「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

万能素材の別名は

「生きたいというのは寂寥と悪闘しようとする執着でなければならない」
   ----- 鈴木三重吉
       (日本人、児童文学者、1882年9月29日生まれ)


雨季が近づいてきたカリフォルニア。
基本、車での移動ばかりなので、あまり考えてないといえばそうなんですが、
やっぱり気になるのが、革靴やバッグなどのケア。濡れたら困るよ、の類の所有物ですね。

で、気になったのが、NeverWetという商品。
シリコンのスプレーで、衣類などの表面をコーティングして、液体汚れから守る、という商品なんだそうですよ。

          neverwet

 NeverWet (会社HP)


それほど雨の中を歩くわけでもないくせして、最新のナノテクノロジー製品を使う必要はあるのか、
という自己ツッコミを行いつつ、とりあえずレビューを読んだりして。

Amazon:Rust Oleum 274232 Never Wet Multi Purpose Kit

NeverWet? More Like OftenKindaWet.

NeverWet Review: The Magical, Water-Repelling Spray Is Kind of Amazing


撥水効果は確かにありそうですが、
「ガンを引き起こす恐れがある材料が使われています」
とまで言われて、それでも手を伸ばす勇気があるかどうか、ですな。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_5074

あああ、9月が終わってしまう……!
ええと今回は、マクロビオティックディナーの記録です。

周囲にベジィなお店は沢山あれど、マクロビを謳うお店は、残念ながらほとんどなく。
その中で、何年も前から気になっていたのは、このエリアのマクロビオティック・コミュニティー。
地元のとある教会で、毎週月曜の夜に、ベジタリアン・ディナーを提供していらっしゃる。

メンバーでなくても、誰でも参加可、ということで、いつか行ってみたいと思いつつ、早何年。
そんなグズグズの私を、erinちゃんが誘ってくれて、ようやく行くことができたんだよ。(愛)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-09-29 19:50 | Trackback | Comments(4)

集める部品の吟味から

「経験をつんだ人は、物事がこうであるという事を知っているが、
なぜそうであるかということを知らない」
   ----- マルティン・ハイデッガー
       (ドイツ人、哲学者、1889年9月26日生まれ)


以前Twitterで、以下のまとめが回ってきて、笑いすぎて腹の皮がよじれたわけですが。

お母さん必見!「#途中から育児の話になるポエム」傑作選

最近、別バージョンが回ってきて、これまた笑いすぎて、目から涙が出たですよ。

【#育児ことわざ】爆笑あるあるツイート傑作選まとめ


落ち込んだ時、育児に悩んだ時、愛が欲しい時(……)用に、必携です。

* * * * *

【レストラン】

IMG_5070

アイスクリーム屋さん繋がりで、もう一つ。
今度は、こちらエリアにできた、新しいアイスクリームショップに行ってみた話だよ。

einちゃんが見つけてくれたお店は、やはりオーガニック&ローカルの材料使用を謳ってて。
これは嬉しい、と期待を抱いて、2人(ぷらす天使ちゃん)で買いに行ってみた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-09-26 23:34 | Trackback | Comments(6)

甘さはいつでも終点の

「母親の涙も、化学的に分析すれば少量の塩分と水分にすぎない。
しかし、その涙の中には、化学も分析し得ない『深い愛情』がこもっている事を知らねばならない」
   ----- マイケル・ファラデー
       (イギリス人、物理学者、1791年9月22日生まれ)


久しぶりに、被災地復興支援チャリティーイベントのお知らせです。
World Supportさん主催で、ベークセール、クラフト教室&販売、日本舞踊など、盛り沢山の素晴らしいお祭りです。

・ 日本に愛を届けよう (Cupertino)(Ad
  ・10月5日(土) 午前9時~午後5時
  ・Union Church of Cuperinoにて
  ・日本文化公演、コンサート、ベークセール、クラフト教室&販売など
  ・寄付金は、新潟・仙台のNPO、アメリカの赤十字に送られます
  ・詳細はFacebookページにて


そして後日アップしますが、Bay Area HEARTも、またイベントやりますよー。


東日本大震災の為のチャリティー@ベイエリア

* * * * *

【レストラン】

IMG_4981

お蕎麦をいただいて、自然を満喫して、ビールでにぎやかに過ごした後は、甘いもので美味しく締めるのだ。
ずっと前にSarahさんから、美味しいよ、と聞いていた、人気のアイスクリームのお店だよ。
あの時は前を通っただけだったけど、今回は入ってみるんだよ。(どきどき)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-09-22 11:36 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(8)

陽の下で唱える乾杯は

「他人の繁栄を図らなければ、自らも栄えない。私はそれを善の循環と呼んでいる。
個人や企業の繁栄が、そのまま社会の繁栄へとつながっていく。
池に石を投げると、波紋が大きな輪になって広がっていくように」
   ----- 吉田忠雄
       (日本人、YKK創業者・元社長、1908年9月19日生まれ)


伝説の灘校教師「遊びながら学べ」を教え続けた101歳の生涯

以前、こちらで記事をリンクさせていただいた、橋本武先生の訃報です。
心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

* * * * *

【レストラン】

IMG_4957

自然の空気をたっぷり吸って、心も身体もほぐれた頃には、再びお腹がすいてくる。びば、健康。
Sarahさんご夫妻がお気に入り、というパブに案内していただいたのだ。

昔はビールは苦手で、美味しいのは最初の一口ぐらい、と思っていたけれど。
あのお店に行ったり、あのIPAをいただいたりして、その美味しさに触れてみて。
今頃になって、ビールに謝りたい気持ち。(ごめんっ!)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-09-19 11:41 | Trackback | Comments(4)

高くて広い背景を

「諦めと我慢の意思決定は、人生を左右する」
   ----- 塚本幸一
       (日本人、ワコール創業者・元社長、1920年9月17日生まれ)

* * * * *

【アクティビティ】

美味しいお蕎麦でお腹いっぱいになった後は、バークレーの市内観光。
何度も来ている街だけど、ご飯や買い物ばっかりで、実はちゃんと観光したことがないんだよねえ。
3箇所連れて行っていただいて、どこもかしこも気に入ったーーー!(心からの叫び)


1. The Lawrence Hall of Science (HP

IMG_4893

……と書いたけど、実はホール内部じゃなくて、そのすぐそばの展望エリアに行ったの。
サンフランシスコとバークレーが一望できる、とっても見晴らしの良い場所。
バークレーにしては晴天&適温に恵まれた日だったので、余計に嬉しく、心地良く。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-09-17 04:06 | Trackback | Comments(4)

実る力の象徴を

「バカボンのパパってさ、別にラクして生きてるわけじゃないんだよ。
どうすれば家族を幸せにできるかを考えながら一生懸命ガンバってるわけ。
そのためには体ごとぶつかっていってる」
   ----- 赤塚不二夫
       (日本人、漫画家、1935年9月14日生まれ)


料理ブログ読書ブログ、月イチ更新済みでございます。

先月は未読本の山がなくなってしまい、お嬢が日本から本を持ってきてくれるまで、家の本棚から適当に読んでいた時期が数日あったのですが、
いやあ、久しぶりに、結構な”飢え”を感じましたね。
今までの本も面白いのが沢山あるので、ほとんど問題ないはずなんですけど、なんでだったんだろう。
はっ! もしかして、これが更年期。(殴)

こおゆうことを書くと、さぞかし活字中毒のように見えますが、すんごい偏食なのは、何度も繰り返している通り。
ミステリーやサスペンス好きなわりに、ホラーは全然ダメですし。

でも先日、仲間うちで集まった時に、ホラー好きな友人が、お勧めホラー映画や小説について語ってくれて、ちょーーっとだけ読んでみたくなったかも。かも。
映像は到底無理としても、せめてスティーブン・キング作品ぐらい読んでみなくては、と現在勇気をかき集め中でございます。


といいつつ、実は映画などで、人が刺されたり、刺された状態でグリッとされる時の効果音って、
実はセロリによって作られている、と先日教わったんですよ。
なので、もしホラー映画を見なくてはならない羽目になったら、
「あ、セロリが刺された……」 「セロリ、捻じ切られちゃった…!」
と脳内変換しながら見れば良いのか、と思ったら、またホラーとの間の溝が縮まったような気がします。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_4847

さて、今回から4回続けて、バークレー探索記。お店3回と、観光1回。
4回なのに、実はたった1日で回ったお店と場所の記録、ってどおゆうこと。(仰天)
しかも、ほんとは灯篭流しで締めた日だったから、計5回の記録ってことだよね。(驚愕)

盛り沢山の楽しい日になったのは、全てSarahさんご夫妻のおかげでね。
元々、お昼ご飯にお目当てのお店があって、その後はぶらぶらしようか、ぐらいだったんだけど、
さすが地元民のお2人、連れて行ってくださるところ全てが良い場所ばかりで、気がついたら夜までお世話になってしまったの。
旦那も私も、大感激、あーんど大感謝の一日であったのだ。(マジ愛)

最初の1軒は、なんと手打ち蕎麦がいただける、という和食レストラン。
バークレーのダウンタウンにあるのだよ。
居酒屋さんで、金・土のお昼のみ・1日60食限定で手打ち蕎麦を出しておられる、というお店なの。
Sarahさん達も満足されたというお蕎麦、とても楽しみに訪問したのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-09-14 13:38 | Trackback | Comments(10)

緩く伸ばした手の範囲

「われわれ人間が動物界に帰属していることを知っているということは、
このもろい地球上におけるわれわれの存続への最大の希望でもある」
   ----- スティーブン・ジェイ・グールド
       (アメリカ人、古生物学者、1941年9月10日生まれ)


     IMG_5541

水色の餌がまだ余っているので、庭に撒き始めたら、鳥が沢山来てくれるようになりました。
ガラス窓&網戸越しの不明瞭な画像ですが、そーっ、と写真を撮ってみましたよ。
写真では見えにくいのですけど、土や木の上にも何羽かいるのですよ。(うっとり)

あの日から、すでに1ヶ月近くが過ぎましたが、お嬢も私も、まだまだ水色が恋しくて。
なので、こうやって庭にいる鳥を見るだけで、きゃあきゃあと騒いでしまうぐらいに嬉しいのです。鳥フェチ母娘。


先日など2人で、ペットショップに鳥を見に行ってしまいまして。
セキセイインコのカゴの前で、ひとしきり堪能した後、別の鳥をゆっくり見ていましたところ、
Conureという中型インコが4羽いて、そのうちの1羽がちょーーー人懐っこくて、ですね。
私達が寄っていっただけで興奮して、一生懸命、仕切りのガラス窓に体を寄せてくるのですよ。
外からガラスに指をつけたら、中からその指に身体をこすりつける仕草を繰り返して、すでに鼻血モノ。

残りの3羽も、どんどんとこちらに寄ってきて、やっぱり身体をこすりつけようとするので、
お嬢と2人、離れるに離れられない、幸せなひと時を過ごしたのでございます。
しかしその間、店内の方々からどんな目で見られていたか、確かめる勇気はありませんでした……

連れて帰りたいところでしたが、大きめインコな上、「いろんなものを齧る」と書いてあったので、
借家では放し飼いはできないかなあ、と涙を飲み。
更にとどめをさされたのが、そのお値段。
$399.99、って、セキセイインコ($24.99)が何羽買えるんですか。

* * * * *

【料理】

IMG_5513

まだまだ楽しいレストラン記録を続けたいのだけど、ちょっと休憩的な日記も挟んでみる。
お嬢と一緒に、簡単お豆腐作りをしたので、そのことを。

あの時に思ったように、自家製豆腐を作ってみるべく、今回お嬢に、日本からにがりを買ってきてもらったのだが。
その前に、とあるレストランでいただいた蕎麦豆腐なるものが美味しくて。
蕎麦花さんにうかがってみたら、時々作られていらっしゃるというので、よっしゃ、私もレシピを調べるか、と張り切っていたところ、
正にその日、YokoさんがFacebookに、ひよこ豆豆腐を作られた、とアップされたではないですか。

そちらも合わせて調べてみたら、おお、これなら私でも作れそう。型がなくても大丈夫そう。
やはりお豆腐が大好きなお嬢と、じゃあ先に、こっちから作ってみようかね、ということになったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-09-10 12:09 | Trackback | Comments(2)

こだわり処を積み重ね

「危険を冒せ。
大きな質問を問いかけよ。
失敗を恐れるな。
失敗しないなら、それはまだ十分遠くまで来ていないからだ」
   ----- デビッド・パッカード
       (アメリカ人、ヒューレット・パッカード創業者・元社長、1912年9月7日生まれ)


妙に、カラオケに行きたい病。
実はワタクシ、10年ぐらい行ってないのでございますよ……こっそり、ヒトカラしてこようかしら。

誰かと行くなら、やってみたい。
というのを、以下のTweetで教わりましたです。

ちょっと前に 「『張っ付くパンツか 引っ付くパンツか くっつくパンツか ムカつくパンツか』って早口で繰り返すとボイスパーカッションみたいになる」 っていう呟きを見たから先日カラオケで実践したらめっちゃ盛り上がったからやっぱりtwitterは使える子。

* * * * *

【レストラン】

IMG_4840

もういっちょ、レストラン記録を続けるよ。
ゆみたちさんとお出かけした、サンフランシスコでのブランチのお話ね。

なぜこちらのお店を選んだかというと、なんと日本式の朝食が食べられる、と聞いたから。
しかも納豆付き、と聞いたからには、行く、行かねば、行かないでか。
ナットーーッ!と叫びながらの道中は、相変わらず姦しくてすみません。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-09-07 14:07 | Trackback | Comments(6)

優雅な時間に添えるべく

「まだこの技術は完成していない。
1人の患者さんの命も救っていない」
   ----- 山中伸弥
       (日本人、医学者、1962年9月4日生まれ)


Official San Francisco-Oakland Bay Bridge Construction Time-Lapse



9月2日(月)がLabor Dayの祝日で、土~月が三連休。
1日だけずらして、日~火の2泊3日で、南に引っ越されたfrogfreakさんご一家に会いに行ってまいりました。

と、その旅行話はまたにして(え!?)、サンフランシスコのベイブリッジ
ゴールデンゲートブリッジと並ぶ名物橋で、サンフランシスコと対岸のオークランドを結んでいるのですが、
この連休を利用して、全面通行止めで、改修工事を行っているんですね。


それに関連して、↑の動画を教わりました。
2002年から始まり、11年の歳月を経て、ようやく完成しようとしているベイブリッジですが、
その工事の様子を2008年から撮影し始め、その数、なんと200万枚という写真を使って、
42,000時間を、わずか4分という長さに縮めた動画、なのだそうですよ。

まるで模型かジオラマのようですが、これが全て本物で、あの大きさで行われているんだと思うと、
いやはや、てえしたもんだ!としか言い様がありませんなあ。(あまちゃん風)


Bay Bridge

* * * * *

【レストラン】

     IMG_4810

お嬢の滞在中、やっぱりナニゲに時間がないですな。
過去日記の中で、書きやすいものから取り掛かろう、となると、やっぱりレストラン記録になるんだな。

大好きな街のダウンタウンに、数ヶ月前にオープンしたお店は、なんとマカロンの専門店。
あのバーガーショップのお隣りさん。
マカロンだけでなく、お茶も一緒に楽しめるというこちらに、erinちゃん&ベビちゃんと一緒に行ってみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-09-04 13:00 | Trackback | Comments(4)

旬の恵みを備えよう、熟した滋味の九の月

     IMG_5461

                        (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「知性による発見は人類共有の遺産だが、
性格の長所や短所はそれぞれの国民が継承する特有の遺産である。
それは何世紀にもわたって日夜、海水で洗われ、
ようやく表面の粗さがとれた固い岩のようなものである」
   ----- 新渡戸稲造
       (日本人、教育者、1862年9月1日生まれ)
[PR]
by senrufan | 2013-09-01 02:06 | Trackback