「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

小さな足が、海を越え (1)

「大地は、できるだけ多く者を養うために人類に与えられたのであり、ある民族や国民が自らの生活と安らぎのために必要とする以上に他者が欲するものを抑制する権利などない」
   ----- ジェームズ・モンロー
       (アメリカ人、政治家・第5代米国大統領、1758年4月28日生まれ)


日本の大学のHPで、英語のインフォメーションがアップされている学校もありますよね。

例えば、日本語ならごく一般的な、学部名。
専攻によって分かれる前の、法学部とか理工学部とか、あの大きなくくりの表現が、
英語ではこう表現するんだー、と興味深かったりします。

が、お嬢の志望する文学部の英語訳で、こんな表現がありました。

「Faculty of Letters」

英語ダメダメな私ですら感じる、すんごおおおおい違和感。
なんか違うなんか違うなんか違うなんか違うなんか違うなんか違う………

* * * * *

【学校】

     IMG_7577

3月分の記録が終わりました、ので。 ので。
そろそろ、帰国子女受験体験について書きたいのです、けど。 けど。

どーーーーしても気が乗らないというか、気が進まないというか。
や、残しておきたい気は満々なのですけどね。

正直、上手くまとめられる自信がゼロ、なんですよ……無理むり、オレにはムリー、みたいな。
そんなグズグズ感を少しでも払拭すべく、トップに可愛い犬の写真を(意味ねえええぇ)

無理感いっぱいなのは、どこから切っても、どこから手をつけても、
それが四方八方に波及してしまう、というか、日本とは・アメリカは、みたいになってしまうというか。
ただでさえ思考散漫型であるのに、これはもう、どうしようもなく広がってしまうだけで。
しかも、結論があるわけではない上、白黒さえはっきりつけられない、グレーだらけな思いのみ。

かと言って、お嬢がその時々に話してくれたことなど、自分的に残しておきたいものも、色々ありますから。
ぐだぐだぐだぐだの羅列であっても、あとで読み返した時に頭を抱えるようなものであっても、
少しずつ書いて残していくしかないのかなあ、と。

そんな感じですので、どうかお許しくださいませ。
って、誰に何を謝ってるんだ、っつー話なんですが。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-04-28 14:09 | Trackback | Comments(6)

笑顔と財布と夕焼けと

「『親は針、子供は糸だ』と、よく聞きますわね。針がまっすぐ進めば、その縫い目も真っすぐになります。曲がって進めば、正直に縫い目も曲ります。この社会を造っている私たち大人は、無責任にはいきられませんわね」
   ----- 三浦綾子
       (日本人、作家、1922年4月25日生まれ)


面白Tweetシリーズ。(いつの間に)

ホッチキス「束になってかかってきな」
ボールペン「貴様の身体に消えることの無い傷を刻んでやろう」
切手「なめんじゃねぇええええええええ!」
赤ペン「かかって来い。お前のすべてを否定してやる」
チャイム「くくく・・・遊びはそこまでだ」
定規「計ったな・・・・・・!」

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_3443

以前にゆみたちさん&Mikaさんとお出かけした、ベトナムサンドイッチのお店
デリコーナーもあり、沢山のおかずやスイーツありで、あれもこれも食べたくなるんだけど、
いかんせん、メニュー表記がなかったり、あってもベトナム語だけだったりして、その正体がわからず。
お店の人に聞いてみても、わかるとは限らない。(英語問題)

となれば、いっそ買って試してみるしか。
というアイディアを出してくれたゆみたちさんに、感謝の嵐。
あれもこれも、いーーっぱい買い込んで、ゆみたちさん宅に押しかけた。

大勢揃えば、色々試せる。皆で分ければ、被害少。(殴)
夫婦3組そろっての、ベトナム闇鍋会の開催だよー。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-04-27 08:25 | Trackback | Comments(8)

近くて遠くて、また近く

「最初の教育者は空腹である」
   ----- マックス・ウェーバー
       (ドイツ人、社会学者、1864年4月21日生まれ)


料理ブログ読書ブログ、月イチ更新済みでございます。


     IMG_3479

今回の日本行きの飛行機で見た映画。
旧機体のユナイテッドは大変しょぼくてですね(暴言)、共有スクリーンで強制放映なので、好きなものを好きな時間に見る、というわけにはいかず。
特にめぼしい作品もなく、せいぜい「007 Skyfall」「Life of Pi」ぐらい。

しかし、この「Life of Pi」、良かったです。
切なくて苦しくて幻想的で、最後は、そうか、そっかあぁ、みたいな。

と、お嬢に再会してから話したら、彼女がひょい、と本棚から取ってきたのが、↑の本
えーっ、原作持ってたの!? と聞いたら、小3か小4ぐらいの時、ママが私に買ってくれたじゃん、と言われて、再び、えーっ!
そう言われれば、表紙の絵だけは見覚えがあるような。しかし家にあっても、英語だというだけで、私は手にも取らないし。(殴)

笑ったのが、お嬢が履修した英語のクラス、最初の教材が、なんとこの本だったそうで。先生、流行りものがお好きな模様。
テキスト買わなくて良かったね、と爆笑です。
が、その後の本が「蠅の王」だと聞いて、お嬢撃沈。前に読んだ時、トラウマになりかけたんだったよね……


ところで、飛行機の中の映画は、原語のままか吹き替えかを選ぶようになっておりまして。
最初「Skyfall」を英語のままで見始めたんですが、イギリス英語もわからねえぇ、と泣いて、途中から吹き替えで鑑賞。(負け犬)
「Life of Pi」も同じだろ、と吹き替えにしたものの、途中で原語も知りたくて切り替えたところ、
主人公パイのインド訛り英語が、かなり聴き取りやすくて、我ながら驚愕いたしました。

クイーンズ・イングリッシュより、インド英語や中国英語。
ベイエリアにいると、そんなものなんですよ。(おい言い切るな)

* * * * *

【レストラン】

     IMG_3412

ゆみたちさんから、近くに美味しいビルマ料理のお店ができたから、一緒に行こう、というお誘いをいただいた。
え、え、ビルマ料理、大好きです。
でも、あのお店はサンフランシスコオークランドで遠いので、バーリンゲームのあちらに、たまに行くのが楽しみだったんだけど。
近くにできたのなら、すごく嬉しい、嬉しいなあ。

お店の場所は、あのエチオピア料理のお店の隣。
ゆみたちさん、Mikaさん、Sちゃんと、4人でいそいそと、女子会@ビルマレストラン、だよー。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-04-21 10:48 | Trackback | Comments(8)

流れに乗りつつ差す棹は

「人の成功と失敗のわかれめは、第一に健康である。次には熱と誠である。
体力があって熱と誠があればかならず成功する」
   ----- 五島慶太
       (日本人、実業家、1882年4月18日生まれ)


     537261_499745076752389_124615279_n

人形劇を通じて、被災地復興支援活動を行ってくださっている「ぽぽんたの会」の皆様が、今度はベイエリアの南方面で、人形劇を行って下さいます。
支援という面でも有難いことですが、小さいお子様がいらっしゃる親御さん方には、何よりのイベント。
大勢のお客様がいらっしゃってくださいますように。(祈)

・ ぽぽんたの会による人形劇「まんまるぱん」とおはなし
   ・4月28日(日) 午前・午後2回公演:11:00AM &1:30PM
               (開場は15分前、公演は45分)
   ・わをんJapanese Language Schoolにて
   ・お問い合わせは、popontanokai@googlegroups.comまで


その他のイベントも含めて、↓をご覧いただければ幸いです。

東日本大震災の為のチャリティー@ベイエリア

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_3357

LAの河合先生に引き続き、ベイエリアにいらっしゃるマクロビの先生による、お料理教室が始まったよ。(拍手)
しかも単発じゃなく、一年を通して数回の。

お教室の名前は、「マクロベースの会」
一年を通じて、季節のエネルギー、食材とその応用、食箋などのお話をうかがいながら、季節のお料理を習う、という会であるのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-04-18 10:37 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(6)

高らかに歌うは、その願い

「老いてからの欠乏を補うのに十分なものを青年時代に獲得しておけ。
老年が食物として必要なのは「知恵」である。
そのことを知る者は(知恵の)栄養不足にならぬよう、若いうちに努力せよ」
   ----- レオナルド・ダ・ヴィンチ
       (イタリア人、芸術家、1452年4月15日生まれ)


ボストン爆破事件、大統領がテロと断定 内部に金属片

とあるコミュニケーションについてのワークショップに出席して、帰宅した後、
Twitterで、ボストン・マラソンでの爆破事件について知りました。

大切な友人が出場していたので、瞬間、頭が真っ白になりました。

震えながらFacebookを見たところ、トップのポストがちょうど彼女の、「My sister and I finished safely!」
良かった、良かった、と安堵した後で、ようやく事件についての報道を読むことができたのでございます。
9.11の時の自分の傷が、いまだ癒えていないことを実感致しました。

日本を往復することの多かったこの一年、空港の様々なチェックや管理体制を目にしてまいりました。
その時に、決して良いとは言えない体験も、幾つかありました。

それでも、テロ防止の為なら、と思ってきたのを嘲笑うように、実際に起こるテロは街中で。
きっとこれ以降、またもや空港のチェックは厳しくなる一方でしょうし、更なる人種差別等がおこりかねない現状に、素人の私でさえも、頭を抱えてしまいます。


ちょうどコミュニケーションのクラスで、例えば事件が起こった時、
加害者と被害者という見方はしないようにする、
あくまで、各々の感情とニーズにフォーカスして分析すべき、それが早く立ち直ることにも繋がる、
と習ったばかりでしたが。

大切な誰かが、こういった事件にまきこまれるのは、自分以上に辛くてやり切れず。
いくら理屈で言い聞かせたところで、到底そんな態度を貫ける自信はないなあ、と思ってしまうのでございます。

* * * * *

【旅行】

IMG_3710

帰りましたー。

3週間強という、今までで最長の日本滞在となりました。
いつもせいぜい10日、長くて2週間ぐらいでしたからねえ……いやはや。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-04-17 11:44 | Trackback | Comments(6)

僕らの居場所の守り方

「革新は、実は、たわいのない夢を、大切にすることから生まれる」
   ----- 井深大
       (日本人、ソニー創業者、1908年4月11日生まれ)


     IMG_3820

前に来た時から半年しか経ってないので、新しい発見はないであろうと思っていた今回の来日ですが、意外と色々あるのに驚いているですよ。

些細なことでは、テープ
買い物をして、袋に入れてくれる時、口をテープで止めるじゃないですか。
それが、端っこをちょっと折ってくれるようになったんですね。上の写真でわかるかなー。

あとで剥がしやすいように、ということだと思うんですが、結構な数のお店が、これを実行しておられました。
いやはや、どこまで細やかなのでしょうか、日本のサービス業。

* * * * *

【レストラン】

IMG_3345

おっしゃ、ようやく3月の記録をスタートだ。(腕まくり)
3月は下旬に日本行きで、カリフォルニアでの記録はあまりないのだけど、
いつも通り、一つ一つが大切で、楽しかった思い出ばかりだよ。

まずは、ゆみたちさん&Hiloさんと行ったカフェの話など。
一度ゆっくりお話ししてみたかったHiloさんと、仲立ちしてくれたゆみたちさん。
知識と行動力に溢れたお2人との時間は、カフェの良い雰囲気の後押しもあって、すんごく楽しかったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-04-11 09:08 | Trackback | Comments(4)

常に祝うべきは再会の

「間違いをした言い訳をするより、正しいことを一つする方が、時間はかからない」
   ----- ウィリアム・ワーズワース
       (イギリス人、詩人、1770年4月7日生まれ)


     写真 (2)

日本滞在といえば、「面白英語コレクション」を増やすのが楽しみの一つであったわけですが、
最近は、全く出会いがなくなりましたねえ。あっても、単純なスペルミスぐらい。
英語ができる人がどんどん増えてきたとか、企業広報部がチェックを厳しくするようになったとか、なのかな。良かことですたい。

なので、英語じゃないシリーズ(嘘)の写真にて。
近くのデパ地下で見かけた、お魚さんでございました。

* * * * *

【個人的事情】

     IMG_3241

frogfreakさんと、楽しい美術の時間を過ごした日。
夜は、三ツ星レストランに行ったのだ。ちゃんと予約して行ったのだ。
だって、Dr. Hoshiのレストランは、完全予約制であるもんね。

一回目二回目に引き続き、私は三回目の来店。
Dr. Hoshiご夫妻を私に紹介してくれたfrogfreakさんは、実はレストラン来店は初めてナリ。
基本・大人向けのこちらのお店、お子さんを旦那様に預けてこれたからこその、ご訪問。
感動しつつも、手土産のシャンパン&ワインは、素晴らしいセレクトであるところ、さすがfrgofreakさん。
そんな席に、大した手土産もなしに堂々と居座るのが、安定の旦那と私クオリティ。(殴)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-04-07 16:27 | Trackback | Comments(4)

行く手を照らす光には

「俺が光をあげよう。闇夜を照らす光だ。限りなくいつまでも。
目がつぶれないように気をつけろ。俺の光は強力だぜ。
どんなことがあったって、どんな目に遭ったって大丈夫だ」
   ----- 忌野清志郎
       (日本人、ロックシンガー、1951年4月2日生まれ)


Googleのエイプリルフール、まずはGoogleマップから

エイプリルフールネタ、今年も沢山ありましたねー。
この為にお金を払う企業って……好き。(ぽっ)

しかし、その前日は、イースターでありました。
日本にいると、アメリカ行事感覚がなくなってしまって困ります。
イースターの象徴として、卵はわかるけど、何故うさぎ? と、お嬢と議論になったので、Wikiさんに聞いてみましたら、うさぎって多産の象徴だったんですね。知らなかった。
なぜハムスターじゃないんだろう。

この時期、卵やうさぎをかたどったお菓子が沢山並びますが、その中でも、以下のケーキは一度作ってみたいです。

Bake A Cake Inside An Egg



* * * * *

【アクティビティ】

IMG_3216

前回の日本滞在の時、あの少女の展覧会に行ってきた、という記録を書きました。
んでもって、サンフランシスコでも展覧会が開かれるので、絶対行く!と書きました。

6月まで、と開催期間が長いので、いつ行こうかなー、とまったり構えていたところ、
ちょうど遊びに来られたfrogfreakさんが希望されたので、一緒にいそいそと行ってきたですよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-04-02 19:15 | Trackback | Comments(8)

新たな住処を作り出そう、仲間と一緒に四の月

     IMG_3411

                        (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「他の人を理解しようとするには、われわれの口を閉じ、眼と耳を大きく開けることだ」
   ----- アブラハム・マズロー
       (アメリカ人、心理学者、1908年4月1日生まれ)
[PR]
by senrufan | 2013-04-01 19:16 | Trackback