「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

重ねる時間と縁があり

「虫だって光の好きなのと嫌いなのと二通りあるんだ!
人間だって同じだよ、皆が皆明るいなんて不自然さ!」
   ----- ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ
       (オランダ人、画家、1853年3月30日生まれ)


公言している通り(……)、現在は1月の日記を消化しているわけですが。
そういえば、あんな楽しい日もあったんだ、というのが、Sarahさんご夫妻、Dr. Hoshiご夫妻とご一緒した、牡蠣BBQの日でございます。


IMG_8317 IMG_8310

ただいま、おめでた中のDr.の奥様は、生牡蠣は避けた方が良いとのことで、食べられず。
しかし、焼き牡蠣はあまりお好きではないので、持ち寄り料理を楽しもうとされていた奥様の為に、Dr.が腕をふるってくれたのが、おそと牡蠣フライでございますよ。


IMG_8361 IMG_8358

IMG_8315 IMG_8337

キャンプ用のガスバーナーを利用しての、奥様の為の数々の美味お料理、私達まで堪能させていただきましたです。
1月とは思えない暖かな陽気の下、楽しい・楽しい一日でございました。


Tomales Bay Oyster Company

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_8419

その1月に、またまた分不相応な感激をいただいた一日があって。
大好きな蕎麦花さんが、出張蕎麦打ちに出かけられる時、いつもアシスタントを勤められていたsamanthaさんは、今回はお仕事で参加できず、良かったら、と私に声をかけてくださったの。

生で蕎麦花さんの蕎麦打ちが拝見できる、というだけでもカンドーだったのに、
なんとその出張先が、かのYumiさんの御宅だとおっしゃるではないですか。
ブログ繋がりで得られた大切なご縁が、また一つ前進するようで、あまりのどきどきと緊張で、前夜はあまり眠れなかったらしいです。(客観的視点)

今回の出張蕎麦打ちは、毎月Yumiさんとお友達の皆さんが開かれている、Cooking Clubの新年会。
毎年一回目は、蕎麦花さんが恒例になっているんだって。素敵だなあ。
しかも、なんとこの日が、記念すべき第50回目のクラブだとおっしゃるではありませんか。
そんな時におじゃまできて、光栄なんてものじゃない。

御宅に到着した時に、出ていらしたYumiさんの笑顔に、すごくほっとしたと同時に、うわあ、ほんとなんだ、という実感が沸いてきて。
大勢の皆さんにお会いして、人見知りの虫が大暴れ。
それからはもうなんというか、終始、夢のような時間を過ごしたよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-03-30 16:04 | Trackback | Comments(2)

僕の名前が背負うもの

「『それもある』という気持ちが底にあれば、交渉はスムーズに、見解の相違も歩み寄れる余地がある。
すべての軋轢は、この一語を振り返る余裕のないところから生まれる」
   ----- 田辺聖子
       (日本人、作家、1928年3月27日生まれ)


「この時期によくいらっしゃるお客様として高校卒業したてのカップル様が挙げられます。

自信満々に卒業証書をお見せ頂き、微笑ましい気持ちになります。

このようなことを言うのは大変気が引けるのですが、皆様は3月31日まで高校生扱いで御座います。

またのご来店をお待ちしております。」

ラブホスタッフの上野@meguro_staffさんのツイートからでした。
現・高校三年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます!

* * * * *

【レストラン】

     IMG_8388

バークレーのElmwoodエリア
Collage Avenue沿いに良いお店が沢山あって、初めて訪れた時以来、数回訪問しているの。

中に、その名にElmwoodの名を持つカフェがあり。
前に寄った時、感じも良く、コーヒーも焼き菓子も美味しかったので、改めてちゃんと来てみたく。
わくわくさんとの貴重なデートに、こちらを選ばせてもらったよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-03-27 12:05 | Trackback | Comments(4)

私の全てを引き替えに

「古いものを壊そうとするのは無駄な骨折りだ。
ほんとうに自分等が新しくなることが出来れば、古いものは壊れている」
   ----- 島崎藤村
       (日本人、作家、1872年3月25日生まれ)


     IMG_9360

お友達が御宅によんでくれまして、いそいそとおじゃましましたところ、お庭に見事なソメイヨシノ。
満開の桜を眺めながらの、素晴らしいお花見ランチをいただいてまいりました。
これを至福と言わずに、何と言う。


IMG_9376 IMG_9386

花に負けない彩りのテーブルにも、感嘆・歓声。
持ち寄りメニューも含めて、どれも絶品でございましたです。幸せでうっとりです。
ほんとに私のお友達って、お料理上手度100%の人ばかりなのですな。
……類は友を呼ぶ、ってさあ……(かなしみ)(何事にも例外が)

口福・眼福揃ってのひと時は、春のこの時期ならではの、貴重でありがたい時間でございます。

* * * * *

【読書】

つい先日、大変嬉しいニュースが飛び込んでまいりました。
私が大ファンの作家さん、上橋菜穂子さんが、国際アンデルセン賞を受賞されたそうでございます。

 国際アンデルセン賞に上橋菜穂子さん

日本人作家さんは、エッセイ以外、あまり読まないのですけど、
上橋さんと荻原規子さんのご本は大好きで、特に荻原さんは全作持っているほどです。多分(殴)

お二人とも、素晴らしいファンタジーを書かれる方で、中学生から大人まで幅広く楽しませてくれるお話が揃ってるのでございますよ。
娯楽に徹したミステリーやファンタジーが大好きな私(つまり幼稚…)には、お二方の真っ直ぐなキャラによる、真っ直ぐなストーリーが、大変にツボなのでございます。


読書記録のブログは、すっかり月単位での記録のみと化してしまっておりますが。
随分前から、ある作品の感想を個別で書いてみようとして、1年以上そのままになっておりまして。ええい、お恥ずかしい。
それが上橋さんの代表作の一つ、「獣の奏者」シリーズでございます。

どうして書けないか、と言いますと、上手く表現する言葉が見つからないから、に尽きます。
ただただ、泣けて泣けて、心の底から感動して。
それ以外に言葉が綴れない、というのは、文才がないにしても程がある、ってもんですが。(ため息)
ちょうど素晴らしいニュースが入ってきた今、せめて「素敵な本です」という言葉の連発だけでも残しておきたい、と思います。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-03-25 15:03 | Trackback | Comments(2)

焦がれていたのは、その空と (その2)

「戦争は戦争のために戦われるのでありまして、
平和のための戦争などとはかつて一度もあったことはありません」
   ----- 内村鑑三
       (日本人、教育者、1861年3月23日生まれ)


IMG_9266  IMG_9279

先日の日記で、日本滞在中に、「せめて美味しいコーヒーを飲みに行きたかった」と書いた翌日に、実はなんとかありつけました。
帰国する前日、会った友人達が連れて行ってくれたのでございます。うう、嬉しい、ありがたい。

訪れたのは、星乃珈琲。ドトールコーヒーの系列だそうですね。
ハンドドリップで一杯ずつ淹れてくれるという炭火焙煎珈琲は、酸味がない濃い味わいが美味しかったです。

そして、噂のパンケーキ!
今回の滞在では、東京エリアでのパンケーキの流行ぶりに驚きまして。
訪れたレストランでパンケーキをオーダーされているお客さんが何人もいらっしゃったり、パンケーキのお店で行列ができていたりして。
ピザやホットドッグと並ぶアメリカンメニュー(個人のイメージです)なので、どうせ食べるなら、ちょっと工夫したのがいいなー、と思っていたところに、この星乃のパンケーキを薦めてもらったのですよ。

幾つか種類がありましたが、プレーンなスフレパンケーキを。
釜焼きというこちら、外側はさっくり、中はふんわりで、んまかったー。
シロップは使わないでも十分甘味があったので、ホイップバターで塩味を加えていただきましたです。

ランチ後に訪れたので、お食事メニューを試せなかったのが残念。
次回があれば、オムライスとかもいただいてみたいものでございます。


星乃珈琲店

* * * * *

【旅行】

1. Zion National Park (HP

IMG_7308

アメリカの国立公園、といってまず思い浮かぶのが、ユタ・アリゾナ・ネヴァダの各州。
そのうち、ユタ州で最初に国立公園として認定されたのが、ザイオン国立公園なんだそうです。

Zion Canyon・Kolob Canyonsの2つの峡谷がメインとなっている、こちらの公園。
2回目の訪問となる今回は、短いトレイルを1つ歩いて、
あとはゆったりドライブしながら、気に入った景色のところで停まっては、しばしのんびり、という時間を過ごしましたです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-03-23 11:09 | Trackback | Comments(2)

これが私の決めた道

「人生はただ向こうから与えられるものではない。自ら創ってゆくものである。
自ら創ってゆくにはやはり三つの段階が必要なのだ。
ラクダの人生とライオンの人生と小児の人生。
いいかえれば忍耐の人生。勇気の人生。そして創造の人生である」
   ----- 梅原猛
       (日本人、哲学者、1925年3月20日生まれ)


     IMG_9299

帰宅いたしました。
約3週間の日本滞在……楽しかったですが、さすがに長かったなー。(へろへろ)

今回は初めて、デルタ航空を利用いたしました。
サンフランシスコ-成田の直行便が、3月末で中止されるとのことで(しくしく)、じゃあ手持ちのマイレージを使ってしまおうと。
サービスがとても良く、機体も良く、快適な空の旅を楽しむことができましたです。
そしてSFOでは、更にユナイテッドが幅をきかせることになるのですね……悔しい。(ユナイテッド嫌い)

帰りの成田のチェックイン待ちの場所には、可愛らしいキャンディーボックスが。
後ろに並んでいたカップルが、キウイ味だ、いちご味だ、とはしゃいでいたのが微笑ましかったです。

機内での映画が、またかなり充実してまして、何十本とプログラムがあったんですよ。
めっきり映画館に行かなくなってしまったので、この時とばかりに鑑賞です。眠い目をこすりながら、頑張ったんだ僕。
観たのは、「Gravity」、「図書館戦争」、「The Secret Life of Walter Mitty」、「Frozen」、「Mirror Mirror」、「The Book Thief」、あと幾つか、つまみ食い鑑賞。
どれも面白かったです。満足、満足。

このうち、「図書館戦争」&「The Book Thief」に関して、ちょっと感じることがあったので、
もしかしたら後日、何か記録するかもです。

* * * * *

【映画】

IMG_9294

実は日本滞在の最後の日、お嬢と一緒に「Frozen」、日本でのタイトルは「アナと雪の女王」を、映画館に観に行ったのですよ。
ほんとーーーに久しぶりのディズニー映画、とっても楽しかったです。

機内で観られることはわかっていたのですが、お嬢と一緒に大画面で観たかったので、無問題。
あと、吹き替えじゃなく英語で、そして日本語字幕付で観たかったんですよねー。これ、重要。

私達の一番のお目当ては、Elsa役のIdina Menzelの歌。
大変芸能界に疎い私達ですが、ミュージカル「Wicked」の初代主役を務めた彼女の歌が大好きでして。
Youtubeでヘビロテで聴いていたものの、やっぱり大画面で観たいよね、と、
前回と同じく、新宿ピカデリーへお出かけしたのでございました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-03-20 14:20 | Trackback | Comments(2)

焦がれていたのは、その空と (その1)

「自分が信じないことは言わず、知ったからには必ず行うという思いが強くなれば、
自然に言葉は少なく、行動は素早くなる」
   ----- 渋沢栄一
       (日本人、実業家、1840年3月16日生まれ)


        IMG_9259

今回の日本滞在では、懐かしい友人達に会えたのも嬉しい限りでございまして。
20数年ぶりに会う友人が、ほとんど変わってなかったり、
病気と聞いて心配していた友達が、元気な姿を見せてくれたりで、
大切な思い出を一つ、また一つと重ねておるですよ。

その中の一人からもらったのが、なんとクロワッサンたい焼きなるもの。
クロワッサン生地に餡子を詰めて、たい焼き器で焼いたという、ゴージャスなたい焼きでございます。

焼き上がりの香りにうっとりしながらいただきましたら、おお、美味しいじゃないですか。
表面にシロップか何かとザラメをかけて、飴のようになっているのが、良い感じに和風ジャンク。
1日経つと、トースターなどで焼き直しても固めになってしまいますが、それはそれで餡子パイ。

もっともっと食べ歩きができれば良かったんですが、なかなか時間もなく断念。
せめて、美味しいコーヒーを飲みに行きたかった……久しぶりに、マイルドで酸味のないコーヒーが。


銀のあん

* * * * *

【旅行】

IMG_7195

1月1日~4日にかけて、小旅行に行ってまいりました。
車の旅で、久しぶりにグランドサークルの一部を巡る旅でございます。

フリーウェイで初日の出を見ながらの道行きも、オツなものでございました。
何ヶ月前の話やねん、って感じですが、少しずつ記録していきたいと思っておるでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-03-17 23:22 | Trackback | Comments(2)

一瞬前の自分さえ

「地上にひらく一輪の花の力を念じて 合掌す」
   ----- 石牟礼道子
       (日本人、作家、1927年3月11日生まれ)


3月11日、午後2時46分。
今年もまた、合掌させていただきました。

震災から3年経って、忘れられることへの危機感が、メディアなどで訴えられていましたが。
自分だけに限って思うのは、むしろ自分の中に定着した感の方が強いように思います。

9.11を経験して、3.11があって。
生活の中で、例えば次のチャリティーについて考えることや、Animals Goさんにボトル類を持っていくことなどが、当たり前の一部になってきたのでございます。

忘れられる、わけがない。
知ったからには、その前には戻らない。

知らなかったことへの罪悪感や後悔、自分ができることがあまりに限られていることへの遣り切れなさ。
そんな苦い感情も、全て静かに、自分の中の一部になっていることを実感するのです。

* * * * *

【個人的事情】

     IMG_8296bw

さて、過去日記を差し置いてのグダグダ戯言です。
なので、お読みにならないことを強くお薦め以下いつもの通りです。




しばらく前からじわじわと上がってきていた、STAP細胞論文に対する疑惑、めいたもの。
とうとう先日、小保方さんが博士論文で盗用したのではないか、という記事が出ましたね。

 STAP論文、取り下げ勧告も 理研、小保方氏「すみません」 

 小保方晴子さんの博士論文、アメリカのサイトの文章と酷似 冒頭の20ページ 

検索すれば色々とニュースが出てくるのですが、中にはこんなサイトもあったりして、かえって怖いというかナンというか。

で、当然私@あっぱらぱーには、実際はどうなの?なんてことがわかるわけがありませんので。(開き直り)
あくまで、これに関連して思い出したことなどを、ぐちぐちとつぶやいてみるですよ。
震災から一年経った時、日記に書いたこと。
キーワード(……)は、「知らない」、でございます。

 東日本大震災より、一年を経て

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-03-11 22:43 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(8)

足を運ぶに足る動機

「その意味で、僕は、若い人や学生を批判するというよりも、
彼らの初歩的な勘違いを正せないようなこの社会の包括性のなさを
糾していくことこそが必要だと思って活動しています」
   ----- 宮台真司
       (日本人、社会学者、1959年3月3日生まれ)


ただいま、日本に滞在中でございます。
もう少しのんびりできるかと思いきや、日々色々と用事が入ってきて、あまりPCの前に座れない状況。
まあ、友達との再会もしっかり満喫してるので、不満は全くありませんが。(満面の笑顔)

今回は、お嬢関係の用事メインの滞在なので、あとで日記に記録するようなことも増えない予定。
カメラも置いてお出かけしたりしてますからねー。だめじゃん自分。

3月に入ったのに、月初のカレンダーの画像を用意してくるのを忘れたというテイタラク。
帰ったら、こっそりアップします。これぞ日付詐称。アプアプ詐欺(違)


とりあえず、今日は待望の「ONE PIECE」新刊の発売日だったのですが。
今日も朝からお出かけだったので、帰りに買って帰ろうと思いながら駅に着きましたら、
でかでかと「ワンピース新刊発売!」のポスターを貼った、本屋さんの出店が。

ソッコーで走り寄った私のタイムは、かのボルトをも超えたかもしれません。(大嘘)
クールだぜ、ジャパン。

* * * * *

【レストラン】

IMG_8268

イタリアンでのランチ楽しい散策を経て辿り着いたのは、話題のベーカリー&カフェ。
サンフランシスコの人気コーヒー・Four Barrelと、ベーカリーのJosey Baker Breadがコラボしたお店、なんだって。

Four Barrelは何度も行ってるけど、Josey Bakerは初耳で。
ハードブレッドが美味しいお店だそうで、そーれは見逃せませんな、というノリで。
わくわくしながら行ってみた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-03-03 22:50 | Trackback | Comments(5)

香る桜に酔いしれよう、初春を味わう日はMarch

     IMG_9302

                        (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「自由は山巓の空気に似ている。
どちらも弱い者には堪えることは出来ない」
   ----- 芥川龍之介
       (日本人、作家、1892年3月1日生まれ)
[PR]
by senrufan | 2014-03-01 10:09 | Trackback