服に失敗した後(違)、いよいよ我々的メインイベント、アンテロープ・キャニオンに向かいましたですよ。

アメリカの多数の自然公園の中でも、特にフォトジェニックな場所として有名なアンテロープ。
Upper(アッパー・キャニオン)Lower(ロウワー・キャニオン)の大きく2つに分かれていますが、一般に人気の高いのは、アッパーの方だそうで。
しかも、夏場のアッパーが、上から射し込む光で大変美しい光景が見られるということで、大勢の観光客が訪れるそうでございます。

しかし、時は1月。そういう絶景は、相当無理っぽい。
でもその分、人が少ないだろうから、ゆっくり見られることで良しとしよう。
そんなポジティブ志向で臨んだ、今回の訪問でございました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-05-04 13:34 | Trackback | Comments(4)

その衣を選ぶ意味合いを

「猫は人間に対する意見を持っている。
ほとんど何も言わないが、全部を聞かないほうがいいのは確かである」
   ----- ジェローム・K・ジェローム
       (イギリス人、作家、1860年5月2日生まれ)


男の子の名づけランキング - 2位は「葵」、3位は「蓮」、1位は?

お友達から回ってきたツイートです。
発信されたご本人が、あまりのリツイート数に仰天されたそうですが、無理もない。(いまだにオオウケ)

「この前、信号待ちしてる時に幼稚園の鞄を持った男の子がいて
ふと見たら名前のところに「運命」って書いてあったから(さだめかな..)と思っていたらその子のお母さんが「バッハ行くよ!」」って言って
交響曲第5番が頭から離れないし吃驚して信号見送っちゃったし、バッハじゃなくてベートーベンな」
          ----- やまげん@d2m3i76z3

               
* * * * *

【アクティビティ】

IMG_8780

1年をかけて5回シリーズで行われた、Fumi先生のマクロベースの会
その会を修了した人向け、ということで、新たな単発クラスを開いてくださった。(感激)

季節が移り変わる時期である2月(当時ね…)、身体を無理なく移行させていく為に、どんな食事でサポートしていけば良いか。
「Energy Flow」をテーマとして行われたお料理クラス、またまた学びと美味がいっぱいのクラスだったよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-05-02 13:11 | Trackback | Comments(2)

空の恵みは甘いはず、花の姿で請うはMay

     IMG_9878

                        (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「ユーモアというのは、もとの意味は「体液」っていう意味で、
その体液がないとユーモアに関する本をいくら読んでも、
ジョーク集を読んでも、ほんとは身につかないんですね。
だから自ずからなるユーモアが一番ほんとは大事なんです」
   ----- 北杜夫
       (日本人、作家、1927年5月1日生まれ)
[PR]
by senrufan | 2014-05-01 10:41 | Trackback