「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

選ぶ権利と選ぶ意志

「ものを怖がらなさ過ぎたり、怖がり過ぎたりするのはやさしいが、
 正当に怖がることはなかなか難しい」
   ----- 寺田寅彦
       (日本人、物理学者、1878年11月28日生まれ)


バーク・ベア「僕たちの食料システムが何かおかしいよ」

お友達から教わった、お馴染みTEDXの講演。
なんと、11歳の男の子の講演です。

彼が訴えているのは、遺伝子組み換え種子・作物の危険性、
農場や家畜場が故意に人目にさらされないようにされていることに対する、危機意識の喚起。
ホームスクーラーの彼は、地元のオーガニック農家を訪ねて話を聞き、
オーガニック農産物を応援すること、人々に啓蒙活動をしていくことを宣言しています。

先日の選挙で、カリフォルニア州では、GMO(遺伝子組み換え)商品について、業者に表示義務を課すという条例案(Proposition 37)が、残念ながら否決されました。
こういう案が提議されることが、カリフォルニアらしくて素晴らしい、と思っていたので、否決されたことが余計にショックでありました……

11歳の子でもわかることなのになあ、と、出るのはため息ばかりです。

ということで、ますます、できるだけオーガニック表示品を買っていくですよ。
と言いますのは、オーガニック=Non-GMO、とされておりますので。
疑う声がないわけではありませんが、そう考えたらキリがないので、ここは素直に信じていくしかない、と思うのでございます。

但し加工品は、確か原材料の7~8割がオーガニック品であれば、オーガニックと表示して良かったような気が。
なので前と変わらず、原材料を確かめて買うようにしたいのでございます。


Food Labeling: How to Identify Conventional, Organic and GMO Produce

米国のスーパーなどで販売されている農産物には、ラベルがついているのですが、
そこに書かれているPLU codesについての解説が、↑の記事で説明されています。

書かれているナンバーは、通常4桁。これが慣行栽培での農産物、ですね。
それが、頭に”9”がついた5桁になりますと、オーガニック栽培品、という表示です。

更に、頭に”8”がついた5桁が、遺伝子組み換え品の表示なのですが、
今回の選挙結果で義務化は免れてしまったので、果たして表示されるかどうか、ですね。(再びため息)

* * * * *

【レストラン】

IMG_0645

シリーズ日記が続くと、すぐ飽きる。(三歳児以下)
なので、ちょっとレストラン記録も挟むのだ。

日本から来てくれたRogiさんのご希望で、インド料理に行ったんだよ。
わかるわかる、日本のお店はどこも美味しいけど、インドやエスニック料理は、カリフォルニアが恋しくなるよね。
ということで、このエリアでは人気と言われるお店で、ランチビュッフェを楽しんだのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-11-28 09:32 | Trackback | Comments(4)

そこに山が在ることで (4)

「自分にも他人にも、またそれ以外の何物にも、特別な価値を認めないという精神、これがユーモア精神に他ならない」
   ----- 土屋賢二
       (日本人、哲学者・エッセイスト、1944年11月26日生まれ)


   IMG_1942

感謝祭が終わったら、ソッコーでクリスマスシーズンに突入です。

木曜の感謝祭の後、土・日にツリーを用意して、というパターンをとる人達が多いのですけど、
今年はBlack Fridayセールは早くから始まるし、その後のCyber Mondayセールも絶好調だし、
なんかパターンが崩れている印象があるんですな。不景気がもたらした変化かしら。

という話は置いといて、昨年実施された、「被災地の皆さんへクリスマスカードを送ろう!」企画
今年は、宮城県石巻市を中心として活動されているめ組JAPANさんが、
石巻市の皆さんへクリスマスカードを送るプロジェクトを企画してくださいましたですよ。

詳細は、以下のリンクをご覧くださいませ。

 『石巻へクリスマスカードを送ろう!プロジェクト』

め組JAPANさんは、震災以来、ずっとブログやツイッターでフォローさせていただいておりますが、
実はこのベイエリアでも、め組でボランティア体験がある方々が、何人かいらっしゃるのですね。
貴重なお話をうかがいながら、Bay Area HEARTでも、何らかの形でお手伝いできたなら、と願うこと度々、なのでございます。

* * * * *

【個人的事情】

(Mt. Shasta 旅行記録)

3.  Stewart Mineral Springs

IMG_0764

シャスタには、温泉もございます。
といっても、日本で想像するものとはちょっと違って、リトリート施設なのですね。

初回の訪問では行けなかったこちら、意外と身体に強く作用するので、体調が万全の時が良い、というアドバイスをいただいておりまして。
2回目の訪問では、皆、元気いっぱいだね! 大丈夫だね! と確認し合って、意気揚々と朝イチで向かったのでございます。

といいますのも、予約ができなかったから、でございまして。
今までは受けていたそうなんですが、予約していても現れないというお客様も多く、現在は受けていないのだとか。
しかも、私達が行く予定の木曜は、週に一度のディスカウント日。
混雑が予想される、ということで、これは朝から行ってしまおう、となったのでありました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-11-26 13:02 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(2)

少しずつ違った繰り返し

「多くの場合、人生は、哀しいものだ。
だから人生を、愛すべき愉しいものとして表現しなければならない。
そのためにこそ、青やばら色の色鉛筆があるのだ」
   ----- アンリ・ド・トゥルーズ=ロートレック
       (フランス人、画家、1864年11月24日生まれ)


IMG_1758

IMG_1726 IMG_1723

Happy Thanksgiving! の連休でございました。

今年の感謝祭当日は、Lisaさんの御宅でのパーティに、おじゃまして参りましたですよ。
Smoker(燻製器)で7時間かけて燻製したターキーを、更にオーブンで焼くこと、1時間。
切り分けてくださったターキーは、口に入れると、ふんわりとスモーキーな風味がして、そのままで十分な美味しさ。
特に皮がパリパリで大人気でしたが、胸肉もジューシーで柔らかな味わいでございました。絶品。(親指立て)

大きな腿肉は、皆で回してかぶりつき。
それぞれのポーズでの食べっぷり、しっかりカメラに収めましたとも。あ、私の以外。

持ち寄りのお料理も美味しいものばかりで、はあぁぁ、満足・満腹です。
毎年ゆってますが、やっぱり今年も、感謝・感謝の感謝祭。

* * * * *

【個人的事情】

IMG_1904

楽しい感謝祭の2日後には、夫婦揃って、Dr. Hoshiのディナーにお招きいただいたの。
一緒に参加されたTさんに、以前お邪魔した時の素晴らしいメニューの数々を熱く語りながら、
今回のメニューを、わくわくしながら待ってたよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-11-24 13:12 | Trackback | Comments(8)

そこに山が在ることで (3)

「平凡なことを、毎日に平凡に実行する。
これを非凡と呼ぶ」
   ----- アンドレ・ジッド
       (フランス人、作家、1869年11月22日生まれ)


     IMG_1889

感謝祭の連休の真っ只中でありますが、その楽しい記録は次回。(予定)
でも連休の間、我が家に滞在中のお客様を、ちょっとご紹介。

ギニーピッグのももちゃんは、真っ白い身体に赤いお目目の、愛らしいお嬢さん。
なのですが、こちらでは赤い目はあまり好かない人も多く(creepyなんだって…)、Craigslistで売りに出されていたのを、お友達が引き取ったのでありまする。

まだまだお見合い期間中で、人に馴れていない彼女なので、
私は外から見ているだけで幸せ~、とまったり・にまにまと観察しているのですが、
旦那は嬉々として、絶賛触れ合い・強制なでなで愛護。別名・羽交い絞め。
逃げ回る彼女の迷惑考えず。

……帰宅する時に、円形脱毛症にでもなっていたらどうしよう。(ぶるぶる)

* * * * *

【旅行】

(Mt. Shasta 旅行記録)

2. McCloud Falls

IMG_0692

マククラウドの滝は、上・中・下と3つの滝が、互いに数百メートル離れたところにあります。
8月訪問時に下の滝、10月には真ん中の滝を見て参りましたですよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-11-22 12:48 | Trackback | Comments(6)

そこに山が在ることで (2)

「問題を解決する思考力は、頭の良し悪しではなく、頭の持久力で決まります。
斬新な発想がなくてもいい。
壁にぶち当たったら別の方法を考え、また行き詰ったら、さらに他の方法を試してみる。
その繰り返しこそが、新しい道を拓きます」
   ----- 猪瀬直樹
       (日本人、ノンフィクション作家、1946年11月20日生まれ)


     IMG_1711

昨日参加した、Mikaさんのローフードクラスで、ローバーガーのランチをご馳走になりました。(感激)
私は以前にもいただいているのですけど、改めて彼女のレシピは最高です。
こんなにさくさくと軽い、植物素材だけのバーガーは、そんじょそこらじゃ出会えませぬ。

感謝祭直前で、一部ではすでにBlack Friday Saleが始まってますが、
私が欲しい電化製品は、こういう一歩進んだローフードを作れる、ディハイドレーターなのですよ。
真夏の間は日干しでなんとかやってきましたが、雨季に入ると、それは無理なので。

ですが、需要が少ないこういう商品は、セールになるとも思われず。
諦めて買えばいいのかもしれませんが、時期が時期だけに、定価で買うのは悔しい。(理不尽)
ということで、今日もオンラインサイトを眺めながら、悶々としております。ああ、悶々。




だって、すでにプリンターとラップトップを買ってしまったんだもーん……

* * * * *

【旅行】

(Mt. Shasta 旅行記録)

1. Panther Meadows

IMG_9901

最初は、シャスタ山の中腹にある、パンサーメドウズから。
前に行ったのはパンサーメドウズだと思い込んでいたのですが、今回tamachanに教わって、どうやら更にその下の、Bunny Flatだったのでは、と知りました。てへぺろ。

位置としては、バーニーフラットが山の5合目、パンサーメドウズが8合目ぐらい、とのこと。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-11-20 06:13 | Trackback | Comments(6)

そこに山が在ることで (1)

「エスキモーは雪をあらわす52の言葉をもっている。それは雪が彼らにとって大切なものだから。
愛についても、同じくらいのたくさんの言葉が必要ではないだろうか」
   ----- マーガレット・アトウッド
       (カナダ人、作家、1939年11月18日生まれ)


先日の11月10日(土)に行われました震災復興支援チャリティーセールでございますが、
最終集計結果がまとまりました。

皆様からの義援金の合計は、
$5,033.59

となりました。
先日一旦ご報告させていただいた、セールでの売上の$4,293.89に加えて、
その後も多くの方々から、温かいご寄付をいただいたおかげで、この合計額となりましたことを、改めてご報告申し上げます。

スタッフの予想を遥かに上回る結果に、思わずにじんだのは、感謝の嬉し涙でございます。
それもこれも、出品してくださった、ボランティアしてくださった、そしてお買い物をしてくださった皆様全員の、温かいお心のおかげ以外の何者でもありません。
心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

その中の一つが、サンノゼにあります日本語補習校からいただいたご寄付。
オリンピック日本代表の室伏広治選手が、夏に補習校に表敬訪問された際に、
補習校オリジナルTシャツにサインをされて、そのTシャツを保護者に販売し、
収益金を東日本大震災復興支援に寄付して欲しい、とおっしゃってくださったそうなのです。

そのお気持ちをしっかり受けとめ、販売された上、私共にご寄付くださった補習校の皆様に、またまたにじむ涙です。
そして元々ファンだった室伏選手を、これからは兄貴と呼ばせていただきます。(大迷惑)

ドルを円に替えることになりますので、多少時間はかかっても、換金や振込手数料を最小限に抑える方法で、2団体に寄付させていただきたいと思います。
こちらも、また追って、Facebookでご報告させていただきます。


今後の我々Bay Area HEARTの活動につきまして、現在スタッフ内で、様々に意見を交わし始めたところでございます。
次回をいつ、どういう形で開催するか、全く未定の状態でありますが、
一つだけ、これからも被災地復興支援のチャリティ活動を続けていきたい、ということだけは決まっております。
すでにあの日から1年半が経過し、次回開催にこぎつけられた時には、すでに2年半ほどが経過しているかもしれません。

それでも、支援を必要とされる方々がいらっしゃる限り、志を同じくされる方々がいらっしゃる限り、
「自分達にできること」を模索し続けていきたいと思います。

その機会が訪れた時には、また皆様に温かく迎えていただけますよう、これからも精進して参ります。
ご意見やご希望などの皆様からのお声は、年中無休・24時間態勢で歓迎させていただきます。
BAHのメール(bahelpjapan@gmail.com)、もしくは、Facebookページのメッセージにてお寄せいただければ幸いです。

どうか、これからもよろしくお願い致します。(三つ指ついて)

Bay Area HEART

* * * * *

【旅行】

IMG_0767

ようやく始める、シャスタ山旅行記でございます。

世界七大霊山の一つであり、パワースポットとして名高い、Mt. Shasta
すぴりちゅある志向の方々からは、アリゾナのセドナと並んで絶大な人気を誇る場所ですが、
日本の皆様も同様であるらしく、多くのツアーが組まれている模様。

その手のものにとんと縁遠いワタクシですが、ここから車で5~6時間で行けて、しかも、手頃なペースで自然と触れ合える場所である、シャスタ山。
以前にふらっと立ち寄ったきりだったので、またいつかゆっくり行けたらなあ、と思っておりました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-11-18 11:48 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(2)

波に乗る力をくれるもの

「信頼は、年を重ねた胸の中でゆっくりと育つ植物である」
   ----- ウィリアム・ピット(大ピット)
       (イギリス人、政治家、1708年11月15日生まれ)


 読書ブログ更新 : 9~10月の読書記録

セールが終わって、ようやく未読本の山にダイブできたワタクシです。(嬉し涙)
のんびり読む私のそば、もしくは胸の上(ほんと)にいるのは、愛しのインコです。

放し飼いで、餌や水が置いてある一角が彼の居場所なのですけれど、
私が同じ部屋にいると飛んできて、じっと腕や肩にいることが多いのですよ。

でもセール直前、私がせっせと出品するクラフトを作っている間は、なぜか飛んで来ず。
食欲はあるのですが、心なしか、やや元気がないように見えて、ちょっと心配していたのです。

それが、セールが終わった翌日から、もーーー、ひっついて離れないんですよ。
ちょっとでも私が部屋を出る気配を見せると、ばびゅん!と飛んでくるし、
素早く部屋を出たら、部屋の中を飛び回って、ピーピー鳴いて呼ぶのです。

この後追い、1歳前のお嬢並み。
寂しかったんだねえ、ごめんねえ。


こんなところで申し訳ありませんが、出品してくださった方々のご家族の皆様にも、心から御礼申し上げます。
スタッフメンバーも、チラシ作成や印刷、PC指導、お子さんのお世話など、様々な点で家族に支えてもらいました。
特に小さいお子様は、忙しいお母さんのそばで、寂しい思いをしていたこともあるでしょう。
「ありがとう」という言葉があることを、しみじみ幸せに思います。
本当にありがとうございました。

* * * * *

【レストラン】

IMG_0523

さてさて、更に日記が溜まったよ。今現在で、ひーふーみー、ええと、20回分以上の記録が溜まってるよ。
……なんで数えてしまったんだ自分。

気を取り直して、平常復帰第一弾は、やっぱり食い気記録から。(リハビリ)
mikamikaさんに教わって、ゆみたちさんと行ってみた、サンフランシスコはSunset地区のベーカリー&カフェ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-11-15 15:12 | Trackback | Comments(2)

震災復興支援チャリティーセール、終了報告&御礼

「偉そうなことばっかり言ってるおやじより、
目の前のことをしっかりやっている女のこのほうが、何十倍もいい」
   ----- 糸井重里
       (日本人、コピーライター、1948年11月10日生まれ)

「希望とは、物事がそうであるから持つものではなく、
物事がそうであるにもかかわらず、持つ精神なのです」
   ----- ミヒャエル・エンデ
       (ドイツ人、作家、1929年11月12日生まれ)


日数があいてしまったので、せめて名言を2つ並べてみました。
いやもうほんとに、どーでもいい。

* * * * *

【イベント】

IMG_1532

長くお知らせを続けさせていただいた、震災復興支援チャリティー・クラフト&フードセール
おかげさまをもちまして、無事に終了致しました。
あ、前回と全く同じ書き出しですね。ほんとに芸がないですね。(客観的視点)

前回、悪天候に泣いた経験から、今度は絶対屋内で開催したい、ということで、
お借りしたのが、サンタクララバレー日系教会さんのソーシャルホール。
スタッフの方々の、大変に温かいご協力のおかげで、天候を気にすることなく開催できましたこと、まずは嬉しく、心から御礼申し上げます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-11-13 10:09 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(16)

震災復興支援チャリティセール、いよいよ土曜です

「すべての人には、幸せに生きる、使命があります。
だから、すべての人を幸せにする、義務があります」
   ----- マリー・キュリー
       (ポーランド→フランス人、化学者、1867年11月7日生まれ)


Bay Area HEART 震災復興支援チャリティセールのお知らせ

IMG_0605

日時 : 11月10日(土) 午前10時~午後1時
場所 : Santa Clara Valley Japanese Christian Church

       40 Union Avenue Campbell, CA 95008

今週土曜、11月10日のチャリティセールに向けて、お知らせを重ねて参りましたが、
いよいよ今回が最終編。
フード編
クラフト編
エンタメ編
に続きまして、最後はスタッフ編でございます。

Bay Area HEART(Hands, Efforts and Acts toward Relief for Tohoku Supporting Japan tsunami and earthquake relief efforts)という名の、
総勢7名の当グループ。

多才で多彩な皆様の温かいご協力のおかげで、セール開催にこぎつけられるわけですが、
それに甘えっぱなし、なんてことは、到底できませぬ。
スタッフ一人ひとり、それぞれの特技を持ち寄り、あれやこれやと奮闘しております。


フード

481850_123112057846664_497588148_n 407735_123111731180030_1349225243_n

   390008_122648137893056_1007309868_n    22814_121843287973541_2095896750_n
穀物コーヒーを使った、ヴィーガン・コーヒー&ピーカンナッツ・ビスコッティ。
かぼちゃ白玉ぜんざいと共に、卵や乳製品などの動物性食品や白砂糖は不使用で、アレルギーの方でも、安心してお召し上がりいただけます。

また、ローフードのインストラクターを勤めるメンバーから、
Raw Organic Zucchini Chipsと、Raw Brown Rice Chocolate Truffle。
非加熱調理で、素材の酵素がそのまま生きている、身体に栄養を与えてくれる品々です。
勿論こちらも、動物性食材や白砂糖は不使用です。

また、前回に引き続き今回も、サンノゼ豆腐さんから、豆腐とおからのご寄付をいただきました。
本当にありがとうございます!
そちらを使った、けんちん大根と卯の花煮は、そのまま土曜のお夕食のおかずにいかがでしょう。

その他、日本でもブームになった醤油糀、自家製納豆、自家製なめたけなど、
調味料やご飯のお供もご用意致しました。

クラフト

548832_116004821890721_1850116590_n IMG_1380
ホリディシーズンに大いに活躍してくれる、ギフトタグ。5枚1組での販売です。
2枚の布を合わせた東袋は、お弁当に、小ぶりなエコバッグに、大活躍してくれます。

タティングレースで編んだアクセサリー数種類と、レースでカバーしたオーナメントもございます。
ネックレス、チョーカー、ピアス、指輪、一つでもお気に召す商品があれば良いのですが。

乾燥が気になる季節、大いに助けてくれるのが、手作りのラベンダークリームです。
オーガニックの植物性油脂とラベンダーオイルから作られていて、全身どこでもお使いいただけます。


     IMG_1398

セール当日は、メンバーに加え、大勢のボランティアの皆様にお手伝いいただきます。
出品者の方々にも、当日ボランティアの方々にも、心から御礼申し上げます。

スタッフメンバーは当日、黒い腰エプロンを着けて臨みます。(写真)
HEARTの赤いロゴマークが付いたこちらは、E・Gさんの手によるもの。
スタッフ全員が、それぞれ買い取り、そのまま全額を募金とさせていただきました。
当日は、このエプロンが皆様の目印となりますように。

そして、大切なボランティアメンバーを、もう一人ご紹介。
当日は会計を2箇所に設けますが、同じ机で折鶴を折って、ご希望の方にお渡しする係です。
何か自分のできることを、と考えてくれた、10歳の彼女の懸命な気持ちが、どうか皆様に、折鶴にのせて伝わりますように。

また、同じ会計机に、山盛りの風船蔓(冒頭写真)のカゴも置かせていただきます。
一見ほおずきのように見える袋の中には、黒地に白のハート模様がついた種が入ってます。
スタッフメンバーの自宅の庭に、鈴生りになりました。
出品者の方々の、我々スタッフのHEARTを、どうぞご自宅にお持ち帰りくださいませ。
その際、そばにある募金箱に、何がしかのお心付けをいただければ幸いです。

Facebookのページでは、ぎりぎりまで商品情報その他をアップ致します。
どうぞ、お気軽にご訪問くださいませ。アカウントがなくても、ご覧いただけます。

Bay Area HEART 


次回は、セール終了報告にてお目にかかります。
その時に、喜びの声をお届けできますよう、スタッフ一同、全力で頑張ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by senrufan | 2012-11-07 11:51 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(4)

目で見る形は違っても

「体は強く、頭脳は明らかで、理想においては高尚であれ」
   ----- ジェイムズ・ネイスミス
       (カナダ人、体育教師・バスケットボールの考案者、1861年11月6日生まれ)


Bay Area HEART 震災復興支援チャリティセールのお知らせ

オバマ大統領の再選を喜びつつ、でも心は今週土曜、11月10日のチャリティセール。
フード編
クラフト編
に続きまして、本日はエンタメ編でございます。
って、エンタメというべきか、アクティビティとゆうべきか、それが問題だ。(悩)(外来語までオンチ)


当日実施のアクティビティ

1. 包丁研ぎ

   PB060005a
達人、星野さんの手によります、包丁研ぎ。
1本$8で承ります。
また、ご希望の方は、どうぞそばで、達人の手業をご覧になってくださいませ。
おうちでの研ぎのコツも、きっと教えてくださいますぞ。

2. 肩マッサージ

   IMG_1319
椅子に座りながらにして、天国が味わえます。
8分間の肩マッサージを、$5で承ります。

もう一つ、予定されていたリフレクソロジーは、施術者の方が体調を崩されて、今回はキャンセルとなりました。
どうか、一日も早く良くなられますように。(祈)


両アクティビティとも、受付時にお名前をうかがい、個別の番号が書かれたレイを、首にかけさせていただきます。(写真参照)
お会計は、ほかのお買い物とご一緒に、包丁やマッサージを受ける前でも後でも構いませんが、
必ずそのレイと共に、会計にお越しくださいませ。
引き換え券を兼ねておりますので、どうかご協力をお願い致します。


券販売

1. 蕎麦券 

   IMG_1317
食べた人全員が絶賛の、蕎麦花さんの手打ち蕎麦。
今回、フードの方で5パック(10人前)をご寄付くださるのに加えて、券も5パック分を販売してくださるんですよ~。
こちらは、券に受け渡しの指定日と時間が書いてありますので、ご都合の合うお客様に、ぜひご購入いただきたく。
いえ、むしろその日に全てを投げうって、お蕎麦購入にのぞんでいただきたく。(オノレと一緒にするな)

2. ウォーキングレッスンのチケット

   PB060001a
こちらで開催中の、Total Body Walkのレッスン。
Aasako先生の優しいご指導で、身体のバランスを内側から整えるクラスです。
通常$20のクラスを、$15というディスカウント価格で、6枚ご提供いただきます。
Total Body Walkの、どのレッスンでも使えますので、これを機会に、ぜひご体験をば。

3. ワイン券

   PB060007a
Crushpadで造られた、オリジナルワインの販売券。
2010 Chardonnayが2本、2009 Zinfandelが2本、そして2011 Pinot Noirが5本です。
こちらも券をご購入いただいた後、現品と引き換えになりますので、ご了承くださいませ。

その他、Facebookのページでは、毎日商品情報をアップしております。
どうぞ、お気軽にご訪問くださいませ。FBアカウントがなくても、ご覧いただけます。

Bay Area HEART 

* * * * *

【レストラン】

IMG_0495

セールと全然関係なくとも、溜まってる日記は書くのだよ。
サンフランシスコで大人気のサンドイッチ屋さんを、初めて教わったのは、shinaさんのこちらの記事。(感謝!)
人気が過ぎて、ご近所からクレームがついて、一時閉店に追い込まれたのをネットで読んでは、はらはらしていたの。

それが無事再開され、更に拡張して、スタンフォード大学のキャンパス内に支店をオープンしたのが、確か数年前。
行こう、行きたい、と思いながら、月日は過ぎていったのだ。(日常茶飯事)

そしてHちゃんと、ようやく行こう!となった時、すでにCupertinoに別な支店もできていて。
駐車場のことを考えると、そちらの方が便利そうだったので、あっさり鞍替え。
早めに行った方が良かろうと、11時過ぎに入ってみたのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-11-06 00:13 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(6)