<   2013年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

後発でも後追いとなるなかれ

「人間の本質は変わらない。でも時代は変わる。だから、立ち止まるわけにはいかないと思います」
   ----- 中村勘三郎(18代目)
       (日本人、歌舞伎役者・俳優、1955年5月30日生まれ)


     IMG_4253

元・地元市(……)のファーマーズマーケット。
少々距離ができましたが、大好きなので、やはり時々通ってます。

日曜の市の方に出店されている、King Oh Mushroomsさん。
日本人のJiroさんのこちらの屋台は、そのお名前通りにきのこがメインですが、その横で日本の方々が喜ぶ野菜も売ってくださっているのですよ。
かぼすと柚子が販売されていた時は、大喜びで買い込んで、酵素ジュースを作ったり、ジャムを作ったり。
先週おじゃました際には、梅を買わせていただきましたですよ。(嬉)

マクロビ仲間の間で人気なのは、こちらの里芋です。日本の里芋と同じ種類なんですよー。
カリフォルニアに来て以来、ずっとタロ芋で代用していたので、これまた大喜びで買ったです。

きれいに洗って、皮をこそげとっていく最中に、いやもう、手が痒いのなんのって。
そうだった、里芋ってそおゆうものだった、と、ようやく思い出したです。遅いっつーの。

こちらのお芋が、本物である証拠だなあ。
ひりひりと痒い手を酢で洗いながら、涙目で喜んだのでありました。(いいこと探し)

* * * * *

【レストラン】

IMG_3952

合間に挟む、現在日記。
グルメ師匠のやまばとさんが、ずっと気になっていた、とおっしゃるお店。
対岸のオークランドまで、運転手まで勤めて、連れて行ってくださったのだよ。(感謝!)
不肖の弟子のくせして、恐縮至極。おかげで、道中まで楽しかったのなんのって。

オークランドのJack London Squareに来たのは、ほんとに久しぶり。
というより、今まで2~3回しか来たことないじゃんね。(殴)
とっても天気が良かったので、JLS内を散歩するだけでも楽しかった日に、美味しいものまで食べられるとなれば、気分は上々を超えちゃうね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-05-30 02:03 | Trackback | Comments(6)

本来の自分に戻る場所

「原因と結果は、空間的にも時間的にもかけはなれている。
病気や死亡の原因をつきとめようと思えば、見た目には関係もない、
いろんな分野の研究成果を集めて、はじめてわかることが多い」
   ----- レイチェル・カーソン
       (アメリカ人、生物学者・作家、1907年5月27日生まれ)


IMG_3698

IMG_3700

4月2日に新規開場した、歌舞伎座。
その数日前に、ちょうどすぐ近くに行ったので、外からつらつらと眺めてまいりました。

あら、白い。というのが、正直な第一印象、って、まんまじゃん。
強い感動やがっかりもないというか、へえ、こうなったんだー、と素直に眺めてきたですよ。
高層建築が立ち並ぶ銀座という街中で、新入りの建物は、意外と浮くこともなく、落ち着いた佇まいであるように見えました。


IMG_3679

IMG_3680

面白かったのが、地下鉄の東銀座駅から直通になったこと。
しかも、いつもの通り、何も調べないで行ったので、改札を出てから気づいたこと、ですね。(にっこり)

「歌舞伎座」の巨大提灯やお土産物屋さんもあって、観客以外としても楽しめるところ。
歌舞伎がまた一段、身近になる働きをしてくれるかもしれません。

舞台の大きさは、日本一。舞台装置も、日本一。
座席も少々広くなって、座席の前には字幕ガイドもあるそうです。
いつかここで、観劇できる日が来ればいいのになあ。


歌舞伎座
〒104-0061 東京都中央区銀座4-12-15

* * * * *

【レストラン】

IMG_3684

実はこの日、歌舞伎座を見に行ったわけではなく。
向かったレストランが、たまたま歌舞伎座の裏だった、というわけで。

ずっと前から気になっていた、銀座のヴィーガンレストラン。
大尊敬する先輩との嬉しい再会の場に、こちらを選ばせていただいたの。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-05-27 03:10 | Trackback | Comments(4)

小さな足が、海を越え (3)

「物語の知られざる側面を明かすとき、
崇高な道徳心が最高の知恵であることに気付くであろう」
   ----- アーサー・コナン・ドイル
       (イギリス人、推理小説作家、1859年5月22日生まれ)


IMG_3798

日本滞在中、母娘デートを楽しんだのは、お嬢とだけじゃないのです。
久しぶりに母と私で、代官山デートもしたのでございます。

TSUTAYAさんのお名前、良く聞くなー、と田舎モンは思っていたですが、
こういう本屋&その他の施設まで営業していらっしゃるとは、全く知りませなんだ。
本やCDなどが買えて、店内での鑑賞もゆっくりできて、カフェやレストランまで提供されている。
本屋とカフェの合体は、それこそ米国では珍しくありませんが、日本でここまでの規模でやってらっしゃるというのは、いいですねえ。(感嘆)(羨望)

本屋内のカフェでランチをとったのですが、メニューはiPad。
雑誌のバックナンバーに囲まれたラウンジで、昔の記事を楽しみながらいただいたご飯は、美味しゅうございました。
あああ、近かったら、毎日のように通いたい……立ち読みならぬ、居座り読み。


代官山T-SITE
蔦屋書店:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5
GARDEN:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15

* * * * *

【学校】

IMG_3796

さて、ぐだぐだシリーズの次は、その蔦谷書店の写真と共に。
店内は撮影禁止だったので、大した写真もないのですが。

えええと、今度は何にしようかな……
前回が学部のブランド志向なら、今回は大学のブランド志向、でも?(なぜ疑問形)
まあ、目新しい話でもないのですけども。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-05-22 07:30 | Trackback | Comments(6)

身近な温度を繰り返し

「私が自由であると感じるのは、はっきりとした道徳的価値に導かれて行動を起こした場合だ。そのとき私を縛るものは何もない」
   ----- アンドレイ・サハロフ
       (ロシア人、物理学者、1921年5月21日生まれ)


5月23日は、「キスの日」なんだそうですよ。
でもって、キスをする場所によって、こんな意味があるんですって。

髪:思慕
額:祝福、友情
瞼:憧憬
耳:誘惑
頬:親愛、厚意、満足感
唇:愛情
喉:欲求
首筋:執着
背中:確認
胸:所有
腕:恋慕
手首:欲望
手の甲:敬愛、尊敬
掌:懇願
指先:賞賛
腹:回帰
腰:束縛
腿:支配
脛:服従
足の甲:隷属
爪先:崇拝

個人的には、脛と足の甲と爪先にきっすしてくれるイケメンを募集したい。
やっぱり、ペットショップに行くべきですよね。(イケ犬ならきっと)

* * * * *

【レストラン】

IMG_3787

日本で行った良いレストラン、まだあるよ。
自由が丘にあるこちら、お嬢も私も気に入って、リピートもしたんだよ。

最初の一回は、MIHOさんと3人で。
ご飯も、その後のショッピングも含めて、なんとも楽しい日だったよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-05-21 05:15 | Trackback | Comments(2)

広げる秘訣は傍にある

「教育こそが未来へのパスポートだ。明日という日は、今日準備をする人たちのものである」
   ----- マルコムX
       (アメリカ人、黒人解放指導者、1925年5月19日生まれ)


料理ブログ読書ブログ、月イチ更新済みでございますー。


さて、先日読ませていただいた、とある本の書評から。

「人の役に立つ喜び」をどうやって教えるか? という質問は、
さんざん実践してきている答えがまさに展開されていて、ちょっと笑えた。
子どもがお手伝いをしたとき、子どもをほめないことが大切なんだ。
「いい子だね」とか「えらいぞ」というほめ言葉ではなく、
子どもが手伝ってくれたことを感謝して、喜ぶのが「正解」なんだと。

子どもにとって親は大きな存在。
そんな親から「ありがとう」「助かった」「嬉しかったよ」という気持ちが伝われば、
これほど嬉しいことはない。
「ほめ言葉」という報酬のためのお手伝いではなく、「役立つこと」の喜びそのものが報酬になるのだ。

           ----- 親も人の子「子どもの心のコーチング」より


またまた詳しい内容は忘れてしまったんですが(まあ、いつもだ)、
誰かの役に立った、という実感は、脳内にドーパミンを大幅に増やし、自己免疫力も上げる、というのを聞いたことがあります。あるような。(うろ覚え)
ましてや、これから成長していく子供にとっては、素晴らしい良薬なのかもしれませぬ。




お嬢、いろいろごめんよおぉ……(猿の反省)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_3893

はい、今度は現在日記です。
過去だの現在だのうろうろしてて、全くいかんね。(他人事)(つか、全部過去だろう)

一年を通してのマクロビお料理教室、マクロベースの会
前回の「冬」に続いて、今度は「春」のクラスだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-05-19 12:48 | Trackback | Comments(0)

お高めに、且つ、お気軽に

「母の女の悲しみが、私の小さな体にしみついた。
私の長い人生は母の嘆きを出発点に選んでしまったようである。
平和なくして平等なく、平等なくして平和はない。
誠実、正直、権利の上に眠るな」
   ----- 市川 房枝
       (日本人、婦人運動家・政治家、1893年5月15日生まれ)


     ed60d637

料理中のレシピ本ホルダーとして。
おばあちゃま、ナイスアイディアです!

* * * * *

【レストラン】

IMG_3643

日本レストラン探訪記。
今度は、麻布十番にある、ベジィなお店だよ。
こおゆうことでもなければ近寄れない、ハイソな街にドキドキです。(小心者)

それにしても、日本で初めての場所に行くのに、いまだ苦労が絶えません。
Googleマップさんというありがたい文明の利器まであるのに、なじぇ。
それは、アメリカのように、通りごとに名前がないからわかりにくい、というのもあるんだけど、
1ブロックの距離感覚が忘れてる、というのもあり。
えー、この辺りだよね、と歩いてみたら、実はとっくに通り過ぎていたとかね。(しくしく)(タダの方向音痴)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-05-15 10:39 | Trackback | Comments(2)

小さな足が、海を越え (2)

「尊敬すべき幸福な人は、
逆境にいても、つまらぬことはくよくよせず、
心配しても始まらないことは心配せず、
自分の力のないことは天に任せて、
自分の心がけをよくし、
根本から再生の努力をする人である」
   ----- 武者小路実篤
       (日本人、作家、1885年5月12日生まれ)


チャリティーガレージセール、おかげさまで無事に終了いたしました。
晴天の下、沢山のお客様に来ていただけた上、大物は大多数がお嫁入り、ほかの商品も予想以上に売れまして、スタッフ一同、ハイファイブ。

今回はガレージセールということで、現地の方々にふらりと来ていただいて、買い物してもらえたら、という思いがありまして。
加えて、せっかく皆さんに寄付していただいた品々ですから、1つでも多く、誰かの手に渡ってくれたら、という願いもありまして。

結果、テキーラの国の方々でさえびっくり、という安いお値段設定に。これ、自慢することですか。
おかげで、セール名物の値切りもほとんどなく、一回買い物された後、また来られる、というお客様も何人か。
ありがたや、ありがたや、でございます。

助成金がおりないという困難の中、明るくがんばっていらっしゃる「おだってばりぃで」のお母ちゃん方に、皆さんのお心を届けさせていただきます。
ありがとうございました!!


また今回、大人気ブロガーのchiblitsさんに、多大なるご支援をいただきました。
毎日数千人の方々が訪れるchiblitsさんのブログで、毎回お知らせを載せてくださったことで、
今回はひっそりと小規模で、と思っていた我々は、思いがけない喜びと励みをいただくことになりました。

ご本人様からも物品寄付のみならず、当日の温かい寄付までいただき、ますます募るファン心。
一同、心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました!(三つ指ついて)


Bay Area HEARTの次については、まだ白紙に近い状態でございます。
ですが、こういった形の有志メンバーによる小規模イベントやリサイクル品集めなど、細々と、でも出来る限りの長さで、続けていきたいと思います。

お知らせについては、今後ともFacebookのページにて。
また皆様にお目にかかれる機会を楽しみにしております。

Bay Area HEART

* * * * *

【学校】

     IMG_3944

思いっきりぐだぐだ拡散シリーズ、第2弾。うん、定義、間違ってません。
今回は、ううううむ、学部選択の話、とか。

お嬢は現時点で、ですが、将来やりたいと思っている仕事がありまして。
その為には、大学で歴史か考古学を専攻し、その後、修士以降に進もう、という希望があるのですね。
なので日本の大学受験でも、文学部一本やりであったのです。

ところが、前にもちらっと書きましたが、日本の大学の帰国子女受験においての、文学部の地位の低さに、心から驚いたのでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-05-12 11:16 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(6)

貴女が選んで来る世界

「団結して良心に従って行動するならば戦争は防げる」
   ----- ジャン・アンリ・デュナン
       (スイス人、平和運動家・赤十字創立者、1828年5月8日生まれ)


チャリティーガレージーセル、今週の土曜です。
内容は、↓をご覧くださいませ。

 チャリティーガレージセールのお知らせです

ここに住所を掲載できなくて、大変申し訳なく。
個人宅なので、やはり公の場には載せづらく。
お手数をおかけして申し訳ございませんが、メールでお問い合わせくださいませ。

5月らしい晴天となって、皆様が気持ちよくお買い物できますように。(祈)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_3828

日本滞在記録の途中なれど、大切な行事モノは別腹で。
正に旬そのものの日記は、erinちゃんのベビーシャワーだよ。

6月初旬に出産予定のerinちゃんは、私達マクロビ仲間の勉強会で、先生役も勤めてくれている、大切なお友達。先生というと、すごく嫌がるんだけどね。(うぷぷ)
大好きな彼女の為に、私達ができること、と言ったらやはり、マクロビポトラックでのお祝い、となるであろ。
えなちゃんや、飛び入りゲストのSさんも加わってくれて、にぎやかで美味しい宴の始まりだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-05-08 11:15 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(0)

差し出す手には、羽がある

「幸福になる方法は、自分で実験しなければ分からない」
   ----- ジークムント・フロイト
       (オーストリア人、精神分析学者、1856年5月6日生まれ)


Baby Duck Can't Stay Awake




大ファンの方から、Twitterで教わった動画。
可愛すぎて、はな○が出そうです……(変態認定)

* * * * *

【レストラン】

IMG_3536

色々終わったら、絶対行きたい!とお嬢が連呼していたお店。
ここだよー、と教えてもらって、私も絶対行きたい!と鼻息を荒くしていたお店。
日本滞在間の私的メインイベントの一つであった、とゆっても過言ではない。

どこかというと、その名もずばり、「鳥のいるカフェ」
鳥がいるの。 どこに? カフェに。
放し飼いになってるの? んー、そうではないみたい。 ちっ。
でも、触れる鳥もいるんだってよ。 絶対行く。

こんな会話で、いきなりメインイベント認定。どれだけ鳥が好きなの、この母娘。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-05-06 11:22 | Trackback | Comments(4)

チャリティーガレージセールのお知らせです (追記あり)

Bay Area HEARTの有志メンバーによる、震災復興支援チャリティーガレージセール。
いよいよ、次の土曜となりました。

1. 日時 : 5月11日(土) 9:00~13:00

2. 場所 : Mountain View 個人宅
       お手数ですが、住所は↓までお問い合わせくださいませ。
         baheartgs511@gmail.com

3. 寄付先 : おだってばりぃでさん
       売上全額、及び、リサイクル品換金分を合わせて、寄付させていただきます。

4. 出品予定の品々
       皆様の温かいご寄付により、以下のような品が集まっております。
       協力くださった皆様には、心から御礼申し上げます。


 キッチン用品

IMG_4028

  鍋類、土鍋(未使用)、スパイスラック、フォンデュセット、食器、お菓子の型
  Deep Flyer、フードプロセッサー(大・小)、湯沸しポットなど


 妊婦・新生児用品

IMG_4022 IMG_4025

  
妊婦用枕、カーシート、ベビーバス、授乳用枕、バウンサー、Playard、搾乳機など


 子供用品

IMG_4023

  玩具多数、自転車(20インチ)、スクーター、ワゴン、車輪付バッグなど


 美容器具

IMG_4030

  フットバス、マッサージクッション、フェイシャルサウナ


オフィス用品

IMG_4029

  プリンタ(Canon PIXMA iP4200)、スキャナ(Visioneer)、
  スピーカーセット(Philips)


 家具、その他

     
IMG_4027

  ステンレス製タオル干し、木製ベンチ(子供用)、歩行器(大人用)、
  電気ヒーター(Delongi)、庭用Blower、電気スタンドなど


 その他、衣類(子供・大人)、靴、書籍(日本語・英語)、多数!

 追記 : 大葉(青紫蘇)の苗を沢山ご寄付いただきました、ありがとうございます!
       物品と合わせて、ぜひお買い求めくださいませ。



 復興支援目的販売品

photo IMG_3934

上記品々に加えて、被災地支援を目的として作られた品も販売致します。

 ・プロの写真家の方が作られたポストカード。
  「Pray for Japan」、「Hold my hand」の2種類です。

 ・三陸の仮設住宅にお住まいの皆さんが、心をこめて作られたエコバッグ。
  作成された方のお名前&仮説住宅の住所が載ったタグがついています。

 ・NPOみらい南三陸さん作成の、「南三陸からの手紙」という小冊子。
  被災者の方々の体験談が綴られています。


また当日は、CA refundのリサイクル品(ペットボトル、瓶、アルミ缶)も募集致します。
換金して、寄付させていただきますので、ご協力いただければ幸いです。

個人宅での開催である為、スペースに限りがあり、ご不便をおかけしてしまうかもしれませんが、
どうかご了承くださいませ。
当日スタッフは、エプロンを着用して臨みますので、お気軽にお声をおかけください。
屋外ゆえ、帽子にサングラスなど、やや怪しいカッコをしているかもしれませんが、安全です。(……) 

その他のお知らせについては、Facebookページにて随時アップさせていただきますので、ぜひご訪問くださいませ。

 Bay Area HEART


当日お待ちしておりますので、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by senrufan | 2013-05-05 13:07 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(6)